妻 から 離婚 したい と 言 われ た。 夫婦喧嘩の禁句ワード!離婚をほのめかすのはNG? [離婚] All About

妊娠中の妻から離婚したいと言われました。

妻 から 離婚 したい と 言 われ た

妻が言うには大きなの原因は、1年半前に私(相談者)の父が入籍日1週間前に、 急死したことで大きな変化があったとのことでした。 (本当に何の前触れも亡くなりました) 1. どうしようもない事情というのは分かるが、入籍日・結婚式が延期になった。 自分にとってはとても大事な結婚式だった。 入籍日も予定より、3ヶ月遅れとなった。 (妻側の親族の強い希望があり、 父が亡くなっているにも関わらず私側の親族の反対もあったが妻側に押し切られる形に) 2. 私 妻 より自分の母親を優先した。 父親が死んでるから 支えてあげたいのは分かるけど、肉親には勝てないなと思った。 赤ちゃんの話をしたときに、ちゃんと聞いてくれなかった。 一周忌が終わるまで待って欲しいというのも分かるが、 私の気持ちを分かってくれないと思った。 私 妻)の母親の言葉や行動を信じてくれなかった。 夫婦だからこそ一緒に乗り切れるみたいなことを思っていたが また似たようなつらい状況が起きたら、一緒に振り回されると思ったら 支えてあげたいと思えないと感じた。 今は好きとか愛してるとかいう気持ちがもうない 以上のような事を話をし、私なりに父の急死で余裕もなかったことであったり、 至らなかった事を謝罪もしましたが、全部私のわがままというのは自分でも分かってるけど もう一緒に暮らす事は難しいと言って、出て行きました。 奥さんの実家は近かったため、連絡をしましたが 奥さんの実家でもひと悶着あったようで、 今はマンスリーマンションを借りているようです。 そして出て行って1ヵ月後、簡単な話し合いを行うことになりましたが 話し合いというより、奥さんから一方的に条件を提示されただけでした。 もうこの家には戻れない 2. 私のわがままで言っているのはわかってるから お金的な事とかは、できるだけそちらの条件にあわせる 3. 車(結婚後購入)とか賃貸マンションの片付けなどは あなたが出て行った後は、私がやるで構わない 私の帰ってきて欲しいという気持ちは伝えましたが全く届かず、 話し合う事もできず、今に至ります。 この状況でも関係を修復したいという私はアホかもしれませんが、 長い付き合いをして結婚をしているため、この状況でも 帰ってきて欲しいと思っている自分がいます。 ただ皆さんからの客観的な意見をいただければと思います。 >妻が戻ってきてくれるなら、自分が母親や親戚と疎遠になっても良いと 今は思っています。 矛盾してるよ。 それなら妻が訴えた時にセーブできたはず。 妻が戻って危機感が去った時にまた、一人で寂しくなった母親に泣かれたりしたら元に戻るの では?或いは病気だと訴えたとか弱ったとか色々放っておけなくなる要素があるはず。 結婚だって1月とか49日なら分かるけど、1年以上も待たすってちょっと珍しいしね。 余程の しきたりのある旧家なのかな。 それでも最近はそこまでしない家が増えてる。 しかも非常識だと怒ったなんてやりすぎだよ。 普通ならどうか気持ちを分かってご迷惑ですが 伸ばしてくださいって頭を下げる立場。 自分の実家の事情で迷惑かけるのだから。 嫁実家が 同じ事したら嫁実家が頭下げるの当然っておもうでしょう? ちょっと自分達側の感情だけ押し付けすぎの感じがする。 皆様意見や感想ありがとうございます。 無理という意見や私自身の親に対する思いなども 返信をいただけて、少し冷静になれています。 かなり精神的に参っていて、有給を使いながら 少し会社からも離れていたこともあり、自分自身が もう少ししっかりしないといけないなと感じています。 厳しい意見もありますがありがたいなと本当に思っています、 ありがとうございます。 妻と大喧嘩になったのは、自分の父親がなくなって1週間も経たないうちに 挙式の話を妻の母からされたので、私の器の小ささもありますが 父の急死で余裕がないところだったのと、妻からも挙式の話をされたので 私の家族や私自身の事よりも、挙式の方が大事なんだと思ってしまい と大喧嘩になりました。 (ここまで喧嘩したのはこの1度だけでした) その後妻の両親には、謝罪しています。 あと一応こちらの親族が 九州の古い旧家という事と私が長男という事もあり、もめにもめましたが、 事情を組んで入籍だけははやめ、結婚式は事情を組んでもらい延期となりました。 (挙式会場も変更し、 奥さんが希望した大人気のところ+希望のカメラマンの都合もあり、 1年を超えての延期となりました、費用は高くかかる予定でしたが 延期させてしまったためと思い、一切そこに対して反対はしていませんでした たくさんの意見・感想ありがとうございます。 もめにもめたのは私の親族と私の方でして、妻にも妻の両親にも もめていた事は一切言っていません。 (空気間は察知されたと思います、当時食事も食べれなくなり 私自身相当参っていた時期だったので何かあったとは思われたと思います) ただただ頭を下げて妻と妻の両親の入籍日を早める希望を承諾する事で 結婚式の延期をお願いをしました。 妻とのケンカは本当にあの一度だけですが 妻が自分の思いを殺し、起きなかっただけかもしれないとも思っています。 私自身情けないのですが、親族とは結婚の話が挙がるまで ほとんど親交はありませんでした。 付き合ってる時からは、奥さんに殆どあわせてきました、日々のデートから プレゼントや旅行や結婚・婚約指輪等々。 思い通りに行かなかったのが、この約1年半だったとおもいます。 それは妻も言ってました、こんなはずじゃないと思っていたと。 大変多くの意見・感想などありがとうございます。 妻は、周りと自分を比べてるようでした。 周りは子どもが出来て幸せになっている、 結婚式の挙げて幸せそうな様子を見たりしていくことで、なんで自分はこんなことにって 思っていたとも話をしていました。 情けないですが、この1ヵ月半、仕事もやる気が起きず、 気持ちの整理が出来ない日々を送っており、 自分は弱いなと思いつつも事情を知っている友人には、 私のことを思って優しい言葉しか掛けられず、どこかでなんで妻に、 ここまでふりまわされなければいけないかと思っている自分と まだ帰ってきて欲しい自分がいて、どこかではやっぱり帰ってきて欲しくて 苦しんでいました。 ただここで相談をさせて頂き、改めて自分が至らなかった点も多くあった事と 妻に大しても申し訳ない気持ちがありながらも、もう難しい状況まできている事を ちゃんとふまえて考えないといけないと思いました。 皆さんのおかげで、少し前を向くことが出来ました、本当にありがとうございました。 (どなたか書いてくださっていた通り、私は周りの発言に影響されやすいのも事実ですw) まだこの後も何度か掲示板はのぞかせてもらいますが、 本当に皆様ありがとうございました。 一時的にですが変な電話?借金取りのような電話もかかって来た事を覚えていますが 私も当時小学生ながら、なんで急に来なくなったんだろうって思っていましたが そのような事情があったことを知ったのはある程度大人になって知りました。 あと旧家に関してもまわりに言われているだけで、大学入学以降は家を出ており 自分自身が旧家の跡継ぎという意識は正直低く、結婚を報告するまでは 意識もしていませんでした。 元々小さい頃から父とは折り合いが悪く、非常に優秀で仕事が出来る父でしたが 感情の起伏が激しく仕事で上手くいかなかった日等は、母や私に暴力を振るう父でした。 日常茶飯事で殴られ、味噌汁をかけられたり、電柱に縛られるなど、 今では確実に児童相談所に通報されるような事をうけてきました。 なので私は父とは別の道を選びたいと思い、お金とかではなく少しでも人の役に立つことが 出来ればと思いましたが、当時(中高生ぐらい)、父はそんな私が大嫌い だったようで、お前のことは認めないとか、学生時代に行っていたボランティアとかも 「弱者の世話をするなんてお前の自己満足や偽善だ。 そいつらは負け犬だし、お前も負け犬だ」 と言われたのを今でも覚えています。 そういう環境だったため、 家を出て自分のやりたい道に進みました。 結果的に父も歳をとった事で少しですが穏やかになり、 私が殆ど金銭面で迷惑をかけず自立したため、社会人になって3年ぐらい経ってから 父親とすこしづつ良い関係性が出来ていきました。 親族と父の関係が少し回復したのは、私が結婚を決めた2年前ぐらいだったようです。 そして私の結婚式で、もう一度関係性を修復する機会にもしたいと母に話していたと 亡くなってから母から聞きました。 なので、私自身は本当に旧家って感じてないのが本音です。

次の

夫婦喧嘩の禁句ワード!離婚をほのめかすのはNG? [離婚] All About

妻 から 離婚 したい と 言 われ た

喧嘩じゃ問題は解決どころか…こじれるばかり 離婚・カップルカウンセラーの岡野あつこです! 「夫婦喧嘩は犬も食わない」といいますが、そもそも夫婦の間の喧嘩とは、話し合いから意見の食い違いが起こり、そこに感情がプラスされた状態。 夫婦は愛情関係を前提とし、共に協力し合い生活を成り立たせていく密接な関係にあるからこそ、意見の食い違いが生じたら、お互いに納得のいく1つのカタチに収束していかなければならないわけです。 ですから、必要なのは「喧嘩」じゃなくて、「話し合い」。 ところが…、話し合いによる解決がスムーズにいかないと、お互いにだんだんイライラモードに入っていきますので、やがてその不快な感情が爆発して、「喧嘩」へと発展してしまうのです。 とはいえ、「夫婦喧嘩は犬も食わない」といっていられるのは、「これだけは言ってはいけないよ」という夫婦喧嘩のルールをわきまえて、最終的な仲直り、和解があらかじめ予想できている場合です。 このルールを無視して、激しく罵りあい、徹底的にやりあってしまうと…しこりを残してしまったり、もう後がなくなってしまったり、もするのです。 では、妻が夫に言ってはいけないセリフって、一体どんなものでしょう? 喧嘩中でも妻が夫に言ってはいけない禁句のセリフとは 「おまえの口からそんな言葉が出るとは…思わなかったよ」 夫婦喧嘩炸裂中。 「甲斐性なし! 」「大した稼ぎもないくせに! 」「悔しかったら出世してみな! 」 仕事や収入に関することは禁句も禁句。 夫のプライドをズタズタにしてしまいます。 そこをつついてどうする?• 「男らしくないわね! 」「それでも男? 」 男は常に「男らしさ」というものを自分の中に追求して生きています。 男らしさを否定されるということは、存在価値すらない、と言われたも同然なのです。 「離婚よ! 」「なんで、あんたなんかと結婚しちゃったんだろう? 」 本気で離婚話をするとき以外には決して言ってはいけないセリフです。 愛情の欠落を感じさせる言葉はNGです。 「死んじゃえ! 」「生きてる資格ないわ」 生死に関わる言葉も当然ダメです。 売り言葉に買い言葉、頭にカァーッと血が上り、憎しみの感情で、はらわたが煮えくり返っている…。 そんなとき、口をついて出た言葉が、相手を深く傷つけてしまったり、「もう許せない! 」と思わせてしまうこともあるのです。 夫婦喧嘩のルールを決めると禁句ワードで口をすべらせない!? 「夫婦だからね…こんな日もあるさ」 口喧嘩においては、大概は妻の方が夫よりうわ手。 口では勝てない夫を、徹底的に罵倒して、本気で怒らせたら? 夫はキレます。 どうキレるかといえば、口で言い返せないほど、追い込まれていますから、もう手が出るしかないのです。 このように妻の言葉の暴力が、夫の暴力を誘発してしまうこともあるのです。 禁句だけは言わない• その日のうちに仲直り• わだかまりを残さない 「夫婦喧嘩は犬も食わない…って、ほんとだよね! さっきはごめんネ…」 「こっちこそ悪かったよ。 ごめん」 本当はつまらない喧嘩なのに、何気無しに言ってしまった言葉に相手は傷つき、根深いものとなって、心の奥底に沈んだままになってしまうことがあります。 つい興奮してしまいがち、という妻の方、くれぐれも禁句だけは口をすべらせないようご注意を! 【関連記事】•

次の

夫婦喧嘩の禁句ワード!離婚をほのめかすのはNG? [離婚] All About

妻 から 離婚 したい と 言 われ た

離婚回避したい、その2。 先日の投稿にたいして皆様からの多数の回答ありがとうございます。 厳しいお言葉、励ましのお言葉等多数いただきました。 今回は妻のその後です。 手紙を見た事にたいして一方的に言 われた二日後、妻の仕事場の近くで仕事をしていたのでメールをしました。 そしたら妻から、会社の人の誕生日プレゼント買うので一緒に買いに行く?と言われました。 雑貨屋さんでプレゼントを選んでプラプラしてたら、妻が突然、笑顔で、あっ、この財布かわいいな、欲しいな、プレゼントしてくれない?と言われました。 私の頭の中は???でした。 あんなに切れてたのに、なぜこんな事言うんだろうと・・・ 一万円ぐらいと全然高くもないし普通に買えるのですが、じゃあ、ホワイトデーの時プレゼントしてあげるよって笑って言いました。 その夜に妻と酒飲んだのですが、浮気のことゴメン、本当にゴメンなさいと言われました。 妻は手紙内容をみれば分かると思うけど、あの手紙は妻が別れ話をした後に彼が書いた手紙だとも言いました。 私は、手紙を直視出来なかったから深い内容まで分からない、けど言ってくれてありがとう、あとは言わなくていいよって言いました。 けど、一つだけ教えて?決意のバンジージャンプやったと書いてたけど何処にあるの?本当に怖いの?と笑いながら聞いたら妻は楽しそうに説明してくれました。 今度子供達とも一緒にいこうとも言われました。 その夜はそれで終わりました。 その次の日は妻は夜中まで娘たちの弁当入れを作っていました。 今は妻の事は信用できないし、妻の心理も分かりませんが、もう少し様子を見たいと思います。 けど皆さんには聞きたい。 妻の心理はどうなんでしょう? 溜まりに溜まっていた感情を全部吹き出して、スッキリしたんだと思います。 仕事や同居生活の小さなストレスが、だんだんだんだん溜まって。。。 ひとつひとつはたいしたことなくても、消化できなければ溜まる一方です。 例えるなら、山というか。 ストレスという名の溶岩が、行き場を失い溜まり続けてとうとう噴火してしまった。。。 噴火してる山にいくらバケツで水をかけても、噴火は収まりません。 でも、時間が経てば収まります。 流れた溶岩は固まって、熱も冷めて、噴火前と同じ穏やかな山に戻ります。 噴火してる最中は、他の人の言葉は聞こえません。 ただただ、溜まった溶岩を吐き出してスッキリすることしか、頭にありません。 噴火した奥様は、どうすればスッキリするか、その事しか頭にありません。 そうして考えたのが離婚だったというわけです。 この事から、奥様のストレスの大部分を占めていたのは、結婚生活のストレスだと考えられます。 なぜ山の噴火に例えたかというと、理屈ではないからです。 女性は、男性よりずっとずっと、感情で物事をとらえ、感情で考えます。 だから、自分の感情に自分が振り回されてしまうことがたくさんあります。 なぜ自分がこんなに怒ってるのか、自分でも分からない。。。 なんてこと、ザラです。 それをヒステリー状態と言います。 噴火中は、まさにその状態。 噴火が終わって全てを吐き出した奥様は、気持ちが落ち着いて穏やかになりました。 そして、きっと旦那様が噴火中に一生懸命それをなんとかしようとしていた姿を、ようやく思い出したわけです。 残念ながら、噴火中はとにかく溶岩を出せるだけ出すことしか考えられないので、旦那様の言葉や行動については、全く眼中に入らないのです。 でも、穏やかになった今なら思い出せます。 落ち着いて考えられます。 噴火中の旦那様の努力や、一緒に過ごしてきた楽しい出来事を思い出して、この人と別れるのは考え直そう、と思ったのでしょう。 でも、あんなに思いっきり噴火してしまったので、逆に謝れなくなってしまったのでしょう。 それに、噴火の溶岩のほとんどは結婚生活の中にありますから、完全に前と同じ状態に戻ったら、奥様はまた溶岩が溜まり、また噴火します。 奥様としても、好きで噴火したわけではないんです。 自然現象なんですよ、噴火は。 だから今、奥様は様子をうかがっているんです。 自分がもう二度と噴火しないために。 以前のように穏やかな姿で、まるで噴火などなかったように振る舞って。 そうやって、周りの様子をうかがっているんです。 山が元に戻ったからといってまた前と全く同じ状態に戻ったら、おそらく次の噴火はもう止まらないでしょう。 奥さんは激情型なんですね。 私と一緒です 笑 これしかない!とかもう無理だ!と思ったら止まらない。 でもそれが落ち着くと、自分でも何であんなに怒ってたんだろ。 ってぐらいに落ち着いちゃって、ケロッともとに戻る。 厄介ですよね。 分かってます 笑 でも、取り合えず離婚が回避出来そうなら、そのまま穏便にした方がいいと思います。 責めたりしたら、また激情されちゃうかも? 反省して欲しいって思うでしょうけど、多分目に見えないだけで奥さんは反省してますよ。 恥ずかしいことしたなって思ってます。 だから、様子を見守ってあげて下さい。 奥さんの真意、本当の真意はわかりませんが、いくつかが考えられると思います。 質問の日付をみると、随分短期間で二転三転としていますよね。 浮気がバレるまでのスタンス、バレてからの開き直り、そして今。 あなたとやり直そうと前向きになった。 あなたと奥さんの普段を見ていませんので、なんとも言えないのですが、あなたが奥さんとやり直したいと願い、今の状況を見守ろうと決めておられるのであれば、今、あなたが奥さんの望むあなたに変わり、奥さんに「離婚はなし」と思ってもらえるように頑張るしかないと思います。

次の