Zoom の バーチャル 背景。 【仕事・家飲み】テレワークにおすすめなzoomバーチャル背景画像まとめ

無料で使える Zoomのバーチャル背景 50選をお届けします!

Zoom の バーチャル 背景

Zoomでバーチャル背景が使えない原因 バーチャル背景というのは、Zoomで 自分の部屋や背景を見せたくない!という場合にカメラ上で仮想背景を作って隠せる、便利な機能です。 自分で好きな画像をアップロードすることもできます! しかし、人によってはバーチャル背景が使えない場合も。 実はZoomのバーチャル背景を使用するには、以下の前提条件があります。 PCバージョン 3. 53922. 0613 またはそれ以降向けのZoomデスクトップクライアント Macバージョン 3. 53922. 0613 またはそれ以降向けのZoomデスクトップクライアント Linuxバージョン 2. 91373. そして、問題になるのが前提条件の1番下です。 確認ポイントは3つです。 デュアルコア• 2Ghz以上• プロセッサというのは、別名 CPUで、パソコンの頭脳とも言われるパーツです。 パソコンがどれだけ頭がいいかによって、バーチャル背景が使えるか変わってくるのですね。 多くの人のバーチャル背景が使えない原因は、 パソコンのスペックが上記を満たしていないことが考えられます。 パソコンのプロセッサの確認方法 それでは、さきほどの3点のパソコンスペックはどのように確認するのでしょうか。 まず1番簡単なのは、 インターネットで検索する方法です。 これは、パソコンの型番がわかれば検索できます。 型番は購入時の取扱説明書のほか、パソコンの裏など本体にも記載されていることが多いですよ。 「 メーカー名 型番名」で検索すると、よほど古いパソコンではない限りヒットすると思います。 メーカー公式サイトでは最新のパソコン以外は見つけづらい場合が多いので、家電量販店などの通販サイトにもスペックは載っています。 デュアルコアのコアというのは、演算処理回路のことです。 デュアルは2を表すので、デュアルコアは2つのコアを持つという意味です。 4つのコアはクアッドコア、8つのコアはオクタコアです。 2つ以上の複数のコアを持つことをマルチコアとも呼びます。 Zoomのデスクトップクライアントを開きます。 自分のWebカメラ画面が映り、バーチャル背景を選ぶと正常に表示される• 自分のWebカメラ画面が映り、バーチャル背景を選ぶと「 コンピュータが要件を満たしていません」と表示される• 自分のWebカメラ画面が映らず、「 プロセッサーがバーチャル背景に対する弊社の推奨仕様を満たしていません」と表示される 1. の場合は問題なくバーチャル背景を設定して使えます。 の場合はこのままではバーチャル背景が使えないので、いくつか手順が必要です。 パソコンが要件を満たしていなくても、Zoomのバーチャル背景を使う方法 上記2. のメッセージが出る場合は、Zoomがバーチャル背景を使う前提条件として提示している要件を満たしていない場合も、満たしている場合もあります。 どちらも対策しだいではバーチャル背景が使用できる場合があるのでご紹介します。 「コンピュータが要件を満たしていません」と表示される場合 「コンピュータが要件を満たしていません」と表示される場合の対応は、「 グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れることです。 チェックを入れるだけで、バーチャル背景が一応使えるようになります。 バーチャル背景というのは人物と背景の境界線を判別して切り取ることが必要なので、パソコンのスペックが低いと対応ができないです。 しかし、背景が緑一色だと人物との境界線がハッキリして、パソコンのスペックが満たなくてもバーチャル背景が使えるということです。 ちなみに私はこの場合、緑の背景にしなくても一応バーチャル背景が使えました。 でも体の一部が背景に侵食されたり、キレイに使えないことも多かったです。 「コンピュータが要件を満たしていません」と表示されてもキレイにバーチャル背景が使いたい場合、グリーンの背景用グッズを用意すると良さそうです。 「プロセッサーがバーチャル背景に対する弊社の推奨仕様を満たしていません」と表示される場合 「 プロセッサーがバーチャル背景に対する弊社の推奨仕様を満たしていません」と表示される場合の対応は、 というアプリを使用することです。 スナップカメラは、スマホアプリのスナップチャットを作っている会社が作っているアプリで、パソコンでも使えます。 こちらはパソコンのWebカメラの映像をリアルタイムで加工できるアプリで、お化粧をしている画像にも加工できたりする便利アプリ。 Zoomのバーチャル背景と同じように背景も加工できるのですが、スナップカメラの方がパソコンに求める要件が低いようで、使える場合が多いです。 デメリットとしてはパソコンにスナップカメラをインストールしなければならない事ですが、一度インストールしてしまえば面白い加工がいろいろ使えます。 ちなみに、Zoomのお問い合わせは迅速な返信が期待できない 以上、Zoomのバーチャル背景を使う方法についてお伝えいたしました。 ちなみにZoomのお問い合わせにもメールでバーチャル背景のことを問い合わせてみたのですが、なかなかお返事は返ってきません。 しかも英語なので、まずそ言葉の障壁があります(笑)Zoomで不具合があった場合は現状、ホームページの確認するか、ネット検索で解決するのが早そうですね。

次の

ZOOMのバーチャル背景がチラチラする時の対処法

Zoom の バーチャル 背景

「バーチャル背景」をタップすると、下にバーチャル背景用の画像が表示されます。 僕はデフォルトで橋の画像が入ってたので、それにしてみました。 背景を選んだら、右下の「閉じる」をタップすれば設定は完了です。 Zoomのバーチャル背景用の画像を追加する方法 「バーチャル背景用の画像がない」 「画像を追加したい」 という場合は、写真フォルダから画像を追加してバーチャル背景に設定することもできます。 バーチャル背景の設定画面で、「+」をタップしてください。 するとiPhoneの写真フォルダが開きます。 初めて画像を追加する場合は、「Zoomの写真へのアクセスを許可しますか?」と表示されるので「許可する」をタップしてください。 あとは好きな画像を選択して右下の「完了」をタップすればバーチャル背景に追加できます。 基本的にどの画像でもバーチャル背景に設定することができますが、iPhone画面の アスペクト比に合った画像の方が背景がぴったり収まるので見栄えはいいと思います。 スポンサーリンク バーチャル背景の設定を保存する方法 ちなみに、一度使用した バーチャル背景の設定を保存して、次回以降のミーティングに 引き継ぐことができます。 つまり、次回のミーティング時に前回使ったバーチャル背景が始めから表示されるようにできるってことです。 逆に、バーチャル背景の設定を今回限りにして、次回に引き継がないように設定することもできます。 バーチャル背景の引き継ぎ設定 バーチャル背景の設定を保存するかどうかは、ミーティング中には設定できません。 ミーティングが終わった後、もしくは始まる前にZoomにサインインして、右下の歯車アイコン(設定)をタップしてください。 そして「ミーティング設定」を選択してください。 すると、設定項目がずらっと表示されます。 1番下までスクロールして、「 次のためにバーチャル背景を保存」という項目をタップしてください。 すると2つ選択肢が表示されます。 「 すべてのミーティング」を選択すると、設定したバーチャル背景の設定が保存され、次回にも引き継がれるようになります。 「 現在のミーティング専用」を選択すると、バーチャル背景の設定は次回に引き継がれません。 次のミーティングでは、またバーチャル背景がない状態から始まります。 Zoomの使用目的に合わせて設定しよう バーチャル背景を保存した方が良いのかどうかは、Zoomの使用目的によって変わってくると思います。 「大学の講義だけで使う」 「会社の会議で使うだけ」 「オンライン飲み会でしか使わない」 みたいに使用目的が一つしかない場合は、バーチャル背景を保存しておくと毎回いちいち設定しなくて済むので楽チンです。 逆に色んな目的でZoomを使う人は、 バーチャル背景を保存してしまうとトラブルになる可能性があります。 例えば友達とオンライン飲み会した時にふざけたバーチャル背景にしてしまって、そのまま次の日の会社のオンライン会議でそのバーチャル背景が写ってしまったら結構恥ずかしいですよね。 「社会人の自覚が足りない」みたいな小言を言われるかもしれません。 バーチャル背景を保存するかは慎重に決めましょう。 iPhone版Zoomはバーチャル背景の設定が簡単 今回の内容をまとめます。 バーチャル背景を使いたい場合は、ミーティング中に右下の「詳細」をタップしてバーチャル背景の設定をする• 写真フォルダにある画像をバーチャル背景に追加することができる• バーチャル背景を保存して次回に引き継ぐかどうかは、サインインして設定の「次のためにバーチャル背景を保存」から設定できる PC版のZoomだと、バーチャル背景を使うには設定で「バーチャル背景」をオンにしてないといけなかったり、グリーンバックが無い場合は「スマートバーチャル背景パッケージ」をダウンロードしなきゃいけなかったりと、とにかく色々面倒です。 でもiPhone版のZoomはそういう細かい設定は必要ありません。

次の

【簡単】Zoomでバーチャル背景を設定する方法(PC・スマホ)

Zoom の バーチャル 背景

【2020年保存版】Zoomバーチャル背景に使える!おしゃれな無料素材サイト10選 Unsplash 高品質の画像が集まっているサイトです。 英語ですが、GoogleChromeからなら日本語にできます。 憧れのゴージャスなリビングから中継しているようですね! 写真AC 利用にはアカウント登録が必要です。 「花束」で検索したら、こんなに可愛い画像たち。 検索したいワード、例えば「フラワーアレンジ・バラ・桜・春の花」などいかがでしょう。 Skyseeker 空の写真を背景に人気。 サイトオーナーさん撮影の空・雲の美しい画像が掲載されています。 メニューからGalleryをクリックでFlickerへ。 たくさんの画像が見られます。 Beiz images たくさんのカテゴリーがあります。 「キラキラ」「水彩」「炎」など抽象的な画像もあり、 他の人と違った素材を探してる方におすすめです。 カテゴリーはまだまだたくさん・・。 Pixabay 定番ですが、良質画像が豊富ですが会員登録が必要です。 「moon」で検索してみました。 20th Century Studios 20世紀FOXのTwitterでクールな画像が配布されています。 Canva かんたん楽しい画像加工ができるCanvaは、ZOOMバーチャル背景特集しています。 こんなかわいいイラストも。 スタジオジブリ ナウシカやポニョ、千ほかジブリキャラの背景画像 Atrus ゲームの背景をセットして楽しみたいかたはこちら まとめ ZOOMのバーチャル背景で、ミーティングがますます楽しくなります。 楽しくプライバシーの保護できるバーチャル背景、ぜひお楽しみください。 利用する際はサイトの利用規約をご一読お願いします。 あなた好みの素敵な画像を見つけてくださいね!.

次の