ウガンダ 共和国。 ウガンダ地図

ウガンダの食生活・暮らし・交通機関・観光名所

ウガンダ 共和国

1 面積 24. 1万平方キロメートル(ほぼ本州大)(陸地面積19. 7万平方キロメートル) 2 人口 4,286万人(2017年,世銀) 3 首都 カンパラ 4 民族 バガンダ族,ランゴ族,アチョリ族等 5 言語 英語,スワヒリ語,ルガンダ語 6 宗教 キリスト教(6割),伝統宗教(3割),イスラム教(1割) 7 略史 年月 略史 1962年 独立(旧宗主国 英国) 1963年 共和制移行 1966年 オボテ首相がクーデター,大統領に就任 1971年 アミン少将がクーデター,大統領に就任 1979年 アミン大統領失脚(ルレ大統領就任) 1979年 ルレ大統領失脚(ビナイサ大統領就任) 1980年 オボテ大統領復帰 1985年 オケロ将軍によるクーデター 1986年 ムセベニ中将がクーデター,大統領に就任 1996年 大統領・国会議員選挙,ムセべニ大統領当選 2001年 大統領・国会議員選挙,ムセべニ大統領再選 2006年 大統領・国会議員選挙,ムセベニ大統領三選 2011年 大統領・国会議員選挙,ムセベニ大統領四選 2016年 大統領・国会議員選挙,ムセベニ大統領五選 1 政体 共和制 2 元首 3 議会 一院制(任期5年) 4 政府• (1)首相名 ルハカナ・ ルグンダ• (2)外相名 サム・ クテサ 5 内政• (1)独立以来,クーデター等が繰り返されたが,1986年のムセベニ政権発足以来,政情は安定している。 ムセベニ大統領は,1996年,2001年の選挙で圧勝。 2005年には,複数政党制の復活と大統領三選禁止規定の廃止が決定された。 2006年,2011年及び2016年の選挙でも再選され,長期政権を維持している。 (2)北部地域では,20年に及ぶ反政府組織「神の抵抗軍」(LRA)の活動によって治安が不安定であったが,近隣国と共同の軍事掃討作戦や米国の支援も背景に,LRAはその勢力を縮小し,拠点を国外に移した。 北部地域の治安回復に伴い,一時は200万人近くに達した国内避難民の大半が帰還し,復興・開発に取り組んでいる(ただし,2016年以降は南スーダンからの難民が急増。 100万人を超える難民が北部に滞在。 1 主要産業 農林水産業,製造・建設業,サービス業等 2 GDP 259億米ドル(2017年,世銀) 3 一人当たりGNI 600米ドル(2017年,世銀) 4 経済成長率 4. 0%(2017年,世銀推定) 5 インフレ率 6. 0%(2017年,世銀) 6 失業率 2. 1%(2017年,世銀推定) 7 貿易額(2015年,世銀)• (1)輸出 22. 67億ドル• (2)輸入 55. 28億ドル 8 主要貿易品目(2015年,世銀)• (1)輸出 コーヒー,石油,セメント,トウモロコシの種,カカオ• (2)輸入 石油・石油製品,医薬品,パーム油,自動車 9 主要貿易相手国・地域(2015年,世銀)• (1)輸出 ケニア,南スーダン,ルワンダ,コンゴ(民)• (2)輸入 インド,中国,ケニア,アラブ首長国連邦,日本 10 通貨 ウガンダ・シリング(Uganda Shilling) 11 為替レート 1米ドル=約3,645ウガンダ・シリング(2018年3月,ウガンダ中央銀行) 12 経済概況 独立以来,度重なる内乱により1980年代後半まで経済は混乱したが,1987年以降世界銀行・IMFの支援を得て構造調整政策を積極的に推進し,マクロ経済が安定。 比較的高い成長率を維持している。 また,2015年には第二次NDPを策定し,現在実施中。 1 政治関係 年月 内容 1962年10月 ウガンダの独立とともに承認 1965年3月 在ケニア日本大使館兼轄 1973年12月 在京ウガンダ大使館開設 1986年2月 現ムセべニ政権を承認 1987年8月 在京ウガンダ大使館,財政事情により閉鎖 1994年9月 在京ウガンダ大使館再開 1997年3月 在ウガンダ日本大使館開設 2 経済関係 (1)日本の対ウガンダ貿易(2016年,財務省貿易統計) (ア)貿易額 輸出 176. 60億円 輸入 11. 22億円 (イ)主要品目 輸出 中古自動車,バス・トラック,鉄鋼,医薬品 輸入 コーヒー,ごま,通信機,魚介類 (2)日系進出企業 22社(2017年10月,外務省在留邦人数調査統計) 3 文化関係 文化無償資金協力:マケレレ大学に対し印刷機材(2003年度),国立競技場に対し体育機材(1991年度),国立文化センターに対し照明・音響機材(1988年度),教育省に対し理科実験機材(1980年度)をそれぞれ供与。 4 在留邦人数 311名(2017年10月現在,外務省在留邦人数調査統計) 5 在日当該国人数 609名(2017年12月現在,法務省在留外国人統計) 6 要人往来 (1)往 年月 要人名 1985年 森山外務政務次官 1988年 浜田外務政務次官 1999年 鈴木官房副長官 2002年1月 人口問題議員懇談会(桜井参議院議員他4議員) 2004年8月 田中外務大臣政務官 2006年7月 小坂文部科学大臣 2006年8月 日AU友好議連東部訪問団(村田衆議院議員,北村衆議院議員) 2007年2月 浜田外務大臣政務官 2007年4~5月 UNICEF議連(谷垣衆議院議員,中森衆議院議員,山際衆議院議員) 2009年3月 福田特派大使 2009年6月 橋本外務副大臣 2010年7月 西村外務大臣政務官 2011年12月 渡辺防衛副大臣 2012年6月 秋篠宮同妃両殿下(公式訪問) 2012年11月 村越外務大臣政務官 2014年1月 西村内閣府副大臣,牧原環境大臣政務官 2015年5月 石川防衛大臣政務官 2016年5月 田中衆議院議員(総理特使)(ムセベニ大統領就任式) 2017年1月 末松国土交通副大臣(第1回日・ウガンダ官民インフラ会議) 2017年8月 日AU友好議連(三原衆議院議員(会長代行),山際衆議院議員(事務局長)) (2)来(1987年以降) 年月 要人名 1987年 ムキイビ外相 1988年 カブウェジェレ外務担当国務相 1989年 キセカ首相・カブウェジェレ外務担当国務相(大喪の礼) 1990年 セモゲレレ外務(地域)担当国務相(即位の礼) 1991年 キヨンガ蔵相 1993年10月 ムセべニ大統領・ンカンギ蔵相(TICAD) 1994年9月 ムセべニ大統領(公式実務訪問賓客) 1998年2月 カダガ地域協力担当国務相(EAC閣僚使節団) 1998年10月 クテサ計画投資担当国務相(TICAD II) 1999年6月 ンサドゥ情報担当国務相(非公式) 2000年6月 カテガヤ第一副首相兼外相(小渕恵三前総理大臣葬儀) 2001年4月 カテガヤ第一副首相兼外相(大統領特使) 2001年9月 キヨンガ前保健相(感染症対策シンポジウム) 2001年12月 ワカパブロ第三副首相兼外相(TICAD 閣僚会合) 2002年4月 ルグンダ水・土地・環境相(ナイル流域水閣僚円卓会議) 2002年6月 マクブヤ教育スポーツ相(非公式) バソガ情報担当国務相(非公式) 2003年3月 ルグンダ水・土地・環境相,ムタガンバ水担当国務相,ミゲレコ・エネルギー担当国務相(水フォーラム閣僚会合) 2003年9月 ムセべニ大統領,ブティメ外務(経済協力)担当国務相,クテサ投資担当国務相兼財務・計画・経済開発相(TICAD III) 2003年12月 オタフィーレ水・土地・環境相 2004年8月 ンシバンビ首相(鈴木善幸元総理大臣葬儀) 2004年11月 クテサ投資担当国務相,キゴジ投資庁長官(TICADアジア・アフリカ貿易投資会議) 2005年1月 アリ第一副首相兼災害対策・難民問題担当相(国連防災世界会議) 2005年9月 ミゲレコ観光貿易産業相(万博賓客) 2006年8月 ンシバンビ首相(橋本龍太郎元総理大臣,自民党・内閣合同葬儀) 2006年10月 オネック農業・漁業・畜産相,ババ副大統領府担当国務相 2007年7月 カムントゥ産業担当国務相(オピニオン・リーダー招聘) 2007年8月 カジュラ第二副首相兼公共サービス相(宮澤喜一元総理大臣葬儀) 2007年10月 スルマ財務・計画・経済開発相 2008年5月 ムセベニ大統領,クテサ外相,キネワカ貿易相,スルマ財務相,ナサシラ建設交通相(TICAD IV) 2008年8月 ムグメ外務次官 2009年6月 クテサ外相(外務省賓客) 2009年10月 ムエシゲ農業・畜産・水産相 2010年3月 ムスンバ地域協力担当国務相 2010年8月 オケロ国際問題担当国務相(21世紀パートナーシップ招聘) 2012年10月 キワヌカ財務相(IMF・世銀総会) 2013年6月 ムセベニ大統領,クテサ外相他(TICAD V) 2013年9月 ルグンダ保健相 2013年10月 カダガ国民議会議長(参議院議長招聘) 2013年11月 トゥムウェバゼ大統領府相(閣僚級招聘) 2014年7月 クテサ外相(第69回国連総会議長として)(外務省賓客) 2014年11月 バダリンガヤ初等教育担当国務相(アフリカ諸国との教育大臣会議) 2015年3月 オネク救援・防災・難民相(第3回国連防災世界会議) 2015年9月 ムセベニ大統領(公式実務訪問賓客) 2016年11月 ムローニ・エネルギー鉱物相(エネルギー憲章会議) 2017年11月 アズバ公共事業相(第2回日・ウガンダ官民インフラ会議) 2018年6月 クテサ外相(外務省招聘) 7 二国間条約・取極• 青年海外協力隊派遣取極(1970年12月)(1999年8月改訂)• 技術協力協定(2005年12月) 8 外交使節• (1)当該国駐箚日本国大使 亀田 和明 特命全権大使(2016年6月着任)• (2)本邦駐箚ウガンダ共和国大使 ベティ・グレイス・アケチオクロ特命全権大使(2013年5月着任).

次の

ウガンダの食事と物価と治安とウガンダ人の性格

ウガンダ 共和国

来歴 [ ] が経営する地元ので、高校在学中からダンサーとして働く。 卒業後は、父もサポートメンバーを務めた事がある(に留まらず、当時はや等もレパートリーにあった)の、兼ドラマーとして下積み修行。 、仲間の・らと、日本の・の草分け『スリーチアーズ・アンド・コングラッツレイションズ』に加わり、米軍キャンプやの生バンドとして腕を磨いた。 、元のが立ち上げた『いそがしバンド』に、盟友の、と共に参加し、トラ佐藤(後に ウガンダ)の名でドラムとボーカルを担当。 『』(系)にセミレギュラー出演し、童謡コーナーではと共演した。 の『』(系)へのレギュラー出演と前後して『』に改名。 からへと続く、ナベプロ伝統の技巧派として期待が掛けられたが、余興だったはずので売れてしまう。 には、「」の挿入歌として使用された『(読み:チャールストン)』で踊り子役を務める。 巨体ながら、軽やかなステップとキレのあるダンスを披露した。 同時期には、フジテレビ系列にてにも初登場。 末「同じような曲ばかり演奏させられる生活に飽きた」との理由で、リーダー島田と共にビジーフォーを脱退。 音楽活動を休止してピン芸人になり、『』 (系)、『』、『』(系)などに出演。 『グッドモーニング』では『てん・ぱい・ぽん・ちん体操』の模範演技を披露し、のや『』のゾンビダンスも完全コピーして見せる一方、『ひょうきん族』ではのものまねを披露していた。 タレント業、ミュージカル俳優のほか、前で『居酒屋ウガンダの店』(後に『焼き鳥うがちゃん』)を営み、厨房・接客にも励んでいた。 フリーの一般客として来店した女性と意気投合し、15歳差を押してに結婚。 その後、ウガンダの妻の妹が、ラッシャー板前と結婚。 義理の兄となる。 同時期『ウガンダ・トラ』に改名した。 晩年、『』(フジテレビ)の第3回放送にゲスト出演、得意のスティック捌きでスタジオの女性を悶えさせた。 また『』()にもレギュラー出演した。 に入ると体調不良が顕著になり、して店も畳んだ。 のロケ先に向かう同年の朝、「足元がふらつく」と訴えて緊急入院し、復帰叶わずに死去、55歳没。 永年の鯨飲馬食による、、、などの悪化が懸念されていたが、解剖の結果、死因はだったと6月2日に発表されている。 に行われた葬儀・告別式は、別れたばかりの元妻ではなく実弟が喪主を務めた。 元同僚のイタッケ島田、グッチ裕三、モト冬樹らを始め、、、、、、、、、、、らが参列し、デブの後輩である()は、突然の悲報に泣き崩れた。 は『 念誉太芸居士』(ねんよたいげいこじ)。 人物と芸風 [ ] 公称体重115kgの巨体を売りにするキャラクター、いわゆるの先駆けと言われている。 太り始める前は中学高校を通して部員で、芸能人水泳大会の競泳でも当時人気絶頂の、を抑えて連覇するなどスポーツ万能ぶりを発揮したが、余りのスポーツ万能ぶりにテレビ関係者には煙たがられた。 特技の早食いに関しては「 は飲み物である。 」と公言していたが、この暴飲暴食が皮肉にも自らの死を早めてしまう結果になってしまった。 ちなみにこの言葉が元となり、命日は芸能人仲間の間で「カレー忌」と名づけられ、を発起人として、同様にウガンダ本人と親交のあった芸能人がこの命日に毎年集まり、カレーやコーラを飲食しながら故人を偲ぶことが恒例となっている。 石塚はと『』(系)の収録で『うがちゃん』を訪れ、メニューも何品か賞味している。 実父はジャズドラマーの佐藤イサオ。 ウガンダも本職のドラミングでは、での前座を務めた際に、から「お前のビートは良い」と一門入りを口説かれた程のテクニックを誇った。 本名の信一郎の名付け親は、父の音楽仲間であったである。 名言 [ ] カレーライスは飲み物 幼少時代から噛んだことがない。 若い頃は3秒で飲み干すこともざらだった。 『オレたちひょうきん族』の『ひょうきんベストテン』で、バックのセットの一部としてカレーライスを食べる配役をしていたところ、余りに食べるスピードが早く、思わずインタビューされてしまった時の一言から来ている。 よく「カレーは飲み物」と誤記されるが「カレーライスは飲み物」が正しい。 カレーは別腹 『』の『彦摩呂のまんぷく道場』にて発した。 オカワリって言ったら、下品かなぁ 死去後の出演作の扱い [ ] 『』で演じたスエッソン・ステロ役は、ゲーム「」では生前に収録した音声をライブラリー出演という形でそのまま使用している。 ゲーム『』では後任キャストとして声優のが役を引き継いでいる。 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (、フジテレビ)『やせろ! チャールス豚3世』(歌:) - 男性踊り子 役• (1982年 - )レギュラー• () - ジミー佐藤 役• () - 権造 役• 第7作「」(1988年) - カンポ 役• 第42話「少女が消えた街」() - 加藤 役 映画 [ ]• () - 暴力団員 役• () - デブ刑事 役• () - ドラム、ゴンちゃん 役 舞台 [ ]• ザ・ミュージックマン(初舞台)• () - エドワーズ 役• ジョージの恋人• () - モンティ 役 テレビアニメ [ ]• () - スエッソン・ステロ 役 劇場アニメ [ ]• II 月光蝶() - スエッソン・ステロ 役 ゲーム [ ]• 関連作品(2000年 - 2008年) - スエッソン・ステロ 役• (2000年)• (2001年)• SDガンダム GGENERATION-F. F(2001年)• SDガンダム GGENERATION PORTABLE(2006年)• (2008年) CM [ ]• 「」(1985年)• (1987年)• 「」(1988年)• 「」 PV [ ]• 「Bell the CAT」• 「BIG TIME CHANGES」 脚注 [ ] [].

次の

ウガンダ治安最新情報(2020年2月)

ウガンダ 共和国

ウガンダの主要都市• 画像またはテキストをクリックすると、新しいWindow が開き、該当するWebサイトへジャンプします。 ウガンダ詳細地図 (Uganda Map) World Atlas の英語ページです。 ウガンダについての詳細な説明もあり便利です。 「Uganda Map large color 」をクリックすると都市名入りのウガンダ地図があり、「Uganda Outline Map」をクリックするとウガンダの白地図も見られます。 ウガンダ政府観光局の公式Webサイト(英語)です。 外務省の公式ページです。 ウガンダは2012年現在、ウガンダ全土に「十分注意」以上の3種類の危険情報が出ています。 ウガンダ北東部(カボング県、コティド県、アビム県、モロト県、ナカピリピリティ県)およびウガンダ西部(ブンディブギョ県)に「渡航の延期(滞在中の場合は退避手段などを検討)」、ウガンダ北部(アジュマニ県、アムル県(マチソン・フォールズ国立公園内の観光エリア(パラア・ロッジ以西)を除く)、グル県、キトゥグム県、パデル県、アパッチ県、オヤム県、リラ県)、北東部(カタクイ県、アムリア県)およびウガンダ北西部(コボコ県、ユンベ県、モヨ県、マラチャ県、アルア県、ネビ県)に「渡航の是非を検討」、アムル県のマチソン・フォールズ国立公園内の観光エリア(パラア・ロッジ以西)、南西部(カセセ県、キソロ県、カヌング県)およびその他の地域(首都カンパラ等)に「十分注意」が発出されています。 危険度わけされたウガンダ地図もあります。 ウガンダ共和国 大統領府の公式Webサイト(英語)です。 在日本ウガンダ大使館の公式Webサイト(日本語英語)です。 ウガンダ大使館の所在地は「〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町9-23」で、最寄り駅は「JR山手線 渋谷駅」「東急東横線 代官山駅」「京王井の頭線 神泉駅」です。 掲載都市の数が多いです。 マイナーと思われる地域のホテルも大丈夫です。 HotelClubは優れたサービスと割引ホテル料金を提供し、122カ国40,000軒以上に及ぶホテルのオンライン予約を扱っています。 ウガンダの交通機関 ウガンダの空の玄関口となっているのは、首都カンパラから南西へ約35kmのエンテベにあるエンテベ国際空港(Entebbe International Airport)に関するWebサイト(英語)です。 サイト自体は、ウガンダ民間航空局(Civil Aviation Authority)の公式Webサイトです。 ウガンダのフラッグキャリアであるエア・ウガンダ(Air Uganda)の公式Webサイト(英語)です。

次の