インスタント ラーメン。 インスタントラーメンのおすすめ人気ランキング10選【油そばも簡単!アレンジメニューも紹介】

プロが選ぶ"本当に美味しい"インスタントラーメン【まとめ】

インスタント ラーメン

手軽に美味しいラーメンが楽しめる袋麺。 レンジでつくれるグッズも売られており、カップ麺に負けない根強い人気があります。 サッポロ一番やチキンラーメン、日清のラーメン屋さんなど様々な商品があるだけでなく、醤油や塩など味の違いや、油揚げ麺やノンフライ麺などの製法の違いもあり、いざ購入しようと思うとどの商品を選べばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 選び方のポイントと合わせ、通販で購入できるおすすめのインスタントラーメンを人気順のランキングでご紹介します。 さらに、インスタントラーメンを飽きずに食べられるアレンジ方法も紹介!油そばや担々麺風へのアレンジも簡単ですよ。 お気に入りの美味しいインスタントラーメンを見つけましょう! 昼食やおやつに、つい食べたくなるインスタントラーメン。 お手ごろな価格で手に入り、手軽に調理できることから、根強い人気を誇っています。 煮卵やチャーシュー、野菜などで、ヘルシーにもボリューミーにもアレンジできるところも魅力ですよね。 実は、より手軽なカップ麺がブームになるにつれ、袋麺はやや押され気味な時期もありました。 しかし、 本格的な美味しさを手軽に味わえるという点で、再び注目が集まっています! その理由は、工夫されたこだわり商品が次々、誕生していること。 特に、 生麺のような食感を楽しめる商品や、専門店監修の商品が近年のトレンドです。 食べたくなったらすぐに、自宅でお店のようなラーメンができあがり。 ぜひ色々なインスタントラーメンを食べ比べて、本格派の味を楽しみましょう!.

次の

インスタントラーメンのおすすめ人気ランキング10選【油そばも簡単!アレンジメニューも紹介】

インスタント ラーメン

amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 東海地方を中心に人気のご当地ラーメンチェーン店のSugakiyaの味を家庭でも味わえるインスタントラーメンです。 豚骨ベースのコクに、和風出汁のさっぱりとしたスープは懐かしさを感じる味わいで、誰でも好きな味となっています。 付属の隠し味袋を入れれば、和風だしの風味が更に増します。 麺はノンフライ麺を使用しているので、コシと滑らかさを併せ持ったつるんとした食感を楽しめます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 一見ラーメンが入っているようには見えない白熊の可愛いパッケージが特徴的なインスタントラーメンです。 可愛らしいパッケージですが、中身は本格的な塩ラーメンとなっていてさっぱりとしながらも深みのあるスープがとても美味しいです。 ノンフライ麺を使用していてまるで生麺のようで、インスタントラーメンを食べていると感じさせない食感を楽しむことが出来ます。 見た目のインパクトがあるのでお土産にも喜ばれます。 麺 ノンフライ麺 カロリー 303kcal 容量 102. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 九州で古くから親しまれているこちらのインスタントラーメンは、袋麺には珍しい棒状の袋麺となっています。 棒状のインスタントラーメンではパイオニアと言われています。 最大の特徴はノンフライ・ノンスチーム製法で仕上げることにより、生麺に近い風味とコシのあるストレート麺です。 チキンとポークをベースとしたあっさりとした醤油味のスープが麺によく絡み、味わい深いインスタントラーメンです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 名前の通り、昔ながらの懐かしさを感じる味わいで、まさに中華そばといったインスタントラーメンです。 鶏ガラベースにカツオなどの隠し味を合わせたあっさりとしながらもコクのある鶏ガラ醤油スープは、やや細めのノンフライ麺によく絡み素朴で懐かしさを感じるラーメンです。 袋ラーメンのスープは粉状のものが多いですが、昔ながらの中華そばは液体スープであることは嬉しいポイントです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 発売以来50年に渡り愛されているチャルメラの醤油味ですが、いつ誰が食べても懐かしさを感じる定番のインスタントラーメンです。 ホタテの旨味を加えたコクのある醤油味のスープはチャルメラでしか味わえないチャルメラならではの味わいです。 しなやかな中細麺は油揚げ製法で仕上げられていて、麺にもコクがあるのでスープと相まって深みのある味わいです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. インスタントラーメンの常識を覆した生麺うまいまま製法によって、生麺のような食感のノンフライ麺を使用した、人気シリーズの豚骨醤油味の袋ラーメンです。 ポークエキスを使用したまるみのあるコクと旨味が強い豚骨ベースに風味豊かな醤油を加えた豚骨醤油はクセがなく誰でも食べやすい豚骨醤油味となっています。 生麺うまいまま製法で作られた極上の麺がスープによく絡みお店のような仕上がりになっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. カップラーメンでも人気のラ王の袋ラーメンシリーズで、まるで生麺のキャッチコピーからも分かるように麺のコシともっちりとした食感、全粒粉を練り込んだ香ばしさが豊かな生麺が最大の特徴です。 特徴的な全粒粉入りの麺は鶏ガラと豚の風味が効いたコク深いスープによく絡み旨味を引き立てます。 つい最後の一滴まで飲み干したくなるスープの味わいと、噛み締めたくなるもっちり麺は心を満たす1杯となります。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ご当地ラーメンのパイオニアーともいえる袋ラーメンで、地元九州では本場の豚骨ラーメンを食している人でも絶賛するほど、本場の豚骨ラーメンを再現している九州では大人気のインスタントラーメンです。 こってりとした豚骨スープでありながらクセがなくこってりしすぎず、しっかりとコクがあり、特性ポークオイルが美味しさを引き立てます。 油で揚げた縮れ麺はスープによく絡み、油揚げ麺の特性であるコクが加味されて、豚骨ラーメンとしてより一層完成度の高い仕上がりに仕立て上げます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 世界初のインスタントラーメンとして長きに渡り人々のお腹を満たしてきたロングセラー商品で、たまに無性に食べたくなるインスタントラーメンとしてもお馴染みです。 鶏ガラスープとクセになる味付き油揚げ麺は、すぐ美味しいすごく美味しいのキャッチコピーに恥じぬ美味しさとなっています。 予め卵を落とすポケットが付いていることも特徴で、卵を落としてよりマイルドに味わう方も多いでしょう。 CMでも流れているように最近では袋に入れたまま砕いてお菓子のように食す食べ方も流行っています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 昨今の激辛ラーメンブームの代表格であるこちらのインスタントラーメンは辛さだけではなく、旨さと辛さが調和した絶妙な美味しさが特徴です。 味噌ベースにビーフの旨味をプラスしたスープは濃厚です。 また油揚げ麺は非常に伸びにくくラーメンの弱点である伸びて美味しくなくなる点を攻略しています。 アレンジレシピが豊富に出回っていて、お鍋の締めやリゾット風にしたりと活躍の場はインスタントラーメンの枠を超えています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. インスタントラーメン界に革命を起こした生麺うまいまま製法によって、生麺を食べているかのような食感のノンフライ麺を使用した、人気シリーズの豚骨味のインスタントラーメンです。 豚骨ベースですがクセがなく誰でも食べやすく、なおかつコクと旨味が絶妙にブレンドされていて最後まで飲み干したくなるスープとなっています。 生麺うまいまま製法で作られた極上のストレート麺は、豚骨の本場である九州の人も唸るほどです。 ガッツリ食べたい時におすすめの一品です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ここでも人気シリーズのマルちゃん正麺シリーズがランクインしました。 特にこちらのマルちゃん製麺醤油味は生麺ブームの火付け役ともいえる存在で、油揚げ麺が主流であった時代に生麺の地位を押し上げたインスタントラーメンです。 発売当初の生麺の衝撃は凄まじく一気に人気商品となり今でも変わらぬ人気です。 ここまで紹介してきたマルちゃん正麺シリーズは、同じ生麺でも味によってベストになるように麺も調整していて、こちらの醤油味もチキンとポークのあっさりとしながらもコクのあるスープに合うようにベストの組み合わせとなっています。 インスタントラーメンでありながらお店のラーメンを食べているようなクオリティで、昼食や晩御飯を満足感溢れるひとときにしてくれます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 塩ラーメンのインスタントラーメンで思い浮かべる筆頭候補であり、塩ラーメンのインスタントラーメンの先駆者でもあるサッポロ一番の塩ラーメンは未だ根強い人気で、市場調査会社の調べによると、袋ラーメンの売上第2位にも上り詰めています。 チキンとポークを使用した塩味スープは、コクがありながらもさっぱりとした味わいで、老若男女問わず気軽に食べることが出来ます。 麺には山芋を練り込んでありもちもちとしたコシを実現しています。 別添えの切り胡麻入れると風味が増し、さっぱりとした塩スープとコシのある麺との愛称は抜群です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. もはや語る必要が無いほどの人気定番商品で、食べたことがない人はいないのではないでしょうか?それほどまでに国民に愛されてきたインスタントラーメンです。 市場調査会社の調べでも袋ラーメンでの売上第1位に輝いています。 ポークベースに8種類もの味噌をブレンドして、奥深いコクと風味を出しています。 豊かな味噌の香りは食欲をそそります。 楕円形の油揚げ麺には味噌を練り込みスープとの相性は抜群で、一気に完食してしまうこと間違い無しです。 今や知らない人はいないほどの知名度を誇り、全ての人に愛されるこちらのインスタントラーメンはアレンジも豊富で野菜を乗せるだけでお店で出しているラーメンのような仕上がりになります。 野菜はたべやすい大きさに切ります。 根菜類は薄く切ると火が通りやすいです。 豚肉から油が出るのでテフロン加工のフライパンなどでは油は引かなくても大丈夫ですがこびりつきやすいフライパンなら少量油を引いてください。 豚肉を炒め色が変わったら野菜を入れます、ある程度火が通ったら水を加えます。 沸騰してきたら麺を入れ袋麺の表示時間通り茹でます。 フライパンを手前に傾けて麺全体が浸かるようにします。 茹で時間の最後にスープ一袋を入れてよく混ぜて完成です。 何味でも美味しくできますのでぜひ試してみてください。 トッピングに目玉焼きなどを乗せると少し豪華になります。 amazon. 商品名• サンアート かわいい食器 「 ラーメンの ひよこさん 」 カップ麺の蓋 3分砂時計付 キッチンタイマー 直径16cm 黄色 SAN2095• サッポロ一番 塩らーめん 5食• 辛ラーメン袋 3食P• 札幌円山動物園ラーメン塩 102. タイマー付きで可愛らしいほっこりする蓋• 定番であり頂点でもあるインスタントラーメン• 塩味の定番商品• インスタントラーメンの革命児• 人気シリーズの豚骨味• 激辛インスタントラーメンの代表格• 元祖インスタントラーメン• 九州のソウルフード• 唯一無二の全粒粉入り麺• 人気シリーズの豚骨醤油• ごまラー油が食欲を掻き立てる• いつまでも変わらない味• 懐かしさ感じるレトロなインスタントラーメン• 九州が生んだご当地ラーメン• 可愛い見た目の北海道ご当地ラーメン• 名古屋のご当地ラーメンをご家庭で• 1296円 税込• 2280円 税込• 395円 税込• 2380円 税込• 2580円 税込• 290円 税込• 2702円 税込• 2980円 税込• 3097円 税込• 2428円 税込• 2255円 税込• 2280円 税込• 2610円 税込• 1253円 税込• 1563円 税込• 1757円 税込• 油揚げ麺• 油揚げ麺• ノンフライ麺• ノンフライ麺• 油揚げ麺• 油揚げ麺• 油揚げ麺• ノンフライ麺• ノンフライ麺• 油揚げ麺• 油揚げ麺• ノンフライ麺• ノンフライ麺• ノンフライ麺• ノンフライ麺• カロリー• 451kcal• 455kcal• 331kcal• 343kcal• 506kcal• 377kcal• 437kcal• 336kcal• 359kcal• 463kcal• 441kcal• 319kcal• 280kcal• 303kcal• 350Kcal• 100g• 91g• 105g• 91g• 120g• 85g• 97g• 102g• 80g• 102g• 97g• 108g• 164g• 102. 80g• 商品リンク•

次の

インスタントラーメンの誕生

インスタント ラーメン

概要 [ ] 広義では「ラーメン」という範囲を超え、麺の・や等も含めた、多種多様存在する袋入り即席麺()およびカップ入り即席麺()全体を指す場合に用いられる。 狭義ではその中にてラーメンのみを指す場合や、更に袋入りラーメンに限定して指す場合に用いられる。 上の正式名は「即席めん」である。 また、食器として使用できる容器(カップ状の耐熱耐水容器等)に入れて(かやく)を添付したタイプはと呼称され、公正競争規約上の正式名は「 即席カップめん」である。 の統計によれば、度に全世界で消費された量は約916億食(カップ麺を含む)。 うち日本の消費分は約53億食だった。 現在では、世界各地で作られており、ほぼ製造国にて消費される。 主な生産・消費地はおよびである。 小売販売額ベースの市場規模は360億2700万ドル(の調査会社ユーロモニターインターナショナルによる推計)。 企業別シェア首位は、を傘下に持つ頂新国際集団()で、日本の(HD)、インドフード・スクセス・マクムル(インドネシア)、(日本)、(台湾)が続く。 この上位5社のシェア合計は約43%で、この他にも日本の内外に多数のメーカーがある。 発明 [ ] インスタントラーメンには、明確な定義がない。 「瞬間油熱乾燥法または熱風乾燥法(ノンフライ麺)によって製造され、スープも同時に調理できる即席麺」を「インスタントラーメン」と定義するなら、一般に1958年8月に発売された「」が「世界初のインスタントラーメン」となる。 によれば、インスタントラーメンは(38年)に創業者のがしたもので、世界でもそれを認める報道が多い。 安藤が発明したを含むインスタントラーメンの基本的な製法は、(昭和38年)に「即席ラーメンの製造法」として登録されており、の戦後日本の100選の「トップ10」にも選定されている。 開発者である安藤百福は、妻がを揚げているのを見た際、小麦粉の衣がてんぷら鍋の中で泡を立てながら水分をはじき出している様子を見て、この原理を応用すればよいとし、これが瞬間油熱乾燥法の基となった。 ただし、安藤が最初にインスタントラーメンを「発明」したかどうかについては異論が存在する。 チキンラーメン発売の数か月前に、「お湯を注いで数分でスープも含め料理できる即席麺」として、大和通商が「鶏糸麺」を、東明商行が「長寿麺」を発売している。 「長寿麺」は探検に持ち込まれて大きな話題となり、インスタントラーメンの普及に貢献した。 日清食品は1961年に東明商行が出願していた「味付け乾麺の製法」特許の権利を2300万円で買い取り、もともと日清が出願していた「即席ラーメン製造法」と合わせて特許登録した。 また、1958年以前にも即席麺は開発および販売されている。 村田製麺所(現・ )が1953年に、松田産業(現・ )が1955年に油で揚げた即席麺をそれぞれ開発している。 しかし、従来の油揚げの製法が日清食品の瞬間油熱乾燥法と異なるかについては曖昧である。 それ故に、これらが「インスタントラーメン」の発明者が誰であるかについては意見が分かれている。 そもそも、上述したインスタントラーメンと乾麺との明確な差は製造方法との有無のみである。 インスタントラーメンを「数分ゆでれば食べられる 麺」と定義するなら、古くからある乾麺はそのほとんどが該当する。 この料理は、現在でも広州料理の一つとしてやなどで一般的に食べられている。 フライ麺という製法で作り置きができ、手早く食べられるという点ではこの伊府麺はチキンラーメンと同じ発想の食品とみることができる。 しかしこれらはチキンラーメンなどと異なり、麺以外にスープを用意する必要がある。 なお、安藤百福は(昭和39年)に「日清食品が特許を独占して、野中の一本杉として発展はできるが、それでは森として大きな産業は育たない」として日本ラーメン工業協会(現在の)を設立し、他のメーカー各社になど即席麺関連の製法特許を公開している。 歴史 [ ]• 前半まで インスタントラーメン以前にも乾物としての麺は存在していたが、麺を鍋で茹でる他にスープかタレを用意する必要があり、調理に時間が掛かることから「即席」とまでは言えなかった。 - 村田製麺所(現・株式会社)の村田良雄が、即席麺に欠かせない屈曲麺製法を発明し、特許をとる。 - 松田産業(現・) が「味付中華麺」を即席麺製品として開発した。 商業的には失敗に終わるが、製造過程で生じる麺のかけらを活用し、後のに「ベビーラーメン(現・)」として商品化し人気となった。 - 第一次に東明商行の即席麺が持ち込まれる。 春 - 東明商行から即席ラーメンの長寿麺が発売される。 麺を油で揚げ、スープに浸して味付けする製法であった。 1958年 - チキンラーメンに先だって、大和通商から鶏糸麺が発売される。 湯をかけて食べることができた。 1958年 - の創業者・がを発明し、一般に「世界初のインスタントラーメン」と言われる「」を発売。 即席麺を作る基本となる麺を糊化(アルファ化)する技術に関する特許申請やその商品化は松田産業や日清食品以前にも存在したとする説もある。 1958年 - 東明商行の創業者の張国文が「味付乾麺の製法」を特許出願(特願昭33-36661号)。 1960年11月16日に出願公告される(特公昭35-16974号)。 この発明は、登録前に2,300万円で日清食品に買収されている。 1959年 - 安藤須磨が「即席ラーメンの製造法」を特許出願(特願昭34-1918号)。 1960年11月16日に出願公告される(特公昭35-16975号)。 - が初のカップ入り即席麺「明星叉焼麺」(未商品化)をの海の家で試験販売する。 容器に近いカップに、揚げ麺・乾燥具材・粉末スープが入っていて470mlのお湯を注いで食べるという、現在のカップ麺に近い商品だった。 しかし容器の耐油性に問題があり、テスト販売のみで失敗に終わる。 そのうえ、従来の即席麺を単に容器に入れただけと見なされ、特許やを取得できなかった。 - 明星食品がを使ってスープをにするスープ別添技術を開発し、粉末スープを麺と別の袋に入れ添付した「入明星ラーメン」を発売した。 なお、本来は食品とは関連のない異業種であるは、その子会社「三近食品」を設立させ、の版権を使って出した「ポパイラーメン」を販売するが、これも失敗に終わっている。 に発売された「」にが付く。 - 日清食品が即席麺では世界で初めての焼そば「」を発売。 以後、同業他社でも即席麺タイプの焼そばが開発・発売されている。 - の「」に乾燥ネギが付けられ 、これ以降には、乾燥に代表されるを封入する製品が一般化する。 スープもフリーズドライ等によって乾燥粉末化され、塩味、味噌味、カレー味など、スープの味にもバラエティが広がった。 「本物のラーメンの質感に近い」と評判となり、以降、他社も追随した。 - 日清食品が「」を発売し、世界初のが登場。 開発当初よりパッケージ商品として様々な点が考慮されており、容器も耐久性・耐油性に優れていた。 発売当初の売上は今ひとつだったが、のにて、の機動隊員が食べている姿がテレビで流されたのをきっかけに大ヒットする。 - が、世界初のカップである「マルちゃんのカップうどんきつね」を発売する。 からは、調味油、、ゴマだれなどの複数の液体の調味料を付ける製品も多くなり、小や、などの具材も乾燥して同梱するインスタントラーメンが普及した。 もっとも、豊富な具材が製品単価を押し上げる要因にもなり、また生の食材には味が及ばないとして、一部のカップ麺を除き一旦は市場から消えた。 しかし、には化した調理済みの具材や麺を同梱した高級品も登場し、には人気ラーメン店とのコラボレーションへと進化、それらが付属しない通常の製品と二極化が進んでいる。 一方、健康志向の高まりから、ノンフライ麺の採用が増えている。 油で揚げる代わりに、蒸したり、熱風乾燥することで、煮る必要がない製品も多い。 また、麺をではなくやのようなを原料とするや、やを原料とするも増えている。 ライスヌードルやは比較的低なので若年の女性層に支持されている。 また、風味や見た目に特徴を持たせるために、麺に食材を練り込むケースも見られる。 例としての「麺許皆伝」()、日清食品の「とんがらし麺」()などがある。 袋麺の消費量はカップ麺に押されて減少していたが、2012年に東洋水産の「マルちゃん正麺」の大ヒットにより盛り返した。 生麺をそのまま乾燥させる新しい製法で生麺に近い食感を実現した。 日清食品の「 袋麺」、サンヨー食品の「サッポロ一番 麺の力」といった追随商品も登場した。 世界進出 [ ] 日本国外での生産は、 がの(삼양라면、Samyang)との合弁でに製造を始めたのが最初とされる。 では(主に、)、1980年代以後に同種の即席食品が製造され、地域色の豊かな製品も増えている。 当初は日本メーカーのブランド名や商品名が使われる製品が発売された。 多くは商標の使用権(ライセンス)を得た製品で、日本メーカーが製造に直接関与していない場合もある。 これらの製品にはライセンス製造であると表記されている。 その後、もともと「汁麺」や「炒め麺」が食文化に定着していたアジアでは、の嗜好にあわせて伝統食を取り入れた独自の製品が数多く販売された。 、、はもちろん、の味や、の即席、の即席パンシット、の即席など多様に進化した。 アジア各国で販売されているインスタントラーメンは数百種類に及び、日本にも輸入され、で販売される商品もある。 では、主にスナックフードとして利用された事もあり、調理の手間が少ないが先に受け入れられた。 当初、袋麺は輸入食品店以外では見掛けられなかったが、近年では一般のスーパーマーケットでも販売されている。 一方、等に乾燥麺を入れて熱湯を注ぐ軽食向き製品も欧米で人気があり、1990年代には、でも同様の製品が登場している。 これらの製品では、煮て調理する事が出来ないため、麺もカップラーメンと同様に細く薄く平らで、具も小さな乾燥程度である。 状況 [ ] 生産と消費 [ ] 2000年代では、年間約850億食の即席めんが世界で生産されている。 国別で最も多く生産しているのは、中国で、で498億食 である。 日本からの輸出は、2006年度時点での世界ラーメン協会調べによれば年間約8,700万食。 中国最大手のメーカーである(カンシーフ、台湾系)は日本の、第2位の華龍日清は日清食品と提携する。 2012年の国別の消費量は、中国が440億食 と全世界の半分近くを占め、次がインドネシアの141億食、三位が日本の54億食と続く。 一方、一人当たりの年間消費量では、が72食でトップ、二位がインドネシアの57食、ベトナム56食、44食で、五位の日本が43食である。 各国の状況 [ ]• 韓国でラミョン( 라면、ラーメンの らと麺の朝鮮語読み 면 ミョン の合成語)といえばインスタントラーメンを指し、生麺を使うラーメンは一般的ではない。 韓国では、やでもインスタントラーメンを調理して客に出している。 また、のにはインスタントラーメンを用いる。 販売メーカーは60社で、ラーメンなどを輸出している。 伝統食のにインスタントラーメンを入れた「ラポッキ」という料理も定着している。 タイ・ベトナム・・・インドネシアでも、インスタントラーメンを供する屋台がある。 には、朝食などにインスタントラーメンを調理して出すというスタイルの喫茶軽食店が多くある。 日本でも形態は異なるものの、同様に調理をして食べさせる店(「」「」などと呼称。 全国チェーン店としては「」など)が存在する。 では、小麦の産地ということもあってか、インスタントラーメンは格安で販売されており、家計の苦しいがよく食べていることから、学生生活の象徴として言及されることがある。 他、勤務のアメリカ海軍軍人にプライベートタイム時での間食として浸透が進んでいる。 には、にがインスタントラーメンの輸出を開始し、東洋水産が圧倒的なシェアを獲得している。 としてのインスタントラーメンが、日清食品と(JAXA)により「スペース・ラム」 Space Ram という名で開発された。 無重量空間で飛び散らないよう、麺にまぶす程度にスープを減らし、摂氏70度で戻せるようになっており、7月、で提供された。 世界のインスタントラーメン消費 国名 特徴 中国 世界消費量の半分を占める。 香辛料の効いたビーフ風味が中心 インドネシア 1人当たり消費は世界第2位(図参照)。 汁なしのやきそばタイプが半分を占める 日本 カップ麺割合が60%以上と最も高い。 しょうゆ、みそ、とんこつ、塩味基本 米国 スープはチキン味、シュリンプ味、ビーフ味が主流 ベトナム 近年消費量が急拡大。 スープは酸っぱくて辛いシュリンプ味が第1位。 エースコック(日本)が日本品質を持ち込むとともに味づくりは現地スタッフに任せて開発した袋麺「ハオハオ」が市場をリードし(2010年シェア65%)、消費も拡大。 韓国 1人当たり消費は世界1(図参照)。 1958年に日本で開発されて後5年遅れて1963年に韓国で生産開始。 袋麺の割合が75%でビーフ味、キムチ味など辛口風味が好まれる フィリピン 汁物袋麺は朝食としても食べられ、チキン味、牛骨味が人気 タイ王国 世界3大スープの一つ、酸っぱくて激辛のトムヤムクン味が中心 台湾 カップ麺の割合が50%と高い。 ポーク味が半分を占め、次いでビーフ味 ブラジル 日本より柔らかい麺が好まれる。 風味のよい地鶏味が第1位 メキシコ チリ辛を利かせたエビ味カップ麺が好まれる。 フォークで食べる短い麺入りのスープ食品として消費されている(【コラム】参照) (資料)『』2008. 11、『』2013年9月15日(メキシコ)10月7日(ベトナム)など• 日本 [ ]• 2005年度 - 生産量 54. 4億食(前年度比1. 2006年度 - 生産量 53. 1億食、一人当たり年間消費量41. 2008年度 - 生産量 52. 5億食、一人当たり年間消費量40. 『』調べによると、全インスタントラーメン中売り上げ一位はとなっている。 即席めんの生産数量の推移 生産数量(千万食) 1. 3 7. 0 15. 0 55. 0 100. 0 200. 0 220. 0 250. 0 300. 0 310. 0 330. 0 350. 0 360. 0 365. 4 380. 0 390. 0 400. 0 410. 0 405. 0 415. 0 - 534. 9 530. 9 553. 0 547. 6 547. 5 年度 1958 1959 1960 1961 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 - 2009 2010 2011 2012 2013 日本の主な即席めんメーカー [ ]• (傘下。 (マルちゃん。 東京都)• (サッポロ一番。 東京都港区・)• (日清食品ホールディングス傘下。 東京都)• (サンヨー食品系。 大阪府)• (傘下、。 大阪府・東京都)• (サンヨー食品系。 (ペヤング。 群馬県)• (大黒、マイフレンド、AKAGI。 群馬県)• (ニュータッチ。 (茨城県)• (東京拉麺。 (煮込みラーメンなど。 東京都港区)• (傘下および傘下、旧:加ト吉。 東京都、即席めん製造部門を譲受)• (キリマルラーメン。 愛知県)旧キリンラーメン• (ポンポコラーメン。 愛知県)• (金ちゃん。 (傘下。 北海道)• (、佐賀県)• (ヒガシフーズ。 東京都中央区・)• (ノンカップ麺。 信陽食品 ポンちゃんラーメン。 株式会社(オキコラーメン。 ) 日本国内の即席めん出荷額シェア [ ]• 2015年度• 日清食品(チキンラーメン、カップヌードルなど) 43. 東洋水産(赤いきつねなど) 24. サンヨー食品(サッポロ一番など) 15. 明星食品(チャルメラ、一平ちゃんなど) 8. エースコック(ワンタンメン、スーパーカップなど) 8. その他 1. 【点検 世界シェア】即席めん/台湾企業がリード広げる『』2019年7月18日(食品・日用品・サービス面)。 世界を変えた「日本の発明10選」 2013年11月24日• - おやつカンパニー• - 日清食品• 光デパート「チキンラーメンは世界初のインスタントラーメンか? 」『と学会会誌 25』、2010年、同人誌。 [ ]• ラジオ番組『』2008年1月13日放送分で、そのエピソードが紹介された。 122• 2019年2月23日閲覧。 2012年11月8日. 2012年11月30日閲覧。 - サーチナ(中国情報局) 2008年1月9日付配信• - 即席麺家頁(日本即席食品工業協会)。 西尾邦明、斎藤徳彦、岡林佐和 2015年11月8日. 『』 朝日新聞社 : p. 朝刊 7面• 世界ラーメン協会• honkawa2. sakura. 2019年7月19日閲覧。 2012年8月31日閲覧。 日本経済新聞社『日経業界地図 2017年版』P. 27 2016年8月25日 参考文献 [ ]• 『ラーメンと愛国』、2011年10月。 関連項目 [ ]• - 袋入りの乾燥麺を取り出し調理する方式のインスタントラーメン。 - 乾燥麺の入った容器に直接熱湯を注ぐ方式のインスタントラーメン。 - 日本初のインスタントラーメンを発売。 乾燥麺に似たスナック菓子「」やミニサイズのカップ麺「」を発売する。 - インスタントラーメン「」を開発。 日本で初めて商業的に成功したインスタントラーメンとなる。 (カップヌードルミュージアム)• - インスタントでは無いが、開封すれば食べられる。 の麺をラーメンのの代わりにしている。 - 日本のインスタントラーメン製造会社で構成する業界団体。 - 日清を立ち上げた安藤の、インスタントラーメン(チキンラーメン)開発ストーリー。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ()- (英語).

次の