ぜん ね ず 子ども。 となりのファーマー:/24 おさぜん農園(京都府八幡市) 子どもの目線に甘い誘惑

となりのファーマー:/24 おさぜん農園(京都府八幡市) 子どもの目線に甘い誘惑

ぜん ね ず 子ども

緊急事態宣言解除にともない、びじっとは2020年6月1日より、付添い型・受渡し型支援を再開します。 再開に伴い、びじっとは感染再拡大を防止するため、ソーシャルディスタンスを保ち、最大限注意してまいります。 どうぞご協力をお願いします。 詳細は、事務局からのお知らせをご覧ください。 オンライン面会交流支援は新たなる支援型として今後も実施継続いたします。 オンライン面会交流のご依頼は事務局までお知らせください。 また、この連絡は無料で行いますが、一往復に限ります。 一往復で合意できない場合は、代理人間・当事者間でのお話合いをお願いします。 詳しくは からご覧ください。 月2回「程度」と決められた場合、 同居親さんは、月1回でもOKという認識。 別居親さんは、月2回で決まったという認識。 このような認識の違いが生じます。 そうなりますと父母の認識の違いの狭間で、支援する側は翻弄されてしまうことになります。 曖昧な取り決めをされている場合は、びじっとが面会交流の様子を見させて頂いた上で回数を確定させていただきますので、予めご了承願います。 事前面談において、父母の認識に齟齬が生じる場合は、びじっとでは支援の受諾を致しかねます。 ご了承願います。 離婚した両親へ送る、6歳少女からのアドバイス 離婚後も、顔を合わすたびにケンカや口論が絶えなかった両親。 この日も、些細なことから口ゲンカになり、両者共にヒートアップしていたそうです。 そんなお父さんとお母さんの姿を目にする少女は、お母さんの手を引き、階段に腰掛けます。 そして…。 「ママ、これからもパパと友達でいたいって、本気で思ってる?」 「いい、ママ。 これだけは約束してね。 私は、パパとママが別れたあとも、仲のいい友達でいて欲しいの。 ママならゼッタイできる! 仲良くしたいと思うなら、こーんな上から意地悪な態度をしてちゃダメ。 もちろん低すぎてもいけないよ。 ちょうど真ん中。 私のハートの高さで考えて欲しいの。 私にもできることは、みんなにもできるって思うの。 だから、二人もいつまでも穏やかなお友達でいて。 パパやママにたくさんのことを求めたりしないから。 それから、とにかく笑顔はゼッタイ忘れないこと。 みんなが意地悪な世界になったら、人間はみんなモンスターに食べられちゃうでしょ? そしたら、モンスターだけの世界になっちゃうんだよ。 もっと人間らしくしなきゃ! 私だって、ママだってそう。 だから、意地悪なんかしないで、早くみんなが生活に慣れて落ち着いて欲しいの。 みんながいい方向にね。 ただ、それだけ…。 」 両親の離婚を経験している子どもたちへ お父さんとお母さんが離婚をしたのは何故なのか知りたいなら、あなたの自分のその目で確かめてごらんなさい。 お父さんからの話しを聞いても、お母さんからの話しを聞いても、どちらも間違いではなく、正しくもないのです。 何故ならば、お父さんとお母さんは、一人一人違う人間ですから、同じものを見ているのに考え方も、感じ方も、捉え方も違うからです。 そして、あなたも同じです。 あなたも1人の人間です。 お父さんでもなく、お母さんでもありません。 あなたは、あなたです。 だから、あなたが、あなた自身で感じたことが、お父さんとお母さんの離婚の理由です。 もしも、お父さん、お母さんを嫌だなと想ったならば。 自分自身に問うてごらんなさい。 自分は、それほど素晴らしい完璧な人間ですか?と。 お父さんもお母さんも同じです。 完璧な人間など、おりません。 ただ、確かなことだけはあります。 それは、お父さんもお母さんも、あなたを愛しているということです。 生まれてきてくれて本当にありがとう。 最高の喜びを与えてくれたあなたに、お父さんもお母さんも心から感謝しています。 愛するあなたを抱きしめます。 たとえ、いま、あなたの傍にいられないとしても、あなたを心の中で抱きしめています。 忘れないでください。 お父さんもお母さんも、あなたのお父さんとお母さんであるということを。 あなたの命に連なるのだということを。 子どもを愛せない親も確かに存在します。 けれども、それは、子どものせいではありません。 子どもを愛せない親自身に何かしらの問題があるのです。 決して子どもが憎らしい存在だとか、誰にも愛してもらえない存在なわけではありません。 父母にも優れた点と欠点、長所と短所の両方があります。 親とはいえ、人間である以上、完璧ではありません。 親が、長所よりも短所が目立ち、尊敬できない人間だとしても、それは仕方がありません。 そのことは、子どもには関係のないことですし、子どものせいではありません。 父母の高葛藤 喧嘩・暴力・仮面夫婦・家庭内別居 に巻き込まれて辟易している子どもたちへ。 離婚しても喧嘩し合っている父母を持つ子どもたちへ。 あるいは、 離婚していないが、夫婦仲は最悪な両親を持つ子どもたちへ。 父母も人間です。 自分たちでは、どうしようもない感情というものが存在するのも確かです。 ですから、私たち第三者がいます。 憎しみ合っている父母は、その間に立つ子どもの気持ちを慮るだけの器量がありません。 お父さんの気持ちもわかる。 お母さんの気持ちもわかる。 お父さんの悪いところも見える。 お母さんの悪いところも見える。 だからこそ苦しい。 私の親なのに、何でこんななの!? そんな思いに駆られたときは、第三者を頼ってください。 親だからこそ、憎しみきれない想いがあります。 ぷっつりと縁を切ってしまったが、何故か心にわだかまりが燻ぶっている。 自分は、果たして親にとってどんな存在だったのだろうか? 様々な葛藤が心にふと湧き上がることがあるようなら、ご相談ください。 一代先生は、平成25年9月2日(月)より棚瀬心理相談室を開設され、びじっとの利用者の父母と子どものカウンセリングをお願いしておりました。 一代先生のお陰で、面会交流の支援現場と面会交流の研究現場とが一体となり、益々、子どもの最善となるよう進んでおりました。 私たちは、一代先生の築かれた礎を基礎にして精進して参ります。 一代先生が蒔かれた種子は、若葉が確かに芽吹き始めています。 一代先生。 これからも宜しくお願い致します。 願わくば、この功徳をもって、あまねく一切に及ぼし、我らと衆生と皆ともに佛道を成ぜん。

次の

子どもの権利条約

ぜん ね ず 子ども

World Now 2020. 16 横浜市立日枝小学校の住田昌治校長 新型コロナウイルス感染症の大流行を防ぐため、政府が学校の長期休校を要請してから約2週間が過ぎました。 4月6日の新学期からの再開を予定している学校が多いといわれていますが、突然の長期休校で見落とされていることはないのでしょうか。 ESD(持続可能な開発のための教育)を実践してきた横浜市立日枝小学校の住田昌治校長への取材を通して、突然の長期休校が子どもたちに及ぼす別のリスクが浮かび上がってきました。 (文・写真:岩崎賢一) 子どもたちの姿が見えなくなることによるリスク 住田さんはESDの実践や職員室のマネジメント改革で全国的に知られています。 現在勤務する日枝小学校の児童数664人のうち、2割ぐらいが外国籍と外国にゆかりのある子どもたちです。 政府の有識者会議で、感染対策が長期間にわたる可能性が示唆された3月9日、学校でいま起きていること、懸念されることなどについてお話を聞きました。 公立学校なので横浜市教育委員会の方針に従っています。 横浜の場合、まず3月3日から13日まで休校とする通知が各学校に届きました。 16日以降、どうするかは9日に改めて「一斉臨時休業の期間延長について、延長期間を令和2年3月14日(土)~令和2年3月24日(火)(ただし、卒業式の実施日を除きます)とする」という通知が届いたので、本校も3月24日まで休校とすることにしました。 修了式は実施する予定です。 卒業式は3月19日に行います。 卒業生と教職員だけによる簡素な式です。 卒業式で従来行われていた内容の一部をカットして時間を短くし、参加者も限定しました。 卒業生の座席も間隔を空けて座ります。 この子どもたちは、なぜ登校しているのでしょうか。 横浜市は、1年生から3年生までの児童と特別支援学級の全児童を対象に、各学校での緊急受け入れ事業を実施しています。 4年生以上の児童はひとりでも自宅で留守番していることができるでしょうが、低学年や特別支援学級の児童はそれが難しいからです。 両親が働いているなどして、家庭で見守ることが難しい子どもたちは、希望によって学校で受け入れています。 1日平均30人です。 1~3年と特別支援学級を合わせると300人強の児童がいるので、1割ぐらいです。 持って来た課題やドリル、プリントをしたり、校庭で遊んだり、図書室で本を読んだり、おりがみをしたり、体育館で遊んだりといった具合に、学校の日課表のタイムスケジュールで1時間目から5時間目を学校で過ごします。 学年ごとに場所を変えています。 給食はないのでお弁当持参です。 学校はどこまで把握しているのでしょうか。 緊急受け入れ事業の参加者数については、当初100人規模と予想していました。 ところが、30人前後です。 学校の規模や実態、家庭事情によって大きく違います。 今週、全校児童の家庭訪問をします。 子どもの健康や安全を確認することが主たる目的です。 ただ、会えない家庭もあるでしょうしインターホン越しになってしまう家庭もあるでしょう。 それでも必ず家族が家に居てもらわなければいけないということでもないので、家庭訪問をしても見えない部分があります。 一つは、家庭での過ごし方です。 急な長期休校なので、対応は家庭によって違ってきます。 長時間ゲームをしたり、YouTubeを見たりしている生活も心配です。 文科省は人ごみに行かないようにと言っていますが、公園で体動かすことも必要だと思います。 いま、オンラインで学習支援をしたり、教材を提供したりするサービスを無料公開する動きがありますが、自宅にインターネットを利用できる環境がなければ子どもたちには届きません。 この格差はすごく開いていると思います。 そういう関係性があればいいですが、本当に家で一人ぽつんといるのではないかと思い、心配しています。 家庭訪問は安否の確認という側面があります。 家庭の事情は様々です。 学校給食を食べることによって満腹感を得ている子どもたちが、長期休暇によって家庭でちゃんと昼ご飯を食べられているのか、虐待はないかといったことです。 学校には、様々な理由で児童相談所がかかわっている子どももいます。 長期休暇によって、家の中で子どもと親だけになり、子どもが逃れられないような環境になっていないか、すごく心配です。 新型コロナも命にかかわることですが、家庭の中でも命にかかわることがあることを忘れてはいけないと思います。 家庭訪問をすれば少し見えるかもしれませんが、本人に会わないとわからないこともあります。 そのためにも、学校は臨時登校日を設けて教員や友だちと会う機会を作っていく必要があると思います。 たとえば、半分ぐらいずつ分けて分散登校する方法もあるでしょう。 いまは長期休校を見据えて、ケアが必要な子どもにケアをする方法を考える時期に来ていると思います。 日枝小学校は給食の残食がゼロです。 楽しみにしているということもありますが、それによって命をつないでいる子どもたちがまったくいないとは言えないのが現実なのです。 そのため、横浜市の場合は休校開始日を3月3日にしました。 2日に登校したときに家庭での過ごし方や課題を渡しています。 すべての家庭にパソコンやタブレット、wifiがあり、後から課題を送ったり、コミュニケーションを取ったりすることができるわけではないからです。 近隣校で外国籍の子どもが多い学校があるので連携を取りながら、英語と中国語でのプリントをつくって保護者に配布しました。 これは、教育委員会単位だと動きが遅いので、学校の判断で行っています。 今回のように経緯を説明する必要がある場合は子ども経由で伝えることが難しく、間違って理解されてはいけないからです。 情報はインターネット上にあふれていますが、それが横浜のことなのか日枝小学校のことなのか分かりにくいので、学校側から分かるように伝える努力をしないといけないと思います。 春節で中国に帰郷する子どもが結構います。 家庭の中でそういう会話があるためでしょうが、詳しくは言えませんが教室の中で「大丈夫かな」などという会話をする日本人の子どもたちがいました。 当然、中国出身の子どもたちがクラスにいるので、その言葉は人を傷つけることになります。 教員もすぐ反応し、「国によって人を見てはいけない」とその都度指導しています。 こういうことは、教員全体で情報共有をし、何げない子ども同士の会話でもスルーしないようにしましょうと話をしています。 子どもたちを自立させるという目的は、学校も保護者も同じです。 そのためには、子どもたちが自分で考えてやれるようにすることが大切です。 いま、ドリルがすごく売れていると聞きました。 子どもが時間を持て余すことを心配して、学校でも家庭でも、プリントやオンライン学習等どんどん子どもにやることを押し付けています。 それって、子どもの主体性を奪っていませんか。 時間を持て余したり、やることがなかったりして、これほど暇なんてことはいままでに経験したことがないことです。 こんな時こそ、どう過ごしていくかを考えるチャンスではないかと思います。 突然できた自分の時間をどう使うか、まずは24時間をどう過ごすか、デザインしてみるといいでしょう。 子どもたちは、天気のいい日は外に出て遊びましょう。 町から、子どもの声が聞こえなくなったら、町は死んでしまします。 みんなと同じことをやる必要はありません。 自分のやりたいことに取り組むチャンスです。 この機会に、自分で考え、自分で決めて、自分で行動し、自分で表現していきましょう。 手洗い、うがい、換気などの感染予防はしっかりしながら。 そして、新学期から始まる新しい学びを楽しみにして過ごしてください。 皆さんの元気が日本の元気につながります。 すみた・まさはる 2010年~2017年度横浜市立永田台小学校校長。 2018年度~横浜市立日枝小学校校長。 ユネスコスクールに加盟し、ホールスクールアプローチでESDを推進。 独自の切り口で実践を重ね、書籍や新聞等で取り上げられる。 2015年度は、「もみじアプローチ」でESD大賞小学校賞を受賞。 「円たくん」開発など、子どもや教師が対話的・能動的に学習参加し、深い学びにいたるために有効なツール開発と商品化にも積極的に関わる。 ユネスコスクールやESD・SDGsの他、学校組織マネジメントやサーバントリーダーシップ、働き方等の研修講師や講演、記事執筆等を行い、元気な学校づくりで注目されている。 ユネスコアジア文化センター事業推進委員、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会会長、神奈川県環境教育研究会会長、全国小中学校環境教育研究会理事、未来への風プロジェクトメンバー、教育長・校長プラットフォームメンバー、横浜市ミニバスケットボール連盟参与を兼務。 著書に「カラフルな学校づくり~ESD実践と校長マインド~2019」(学文社) インタビュー完全版は、朝日新聞のweb「論座」で読むことができます。 (こちらは抜粋版です).

次の

全国保育協議会

ぜん ね ず 子ども

発出日 通知名 資料 令和2年5月20日 子ども・子育て支援交付金 交付要綱 子ども・子育て支援交付金の交付について(一部改正) |• 令和2年3月31日 令和2年3月30日 令和元年11月27日• 別紙様式1 |• 別紙様式2 | 令和元年11月25日 子ども・子育て支援交付金 交付要綱• 令和元年11月22日 子育てのための施設等利用給付支弁台帳について• 参考様式 | 令和元年11月18日 子ども・子育て支援交付金 実施要綱 令和元年11月6日• 令和元年9月30日• 令和元年9月20日 子ども・子育て支援交付金 実施要綱 令和元年9月18日 令和元年9月6日 子ども・子育て支援交付金 交付要綱• 令和元年9月6日 子ども・子育て支援交付金 実施要綱 令和元年8月14日• 別添1 |• 別添2 |• 令和元年6月27日 令和元年6月26日 令和元年6月25日• 令和元年6月25日• 令和元年6月24日 令和元年6月13日• 平成31年4月25日• 平成31年4月1日 子ども・子育て支援交付金 交付要綱•

次の