白い巨頭 キャスト 2019 放送日。 白い巨塔 再放送予定【2020年最新版】

白い巨塔 (2019年のテレビドラマ)

白い巨頭 キャスト 2019 放送日

この記事の目次• 白い巨塔2019のミスキャストは誰? 2019年の白い巨塔は、どうしても2003年版と比較されてしまいます。 理由は下記2つです。 平均視聴率は23. 最終回の視聴率は関東32. そのイメージが強いためか、2019年版が放送された5月22日から「ミスキャスト」という言葉を聞くことが多いです。 具体的にどんなところなのでしょうか。 下記にまとめてみました。 小柄の財前では威圧感もなく傍若無人さも欠ける。 早い話がミスキャスト。 — m. toyo 104ossan 岡田准一さんの「白い巨塔」 うーーーん!ちょっとミスキャストじゃない? 背が小さいとかそういうフォルムに関係なく、醸し出す雰囲気が医者じゃない 松ケンと岡田さんもミスマッチ とにかく全体的にミスマッチ。 残念だわー — Michan Mistuko0901 主演の岡田准一さんには「身長」「迫力」という部分で、財前五郎に物足りないと言われています。 財前は原作では170cm少しといわれており、また、多くの部下を引き連れるという部分で一定の高さ・大きさが必要でしょう。 ただ、外見的な部分以外にも、演技的な面で唐沢さんと比較されています。 岡田さんの演技力は抜群ですが、体育会系の雰囲気が強く、財前が持つ神経質な面が薄れているとのことです。 今回の白い巨塔は放送時間の都合上、話がテンポ良く進んでおり、財前のキャラクターも若干変えていく必要があったのかもしれません。 2003年版の財前はプライドが高く野心家な一方で、ふとした時に見せる心の弱さなも描かれており、視聴者から応援したくなるような存在でした。 唐沢さんの演技も絶妙であり、表情や仕草を一つとっても魅了されている人が多いようですね。 どうしても2003年版の重厚で濃密な白い巨塔のイメージ、そして、その中で描かれる財前のイメージが世間では強く、今回の岡田さんがミスキャストといわれているようです。 演出面でも2019年の財前は、気軽に土下座をしてしまう、人間的な魅力に乏しいなど、全体的に軽い雰囲気が否めません。 寺尾聰(東貞蔵) 寺尾聰じゃなくて 東教授を唐沢寿明にして 大河内教授を江口洋介にすれば 最高だったのに! てか 教授があんなヒゲずらでいいの? 寺尾聰。 今回、東教授は寺尾聰さんが演じています。 しかし、多くの視聴者は2003年の石坂浩二さんのイメージが強いようです。 石坂さんご自身の経歴も「應義塾普通部、慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科卒業」という高学歴であり、かねてから持つ品の良さも教授のイメージにぴったりでした。 2003年の東教授が財前に嫉妬心や嫌悪感を抱きながらも、それを心の内で押さえ込みながら、徐々に財前を外に追いやっていく姿が絶妙でした。 一方で、2019年の東教授は放送時間の都合なのか、どこか悪代官のイメージが強く、東教授が持つ表と裏の感情が視聴者に伝わっていないと思えます。 また、ヒゲの演出は外科医として大丈夫なのかという声もあり、些細な部分で疑問を抱かせてしまっています。 松重豊はどっちかっつ~と大河内教授のイメージなのよねぇ…。 その大河内教授が岸部一徳だってことなんだけど、マジこれ逆でしょ。 今後も見るけども。 — 仮名 xxxkameixxx 松重豊さんに関しては、過去の配役から「良い人」のイメージが強く、悪代官のような鵜飼教授っぽくないと言う意見があります。 岸部一徳さんが鵜飼、松重さんが大河内の方が良いではという意見もあります。 これは松重さんの演技ではなく、世の中のイメージが鵜飼教授とかけ離れているからでしょう。 松重さんはどうしても「ちょっと厳しいけど、凄く優しい上司」「軽い冗談を言うも、仕事は絶対妥協しない上司」という雰囲気が定着をしており、それを引き剥がすのはなかなか難しいでしょう。 2003年版の鵜飼教授は、ドラマの中で唯一の悪人、といわれるほどの嫌らしい性格でした。 特に、財前が亡くなった後に微かに見せる嫌らしい笑みが印象に残っている人は多いでしょう。 松重さんはちょっと違うなぁー、という人は鵜飼本人と世間が持つイメージの差だと思います。 白い巨塔2019は演出が軽い? 2019年の白い巨塔は全体的に「演出が軽い」といわれています。 1話目を見た人が総じて言っています。 おそらく、時間の都合上、テンポの良く物語を進める必要があり、2003年ほどの重厚感が演出できないためだと思われます。 2003年版は全21話、その前の1978年版では全31話と原作に沿ってロングレンジで放送されていました。 2019年では1話の時間は少し長いですが、全5話で構成されており、話をポンポン進める必要があるのでしょう。 もともと長い物語を短くするのは非常に難しいため、その違和感が視聴者にまで伝わってきているのだと思います。 前半の教授選は各登場人物が医局の中でどう政治的判断を下し、進めていくか。 水面下の駆け引きが面白く、ドロドロとした重厚感や人間の少し嫌らしい部分が見応えがありました。 今回はストーリーをただなぞっているだけであり、人間的な細かい演出を過去作と比べた時にどうしても見劣りしてしまう人が多いと思われます。 白い巨塔 見たんだけどやっぱりお粗末だなぁ 結構豪華なはずなのに。 2003年版が秀逸すぎて、霞む でも一つにはあの長く深い作品を5日間み詰め込んでしまったが故に軽い もっと重い話なのに。 岡田くんはイメージと違う。 うがい教授も、東教授も違うなー — YUKIKO TASisqueen13 今回は時間が短いから急ぎすぎて軽い感じになってる。 残念😢 岡田准一さんは頑張って演技してると思うけどちょっと無理があるよ。 — ヒガヒデ2020 higahide2020 なんか16年前の唐沢寿明版の白い巨塔しか知らないんだけども、今回の白い巨塔は医学長が井之頭五郎だし、なんか全体的に軽いからリラックスして見れる権力闘争の滑稽ドラマって感じになってる。 誤診患者が死んでからはそうでもなくなるんだろうけど、あと1時間半3話でそこまでやりきれるんかいな。 — tecepe tecepe 白い巨塔、軽いのは演技じゃなくて音楽と構成だなぁ 大学病院の巨大組織感がないまま第1話が終わっちゃったのが本当残念 病院自体も廊下の狭い古めかしい総合病院の雰囲気で全然白い巨塔じゃないし… 財前が腹腔鏡手術のスペシャリストならその辺もう少し考えてほしかったなぁ — ゆあま-そうそうっ ee66731184 いや東教授との決別のシーンも学食でとか軽いわ — ししまる orashishimaru 今回の白い巨塔、一言でいうと全てが「軽い」もはや誰も存在を覚えていない数々の駄作医療ドラマと同じクオリティのものがただ5日連続で放送されてるだけな感じ。 — sekkai sekkai 白い巨塔2019はBGMが軽い? 他にもBGMについても「軽さ」を指摘する人が多いです。 これも演出面に合わせて、テンポ良い曲が使用されており、2003年版と比較して落胆している人が多いのが現状です。 感覚的な部分になりますが、白い巨塔が持つ重みが一切描かれておらず、演技を後押しするどころから、軽さを助長してしまっているようです。 俳優云々ではなく、長編の作品を無理やり短くしたことで生じる違和感を多くの視聴者は感じとっているだと思われます。 相変わらず上滑りしているBGM — なんとなく気怠げな青年 kedarugenanosa デパートで流れてそうなBGMが変でめちゃ気になる。。。 実際に調べていくと、Yahoo! のテレビデータで下記の内容となっていました。 yahoo. 投稿者は全部で169人で星平均は1. 61点です。 もちろん、このようなデータが一概に作品の評価にはつながらないですが、期待値が大きかっただけに落差も激しいのではないでしょうか。 演技やキャストという部分よりも、短くハイライトのような演出に不満を抱く人が多いです。 2003年ドラマが非常に好評であり、それと比べてしまう人が多いです。 唐沢さん、江口さんたちが演技された2003年版は、登場人物の心理面での演技・演出や医局という独特の閉鎖的な空気感が視聴者を魅了しました。 登場人物それぞれに表裏があり、各視聴者は自分に共感できる人物を応援していたのではないでしょうか。 そして、その雰囲気があったからこそ、あのラストシーンで多くの人が涙したと思います。 その記憶があるまま2019年版を見てしまうと、どうしても軽さが目立ってしまい、物足りないと感じる人が多いのでしょう。 白い巨塔2003年版を無料視聴する方法 唐沢さんが財前五郎を演じた2003年版の白い巨塔を全話分、無料視聴する方法があります。 FODプレミアムという動画視聴サービスで取り扱いをしており、今ならアマゾンアカウントをお持ちの方は「1ヶ月無料のお試し」視聴ができます。 アマゾンアカウントをそのまま使用するため、登録も1〜2分で完了します。 「1ヶ月無料のお試し」期間で解約をすれば料金が発生しないのもいいですね。 2003年版は全21話ですが、1ヶ月あれば十分全て視聴ができますね。 白い巨塔2003年版は権利をフジテレビが保有しており、その系列のFOD以外の動画配信サービスでは視聴できないため、今がチャンスですね。 FODプレミアムのホームページはから。 また、FODプレミアムの登録方法をより詳しく知りたい方は下記リンクをどうぞ。

次の

白い巨塔2019の相関図や視聴率とキャストは?面白くて過去最高傑作?

白い巨頭 キャスト 2019 放送日

「昔の白い巨塔から抜け出せない」 山崎豊子さん原作の「白い巨塔」は、大阪の大学病院を舞台に、医療現場だけでなく医局制度や教授選をめぐる学内政治、いびつな権力構造などを鋭く描いた社会派医療ドラマ。 主人公・財前五郎を岡田さんが演じ、5夜連続でテレビドラマが放送される。 その初回が22日だったわけだが、放送が始まってからほどなくしてネット上での言及が増えた名前が、今回のドラマキャストではない唐沢さんだった。 ツイッターではこんな声が続々とあがった。 「そうなんだよなぁ、私の中ではやっぱり唐沢寿明なんだなぁ」 「どうしても比べてしまうのよね」 「昔の白い巨塔から抜け出せない」 「唐沢寿明と江口洋介の白い巨塔がますます見たくなった」 原作小説が初めて単行本化されたのは1965年。 以来半世紀に渡って支持を集める不朽の名作「白い巨塔」は、何度も映像作品化されてきた。 そして記憶に新しいのが2003年。 フジテレビ系で連続ドラマ化され、財前役を演じたのが、当時40歳の唐沢さんだった(もう1人の主人公・里見脩二を演じたのは江口洋介さん)。 2クール21回という長期ドラマだったが、平均視聴率は関東地区で23. 9%(ビデオリサーチ調べ。 以下同)、最高視聴率は同32. 1%、作品の舞台でもある関西地区では39. 9%を記録する大ヒットとなった。 抜群の実力を背景にした自信家ながら、権力闘争と名誉欲の中で翻弄される心の揺れ動きを見事に表現したとして評価の高い「唐沢財前」のインパクトは、16年経った今でも色褪せていないようだ。 22日の放送後には「唐沢寿明」のワードがツイッタートレンド入りする事態になり、「唐沢寿明の『無念だ... 』は、私のドラマ視聴史上、印象に残る名セリフベスト3に入るわ... 」「唐沢寿明と江口洋介の白い巨塔がますます見たくなった。 『財前教授の総回診です。 』のときに流れる音楽も聞きたい」などと印象的なシーンをあげて言及するユーザーもいた。 「白い巨塔は田宮二郎でしょ」 ところが、こうした流れに呼応するようにもう1人の人物の名前も浮上した。 田宮二郎さんである。 全31回の長さで放送された1978年版ドラマ「白い巨塔」の財前役をつとめ(1966年の映画版も同役)、ドラマ放送期間中に自ら命を絶った。 2003年版の四半世紀前となるため、唐沢財前に強い衝撃を覚えた層のちょうど「親世代」周辺から圧倒的支持を集めている。 ツイッターでは 「親なんかは『白い巨塔は田宮二郎でしょ、唐沢寿明も岡田准一も話にならないわ』と言ってるしね」 「白い巨塔で財前五郎といえば唐沢寿明というのはちょっと信じられない。 一方で、こうした状況を見たユーザーからは「白い巨塔も誰主演版が自分の初見かで印象が変わるんだよ」と、冷静に「世代差」を見る声も少なくない。 とは言え、今まさに放送されているのは「岡田財前」の「白い巨塔」。 作品ファンの多くが、 「唐沢寿明も良かったけど、岡田くんもなかなか良い!比べるもんじゃないねきっと!」 「いっぱい色んな意見が出ているけど 結局、みんな明日以降、最終回まで見ちゃうんだよね」 「田宮二郎 唐沢寿明 岡田准一 三世代?の白い巨塔見られるって良いなぁ」 と放送を心待ちにしているようだ。

次の

白い巨塔 (2019年のテレビドラマ)

白い巨頭 キャスト 2019 放送日

「昔の白い巨塔から抜け出せない」 山崎豊子さん原作の「白い巨塔」は、大阪の大学病院を舞台に、医療現場だけでなく医局制度や教授選をめぐる学内政治、いびつな権力構造などを鋭く描いた社会派医療ドラマ。 主人公・財前五郎を岡田さんが演じ、5夜連続でテレビドラマが放送される。 その初回が22日だったわけだが、放送が始まってからほどなくしてネット上での言及が増えた名前が、今回のドラマキャストではない唐沢さんだった。 ツイッターではこんな声が続々とあがった。 「そうなんだよなぁ、私の中ではやっぱり唐沢寿明なんだなぁ」 「どうしても比べてしまうのよね」 「昔の白い巨塔から抜け出せない」 「唐沢寿明と江口洋介の白い巨塔がますます見たくなった」 原作小説が初めて単行本化されたのは1965年。 以来半世紀に渡って支持を集める不朽の名作「白い巨塔」は、何度も映像作品化されてきた。 そして記憶に新しいのが2003年。 フジテレビ系で連続ドラマ化され、財前役を演じたのが、当時40歳の唐沢さんだった(もう1人の主人公・里見脩二を演じたのは江口洋介さん)。 2クール21回という長期ドラマだったが、平均視聴率は関東地区で23. 9%(ビデオリサーチ調べ。 以下同)、最高視聴率は同32. 1%、作品の舞台でもある関西地区では39. 9%を記録する大ヒットとなった。 抜群の実力を背景にした自信家ながら、権力闘争と名誉欲の中で翻弄される心の揺れ動きを見事に表現したとして評価の高い「唐沢財前」のインパクトは、16年経った今でも色褪せていないようだ。 22日の放送後には「唐沢寿明」のワードがツイッタートレンド入りする事態になり、「唐沢寿明の『無念だ... 』は、私のドラマ視聴史上、印象に残る名セリフベスト3に入るわ... 」「唐沢寿明と江口洋介の白い巨塔がますます見たくなった。 『財前教授の総回診です。 』のときに流れる音楽も聞きたい」などと印象的なシーンをあげて言及するユーザーもいた。 「白い巨塔は田宮二郎でしょ」 ところが、こうした流れに呼応するようにもう1人の人物の名前も浮上した。 田宮二郎さんである。 全31回の長さで放送された1978年版ドラマ「白い巨塔」の財前役をつとめ(1966年の映画版も同役)、ドラマ放送期間中に自ら命を絶った。 2003年版の四半世紀前となるため、唐沢財前に強い衝撃を覚えた層のちょうど「親世代」周辺から圧倒的支持を集めている。 ツイッターでは 「親なんかは『白い巨塔は田宮二郎でしょ、唐沢寿明も岡田准一も話にならないわ』と言ってるしね」 「白い巨塔で財前五郎といえば唐沢寿明というのはちょっと信じられない。 一方で、こうした状況を見たユーザーからは「白い巨塔も誰主演版が自分の初見かで印象が変わるんだよ」と、冷静に「世代差」を見る声も少なくない。 とは言え、今まさに放送されているのは「岡田財前」の「白い巨塔」。 作品ファンの多くが、 「唐沢寿明も良かったけど、岡田くんもなかなか良い!比べるもんじゃないねきっと!」 「いっぱい色んな意見が出ているけど 結局、みんな明日以降、最終回まで見ちゃうんだよね」 「田宮二郎 唐沢寿明 岡田准一 三世代?の白い巨塔見られるって良いなぁ」 と放送を心待ちにしているようだ。

次の