足の臭い 靴。 靴の臭いを消す方法|靴のクサイ臭いを根本から治そう!

足や靴の臭い対策!臭いの原因を根本的に消す方法とは!?

足の臭い 靴

ツンと鼻を刺激する臭い、気になりますよね。 ここでは、足が臭う原因について説明します。 足にもともと潜んでいる常在菌が、汗と混ざった皮脂や古い角質、垢などの汚れを分解すると、臭いの元となる物質ができます。 その物質は、納豆にも含まれている「イソ吉草酸」と、酢っぱい臭いがする「酢酸」の二つです。 以下、雑菌が繁殖してしまう元となるものを紹介します。 それもそのはず、足の裏には汗腺が集中して存在しており、その量は背中の5~10倍ほどであると言われています。 そのため、足は1日でコップ1杯分もの汗をかく部分なんだとか。 しかし、足の裏の汗腺である「エクリン腺」から出る汗は本来無臭です。 上述のように、汗が皮膚常在菌の餌となり分解されて、臭うようになります。 足は全身を支える部分のため、他の部位に比べて角質が厚く、かたくなっています。 そのため、垢となって剥がれ落ちる角質が多くなります。 特にパンプスや革靴など、足全体を覆う靴の場合、通気性が悪いため汗が溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。 常在菌は高温多湿を好むため、湿気がこもりすぎないようにしましょう。 疲労が体に蓄積されると、肝臓や腎臓の働きが弱るため、本来尿として出てくるはずのアンモニアが血液によって全身を巡り、皮膚から出てくるようになります。 特に立ち仕事などで疲れた足は血行が悪くなり、下半身に血液と老廃物が溜まりやすくなります。 そのため、毒素のアンモニアが老廃物として排出され、疲労臭が発生します。 これを放置してしまうと、強烈な臭いを発しはじめます。 特に親指の爪にはカスが溜まりやすいので要注意。 こまめに爪を切ったり、ブラシで汚れを落としたりして対策をとりましょう。 「精神性発汗」といい、緊張する局面になると汗の分泌量が増え、結果的に臭くなります。 また、ストレスが溜まることで上述の疲労臭の原因にもなります。

次の

足匂い対策法!臭いを消す簡単な10つの解消法!

足の臭い 靴

関連記事 正しい足の洗い方をマスターしよう 足をキレイに洗うコツ、それは「足は足だけで洗うこと」。 上半身から順番に洗っていくと、足に到達する頃には石鹸の洗浄力も落ちてしまっています。 身体を洗ったついでに洗うのではなく、改めて石鹸を泡立てて、足だけをしっかり洗うようにします。 <正しい足の洗い方>• 洗う前に湯船につかります。 シャワーだけの時は、頭を洗っている間、洗面器にお湯を張って底に足をつけておきましょう。 しっかり3分以上浸します。 石鹸を泡立てて、手で優しく足全体を洗います。 指と指の間も丁寧に洗います。 爪の間も汚れが溜まりやすいのでブラシなどを使って丁寧に洗う。 泡をよく洗い流す。 タオルで優しく拭き取りましょう。 洗った後が大事です。 寒いからといってすぐに靴下をはいたりしないように。 足がしっかり乾くまで放置してください。 足の角質を溜めないために、週に1回は角質ケアをしましょう。 関連記事 殺菌成分のある石けんを使おう 足を洗う時は、ボディソープや普通の固形石鹸ではなく殺菌成分の入った石鹸がおすすめです。 ボディソープは保湿成分が入っていることが多いので、足がしっとりしてしまい、靴下や靴を履いた時に蒸れやすくなってしまいます。 殺菌効果のある成分としては、• イソプロピルメチルフェノール(アクネ菌、マラセチア菌にも効き目がありニキビケアにも使われる)• トリクロロカルバリニド(グラム陽性菌に対して良く効く) などがあります。 デオドラント効果のある石鹸もおすすめ 殺菌ではありませんが、デオドラント効果のある薬用石鹸もおすすめです。 ミョウバン石けん• 緑茶エキス• 柿渋エキス などは、 足の臭いだけでなく体臭全般に効果的なものが多いので、汗をよくかいて他の部分も臭いが気になるという人はぜひ使ってみてください。 簡単に作れるミョウバン水で消臭 体臭予防効果があるとして、ミョウバン水も人気がありますね。 安い材料で手作りできるので、気軽に使える消臭スプレーです。 よく乾燥させて雑菌が繁殖する環境を作らないことが臭いの予防になります。 できれば3足くらいをローテーションで履くようにしてください。 お手軽消臭剤・重曹で靴を消臭 スニーカーなど洗える靴は洗って天日干しすれば良いのですが、素材によってはそれも出来ませんね。 革靴、ブーツなど洗えないものは重曹で消臭しましょう。 重曹には、• 消臭作用• 吸湿作用 があるので、足の臭いだけでなく、靴や靴箱の消臭のできるんですよ! せっかくですから、アロマもプラスして消臭しちゃいましょう。 <重曹消臭剤の作り方>• ボウルなどに重曹を入れて、アロマオイルを数滴たらしてスプーンなどで混ぜます。 それを使い古しのストッキングに入れます。 こぼれないように口を縛ります。 これをシューキーパーのように靴の中に入れて使ってください。 抗菌作用のあるアロマとしては、• ティーツリー• ラベンダー• ユーカリ・ラディアタ がおすすめ!その他、ご自分の好きな香りでもいいですね。 靴を冷凍するという裏技 なんと、靴を冷凍して臭いを消すという方法があります。 靴が入るだけの大きさの冷凍庫の余裕が必要ですが、冷凍させることで菌を死滅させる方法です。 衛生面の問題もあるので、しっかり密閉できる袋に入れないといけませんが(大きなジップロックなど)、一晩冷凍させるだけで臭いが消えます。 他にも色々・足の臭いを消すグッズ 自分であれこれケアする時間がない!という方におすすめの消臭グッズを集めてみました。 ラヴィリン・フットクリーム 1回塗るだけで1週間も効果が持続するというフットクリーム。 においの元であるバクテリアを中和することで消臭します。 入浴しても効果が続くので、つけ直す回数が少なくてすむんです。 価格:定価5000円(販売サイトによって2000~3000円) 足専用の消臭スプレー 足専用の消臭スプレーがありますから、ミョウバン水を作るのが面倒!という方はこちらで消臭しましょう。 日中も臭いが気になる人は、ストッキングの上からでも使えるタイプが便利です。 替えの靴下かストッキングを用意しておいて、いったん素足になって指の間や土踏まずなどにもまんべんなくスプレーします。 それからしっかりと足を乾かして、新しい靴下またはストッキングを履くようにしてください。 これでだいぶ足の臭いは抑えられるでしょう。 消臭靴下で抗菌防臭 足の汗が多い人や臭いが気になる人は、化繊の靴下は通気性が悪いのでおすすめできません。 綿などの天然素材の方が通気性がよく、汗もしっかり吸い取ってくれます。 5本指ソックスなども足の指同士がくっつかないので、一定の消臭効果があります。 ただ、臭いを抑えるなら、抗菌効果のあるものやデオドラント効果のある靴下がおすすめです。 抗菌・消臭靴下というと、オジサンの履くビジネス靴下を思い浮かべるかもしれませんが、女性用のカラフルでかわいい靴下もたくさんあるんですよ。 そんな方におすすめなのがカバーソックス。 カラーラインナップも豊富で、靴に合わせた色が探せそうです。 価格:864円 ずっと臭いが気にならない!消臭インソール インソール(中敷き)を使って靴の中の湿気も吸い取りつつ、臭いを消すのもおすすめの方法です。 これですと、靴の中に臭いが染み付くのも防げますね。 抗菌タイプのインソールを使えば、菌の繁殖も抑えられますから効果も高いでしょう。 臭いが気になる人は、よく履く靴に合わせたインソールを1枚もっておくといいですね。 汗をかかないようにする工夫も 確かに足の裏は汗が多い部分ではありますが、すべての人の足が臭うわけではありません。 汗っかきの人は、必要以上に汗をかかない工夫も必要でしょう。 足汗用の制汗剤で汗予防 制汗剤は脇の下だけでなく、足専用のものがあります。 そういったものを使えば、臭いの前に汗を押さえることが出来ます。 菌は湿気が大好きなので、クリームを塗るだけでなく、しっかりと足を乾かしてから靴下や靴を履くことも大事です。 お肉大好き?食生活を見直す 脂っこいものや辛いものなど刺激物は汗をかきやすく、しかも汗が臭くなりやすいです。 動物性たんぱく質• 脂質 の摂り過ぎは体臭を強くします。

次の

靴と足の臭いの原因

足の臭い 靴

この記事のもくじ• 足の臭いを治す第一STEP まず、足の臭いは大きく2つに分類されます。 『酸性』の臭い(蒸れや悪玉菌が原因のイソ吉草酸の臭い)• 『アルカリ性』の臭い(ストレスや疲労が原因のアンモニアの臭い) 足裏に汗をかき靴が蒸れた状態で発生する臭いは『酸性の臭い』です。 一方、肥満や肝機能の低下・ストレスなど精神的肉体的疲労の場合、汗に含まれるアンモニア『アルカリ性』の臭い。 ツンとする刺激臭を感じた場合は、ストレスや疲労が原因かもしれません。 足裏にはアポクリン腺がないため、本来はエクリン腺のサラサラしたほぼ無臭の汗しかかきません。 ですが疲労などが原因で、肝臓の働きが弱まれば血液をきちんと分解できません。 体内のアンモニアを含んだ汗になってしまうのです。 簡単に言えば、『』ですね。 実は、酸性の臭い・アルカリ性の臭い、どちらも同じ方法で消臭できるわけではありません。 どちらの臭いなのかを把握しなければ、いくらニオイケアを行なっても効果がないのです。 孫子の兵法に記されている言葉と、照らし合わせてみましょう。 『敵を知り己を知れば百戦殆うからず』 全く関係ないと思いきや、足の臭いも同様『敵=臭い』も『己=臭いの原因を作り出す自分の体』どちらも知る必要があります。 自身の臭いの原因がどういったものなのか、きちんと向き合う必要がありますね。 【酸性】の足の臭いの対処法 石鹸 アルカリ性の石鹸は、酸性の臭いを中和させ足の臭いを消します。 ただし、臭いの代表『イソ吉草酸』は、爪の隙間や角質など深く入り込んでしまうため、場合もあるでしょう。 毎日コツコツ、石鹸で臭いの元を取り除いていく努力が必要です。 ただし、足の臭いの原因となる悪玉菌の『黄色ブドウ球菌』は、アルカリ性を好み繁殖します。 一方、善玉菌『表皮ブドウ球菌』は、弱酸性を好みます。 清潔にしているつもりでも、あまりに過剰なケアは逆効果。 石鹸であまり洗いすぎると、善玉菌が取り除かれ、臭いを増加させる原因になるのです。 毎日履く靴、足や靴は常に臭いが発生する環境です。 以下の対処も同時に行いましょう。 を目指す• にも注意する• するため、毎日同じ靴を履かない 石鹸だけでは、充分に効果を発揮するとは言えませんね。 そして弱酸性のボディソープを使っていると、酸性の足の臭いは中和されません。 重曹(炭酸水素ナトリウム) 足の臭い消しに効果があると言われる『重曹』はアルカリ性です。 重曹は、魚のくさみやぬめり取りはもちろんお肉を柔らかくしたり、研磨作用で掃除にも最適。 万能グッズとしてさまざまな用途に使われるアイテムですね。 洗面器やバケツに重曹を大さじ2〜3杯入れたお湯をはり、10〜15分足をつけましょう。 足の酸性の臭いが重曹のアルカリ性で中和され、臭い軽減に役立ちます。 ただし、純度によって分けられている工業用(掃除用)・料理用・薬用の3つの使い分けには注意しなくてはなりません。 身体に触れる場合、食用または入浴用として販売されている重曹を使いましょう。 100円均一や薬局で販売されている重曹は、ほとんどが工業用です。 【アルカリ性】の足の臭い対処法 逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム液) 逆性石鹸は、薬局で販売されている『オスバンS』という消毒液で、ストレス臭や疲労臭のようなアルカリ性の臭いには、逆性石鹸が効果を発揮します。 臭いを取り除くだけではなく、除菌効果もあります。 しかし通常の石鹸とは違い、汚れを落とす効果はないため、石鹸で洗った後に逆性石鹸を使用する方法になりますね。 約500倍以上に薄めて足湯を行います。 原液のままの使用は控えましょう。 ちなみにが、足の臭いに効果があると言われていますが、皮膚常在菌の善玉菌までいなくなってしまいます。 除菌しかしないとはいえ逆性石鹸も同様、通常の石鹸と同じく使いすぎると、逆効果になるので注意が必要です。 クエン酸 クエン酸も、重曹と同じくお掃除グッズでは有名どころ。 簡単に言えば、梅干しやレモンなどに含まれるすっぱい成分です。 酸性のクエン酸でフットケアを行うと、アルカリ性を中和して、足の臭いを軽減します。 雑菌の繁殖を防ぐ役割があるため、悪玉菌の抑制にも最適。 酢でも同じ効果が得られますが、酢のニオイが気になるかと思いますので、クエン酸を使った方がいいでしょう。 クエン酸の臭い対策は、重曹と同じく足湯を行います。 洗面器やバケツにクエン酸大さじ2〜3杯入れたお湯をはり、10〜15分足をつけましょう。 クエン酸の足湯をした後、排水口に塩素系洗浄剤などを入れてある場合、そのまま流してはいけません。 塩素ガスが発生し危険ですので、注意が必要です。 ミョウバン アルカリ性の足の臭いを消臭する『ミョウバン』は、スーパーやドラッグストアで『焼ミョウバン』として販売されています。 ミョウバンを約10〜30倍に薄めた『ミョウバン水』を使用して、10〜15分足湯を行いましょう。 ミョウバン水には、たくさんの効果があります。 アンモニアを中和し、臭いを取り除く• 臭いの元を断つ殺菌効果• 高い制汗作用 足の臭いはもちろん、靴や靴下の臭いにも有効です。 【酸性・アルカリ性】の足の臭いの対処法 酸性かアルカリ性かで異なる対処法ですが、組み合わせ次第で両方の足の臭いに効果を発揮します。 石鹸で洗った後、逆性石鹸水やミョウバン水で足湯をする• 重曹とクエン酸で、炭酸足湯をする ほとんどの方が石鹸ではなくボディソープを使っているでしょうが、ボディソープは多くの場合弱酸性です。 アルカリ性の固形石鹸を使用し、逆性石鹸水やミョウバンで足湯を行いましょう。 固形石鹸は長持ちするためコスパもよく、節約にもつながります。 またアルカリ性にクエン酸を加えると、炭酸が発生します。 お掃除好きな方ならもうご存知ですね。 重曹の足湯の後クエン酸を入れ炭酸足湯を行なってみましょう。 発生した炭酸は、皮脂汚れや角質を落とすため、フットケアに最適。 は、増殖を防ぎ臭いの元を断ちます。 そして、忘れてはならない靴の消臭・雑菌除去です。 足と同じようにクエン酸で靴のつけおきや、ミョウバンスプレーでの殺菌も可能ですが、臭いはそう簡単には取れません。 それに、忙しい毎日。 仕事から帰ってきて足のケアと靴のケア、両方を行うのはとても大変ですね。 こういう時、シュッとひとふきして乾かすだけの靴用消臭スプレーを使用すると、靴はいつも清潔に保たれるので便利です。 持続力があるものをチョイスすれば毎日スプレーする必要もありませんね。

次の