木村響子。 【木村響子】シングルマザーで娘の木村花を育てた?相手はインドネシアのジャワ人!?

木村花の逝去に、母・木村響子が謝罪のコメント 「涙が出た」「謝らないで」の声(2020年5月25日)|BIGLOBEニュース

木村響子

木村花さん自殺、母親が悲しみをツイート 木村さんは「テラスハウス」に出演以降、誹謗中傷が絶えなかった。 その誹謗中傷は、彼女の母親である元プロレスラーの響子さんの元にも届いていた。 響子さんは19日、「あなたの娘はモラルのかけらもない」といった趣旨のDMが送られてきたとTwitterで明かし《ひとのモラルのまえに きみのモラルをがんばろう》とツイートしていた。 亡くなった日、Instagramに《愛してる、楽しく長生きしてね。 ごめんね》と投稿した木村さん。 そして、ストーリーでは《さようなら》ともつづっている。 またTwitterでは《毎日100件近く率直な意見。 傷付いたのは否定できなかったから》《お母さん産んでくれてありがとう》《愛されたかった人生でした》と投稿していた。 木村さんの死の詳細は明かされていない。 しかし一連の情報から、ネット中傷を問題視する声が上がっている。 yahoo. 早く消えてなくなりたいなぁ くそきもい 早く消えてください」 「そうだよね顔も中身もブスでごめんね 消えれるもんなら早く消えたいよ」 「今日電話でおばあちゃんにあなたが一番可愛い、一番大好きだから。 って言われたの おばあちゃんが一番大好きな人、誰かに消えてほしいって思われるような人間でごめんね。 」 「生きててごめんなさい。 良い人じゃなくてごめんなさい。 嫌な気持ちにさせてごめんなさい。 消えてなくなったら許してくれますか?どうやったら消えられますか?消えたらみんなに愛してもらえますか。 私はみんなの事が好きです。 」 (木村花さんインスタストーリ投稿内容) SNSで自殺前の投稿に気づいた人からは心配し「警察に通報した」「無事か心配」「関係者の方早く助けに行って」などとツイートが続きました。 しかしこのような投稿をし花さんの安否を心配する中にも「どうせまた匂わせで死なない」「このままテラスハウスから消えてくれ」と誹謗中傷を続けた人もいました。 木村花の遺書の内容は? 自殺の原因と理由 フジテレビの番組「テラスハウス」に出演し、死去した女子プロレスラーの木村花さん(22)の東京都内の自宅から、遺書のようなメモが見つかったことが25日、捜査関係者への取材で分かった。 警視庁が経緯を調べている。 livedoor. 遺書が公開されるかは今後遺族の判断に委ねられると思われます。 木村花さんが自殺する間際にSNSでの誹謗中傷に傷ついたという投稿があったことにより、ネット上やマスコミ報道では 「花さんの自殺はSNSでの誹謗中傷が原因」と報道されています。 ですが花さんが遺書を残したことにより自殺の直接のきっかけになった本当の理由が今後判明するのではないでしょうか。 SNSの誹謗中傷が原因ならそのアカウント名なども書き残されているかもしれません。 ツイートを消したとしても花さんにより遺書に書き残されていたならば、身内からの依頼などなくとも警察は動き出すのではないでしょうか。 木村花、母親との距離と孤独感 木村花さんは最後に 遺書を書き残していたと判明しました、内容は自殺の原因か、残した人への想いなのか何が書いてあったのでしょうか。 木村花さんの 母親の木村響子さんは元女子プロレスラーで、花さんは母親と同じ道を歩んでいたことになります、花さんがプロレスを始めた当時は母子共に活動していましたが母親は現在既に引退しています。 母親が引退したことで母親を追いかけ入ったプロレス業界に一人残された花さん。 花さんは 「 2世目プロレスラー」という肩書と 「プロレス総合学院」1期生という周囲からのプレッシャーの中で一生懸命プロレスに取り組み活動していました。 木村花さんのインタビューでは自身のプロレスだけでなくプロレス業界、女子プロレスラーの未来についても考えている姿勢がいつも垣間見えていてことからも、 花さんにとって自分への誹謗中傷は自分だけの問題でなく、母親も所属し自分を育ててくれた プロレス業界へのイメージ悪化につながったこともダメージになったのではないでしょうか。 母親の木村響子さんはプロレスラーを引退後キッチンカーでお弁当販売をし日々忙しい様子がツイッターに投稿され、花さんは一人暮らしだったことからも、2人は離れて生活をしている様子が伺えます。 今回花さんが自殺しSNSに自身の気持ちを投稿しましたが、 3月20日にも「消えたい」と投稿していました。 その際、母親の響子さんは自身の誕生日で友人たちと沖縄旅行で伊計島や嘉手納を訪れていて、傍にはいられなかったようです。 やっぱり海がすき — 木村響子 kimurarock 母親は花さんを出産後に花さんの父親とはすぐ離婚していて、その後再婚した男性とも離婚、 花さんの家族と呼べる人は母親だけだったと思われます。 母親は花さんを産みシングルマザーでプロレスラー、子どもと過ごす時間よりも仕事をしお金を稼いで花さんを育てていかなければならず、生活に忙しいあまり花さんの気持ちを汲みとれていなかった部分もあったかもしれません。 子どものころ花さんは自分のために働く母にさみしい気持ちをぶつけることは出来なかったかもしれませんが、それでも母親を慕い母親と一緒に居たいと思う気持ちからプロレスに入ったのでしょうか。 アウトデラックス出演時の木村花さんと木村響子さん 過去にはアウトデラックスに出演し、喧嘩をすると母親に殴られ目にあざを作るほどの親子喧嘩をした話をし出演者が驚く中、母親は「この子はすぐ調子に乗る」と一喝していました。 しかしプロレスを始めてからは 「母親とはライバル」と花さんは過去のインタビューでも話していたように、大人になっても母親には弱音を吐ける関係にはなれなかったのかもしれません。 「お母さん産んでくれてありがとう」と最後に言葉を残した花さんですが、父親も居なく母親には弱さを出すことも出来ず一人孤独にプロレス業界で戦い誹謗中傷に耐えていたでしょうか。 「愛されたかった」と最後の言葉からも家族や他の誰からも愛を実感できていなかった人生であったのかもしれませんね。 木村花が永眠しました。 花は勝ち気そうで実はナイーブな女の子でした。 きっともっともっとプロレスがやりたかっただろう。 ジュリアとの対決はまだまだ見せたかった。 合掌! — ロッシー小川 rossystardom ナイーブな花さんがここまで傷つき自殺をしてしまう程苦しんでいたと知り、プロレス関係者やテラスハウスの関係者など誰もが驚きのコメントと花さんにお悔やみの言葉を綴っています。 母親すら娘が自殺をしてしまうまで気づかないほど、花さんは周囲に気持ちを話せる人や守ってくれる人が誰も居なかったのかもしれないと悔やまれます。 母親への想い、プロレスへの想い、恋愛や友情など愛されたい愛したい想いのなか孤独に耐え頑張って生きていたのにもかかわらず、 誹謗中傷により自殺に至ってしまったのでしょうか。 親子の形っていろいろありますが、多分大抵の子供は親に自分の落ち込んでいることや鬱状態を隠すと思います。 私もシングルマザーの一人っ子で育ち、今は私も結婚して子供が2人いますが、友達に泣きつくことはあっても母親に泣きつくことはなかったですね。 時にシングルマザーで一生懸命頑張ってる親にはまず心配かけようなんて思いません。 身近にうつの人がいたので少しは理解できます。 親身になって一時的に大丈夫になったように見えても、鬱は波があるので気分が落ち込むと発作的に自殺してしまいます。 コロナで人と直接会って話すこともできず、ましてや24時間友達がそばにいることが難しい状態ですから、何が起こっても仕方ない状況ではあったかと思います。 数件のアンチ程度ならこんなことにはならなかったはず。 SNSの早急の改善を望みます。

次の

マスコミによる遺書公表に木村花さんの母・響子さんが「花のプライバシーを守るために 触れないでほしいと 泣いて頼んだ結果がこれですか」(バトル・ニュース)

木村響子

女子プロレスラーの母娘げんかってかなり激しそうですよね…! 2017年8月19日にテレビ東京「おしゃべりおじさんと怒れる女」に出演した、木村母娘は、激しい喧嘩エピソードも披露していました。 花さん曰く「そんなに仲良くない」という母親の響子さんとは、しょっちゅうつかみ合い喧嘩になるんだそう。 車の中で喧嘩になる時は、響子さんが花さんにマウントをとり、花さんが「参りました」と言って喧嘩が終わるようです。 女子プロレスラーは、縦社会で上下関係は絶対なんだとか。 なので、家でも礼儀や筋を重んじる響子さんは、花さんが礼儀がなっていないと怒るのかもしれませんね。 愛ゆえのムチなのかも! 木村響子の離婚歴は2回! 響子さんは実は2回結婚し、2回離婚した経験があります。 1人目の旦那はインドネシア人 1人目の旦那さんのインドネシア人の男性とは、響子さんが10代の頃バックパッカーとして旅をしていた時にインドネシアで出会ったんだそう。 1997年にその男性と結婚し、その直後の1997年9月に花さんが誕生。 なので、 花さんは日本とインドネシアのハーフなんです! 目鼻立ちがくっきりしている美人ですが、外国の血が入っていたんですね。 旦那さんの顔は判明していませんが、やっぱり花さんにも似ているんじゃないかな? しかし、花さんが生まれた1997年内に離婚してしまいます。 離婚理由は明かされていませんが、出産直後ということで、子育てによる問題があったのかもしれませんね。 国籍が違う国で子育てをするのは、大変なことも山積みなのではないでしょうか。 2人目の旦那は格闘家ISAO 当時17歳だった花さんの方がISAOさんと年齢が近く、当時38歳の響子さんと27歳だったISAOさんの年齢差は11歳! 引退試合で一緒に出場したり、引退後も響子さんと共に、移動販売を行ったりと仲良し夫婦に見えましたが、 2018年3月に響子さんがTwitterで離婚を報告しました。 お互い格闘家としての譲れないところが、ぶつかり合ってしまったのかも。 30新木場1stRING大会」では開場30分前なのに大行列することも! タコスやご飯類(ステーキプレートなど)がおすすめのようで、会場前に売り切れてしまうこともあるんだとか。 マンゴープリンやレモンチーズケーキなど、スイーツもあるようでバリエーションがとても豊富! キッチンカーに所狭しと張られているお品書きは、響子さんが書き、当時の旦那さんISAOさんが色付けしたんだそう。 名前:木村響子• 生年月日:1977年3月19日• 年齢:43歳(2020年5月時点)• 出身:神奈川• 身長165㎝ 響子さんは「反骨のアフロコング」という、Twitterで募集したキャッチフレーズと共に女子プロレス界を牽引してきました。 シングルマザーであり、「ママレスラー」としても活躍してきた響子さん。 プロレスラーとして輝いていた響子さんを見ていたからこそ、花さんも女子プロレスラーを目指したのかもしれませんね。 終わりに 木村花さんの母親・響子さんについてまとめました。 響子さんはレスラーとしても母親としてもかっこいい存在ですね。 しかし、22歳という若さで亡くなった娘の母親ということを思うと、とても心配です。

次の

木村響子|木村花の母!娘が自殺で反応は?共に女子プロレスラーで顔画像は?

木村響子

木村 響子生年月日:1977年03月19日出身地:神奈川県横浜市 身長:165cm体重:65kgデビュー: 2003年7月20日ディファ有明大会vs渡辺えりか戦タイトル:NEO認定タッグ王座、 インターナショナルリボン王座、REINAタッグ王座、ワールドオブスターダム王座、 ゴッデス・オブ・スターダム王座得意技:キムラロック、ビッグブーツ 2003年7月20日のディファ有明大会における、対渡辺えりか戦でデビュー。 プロレスラーとしてはフリーランス、総合格闘家として坂口道場一族所属。 定期的に参戦している沖縄プロレス以外にも全国のいろいろなプロレス団体で活動。 2013年現在は「木村モンスター軍」総帥としてスターダムを主戦場としている。 スポンサーリンク 木村響子さんの娘、木村花さんについて 女子プロレスラー・木村花(写真右)の訃報。 言葉を失う。 22歳の華と毒のある選手だった。 詳細不明だが、SNSで誹謗中傷されていたという。 写真左は花の母、木村響子。 ビッグなプロレスラーだった。 試合に出ながら花を育てた。 いろいろ思い出す。 胸が痛む。 花のご冥福を祈ろう。 — 長谷川集平 shuhei1955 響子 きょうこ さんは、娘の花さんを妊娠したのが未成年だったこともあり、周りに反対されて大変だったと当時のことを語られていました。 傷ついたり、泣き晴らしたりしながら、無事に花さんを出産しています。 そのときのことを響子さんはこう振り返っています。 「怒りも悔しさも悲しみもすべてはチカラになった」とツイートしています。 木村花さんは 高校卒業後、プロレス専門学校「プロレス総合学院」に入学。 幼い頃から、お母さんの試合を見に行っていた花さん。 まだ小さな女の子にとって、大好きなお母さんがやられる姿を見ていたら、涙が出てきてしまうこともしばしばあったようです。 そうですよね。 痛そうにしているお母さんを見ていたら、それだけで悲しくなるし不安になってしまうと思います。 それでもお母さんはプロレスが好きだったのでしょう。 花さんがコメントしておりましたが、お母さんからは、 「あなたには会社員は無理だ。 プロレスしかない」と言われていたそうで、 そのままプロレスの世界へ入った・・・ということなのですね。 お母さんの影響がとても大きいですね。 今回、木村響子さんの愛娘、木村花さんが22歳の若さで死去された件で死因は不明ですが自殺ではないかと話題になっておりました。 響子さんとの素敵な親子タッグ。 響子さんもツイートしてたけど、こんなんじゃ花ちゃんが悲しんじゃうよね。 前を向き そして を応援し続けよう。 この感情は止められないです。 はやく笑顔になりたい。 — 風の降る森 kazenofurumori SNSやっている皆様へ 「ペンは剣よりも強し」という言葉をご存じですか? 人の言葉というのは、人を元気づける・支えになると同時に、人を殺す凶器にもなるんです。 誹謗中傷は絶対にやってはいけない行為です。 絶対にしないでください。 — クローズビルドVRX VRX94487454 ひょっとしたらこのコロナ禍でプロレスができなくなったことも彼女を追い詰めてしまったのかもしれない。 観客の前でプロレスさえできていれば、絶対に彼女へ声援を送るファンは居ただろう。 落ち込んでいれば叱咤激励するレスラーは多かっただろう。 2度結婚していますが、現在は離婚されております。 一人娘に花さんを22歳の若さで亡くしてしまった響子さんの心境は計り知れません。 花さんの死因について色々な噂が流れていますが、もう誰も傷つきませんように・・・と綴られている響子さんのツイートに、共感しました。 木村花さんのご冥福をお祈り申し上げます。

次の