遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ。 『遊戯王LotD』「ブルーアイズに仕えるドラゴンメイド」デッキレシピ!銀河眼もいるぞ!!

『遊戯王LotD』「ドラゴンメイド」回し方&デッキレシピ!収録パックは??

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

どうも、ハイロンです。 今回は、新弾の「エターニティ・コード」にて、新規カードである「ドラゴンメイド・チェイム」と「ドラゴンメイド・シュトラール」を取り入れた「ドラゴンメイド」デッキのレシピを紹介します。 「ドラゴンメイド」は、「デッキビルドパック ミスティック・ファイターズ」のパックで初登場したドラゴン族テーマで、上級モンスターが手札誘発効果を持っていて、下級モンスターが召喚・に成功した場合に、何かしらのアドバンテージを得ることができるのが特徴ですね。 冒頭でも紹介しましたが、「ドラゴンメイド」の上級モンスターと下級モンスターでは、その役割が少し違います。 上級の「ドラゴンメイド」モンスターには、手札から捨てることで効果を発動できる手札誘発効果を持っていて、相手の思惑を崩すような役割のカードが多いです。 今回採用したモンスターで言うと… ドラゴンメイド・ルフト そのターン、対象にしたフィールドの表側のモンスターが、フィールドで発動する効果を発動できなくする。 ドラゴンメイド・フランメ 「ドラゴンメイド」モンスター1体の攻撃力をターン終了時まで2000アップする。 (相手ターンでも発動可能。 ) ドラゴンメイド・エルデ 手札からレベル4以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体をする。 (相手ターンでも発動可能。 ) となっていて、特に「ドラゴンメイド・フランメ」の打点アップが大きく、奇襲性が高いですね。 続いて下級の「ドラゴンメイド」モンスターですが、こちらは召喚・成功した場合に、何かしらのアドバンテージを得るモンスターが多く、今回採用したモンスターで言うと… ドラゴンメイド・チェイム デッキから「ドラゴンメイド」魔法・罠カードをサーチ。 ドラゴンメイド・ティルル デッキから自身以外の「ドラゴンメイド」モンスターをサーチ。 ドラゴンメイド・パルラ デッキから自身以外の「ドラゴンメイド」カードを墓地へ送る。 ドラゴンメイド・ナサリー 墓地から自身以外のレベル4以下の「ドラゴンメイド」を蘇生。 という感じで、どれも手札・墓地・ボードのアドバンテージを取れるカードとなっています。 なお、「ドラゴンメイド」モンスターには、バトルフェイズに入るとその姿を変える効果もありますが、そちらについては、面白いポイント内で解説します。 バトルフェイズで華麗に変身!? 「ドラゴンメイド」の特徴でもあるのですが、やはりバトルフェイズに入ると、その姿が入れ替わる効果が面白いポイントとなるでしょう。 ) 下級の「ドラゴンメイド」モンスターは、 バトルフェイズ開始時になりますが、手札に戻すことで、手札・墓地から対応するレベルを持つ上級の「ドラゴンメイド」モンスターをできます。 なお、新弾で登場した「ドラゴンメイド・チェイム」は、レベル7以上の「ドラゴンメイド」なので、上記以外にも、墓地に眠る正規の手順で出した「ドラゴンメイド」融合モンスターもの対象となってきます。 続いて、上級の「ドラゴンメイド」モンスターは、 バトルフェイズ終了時になりますが、手札に戻すことで、手札から対応するレベルを持つ下級の「ドラゴンメイド」モンスターをできます。 ( 墓地には対応していない点には注意です。 ) ちなみに、対応するレベルを持つ下級の「ドラゴンメイド」は、先ほどのパターンと反対になります。 こちらで効果を使っていない下級の「ドラゴンメイド」をできれば、何かしらのアドバンテージを取れるので、チャンスがあれば狙うのもいいでしょう。 このバトルフェイズで発動する効果に関してですが、 「ドラゴンメイド」モンスターの効果が複数発動する場合、チェーンを組むのではなく、 1つずつ発動と処理を繰り返す処理になるようなので、覚えておくといいでしょう。 (「剣闘獣」に近い処理です。 ) 「ドラゴンメイドのお召し替え」で!! 「ドラゴンメイド」専用の融合魔法である「ドラゴンメイドのお召し替え」を使って、「ドラゴンメイド・ハスキー」や「ドラゴンメイド・シュトラール」のを狙います。 このカードを手札に加え、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。 を優先したいのは、やはり「ドラゴンメイド・シュトラール」になります。 自分の手札・墓地からレベル9以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んでする。 その発動を無効にし破壊する。 このカードを持ち主のEXデッキに戻し、EXデッキから「ドラゴンメイド・ハスキー」1体をする。 まず、自分・相手スタンバイフェイズにですが、レベル9以下の「ドラゴンメイド」をできるので、その効果で下級「ドラゴンメイド」モンスターを優先的にして、アドバンテージを得ます。 のどちらかがオススメです。 それから、「ドラゴンメイド・シュトラール」には、相手の魔法・罠・モンスターの効果の発動を無効にし破壊しつつ、自身をEXデッキに戻し、EXデッキから「ドラゴンメイド・ハスキー」1体をするというメタ効果もあるので、いるだけで非常に心強い存在です。 そのモンスターよりレベルが1つ高い、またはレベルが1つ低い「ドラゴンメイド」モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで守備表示でする。 そのモンスターを破壊する。 除去効果に関しては、ターン1制限が付いていないので、複数の「ドラゴンメイド」モンスターがいればその数だけ除去できるので、場合によっては相手モンスターを一掃することができるかもしれないですね。 「星ネビュラ」でランク8エクシーズ!! このデッキでは、レベル8の「ドラゴンメイド」モンスター(ドラゴン族)がいるということで、「星ネビュラ」が入っています。 「星ネビュラ」は、手札のドラゴン族・レベル8モンスターとともに手札からできるので、その効果を使えばランク8のエクシーズ召喚を狙うことができます。 ただし、その効果を発動してしまうと、ターン終了時まで 光・闇属性のドラゴン族しか召喚・できなくなるので、出すモンスターやその後の展開には注意です! なお、このデメリット効果は「星ネビュラ」の効果の発動後からなので、使う前に、展開しておくということはできます。 それをふまえた上で出すランク8の筆頭候補は、やはり「No. 38 希望魁竜・ギャシー」になりますが、「星遺物の守護竜」がある時であれば、「No. 97 龍影神ドラッグラビオン」をエクシーズ召喚して、その効果から、「No. 100 ヌメロン・ドラゴン」や「No. 107 銀河眼の時空竜」をエクシーズ素材とした「CNo. 107 超銀河眼の時空龍」を引っ張ってきて、ワンキルを狙うこともできます。 【スポンサードリンク】 最後に 「ドラゴンメイド」デッキは、いかがでしたでしょうか? はじめはレベル3が多くいるので、「サイコウィールダー」と「緊急テレポート」を入れて、「ドロドロゴン」を作り、「超魔導-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」をしようとしたのですが、それでは面白くなかったので、別の形を模索した結果、ランク8軸に落ち着きました。 ただ現状のルール下では、「星遺物の守護竜」がないと「No. 97 龍影神ドラッグラビオン」を選びづらいですが、4月以降であれば心置きなく出せますね。 皆さんも「ドラゴンメイド・シュトラール」と「ドラゴンメイド・チェイム」の登場で、雰囲気が変わた「ドラゴンメイド」デッキを作ってみてはいかがでしょうか? では、このあたりで「ドラゴンメイド」デッキの紹介を終わりたいと思います。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

【遊戯王】カオス・ルーラー採用!カオスドラゴンメイド デッキ!【ファンデッキ紹介】

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

遊戯王ライターの11番です。 【ドラゴンリンク】デッキ のカード効果・デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 「ドラゴンリンク」は、特殊召喚可能なドラゴン族モンスターを多数採用した展開系のデッキです。 先攻1ターン目からハンデスやシステムモンスターを立て、相手が手札誘発モンスターを持っていなければそのまま押し切ります。 このページでは、「ドラゴンリンク」のカード効果、大会優勝デッキレシピを紹介し、【ドラゴンリンク】デッキの動かし方・回し方や、 相性の良いカードをまとめて解説しました。 このページを読めば、【ドラゴンリンク】デッキをどんなデッキで、どのようにデッキを組めばいいのか、どのように強化・改造すればいいのかがわかります。 【ドラゴンリンク】デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。 まずは、 「ドラゴンリンク」がどんなテーマで、どんなカードを採用しているのか簡単に紹介します。 【ドラゴンリンク】デッキは、 ドラゴン族を中心に採用したリンク召喚・リンクモンスターを使った展開型デッキです。 「守護竜」リンクモンスターを展開し、妨害札を大量に構えるか、《トポロジック・ガンプラー・ドラゴン》の効果でハンデスを狙います。 「ドラゴンリンク」で採用される代表的なモンスター・魔法カードの効果を以下にまとめました。 手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。 2 :このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 1 :このカードが炎属性モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。 このカードの攻撃力は、そのダメージ計算時のみ1000アップする。 2 :自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。 手札・デッキからレベル7以下のドラゴン族の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 デッキから光属性または闇属性のドラゴン族・レベル7以上のモンスター1体を除外する。 2 :墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。 このカードの 1 の効果で除外されているモンスターを手札に加える。 自分の墓地から光・闇属性モンスターを合計3体除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :この方法でこのカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。 その特殊召喚のために除外したモンスターの属性によって以下の効果を適用する。 このターン、このカードは攻撃できない。 通常魔法 1 :自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。 デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。 通常魔法(準制限カード) 1 :デッキからレベル6以下の恐竜族モンスター1体を手札に加える。 永続魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。 その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。 フィールド魔法 1 :1ターンに1度、手札を1枚捨て、 以下の効果から1つを選択して発動できる。 《エクリプス・ワイバーン 》1• 《カーボネドン 》1• 《ガード・オブ・フレムベル》1• 《ギャラクシーサーペント》1• 《ジェット・シンクロン》1• 《ジェムナイト・ラズリー》1• 《ドラコネット》3• 《亡龍の戦慄-デストルドー》1• 《増殖するG》1• 《妖醒龍ラルバウール》1• 《嵐征竜-テンペスト》1• 《星杯の妖精リース》1• 《星杯の守護竜》1• 《暗黒竜 コラプサーペント》2• 《混源龍レヴィオニア》1• 《灰流うらら 》2• 《終焉龍 カオス・エンペラー》1• 《輝白竜 ワイバースター》2• 《おろかな埋葬》1• 《ブリリアント・フュージョン》3• 《予想GUY》3• 《化石調査》2• 《墓穴の指名者》3• 《抹殺の指名者》3• 《星遺物の守護竜》1• 《竜の渓谷》1• 《No. 38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》1• 《星杯の神子イヴ 》1• 《ドラグニティナイト-ガジャルグ》1• 《リンクリボー》1• 《守護竜エルピィ》1• 《守護竜ピスティ》1• 《ドラグニティナイト-ロムルス》1• 《守護竜アガーペイン》1• 《水晶機巧-ハリファイバー》1• 《スリーバーストショット・ドラゴン》1• 《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》1• 《ヴァレルソード・ドラゴン》1• 《召命の神弓-アポロウーサ》1• 《ジェムナイト・セラフィ》1 【サイドデッキ】(15枚)• 《タツノオトシオヤ》1• 《増殖するG》2• 《応戦するG》2• 《PSYフレーム・ドライバー》1• 《ハーピィの羽根帚》1• 《レッド・リブート》3• 《無限泡影》1• 《ヴァレット・シンクロン》1• 《アブソルーター・ドラゴン》1• 《終末の騎士》1• 《ヴァレット・トレーサー》1• 《エクリプス・ワイバーン》1• 《ガード・オブ・フレムベル》1• 《カーボネドン》1• 《ジェット・シンクロン》1• 《マグナヴァレット・ドラゴン》1• 《亡龍の戦慄-デストルドー》1• 《増殖するG》1• 《魂喰いオヴィラプター》1• 《嵐征竜-テンペスト》1• 《星杯の守護竜》1枚• 《暗黒竜 コラプサーペント》1枚• 《混源龍レヴィオニア》1枚• 《終焉龍 カオス・エンペラー》1枚• 《輝白竜 ワイバースター》3枚• 《おろかな埋葬》 1• 《クイック・リボルブ》3枚• 《リボルブート・セクター》 1枚• 《ソウル・チャージ》1枚• 《ハーピィの羽根帚》1• 《化石調査》2• 《抹殺の指名者》3• 《墓穴の指名者》3• 《竜の渓谷》1• 《竜の霊廟》2• 《レッド・リブート》1 【エクストラデッキ】(15枚)• 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》1• 《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》1• 《星杯の神子イヴ》1• 《ヴァレルソード・ドラゴン》1• 《ブースター・ドラゴン》1• 《ドラグニティナイト-ロムルス》1• 《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》1• 《召命の神弓-アポロウーサ》1• 《天球の聖刻印》1• 《ストライカー・ドラゴン》1• 《守護竜アガーペイン》1• 《守護竜エルピィ》1• 《守護竜ピスティ》1• 《水晶機巧-ハリファイバー》1 【サイドデッキ】 (15枚)• 《タツノオトシオヤ》1• 《ダイナレスラー・パンクラトプス》2• 《幻創龍ファンタズメイ》3• 《PSYフレーム・ドライバー》1• 《増殖するG》2• 《レッド・リブート》2• 《魂喰いオヴィラプター》1• 《幻創のミセラサウルス》1• 《カーボネドン》1• 《ジュラック・アウロ》1• 《混源龍レヴィオニア》1• 《終焉龍 カオス・エンペラー》1• 《嵐征竜-テンペスト》1• 《亡龍の戦慄-デストルドー》1• 《エクリプス・ワイバーン》1• 《星杯の守護竜》1• 《ジェット・シンクロン》1• 《マグナヴァレット・ドラゴン》1• 《ヴァレット・シンクロン》1• 《アレキサンドライドラゴン》1• 《ガード・オブ・フレムベル》1• 《輝白竜 ワイバースター》2• 《暗黒竜 コラプサーペント》1• 《灰流うらら》2• 《増殖するG》1• 《星遺物の守護竜》1• 《おろかな埋葬 》1• 《予想GUY》3• 《クイック・リボルブ 3• 《リボルブート・セクター》1• 《ハーピィの羽根帚 》1• 《化石調査》2• 《墓穴の指名者》3• 《抹殺の指名者》3• 《星杯の神子イヴ》1• 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》1• 《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス 》1• 《No. 38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》1• 《守護竜エルピィ》1• 《守護竜ピスティ 》1• 《守護竜アガーペイン》1• 《ドラグニティナイト-ロムルス》1• 《天球の聖刻印》1• 《水晶機巧-ハリファイバー》1• 《スリーバーストショット・ドラゴン》1• 《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》1• 《ヴァレルソード・ドラゴン》1• 《鎖龍蛇-スカルデット》1• 《ストライカー・ドラゴン》 【サイドデッキ】(15枚)• 《ダイナレスラー・パンクラトプス》1• 《増殖するG》2• 《幻創龍ファンタズメイ》3• 《PSYフレーム・ドライバー》1• 《邪竜星-ガイザー》1• 《タツノオトシオヤ》1• デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。 このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 《化石調査》(通常魔法(準制限カード) …効果の概要:デッキからレベル6以下の恐竜族モンスター1体を手札に加える。 紹介した 「ドラゴンリンク」初動カードの使い方を簡単に解説していきます。 《魂喰いオヴィラプター》《ドラコネット》《化石調査》の3枚です。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。 2 :このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 《魂喰いオヴィラプター》は、召喚・特殊召喚成功時に恐竜族モンスターのサーチ効果や墓地肥やしができる、恐竜族レベル4モンスターです。 このカードで、デッキから《カーボネドン》を落とし、《カーボネドン》効果から《ガード・オブ・フレムベル》に繋げて、《星杯の神子イヴ》のシンクロ召喚を狙います。 2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに、手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。 2体以上のリンクモンスターのリンク先となるEXモンスターゾーンまたは自分フィールドに、EXデッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。 《星遺物の守護竜》(永続魔法) …効果の概要:このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。 その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。 1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。 次は「ドラゴンリンク」のメイン展開で使用する「守護竜」カードについて、使い方を簡単に解説していきます。 《守護竜エルピィ》《守護竜アガーペイン》《星遺物の守護竜》の3枚です。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに、 手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。 《守護竜エルピィ》は、2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに、手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する効果を持つモンスター です。 特殊召喚効果はやや難しいですが、レベル4以下のドラゴン族モンスター1体でリンク召喚でき、展開効果を持つため、このデッキとの相性は抜群です。 特殊召喚を狙うのは《エクリプス・ワイバーン》です。 サーチ効果を持ち、展開が更につながっていきます。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 2体以上のリンクモンスターのリンク先となるEXモンスターゾーンまたは自分フィールドに、 EXデッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。 《守護竜アガーペイン》は、2体以上のリンクモンスターのリンク先となるエクストラモンスターゾーンまたは自分フィールドに、エクストラデッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できるモンスターです。 自分のリンクマーカーは上と下ですが、効果起動の条件には、自身のリンク先のみを参照しているわけではないので、比較的楽に起動条件を満たせます。 この効果で 特殊召喚するのは《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス》が良いでしょう。 高打点に加え制圧効果を持っています。 Amazonの情報を掲載しています 《星遺物の守護竜》 永続魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。 その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。 《星遺物の守護竜》は、墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスターを特殊召喚するか手札に加える効果を持ち、さらにドラゴン族モンスターを他の自分のメインモンスターゾーンに移動させる効果を持ちます。 《星杯の神子イヴ》でサーチができ、墓地からの特殊召喚効果が強力なのはもちろん、ドラゴン族モンスターを移動させる効果は「守護竜」モンスターとの相性も抜群です。 自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。 相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。 このカードの攻撃力を800ダウンし、その発動を無効にする。 自分は手札を任意の枚数ランダムに捨てる(最大2枚)。 その後、捨てた数だけ相手は手札を選んで捨てる。 2 :このカードがEXリンク状態の場合に発動できる。 相手は手札を2枚まで可能な限り選んで捨てる。 【ドラゴンリンク】の回し方の最後に、(最終モンスター・最終盤面)のカードについて、使い方を簡単に解説していきます。 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》《召命の神弓-アポロウーサ》《トポロジック・ガンプラー・ドラゴン》の3枚です。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、 装備カード扱いとしてこのカードに装備し、 そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 2 :このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。 3 :相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》は、リンクモンスターを装備し、ヴァレルカウンターを置くことで、相手の効果の発動を無効にできるシンクロモンスターです。 《水晶機巧ーハリファイバー》を装備することで効果を2回無効にでき、相手からしたら非常に厄介なモンスターとなります。 カードの種類を問わず無効にできる効果に加え、戦闘での突破も非常に難しく、盤面を強固なものにできるシンクロモンスターです。 3 :相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。 このカードの攻撃力を800ダウンし、その発動を無効にする。 《召命の神弓-アポロウーサ》は、自身の攻撃力を下げることで、相手モンスターの効果の発動を無効にできるリンクモンスターです。 3体素材でリンク召喚できれば、攻撃力2400となり相手モンスターの効果を3回無効にできます。 1ターンに1度の発動制限が無いため、相手の展開を止められますし、こちらの展開に対し発動する手札誘発モンスターも止められます。 1 :このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。 自分は手札を任意の枚数ランダムに捨てる(最大2枚)。 その後、捨てた数だけ相手は手札を選んで捨てる。 2 :このカードがEXリンク状態の場合に発動できる。 相手は手札を2枚まで可能な限り選んで捨てる。 この効果で相手の手札が0枚になった場合、 さらに相手に3000ダメージを与える。 《トポロジック・ガンプラー・ドラゴン》は、ハンデス効果を持つリンク4モンスターです。 主に狙うのは(1)効果で、《混源龍レヴィオニア》と合わせることで相手の手札を大量に捨てられます。 ハンデス効果が通ってしまえば勝ちはかなり近づきますので、積極的に狙っていきましょう。 《ジュラック・アウロ》 …相性の良いポイント:《幻創のミセラサウルス》との噛み合いが良い。 《ワン・フォー・ワン》 …相性の良いポイント:準初動カードを強引に増やせる• 《クイックリボルブ》 …相性の良いポイント:初動カードとして使いやすい展開カード。 《簡易融合》 …相性の良いポイント:《エフェクト・ヴェーラー》と、レベル4融合モンスターを合わせて採用し、《星杯の神子イヴ》へのアクセスを上げれる。 《レッド・リブート》 …相性の良いポイント:全体的に採用率が非常に高い必須カードともいえるカードだが、メインから採用しているデッキとサイドデッキに採用しているデッキの2つに分かれる。 「ヴァレット」 …相性の良いポイント:ドラゴン族・リンクテーマということもあり、共有できるカードが多い。 「青眼」 …相性の良いポイント:ドラゴン族であることを活かし、【ドラゴンリンク】デッキのギミックをうまく流用したデッキが入賞しています。 そのモンスターを特殊召喚する。 《ジュラック・アウロ》は、恐竜族のレベル1チューナーモンスターです。 《幻創のミセラサウルス》効果に対応しており、《幻創のミセラサウルス》1枚でリクルート可能です。 恐竜族ギミックがお気に入りの方はぜひ採用してみて下さい。 Amazonの情報を掲載しています 《ワン・フォー・ワン》 通常魔法(制限カード) 1 :手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。 手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。 《ワン・フォー・ワン》は、デッキからレベル1モンスターを特殊召喚できるカードです。 手札消費は激しくなるものの選択肢は多く、チューナー・非チューナーを状況に応じて展開できます。 《クイック・リボルブ》 速攻魔法 1 :デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。 《クイック・リボルブ》は、デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚できる魔法カードです。 《ヴァレット・シンクロン》を採用することで、チューナーを展開できるようになるため、非常に使いやすいカードです。 他にも「ヴァレット」カードを数枚採用することで、デッキに幅を持たせることができます。 Amazonの情報を掲載しています 《簡易融合》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :1000LPを払って発動できる。 レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。 《簡易融合》は、レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いで特殊召喚できる魔法カードです。 レベル1チューナーを多く採用し、レベル4融合モンスターをエクストラデッキに採用することで、レベル5シンクロや《水晶機巧ーハリファイバー》のリンク召喚に繋がります。 エクストラデッキを圧迫してしまうものの、使いやすい展開カードです。 Amazonの情報を掲載しています 《レッド・リブート》 カウンター罠 このカードはLPを半分払って手札から発動する事もできる。 1 :相手が罠カードを発動した時に発動できる。 その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。 その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。 このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。 《レッド・リブート》は、手札から発動できるカウンター罠カードです。 【ドラゴンリンク】デッキでは、《墓穴の指名者》や《抹殺の指名者》がほとんどのデッキにフル投入されていますが、それらのカードでは《無限泡影》に対応できません。 そのため展開を強引に通せることもあり、《レッド・リブート》は相性の良いカードです。 サイドデッキに多く採用されていますが、中にはメインからも採用しているデッキも多いです。 Amazonの情報を掲載しています 相性の良いおすすめテーマ 「ヴァレット」 「ヴァレット」は、「サーキット・ブレイク」でカテゴリ化されたテーマで、破壊されるとリクルート効果を発動できるのが特徴の、ドラゴン族・リンクテーマです。 最近「ストラクチャーデッキ リボルバー」としても発売され、強化されました。 ドラゴン族のため「守護竜」とも相性が良く、《クイック・リボルブ》等の優秀なカードがあるため数枚採用しているタイプのデッキも多いです。 ドラゴン族サポートを共有しつつ高攻撃力のモンスターを展開できるのが魅力です。 ドラゴン族テーマのデッキにドラゴンリンクのギミックを流用して強化するのも面白そうですね。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 【ドラゴンリンク】デッキは、「守護竜」モンスターを最大限に活用できる展開デッキです。 扱いが難しく、使われることのなかった「守護竜」カードを活かすカードが増えたことにより、完成度の高いデッキが生まれたといった印象です。 展開系が苦手な方もこれをきっかけに触ってみてはいかがですか?.

次の

【ドラゴンメイド】デッキレシピ・面白いポイントを紹介!

遊戯王 ドラゴン メイド デッキ レシピ

dandeです。 今回は、《ドラゴンメイド・シュトラール》を採用した【ドラゴンメイド】デッキの紹介です。 【デッキレシピ】 ドラゴンメイド・フランメ1 ドラゴンメイド・ルフト1 ドラゴンメイド・エルデ2 ドラゴンメイド・チェイム3 ドラゴンメイド・ティルル3 ドラゴンメイド・パルラ3 ドラゴンメイド・ナサリー1 焔聖騎士-3 レッド・リゾネーター3 幻獣機オライオン1 星杯の守護竜1 ドラゴンメイドのお心づくし3 ドラゴンメイドのお召し替え1 燃え竹光3 妖刀竹光3 星遺物の守護竜2 コール・リゾネーター3 増援1 ハーピィの羽根箒1 ドラゴンメイド・リゼーション1 計40 【EX】 ドラゴンメイド・ハスキー2 ドラゴンメイド・シュトラール1 武力の軍曹1 星杯の神子イヴ1 ドロドロゴン1 リンクロス1 守護竜エルピィ1 守護竜ピスティ1 クロシープ1 剛炎の剣士1 聖騎士のイデ1 水晶機巧-ハリファイバー1 破壊剣士の守護絆竜1 双穹の騎士アストラム1 【デッキ解説】 以前に紹介した 【竹光】入りの【ドラゴンメイド】デッキを改良したものです。 《燃え竹光》でメインフェイズ1スキップをすることにより、妨害されることなくバトルフェイズに移行できるので、【ドラゴンメイド】の入れ替え効果を安全に使えるというギミックです。 《焔聖騎士-》の登場で、コンボがさらに決まりやすくなりました。 《ドラゴンメイド・シュトラール》と 《ドラゴンメイド・チェイム》の登場で、制圧と返しの力が上がりましたね。 ) 【竹光ドラゴンメイド】展開ルート ハリファイバー+ から【守護竜】を絡めて 相手のメイン1をスキップすることで、【ドラゴンメイド】の入れ替え効果を邪魔されずに使えます。 — dande ジェネクスと歩む日記 dande37413776 【ドラゴンメイド】展開ルート ハリファイバーから アストラム+シュトラール+ハスキー+リゼーション — dande ジェネクスと歩む日記 dande37413776 【ドラゴンメイド】の全般的な動きは、他の【ドラゴンメイド】記事を参照ください。 短いですが、解説は以上です。 ではでは。 dandee.

次の