青山 配当。 青山商事 (8219) : 決算情報・業績 [AOYAMA TRADING Co.,]

青山商事(8219)の配当金推移や権利確定日など|AOYAMA

青山 配当

Q1 会社が設立されたのはいつですか? A1 1964年5月です。 これ以降の沿革については「沿革ページ」をご覧ください。 Q2 青山商事グループにはどのような企業がありますか? A2 青山商事グループ企業については「グループ事業」をご覧ください。 Q3 どのような事業を行っていますか? A3 青山商事および、青山商事グループ企業の事業については「グループ事業」をご覧ください。 Q4 理念はなんですか? A4 経営理念については「経営理念」をご覧ください。 Q5 社会貢献活動の取り組みについて教えてください A5 社会貢献活動の取り組みについては「社会への取り組み」をご覧ください。 Q6 環境に対する取り組みについて教えてください A6 環境活動の取り組みについては「環境への取り組み」をご覧ください。 Q7 経営戦略や経営方針について教えてください A7 経営戦略については「経営戦略」をご覧ください。 また、中長期戦略については「青山商事が目指すもの」でご覧いただけます。 Q8 中期経営計画について教えてください。 A8 中期経営計画については「中期経営計画」をご覧ください。 Q8 決算期はいつですか? A8 決算期は毎年3月末となっております。 IRカレンダーに予定を掲載しておりますので、ご覧ください。 Q10 決算発表はいつですか? A10 IRカレンダーに予定を掲載しておりますので、ご覧ください。 Q11 最新の業績、および将来の見通しについて教えてください A10 決算短信ページをご覧ください。 Q12 過去の業績について教えてください A12 決算短信ページに過去分を含め掲載しておりますのでご覧ください。 Q13 1株当り純資産、1株当り純利益、ROEなどの財務指標を教えてください A13 財務指標については「財務・業績ハイライト」をご覧ください。 Q14 財務資料(決算短信、有価証券報告書など)はどこで見ることができますか? A14 財務資料については「IRライブラリー」からご覧ください。 Q15 上場市場・証券コードについて教えてください A15 上場市場は東京証券取引所 市場第一部です。 また、証券コードは「8219」です。 Q16 1単元の株式数は何株ですか? A16 単元株数は、100株です。 Q17 配当の支払い状況について教えてください A17 配当金の状況については「財務・業績ハイライト」をご覧ください。 Q18 期末配当金支払いの株主確定日はいつですか? A18 期末配当金は3月31日、中間配当金は9月30日です。 Q19 配当金を受け取るための手続きについて教えてください A19 配当金のお受取方法については、現金受取と口座振込がございます。 口座振込をご選択いただきますと安全かつ確実に配当金をお受取いただけます。 現金受取をご選択の株主様には、ゆうちょ銀行の全国本支店及び出張所並びに郵便局(銀行代理業者)で受取ができる証書(配当金領収証)をお送りいたしますので、ゆうちょ銀行の全国本支店及び出張所並びに郵便局(銀行代理業者)でお早めにお受取ください。 口座振込をご選択の株主様には、あらかじめご指定いただいた銀行・郵便局等の口座に配当金が直接振り込まれます。 また、期末(中間)配当金計算書もお送りいたします。 その他、株式手続きについては「株式手続き」をご覧ください。 Q20 株主優待制度について教えてください A20 株主優待制度については「株主優待」をご覧ください。 Q21 株主総会はいつですか? A21 定時株主総会は毎年6月下旬に開催しております。 「IRカレンダー」に予定を掲載しておりますので、ご覧ください。 Q22 名義書換、住所変更、配当金の銀行振込についてなどの株式事務についてはどのようにすれば良いですか? A22 名義書換や住所変更、その他の手続きにつきましては、お取引の各証券会社又は三井住友信託銀行で取り扱っています。 詳細については「株式手続き」をご覧ください。

次の

青山商事【8219】、今期経常を23%下方修正、配当も60円減額

青山 配当

まず、配当金をもらえる権利を獲得するのであって、配当金額が確定するわけではありません。 権利日以降に、減配や無配にすることもあります。 東芝がそうでした、無配。 一応、配当の流れは、 期初の前期本決算時に今期予想配当を提示。 その後、企業業績の状況次第で増配、減配を決める。 期末を終え、決算取締役会で、配当額を決議。 総会での承認を得て、支払い。 総会は事実上追認なので、決算取締役会で決定。 基本的には、よほどのことがない限り、会社の事前予想配当を減らすことはない。 よほどのことがない限りです。 3Q決算時点で、青山の予想期末配当は50円です。 かなり強烈な赤字決算ですが、まだ財務的には余裕があるので、さらにとんでもない赤字決算にならない限り、50円の配当は大丈夫と思います。 ただ、権利落ちもきつい可能性があります。 配当金の有無は、企業の業績と原資、現金の有無で推定できます。 青山は依然キャッシュリッチです。 今後も不振が続けば、わかりませんが。 今期は配当するでしょう。 来期以降、今の配当を継続できるかはわかりません。

次の

青山商事(8219)の株主優待紹介

青山 配当

上場市場、業種で条件を絞ってランキングが可能です。 ランクインしている企業の最新株価・前日比・目標株価も掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の