初穂 料 封筒。 地鎮祭の費用(玉串料)・のし袋の書き方と金額

お宮参りの初穂料で使うのし袋(金封)の種類は?|初穂料どっとこむ

初穂 料 封筒

グーネット編集チーム 祈祷料は、のし袋に入れて支払うのが一般的です。 紅白の蝶結びの水引が付いたのし袋か、水引が印刷されているのし袋がおすすめです。 文房具店はもちろん、100円ショップやコンビニエンスストアでも手に入ります。 準備が間に合わなかった場合は、白封筒でもかまいません。 表書きは、上部に「御初穂料」と書き、下部に氏名を記入します。 お札は、人物が描かれている面が封筒の表側にくるように入れるのがマナーです。 神様に祈るので、用意できるのなら新札がいいでしょう。 内袋がある場合、内袋に金額を記入します。 内袋がない場合は、のし袋裏に金額を記入します。 祈祷料はあらかじめのし袋に入れて準備しておき、お祓いの申し込みの際に申込用紙と一緒に神社側に渡します。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

初穂料】お宮参り・お金・袋・封筒・相場・安産祈願・七五三・勘定科目・仕訳

初穂 料 封筒

スポンサードリンク 神社のご祈祷で渡す初穂料とは? 神社に行くと見かける「初穂料」。 初穂料は「 はつほりょう」と読みます。 お守りやお札を売っているところなどで、 「初穂料 1000円」 などと書かれているのを見かけたことはありませんか。 七五三詣やお宮参り、 厄除けや安産祈願など、 神社で「ご祈祷」をお願いしたい時にお渡しするのも初穂料です。 ご祈祷というのは、神社の社殿に上がって、神さまのご守護をいただけるように願い求める神事のこと。 「 ご祈願」ともいいます。 ちなみに、お正月の初詣のように、お社の前で、お賽銭を入れて拝礼するのは略式参拝(一般参拝)。 お社の前が略式参拝(一般参拝)、 中に入るのがご祈祷になり、その際は初穂料をお渡しします。 また、地鎮祭などの出張祭典を受ける時にお包みするのも初穂料です。 初穂料とは? 初穂料とは、神さまにお供えするお金のことです。 初穂の「穂」は稲穂のことで、 初穂は初めての稲穂、 つまりその年に初めて収穫されたお米(稲穂)のことを言います。 昔の日本人は、初収穫のお米を真っ先に神さまにお供えすることで、一年の豊作と天の恵みに感謝していました。 お供えで感謝の気持ちを表すと共に、無事にお米が収穫できたことを祝うお祭りも行われました。 その風習がお米だけにとどまらず、 やがて野菜や果物、魚類などの 初物(はつもの:これらも広い意味の初穂ですね)も、全て神さまにお供えするようになったのです。 今もこの風習は受け継がれています。 全国の神社で秋に執り行われる「秋祭り」や「収穫祭」の名称で行われるお祭りがそうです。 初穂がお金になった由来 初穂や初物は神さまにお供えし感謝の気持ちを表すものですが、 農業や漁業以外の仕事をしている人はお供えすることが出来ません。 そこで初穂や初物の代わりに「お金」が神さまにお供えされるようになりました。 こうしたことから、初穂といえば 「 神さまに供えるもの」 という意味に用いられるようになり、 現在では神さまに供える金銭を「初穂料」と言っているのです。 初穂料は神さまにお供えしてお渡しすると共に、 「祝詞をあげてくださる神職や巫女に対しての謝礼」 という意味も含まれるようになりました。 初穂料はどんなときに使う? 初穂料は神社で執り行う殆どの祭事で使えます。 交通安全祈願• 厄除祈願• 安産祈願• 初宮詣(お宮参り)• 七五三詣• 合格祈願• 地鎮祭• 竣工式• 神前結婚式 御守や御札などを授かる時も初穂料を使います。 初穂料は神様に対する感謝の気持ちを表すものなので、神道で執り行われるお葬式には不向きです。 初穂料のお金は新札を用意した方がいいの? 安全祈願や七五三などの際の初穂料は、必ずしも新札でなくてはならないということはありません。 ですが、あまりに汚いお札を使うのはマナー違反。 できるだけきれいなお札を用意しましょう。 初穂料の本来の意味は、その年に収穫された初めての稲穂を神さまにお供えするもの。 その代わりに用いるのが初穂料ということを考えると、新札を包むことで、気持ちが新たに引き締まります。 こうしたことから、新札を用いる方も多くいます。 スポンサードリンク 初穂料と玉串料の違いは? 一般的なご祈祷料の表書きには、初穂料のほかに「 玉串料」というものがあります。 「玉串」というのは、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)や木綿 ゆう (=こうぞの皮から作った糸)をつけたもの。 榊には神さまが宿るとされています。 玉串を捧げることは神さまに捧げものをする儀式を簡略化したもので、玉串は参拝者(祈願者)自らが神前に捧げます。 神前結婚式の新郎新婦や、地鎮祭で施主が受け取っているのを見たことがあるかもしれません。 玉串料とは 玉串料は、神さまにお供えするお金のこと。 初穂料の初穂と同じように、神さまにお供えすべき玉串を用意できない代わりに「お金」をお供えするようになったものです。 そして、「ご神前にお供えするもの」という意味から、神前にお供えするものを「玉串料」と呼ぶようになりました。 このあたりは初穂料と同じですね。 玉串料はどんなときに使う? 玉串料は初穂料と同様に、神社で執り行う殆どの祭事で使えます。 初穂料では使わない神葬祭、神道式のお葬式でも使えます。 玉串料は神様への捧げ物という意味合いがあるので、お札やお守りを受け取る時は初穂料を使います。 初穂料と玉串料はどう違う? 初穂料も玉串料も、神社にご祈祷をお願いする際に納める金銭なので、共通するシーンで用いられます。 どちらも、神さまにお供えするものという意味です。 ただ、上述のように「初穂」と「玉串」は由来が異なるため、違った呼び方になっています。 前述したように、• 神道式のお葬式では玉串料(初穂料はNG)• お守りやお札を授かる謝礼には初穂料(玉串料はNG) 上記以外では、どちらを使ってもかまいません。 ご祈祷で渡す初穂料ののし袋の書き方 いざ初穂料を渡す場合、 お金をどのように包んで渡したらよいのかをお伝えしますね。 のし袋や封筒のデザイン 一般的な神事の初穂料では、水引きが紅白ののし袋、または白い無地の封筒を使います 「のし」はなくても構いません。 ここでいう「のし」とは、のし袋の右上にある赤い紙を折り畳んだ部分です。 のし袋の紅白の水引には蝶結びと結び切りの2種類ありますが、 七五三のような何度あっても喜ばしいことに関しては、結び直すことができる蝶結びのデザインを選びます。 神前結婚式の際の初穂料の場合には、水引きが紅白の結び切りのものを使います。 のし袋や封筒の書き方 水引を境にして筆ペンなどで上段に「御初穂料」と書きます。 下段には、ご祈祷・ご祈願を受ける人の名前をフルネームで書きます。 お宮参りや七五三などの場合、祝詞をあげていただく子どもの名前を書きます。 読み方が難しい場合には、名前にふりがなをふっても良いでしょう。 中袋の書き方 中袋には表面に金額を漢数字で記入します。 裏面にご祈祷・ご祈願を受ける人の住所、名前を記入します。 お金の包み方 お札は出来れば新札を用意します。 上述したように、用意できない場合は、なるべくきれいなものを選んでくださいね。 神さまにお供えする稲穂の代わりとしてのお金ですから、シワシワのお札や汚れたお札はNGです。 お札には表と裏があります。 人物がある方が表、人物がない方が裏です。 人物が印刷されている表面を表にして中袋に入れ、 中袋の表面が表になるようにのし袋に入れます。 のし袋が封筒タイプでない場合、上下で重なる部分ができますが、先に上を折りそのあと下を折って水引で止めるようにしましょう。 初穂料の渡し方 神社には「社務所」と呼ばれる事務所があります。 社務所で声がけして、受付の方に 「本日は宜しくお願いします」 と初穂料を渡します。 神社のご祈祷で渡す初穂料のまとめ 初穂料は神さまにお供えするお金のこと。 初穂料は神社で執り行う殆どの祭事で使えますが、神道式のお葬式の時には玉串料を使います。 のし袋や封筒の書き方は、地方によって異なることもあります。 初穂料の納め方や金額などでわからない場合は、直接ご祈祷をお願いしたい神社に確認すると丁寧に案内してくれますよ。

次の

初穂料ってなに?いまさら聞けないお宮参りのお金の準備

初穂 料 封筒

神社へご祈祷などをお願いするときの初穂料には、どんな意味があるのでしょうか? 初穂とはその年の最初に収穫した稲穂(お米)のことです。 もともと日本では、神様へ初めての稲穂をお供えして豊作と自然の恵みに感謝する習慣があります。 その習慣が現在では、お米などの初物をお供えできない人々もいるため、お米などの代わりにお金をお供えするようになりました。 神様へお供えする初穂の代わりにお金を渡すことも、感謝の意味として使われているため初穂料と呼ぶようになりました。 また、初穂料は、感謝の気持ちを表すほとんどの祭事に使用することができます。 しかし、神葬祭などの神道のお葬式では、感謝の気持ちを表す初穂料には不向きとなっていますので使うことはできません。 初穂料を使う場面として以下のようなものが挙げられます。 お守りやお札(おふだ)を授かる時 安全祈願・交通安全・家内安全・開運・健康長寿・合格祈願・縁結びなど• 祈願・祈祷・厄祓いの謝礼 商売繁盛・社運隆盛・厄除け・安全祈願など• お宮参り・七五三などの謝礼• 神前結婚式の謝礼• 地鎮祭・竣工式などの謝礼 初穂料と玉串料の違い 神社へお供えするお金のことを、一般的には初穂料または玉串料(たまぐしりょう)といいます。 どちらも神様にお供えするお金のことですが、この2つの違いは何でしょうか? 玉串とは、榊の枝に紙垂や木綿を付けたものになります。 榊は神様の依り代として降りてこられる木のことで、神式の儀式に使われています。 神様の依り代である玉串を準備できない代わりに、神様へお金をお供えするようになったといわれています。 玉串料も、 玉串を直接神様へ捧げる代わりにお金を捧げるようになったため、玉串料と呼ぶようになりました。 また、玉串料も初穂料と同じように、初穂や玉串の代わりにお供えするお金のことです。 玉串料は神様への直接の捧げものという意味があり、お守りやお札を授かるときには使用されません。 また、神道でのお葬儀に関しては、感謝の意味がある初穂料ではなく玉串料が使われます。 神社へ渡すのし袋の種類と選び方• 交通安全祈願• 厄除祈願• 安産祈願• お宮参り• 地鎮祭• 七五三 また、神前結婚式の場合にお渡しするのし袋には注意しましょう。 神前結婚式の場合であるのし袋には、水引が紅白で結び切りを選ぶようにします。 結び切りには結んだらほどけないという意味があり、結婚式は二度と繰り返してはいけないという思いが込められています。 神葬祭や式年祭ののし袋 次に、神葬式や式年祭でお渡しするのし袋の選び方についてみてみましょう。 神葬祭とは神道のお葬式になります。 また、式年祭とは、百日祭以降の一年祭・三年祭・五年祭といったものです。 のし袋には、仏式用である蓮の花がついているものは選ばないように注意してください。 不祝儀用である水引が黒白色か双銀が一般的になります。 以下は祭儀別の一般的な水引きの色になりますが、地域によって水引の色には決まりがあるので確認が必要です。 1人の場合 フルネームで書き、字の大きさは上段に書いた名目より若干小さく書きます。 2人の場合 夫婦の場合は世帯主を中央にフルネームで書き、少し小さく左側に妻の名前を書きます。 連名の場合は、上下関係がある場合は右側から上になる方から書きます。 また同格の人の場合は50音順に書きます。 3名の連名の場合までは同じです。 4名以上の場合 4名以上になる場合は連名で書かないのが一般的です。 中央に代表者の名前をフルネームで書き、左側に小さめに「外一同」と書きます。 会社の名入りの場合 代表者を中央にフルネームで書き、右側に小さめに会社名を、連名の場合に左側に「外一同」と書きます。 神社へ渡す初穂料の相場• 七五三 初穂料の子ども1人の相場は、5千円~1万円です。 兄弟姉妹で一緒におこなう場合の相場は、2人で8千円~、3人で1万円~です。 兄弟姉妹の金額設定がない場合もありますので、神社には事前に問い合わせましょう。 お宮参り 初穂料の相場は、5千円~1万円です。 ご祈祷 初穂料の相場は、5千円~1万円です。 祈願 御祈願の種類には商売繁盛・安産・学業成就などがあります。 初穂料の個人の相場は5千円~1万円です。 また、法人や会社の相場は2万円~です。 秋祭り 神社へ対しての奉納の相場は、1千円~1万円です。 お祭りの詰め所へ祝儀を贈る相場は、1千円~5千円です。 御輿への祝儀を贈る相場は、3千円~1万円です。 神葬祭 お玉串料(参列者)の相場は以下のようになります。 祖父母の場合 1万円~3万円 両親の場合 5万円~10万円 兄弟姉妹 3万円~5万円 叔父叔母 1万円~3万円 親戚等 5千円~2万円 友人知人 5千円~1万円 近所の方など 3千円~5千円 職場関係など 3千円~1万円 お祭祀料(神職への謝礼)の相場は30万~50万です。 他に用意するものとして、お車代(5千~1万円)や御膳料(5千~1万円)があります。 お供え物につけるのし袋(紙)の書き方 神社で神様へお供えする食べ物を 神饌(しんせん)といいます。 神饌とは、海・川・野で摂れる季節のものであり、種類は米・酒・餅・魚・卵・海藻・野菜・果物・菓子・塩・水になっています。 神様へのお供えする食べ物は、上の示した順に大切な神饌として扱われます。 また、神社へのお供え物は、お渡しするときにのし紙をかけます。 のし紙とは、かけ紙にのし・水引・表書きを印刷した紙のことになります。 現物の場合 神社に感謝の気持ちを添えてお供えをすることを奉納といい、その品には、 お米やお酒または季節の果物などの神饌にあたるものを奉納することもあります。 お供えものとして、香りの強い野菜(ニンニク・ネギ)などは避けたほうがよいとされています。 また、奉納するときのお供え物には、のし紙をかけてお渡します。 のし紙と表書きは以下のようになります。 初穂料は、神様へお供えするお米の代わりになるお金にすることで感謝の意味が込められている。 玉串料は、玉串を神様へ捧げる代わりに直接捧げたお金のことをいう。 玉串料も初穂料と同じように、初穂や玉串の代わりにお供えするお金のことである。 玉串料では神様への直接の捧げものという意味があるため、お守りやお札を授かるときには使用しない。 神道でのお葬儀については、感謝の意味がある初穂料ではなく玉串料が使われる。 一般的な祭事に使うのし袋は、水引が赤白の蝶結びを選ぶようにする。 神前結婚式は、のし袋に水引が赤白の結び切りを選ぶように注意する。 神葬祭の場合、蓮の花がついていないもので、水引の色は黒白色か双銀が一般的である。 一般的な祭事にお渡しするのし袋の表書きには、御初穂料・御礼・御玉串料になる。 神葬祭にお渡しするのし袋の表書きには、お渡しする方によって表書きを変える必要がある。 一般的な祭事にお渡しする初穂料の相場は5千円~1万円になっている。 神社への現物やお酒のお供え物には、お渡しするときにのし紙をかける。 神社に感謝の気持ちを添えてお供えをすることを奉納という。 のし紙には水引が紅白の蝶結び、表書きは、奉納・奉献とするのが一般的である。 神社へお渡しする初穂料を入れるのし袋のマナーについて、ご理解いただけたのではないでしょうか。 「終活ねっと」では、神社についてたくさんの記事を掲載していますので、ぜひあわせてご覧になってください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の