頭皮がかゆい 病院。 フケ・かゆみのお悩みは誰にでもあります 正しい頭皮ケアのお話|スキンケア講座|持田ヘルスケア株式会社

頭がかゆい!考えられる10の原因

頭皮がかゆい 病院

つむじ・頭皮がかゆい!原因を見誤ると対処が逆効果に つむじや頭がかゆいと、きちんと洗えてないのかなと考えがちです。 しかし、かゆくなる原因はほかにもあり、対処法を間違えるとかゆみが酷くなることもあります。 つむじや頭皮がかゆいときは、まずは 原因を見極めて正しく対処することが大切です。 ここでは、つむじがゆくなる 6つの原因を紹介します。 髪がなんだかべたつく、頭から脂っぽいニオイがすることはありませんか。 肌を守るために、肌の表面には皮脂が分泌されています。 正常な状態であれば適切な量が分泌されますが、乱れた食生活や生活習慣などによって、たくさん分泌されることがあるのです。 分泌された皮脂は、時間が経つと過酸化脂質に変質します。 過酸化脂質が 肌に刺激を与え、かゆみを起こすのです。 皮脂が大量に分泌される原因は、次のようなものがあります。 脂っこいものばかりの食生活• 過度のストレス• 睡眠不足• ホルモンバランスの乱れ• 皮脂はべたつきの原因として嫌がられがちですが、肌にとって大切な役割があります。 それが、汗などの水分と混じって 皮脂膜を形成することです。 皮脂膜は天然のクリームのようなもので、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。 肌には バリア機能と呼ばれる、乾燥や外部刺激から肌を守る働きが備わっています。 バリア機能は、皮脂膜、肌の細胞同士をつなぐ細胞間脂質、天然保湿因子の3つの要素で成り立っています。 ところが、なんらかの原因で皮脂が足りなくなり皮脂膜が形成できなくなれば、肌は乾燥し、バリア機能が低下します。 すると、ささいな刺激にも反応してしまい、かゆみや赤み、炎症などの反応を起こすようになるのです。 皮脂が不足する理由には、以下のようなものがあります。 洗い過ぎ• 洗浄力の強いシャンプーで洗っている• 常在菌は、健康な環境下では特に肌に害を与えません。 ところが、 頭皮に皮脂が大量にある状態になると、常在菌の1つであるマラセチア菌が皮脂をエサに繁殖し始めます。 この菌の繁殖によって引きこされるのが、 脂漏性皮膚炎です。 脂漏性皮膚炎になると、かゆみの伴う赤っぽい炎症を起こすほか、べたついた大きなフケが大量に発生します。 脂漏性皮膚炎は菌が原因ですので、放置すると症状がどんどんひどくなる可能性があります。 脂漏性皮膚炎の疑いを感じたら、早めにクリニックを受診しましょう。 脂漏性皮膚炎になる直接の原因はマラセチア菌ですが、 皮脂量を抑える対策をすることも大切です。 しかし、シャンプーのしすぎは、かゆい原因になることがあります。 これは明らかに洗い過ぎで、汚れだけではなく 頭皮に必要な皮脂や潤いまで落としてしまっているのです。 洗いすぎると、乾燥して刺激に弱い状態となり、かゆくなることがあります。 乾燥してカサつくようになって、なおシャンプーしすぎる状態を続けると、危機感を覚えた肌が今度は皮脂を過剰に分泌するようになることがあります。 上で述べたように、過剰な皮脂は刺激となって、かゆみや脂漏性皮膚炎の原因となります。 シャンプーの目的は、頭皮についた汚れやほこりを落として清潔に保つことです。 1日に何度も洗う必要はありません。 就寝前に 1度洗うだけで充分です。 肌に合わない成分が配合されたシャンプーを使っていると、肌に刺激を与え、かゆみの原因になることがあります。 「無添加シャンプー」「オーガニックシャンプー」など、なんとなく肌に良さそうと思わせるシャンプーがたくさん売られていますが、中には肌に刺激を与えるものもあります。 たとえば、無添加と謳われていても、刺激物が一切入っていないわけではないのです。 植物由来成分が肌に合わない人は、オーガニックシャンプーでも反応を起こす可能性があります。 頭を洗うとかゆくなったり赤くなったりする人は、いろいろ試して 自分の肌に合うものを見つけることが大切です。 しかし、 この洗い方は良くありません。 頭皮の荒れを招き、かゆみを招く原因となります。 問題があるのは、主に次の3点です。 頭皮にいきなりシャンプーをつけることで 強い刺激となる• ごしごし洗うことで 頭皮を傷つけている可能性がある• 熱いお湯で洗い流すことで、頭皮に必要な皮脂まで流れ落ちてしまい、 乾燥を招く このような洗い方をしている人は、すぐにやめた方がいいでしょう。 どのような洗髪方法が良いかは、後ほど詳しく述べます。 最初は面倒に感じるかもしれませんが、正しい洗髪方法を覚えて実践するとよいでしょう。 正しい洗髪方法は、頭皮だけでなく髪にも優しいです。 暑いと頭皮がかゆくなるのはなぜ? 暑い時期になると、つむじや頭皮がやけにかゆくなる人は多いでしょう。 暑いと頭皮がかゆくなる主な原因は、次のようなものが挙げられます。 紫外線 汗をたくさんかいても、健康な肌ならあまり問題はありません。 ただし、弱っている肌や敏感肌には 刺激となります。 汗の刺激で、かゆくなることがあるのです。 また、たくさんかいた汗で頭皮がムレ、 雑菌が繁殖して肌荒れを起こし、かみくなることもあります。 暑い時期は汗だけでなく皮脂の分泌も盛んになる傾向があり、毛穴が詰まってかゆい原因となることもあります。 夏の強い紫外線も頭皮が大きなダメージ受け、かゆくなることもあります。 秋に頭がかゆくなるのはなぜ? 夏の間はつむじや頭皮に特に問題はなかったのに、秋になるとかゆくなる人もいるでしょう。 秋に頭がかゆくなるのは乾燥肌の人に多いです。 暑かった夏が過ぎ、秋に入って気温が下がり始めると、次第に空気も乾燥してきます。 この時期の頭皮は、夏の間に紫外線や冷房によって受けたダメージが蓄積して、肌のバリア機能が低下していることが多いです。 その状態で乾燥した空気に触れると、 頭皮も潤いを保てず乾燥してしまい、肌荒れを起こしてかゆくなるのです。 乾燥が進むと、今度は皮脂がたくさん分泌されるようになります。 頭皮の皮脂が過多になると、刺激となって炎症を起こしかゆみを招くのです。 ドライヤーをあてるとかゆくなるのはなぜ? 髪を洗ったあと、ドライヤーで乾かしていて頭がかゆいと感じたことがある人も多いでしょう。 これは、 ドライヤーの熱風をあてすぎて肌の乾燥が進んでいることが原因と考えられます。 乾燥した肌はささいな刺激にも弱くなり、ドライヤーの熱風による刺激に反応を起こしてしまうことがあるのです。 ドライヤーは頭からなるべく離して風を当てましょう。 また、熱風を一か所に集中してあてないように、ドライヤーを 小刻みに動かして乾かすようにします。 最後にドライヤーを冷風モードにすると、頭皮や髪の熱がクールダウンします。 なお、ドライヤーをあてるとかゆくなるからといって、自然乾燥させるのはやめましょう。 自然乾燥で乾くまでには時間がかかり、その間に湿った頭皮に雑菌が繁殖して赤みやかゆみの原因となることがあるからです。 つむじ・頭皮がかゆいと白髪が生えてくる? 「白髪が生えてくるとつむじや頭皮がかゆい」という話を聞いたことがある人もいるでしょう。 しかし、白髪とつむじや頭皮のかゆみの関係は、まだ明確になっていません。 一説には、白髪は黒髪よりも太いため、 伸びるときに毛穴を刺激してかゆみを生じさせるのではないかといわれています。 白髪がよく生えるようになるのは、一般に年を重ねてからです。 これは、加齢が原因でメラノサイトが機能を失うためとされています。 年を重ねると、肌も瑞々しさを失って乾燥しやすくなり、かゆくなることが多くなります。 白髪ができやすい時期とかゆくなりやすい時期がちょうど重なっていますので、冒頭のような話が広まったのかもしれません。 つむじ・頭皮がかゆいのはハゲの前兆? つむじや頭皮にかゆみを感じるのは、ハゲの前兆であるとの噂を聞いたことがある人もいるでしょう。 結論からいうと、ハゲの前兆である可能性は確かにあります。 ただし、頭がかゆいと必ずハゲるわけではありません。 これまでに述べてきたように、頭皮がかゆい原因は、ひどい乾燥や過度の皮脂分泌、脂漏性皮膚炎、合わないシャンプーの使用など、たくさんあります。 これらは、 頭皮の環境があまり良くないことを意味します。 そのまま放置していると、 頭皮の状態がますます悪化してしまうことは避けられません。 頭皮の状態が良くないと、髪がうまく伸びず、ささいな刺激を受けて成長期に抜けたり、炎症によって抜けたり、新しい髪が生えにくくなったりします。 その結果、ハゲてしまうことがあるのです。 つむじ・頭皮がむずむずかゆい場合の対処法 つむじや頭皮がむずむずかゆいと、気になって落ち着かないものです。 しかし、ごしごし洗ってもかゆみは治まらず、悪化する可能性もあります。 かゆみを抑えるには、 原因に合った対処が大切です。 そこで、ここではつむじや頭皮がかゆい時の対処法について説明します。 以下に大まかな手順を述べます。 洗髪前に丁寧に ブラッシングをする• ぬるま湯で時間をかけて予洗いをする• シャンプー適量を手に取り、両手をこすり合わせてしっかり 泡立てる• 泡で包み込むようにして、髪ではなく頭皮を意識して洗う• 流し忘れのないように注意して、ぬるま湯ですみずみまで洗い流す ブラッシングするのは、髪に付着した汚れやほこり、絡まった抜け毛を取り除くためです。 予洗いは汚れを落とし、髪をしっかり濡らすために行います。 こうすると、少ないシャンプー量でしっかり洗えるので、 頭皮への刺激を最小限に抑えられるのです。 シャンプーの泡で洗うのも、頭皮への刺激や傷つけるリスクを減らすためです。 シャワーは必ずぬるま湯にしましょう。 熱い湯を使うと、頭皮の皮脂を洗い流してしまう恐れがあるからです。 そのときは、 病院の受診を検討してください。 受診するのは皮膚科でいいでしょう。 特に、べたついたフケがたくさんでて 脂漏性皮膚炎が疑われるときや、 湿疹や炎症がひどいときなどは、早めの受診が望ましいです。 かゆいくらいで受診したくないと思う人もいるかもしれません。 しかし、脂漏性皮膚炎などは自然に治る可能性は高くなく、 放置していると悪化する恐れがあります。 一般に、早期に受診して適切な治療を受ければ、それだけ治りも早くなるものです。 病院ではどんな薬が処方される? 効果が期待できる薬は、つむじや頭皮がかゆい原因によって異なります。 一般的に次の2種類が処方されることが多いでしょう。 ステロイド• 抗真菌薬 ステロイドはかゆみや湿疹を抑えるのに効果的です。 また、脂漏性皮膚炎のときは、 抗真菌外用薬がよく処方されます。 これは、脂漏性皮膚炎の原因菌であるマラセチアの繁殖を抑えるのに効果を発揮します。 内服薬は、ビタミンB2やビタミンB6が処方されることが多いです。 これらは、皮脂をコントロールする働きが期待できます。 かゆみが強いときは、 抗ヒスタミン剤が処方されることもあります。 出された薬は、指示を守ってきちんと服用・塗布することが大切です。 かゆみが治まったからといって自己判断で使用をやめたりせず、医師に確認すると良いでしょう。 薄毛を伴っているならヘアクリニックへ 頭皮やつむじがかゆいだけであれば、シャンプーを変える、正しい洗い方をする、皮膚科で治療を受けるなどの対策をとれば、やがて治まる可能性は高いです。 しかし、かゆいだけではなく、 抜け毛がひどくなってきたり、明らかに薄くなってきたりしているのであれば、 ヘアクリニックの受診を検討しましょう。 ヘアクリニックとは、抜け毛や薄毛など 頭髪に関する悩みに特化したクリニックで、皮膚科で行うのはかゆみの治療です。 皮膚科によっては薄毛の基本的な治療を行っているところもありますが、専門的な治療はできません。 ヘアクリニックは髪の悩みに特化していますので、頭皮の状態を診断して適切な処置が行えます。 薄毛は、早い段階で対処するほど改善の見込みがあります。 おすすめのヘアクリニック:AGAヘアクリニック ヘアクリニックのなかでも、おすすめなのは AGAヘアクリニックです。 AGAヘアクリニックのおすすめポイントを3つ紹介しましょう。 豊富な治療実績を誇る医師たちが、 一人一人の症状に合わせて最適なプランを提供• 明瞭な治療プランがありわかりやすく、カウンセリング・診察代無料• アプリを使った 遠隔診療が可能 AGAヘアクリニックは、 患者の希望どおりに治療を進めることを尊重しています。 そのため、どこまで発毛したいか、何に一番悩んでいるかなどをカウンセラーが丁寧にヒアリングし、カウンセリングをもとに医師が診察を行います。 一方的に治療を進めるのではなく、薄毛に悩む人の悩みに向き合って、もっとも適切な治療プランを提示するのです。 治療プランはわかりやすく、毎月かかるのは薬代のみというシンプルさですので、安心して通院できます。 初回・定期的に血液検査料金がかかります。 初回はなるべく来院して対面で診察を受けることが必要です。 望ましいのは、洗髪の際に 洗浄力がマイルドで 保湿成分が配合されているシャンプーを使うことです。 シャンプーの洗浄剤(界面活性剤)には、大きく分けて高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系があります。 このうち、おすすめなのは アミノ酸系です。 肌や髪になじみやすく、ほどよい洗浄力があるため、汚れはきちんと落としながら肌が必要としている皮脂までは落としません。 皮脂を取り除きによる乾燥や、乾燥のし過ぎによる皮脂の過剰分泌は起こらないでしょう。 セラミドや ヒアルロン酸などの保湿成分が入っているものもおすすめです。 地肌がうるおうと、肌の状態が整いやすくなります。 おすすめのシャンプー:チャップアップシャンプー おすすめは、 チャップアップシャンプーです。 育毛剤で有名なチャップアップが手掛けるシャンプーで、 髪や頭皮のことをよく考えて作られています。 おすすめのポイントは主に次の3つです。 洗浄成分は 5種類のアミノ酸系・植物系で頭皮の皮脂と 潤いを守る• 地肌と同じ 弱酸性で頭皮への負担が少ない• 10種の天然成分を配合し、頭皮環境が整うのをサポート このほか、頭皮の血行促進が期待できるセンブリエキスや、かゆみを抑える効果がある塩酸ジフェンヒドラミンも配合されています。 地肌に優しく、潤いを奪わない成分ですので、頭皮環境を整え皮脂量をコントロールしたい人だけでなく、敏感肌の人も安心して使えるでしょう。 なお、チャップアップシャンプーは、一般のドラッグストアなどでは販売していません。 公式サイトから申し込みましょう。 マッサージしてほぐすと、 頭皮の血行が良くなります。 血液は体のすみずみに栄養や水分を運び、老廃物を受け取って運搬するのが役割です。 頭皮の血行が促進されると栄養や水分が行きわたり、肌の状態が整いやすくなります。 頭皮をもみほぐして柔らかくすることで、皮脂の分泌も高まるでしょう。 頭皮が潤って健やかになるとバリア機能が高まり、乾燥もしづらくなりますので、かゆみや赤みなどの頭皮トラブルが起こりにくくなります。 頭皮の毛穴に栄養が届きやすくなることで髪の成長も促され、薄毛にも効果が期待できます。 マッサージするときは、頭皮に潤いを与えるトリートメントやヘアオイル、ヘアローションなどを使うのがおすすめです。 おすすめの頭皮ケアローション:ALL ON SCALP 頭皮ケアのためのローションとしておすすめのが、 ALL ON SCALPです。 ブースターとセットになった育毛剤で、頭皮の状態を健やかに整えることができます。 髪が伸びようとする力をサポートしますので、かゆみだけでなく薄毛にも強い味方となります。 最大の特徴は、 155種類もの成分がブースターと育毛剤の2本に詰め込まれている点です。 現時点で考えられるケアに最適な成分をすべて盛り込んだため、これだけの種類になっています。 ローションやケアアイテムを選ぶとき、どの成分が配合されているものが良いのかわからなくて悩んだことはありませんか。 ALL ON SCALPであれば、そんな悩みとは無縁です。 使い方は簡単で、洗髪して頭皮の汚れや皮脂を落としたあと、しっかりと乾かし、その後に育毛剤とブースターをつけてマッサージします。 元気な頭皮になるために、毎日の習慣にしましょう。 つむじがかゆいのは頭皮環境が乱れているサイン!早めに対処を かゆみは、痛みとは違ってあまり重視しない人もいるでしょう。 しかし、つむじがゆいときは注意が必要です。 かゆいということは、頭皮環境があまり良くない状態にあるサインだからです。 原因には以下のことが考えられます。 頭皮の皮脂分泌量が多い• 頭皮の皮脂が不足している• 脂漏性皮膚炎• 洗い過ぎ• シャンプーが合っていない• 洗い方が間違っている つむじがかゆいと思ったら、シャンプーを合うものに変え、正しい洗い方をすることが大切です。 皮脂が出過ぎないように、食生活などにも気を配りましょう。 それでもうまくいかなければ、 皮膚科を受診することも大切です。 薄毛も気になるようであれば、 ケアアイテムを使ってマッサージしたり、ヘアクリニックで治療を受けたりすることも検討すると良いでしょう。

次の

髪の毛の生え変わりで頭皮がかゆい原因は?今すぐ出来る対処法をご紹介!

頭皮がかゆい 病院

頭がかゆい原因とは 頭がかゆくなる、頭皮トラブルにつながる 原因はいろんなモノがあります。 頭は髪の毛が密集してたくさん生えていて、汗をかいたり、紫外線を浴びたりいろいろなことが 頭皮に起こる可能性があるのです! では代表的な頭がかゆくなる原因をご紹介しますね!! かぶれ、アレルギー 頭がかゆい原因で一番多いと言われているのが 「かぶれ、アレルギー」によるものです! かぶれやアレルギーが出る 原因としては ・シャンプーが合っていない ・カラーやパーマの薬でかぶれた などが代表的な原因です。 一度シャンプーを 見直してみてください!! 雑菌が繁殖している 頭皮で 雑菌が繁殖している場合も頭がかゆい症状が出ます。 毎日頭皮を清潔にしていなかったり、しっかり頭を乾かさないと雑菌が繁殖しやすくなります。 目には見えないほど細かいフケも、 しっかり洗わないと雑菌が繁殖するので注意しましょう!! ストレスによるもの ストレスが溜まっても頭がかゆい症状が出ます。 ストレスは血行を悪くするので、頭皮や髪の毛に 栄養が届かなくなってしまうので、荒れやすくなってしまいます! 睡眠不足なども頭皮に悪い影響を与えてしまうので、ストレスがかからない 規則正しい生活を送りましょう! 乾癬(かんせん) これは皮膚の病気の1つです。 原因ははっきりわかってないのですが、やはり 「清潔」にしておくのが良いと言われています。 乾癬(かんせん)は頭がかゆい症状のほかに フケが異常に出たり、皮膚が炎症を起こして 赤くなったりするので、症状が当てはまる人がいたら 早めに皮膚科に受診しましょう!! アタマジラミ 頭のかゆみが強い人は アタマジラミの可能性もあります。 頭に寄生するアタマジラミは 強烈なかゆみが出ます。 よく子供が感染しやすいですが、大人にも感染することも珍しくありません。 周りの人にも感染することがあるので、強いかゆみが続く場合は病院へ受診した方が良いです!! 頭がかゆくならないための対策 頭がかゆい原因を紹介しましたが、なるべく かゆくならないためにも対策を紹介します! 頭皮は常にキレイに清潔に 雑菌・病気の原因は 「頭皮が不潔」だからということが多いです! 人は普通に生活するだけでも、たくさんの汗が毛穴から出ています。 そのまま放っておけば皮膚のトラブルにつながってしまうので、特に毎日頭を洗うときは 頭の隅々まで洗うように心がけましょう! 頭に使うものは本当に自分に合っているのか シャンプーやトリートメント、カラーやパーマに使う薬は人それぞれで頭皮の反応は違います。 頭がかゆくなったタイミングで、 最近頭に使ったモノを振り返ってみましょう。 心当たりがあればその商品はもう 使わない方が良いです。 過去にそういう何かを使ってアレルギー反応が出た場合は、美容室でしっかり 美容師さんに伝えるようにしましょう!! 規則正しい生活を送る 原因のところでも書きましたが、ストレスを溜めない 規則正しい生活が頭皮を常に健康にしてくれます。 しっかり 栄養をとって、しっかり身体を 休める。 生活習慣を見直すだけでも必ず 頭皮は健康になりますよ! 症状が治らない場合は病院へ行く 頭がかゆくて仕方がない、ずっと続いている場合は迷わずに 病院に行きましょう。 症状が出てきてから病院へ行くまでに期間が空くと、 病気が進行してしまい悪くなる場合があります。 アレルギーやかぶれの症状を抑えてくれる塗り薬もあるので、頭がかゆい症状が出たら 早めに病院に行きましょう!! まとめ 今回は 頭がかゆい症状や病気の原因と対策をご紹介しました! 頭がかゆくなる原因はいろいろあり、その 対策・予防法としては 「頭皮はしっかりキレイにする」ということがとても大切です。 原因の中には、そのままにしておくと 大変なことになる病気になってしまっている可能性があるので、頭がかゆいのが続くときはなるべくはやく 病院へ受診しましょう! 以上「頭がかゆい症状が続く時は病気に注意!原因とは?」でした! スポンサーリンク.

次の

頭皮の炎症で病院に行く前に!かぶれやただれに3つの対処法

頭皮がかゆい 病院

頭がかゆい人が困っていること、悩み。 放っておくとこれから起こる症状など• 頭がかゆい• 仕事中にかゆくなってイライラする• かきたくてもかけない時がある• 無意識のうちにかいてしまう• 寝ながらかいてしまう• 頭皮にぶつぶつができる• かきすぎてかさぶたができる• かさぶたもかいてしまう• かきすぎて出血する• ハゲないか心配• かゆいところがハゲてきた• 抜け毛が増えた• 頭皮が薄くなってきた• フケが出てきた• フケは出ないのになぜかかゆい• 皮膚が弱い• 頭をかいたら爪にフケが入り込む• 白い粉っぽいフケ落ちてくる• 汗をかいたらかゆくなる• 体が熱くなるとかゆくなる• 辛いものを食べるとかゆくなる• 湿疹、ニキビができる• かきすぎて変な汁が出てくる• 出てきた汁が髪にまとわりつく• 白色や黄色のフケが出る• 謎のこぶがあちこちにできる• 髪の分け目がかゆくなる• シャンプーしてもかゆくなる• 今まで使ってきたシャンプーなのにかゆくなってきた• ノンシリコンシャンプーでもかゆい• どのシャンプーが合うのかわからない• 頭皮が脂っぽくてベトベトする• 頭皮から嫌なにおいを感じる、くさい• 頭皮が赤みがかっている• プールに入るとかゆくなる• 美容院に通いづらい• パーマやカラーリング剤がしみてかゆい、痛い• 病院で診察を受けたけど治らない• 薬が効かない• 色々試してみたけど治らない• 病院に通うのはめんどう、または時間がない• 自宅でなんとかしたい 調査の結果、上記のようにかなりの症状、悩みを拾うことができました。 私自身もいくつかあてはまるものがあります。 頭がかゆいって本当にストレスですよね。。 とことん調べまくったので絶対に治してみせます。 一緒に頑張りましょう。 さて、上にあげた症状・悩みを解決するためには、何が原因でかゆくなってしまっているのか特定する必要があります。 続いては、上記の症状別に頭がかゆくなる原因について調べてみました。 頭がかゆくなる原因• 頭皮が乾燥している• 皮脂の過剰分泌による脂性肌• 頭皮に雑菌が増殖している• 頭皮が傷ついている• シャンプーが合っていない(化学物質過敏症)• すすぎが不十分• 洗髪の方法が正しくない• スタイリング剤を落とせてない• 頭皮の洗い方を間違えている• 髪を乾かさない• 不潔、不衛生にしている• 紫外線を浴びすぎて日焼け状態を起こしている• 食生活の乱れ、栄養が偏っている• お酒をよく飲む• 喫煙をする• 季節の影響• 加齢の影響• 白髪の影響• ストレスからくるかゆみ• 睡眠不足からくるかゆみ• 疲労の蓄積からくるかゆみ• 自律神経の乱れによる影響• 遺伝、体質によるもの• ホルモンバランスの影響• 薬が合っていない• アレルギー反応を起こしている• 何らかの病気にかかっている• 皮脂欠乏性皮膚炎にかかっている• 脂漏性皮膚炎にかかっている• 接触性皮膚炎にかかっている• アトピー性皮膚炎を患っている• 乾癬にかかっている• 疥癬にかかっている• シラミにかかっている• とびひにかかっている 頭がかゆくなる原因を調べてみました。 ご覧のとおり、じつに数多くの原因があることがわかっていただけたと思います。 思い当たる原因がいくつか見つけられたのではないでしょうか? 私はたくさんありました・・笑 では続いて、それぞれの原因の詳細と治し方を調べてみましたので、ご自身に該当する項目をチェックし、先に進めてみてください。 頭皮にぶつぶつができる• かきすぎてかさぶたができる• 頭皮が薄くなる• 抜け毛が増える• フケが出てくる• フケは出ないのになぜかかゆい• 皮膚が弱い• 白い粉っぽいフケ落ちてくる• 汗をかいたらかゆくなる• 体が熱くなるとかゆくなる• 辛いものを食べるとかゆくなる• 湿疹、ニキビができる• 髪の分け目がかゆくなる• シャンプーしてもかゆくなる• 今まで使ってきたシャンプーなのにかゆくなってきた• ノンシリコンシャンプーでもかゆい• プールに入るとかゆくなる• パーマやカラーリング剤がしみてかゆい、痛い• 薬が効かない 頭皮は『 角質層』と呼ばれるレンガ状の断層で皮膚組織が形成されています。 その角質層の中には『 細胞間脂質』と呼ばれる層があり、断層内は『 セラミド』と水分を保つ『 水分保湿因子』の構成で皮膚の乾燥を防いでいます。 この構成が崩れ、皮膚表面がカサカサと乾燥しはじめることで、頭皮のかゆみが引き起こされます。

次の