急変 看護 本。 書店員オススメ!新人ナース向け「看護の本」ランキング大発表

楽天ブックス: ゼロからわかる救急・急変看護

急変 看護 本

心肺蘇生法の一次救命処置(BLS)と二次救命処置(ACLS)とは 救急外来に運ばれてくる患者さまも、家族や通りがかりの一般の方にBLS(一次救命処置)を施され、一命をとりとめられるケースが多くなっているように感じます。 「救命の連鎖」という言葉をご存知でしょうか。 急変時対応は、途切れることなく救命処置を行って、命を救う!という意味です。 看護師は医療者として、的確な急変対応を行う義務があります。 たとえば、患者さんの意識が無く、循環停止の疑いがある場合、すぐに救命処置を始めますね。 この場合は、 心停止とみなして直ちに救命処置を開始する必要があります。 心停止発見時から、 AED(自動体外式除細動器)以外の医療器具を使わずに実施する救命処置を 一時救命処置(BLS)と言います。 気管内挿管、輸液ライン確保を含む医療行為を伴う救命処置を 二次救命処置(ACLS)と言います。 それぞれの頭文字をとって、施工する順番に並べると、ABCになります。 急変、心停止を発見した場合、気道確保、人工呼吸、心臓マッサージの順で行うことが常識でした。 今も、その順番で実施するべきと思い込んでいる方もいます。 心停止の方を発見したら、まずAの気道確保! ではない! 今は、 Cの胸骨圧迫から開始することになっています。 ABCは CABに変わっているのです。 ちなみに心臓マッサージという言葉も今は使われなくなり、胸骨圧迫という言葉に変更されています。 心停止時、脳に血液循環を保つためには「心臓をもむ」だけでは不可能です。 介助者がかなりの体重をかけて両手で胸骨を圧迫する必要があります。 一般の方に誤解されないよう、名称が変わりました。 AHA(アメリカ心臓協会)の心肺蘇生法ガイドラインは、救命処置のエビデンスを集積し、更新され続けています。 もしも人が倒れたら、命を救うためにどう動くか 救急対応、急変発見時の一時救命処置の流れ、CABを具体的に解説していきましょう。 看護師である山田さん、休日に自宅でくつろいでいると、同居している祖父が急に胸を押さえて倒れこんでしまいました。 自宅には、自分と倒れた祖父の2人しかいない状態です。 周りに他の人がいる場合は、大声で助けを呼び、救急車を呼んでもらいます。 AED装着後は、自動解析の音声に従って救命処置を続行します。 心肺蘇生時に最も大切なことは 「絶え間ない胸骨圧迫、絶え間ない循環確保」です。 気道確保、呼吸の補助は最優先ではありません。 脳をはじめとする重要な臓器に、血液を循環させ続けることが、心肺蘇生の絶対条件と言われています。 意識が無い、体動が無い人を発見したら、応援を呼ぶこと。 素早く胸骨圧迫を開始し、継続することが大切です。 院内での急変発見時も同じです。 すぐに応援を呼ぶとともに、救急カート、AED、除細動付きモニターなどの物品を持ってきてもらうよう指示します。 気道確保、補助換気(バックバルブマスク使用や挿管)よりも、 胸骨圧迫を優先して開始しましょう。 救急対応のエビデンスは進化し、変わり続ける 看護師を続ける以上、常に新たな知識を取り入れ、勉強が必要です。 以前習った看護技術や処置方法がずっと正しいことはありません。 研究が重ねられ、エビデンスが構築され新しい理論や方法へと変化していくからです。 救急対応のエビデンスも同様で 急変のABCも古い知識になってしまいました。 これらの変化は 「どうすれば救命率が上がるか」「今までよりももっと良い技術を生み出そう」とする、医療者のたゆまぬ努力が生んだ結果です。 看護師がBLS・ACLSは講義と実技でマスターする方法は BLS・ACLSをマスターするためには、理論と実技両面からの教育を受けることが必要になってきます。 心肺蘇生法を身につけるには、経験と現場教育だけでは難しいのが現状です。 看護師はどこでBLS・ACLSの教育を受ければ良いのでしょうか? しっかりと研修させてくれる病院はあるのでしょうか? 看護師がBLS、ACLSをマスターする方法について解説していきます。 救急看護認定看護師が院内研修してくれる病院 一番のおすすめは、 救急看護認定看護師やが、勉強会を開催してくれる病院で働くことです。 わざわざ自分の休みを使って、遠くまで出かける必要がありませんし、何より費用がかかりません。 分からないことがあればすぐに質問できます。 大学病院、国公立病院など規模の大きい病院は、BLS・ACLSの院内研修が活発に行われているようです。 中小規模でも、 熱心な救急看護認定看護師が活躍している病院、施設では教育が行われています。 身近な存在の、救急看護認定看護師に教えてもらうことができれば、あらゆる急変に対応できるベテラン看護師になれそうですね。 BLS研修にはAEDの正しい使用方法も含まれていますので、院内だけではなく、街中や家庭での救命処置にも役立つでしょう。 ACLS協会が開催する研修会を受講する 日本ACLS協会が開催している、 BLS・ACLS研修を受講すると、受講証明が発行され、一定の技能を保証されます。 分かりやすい講義と、模型を使った心肺蘇生法の実施で、急変時の対応を学ぶことができます。 講義日程は、BLSが1日、ACLSが2日という所が多いです。 ACLS研修の受講は、BLSをマスターしていることが条件になってきます。 費用は、ばらつきがありますが、 やや高額でACLS2日コースは3万円以上かかるところが多いです。 救急看護認定看護師がいる病院で働くメリットとは 救急看護認定看護師が活躍している病院で働く最大のメリットは、教えてもらえること、でしょう。 急変が起こったらどうしよう• 急変対応のやり方が間違っていなかったか• 救急物品で不足しているものはないか• どこで救急対応について勉強すれば良いか• 急変に対応できる技術をマスターしたい 救急看護認定看護師の大きな使命は「教育」。 これらの不安、疑問を抱えている現場看護師の話を聞き、教育することも仕事なのです。 一人一人の看護師が、 現場レベルで最善の急変対応ができる力を着ければ、救命率はグッと向上することでしょう。 救急看護認定看護師になりたい人へのアドバイス 救急看護認定看護師に教えてもらうだけでは足りない。 自分が救急看護認定看護師になって活躍したい・病院や患者さんの役に立ちたい!!! と思った看護師さん、ぜひ、認定看護師になることに挑戦してもらいたいと思います。 とはいえ、認定看護師への道のり平坦ではありません。 救急現場で一定の経験を積むことが要件ですし、養成学校の募集人数が少なく、狭き門となっています。 養成学校通学中は仕事を休むのか辞めるのかが問題になってきますし、学費や通学中の生活費の心配もあります。 働きながら救急現場で経験を積めること、認定看護師への道を支援してくれることを約束してくれる病院に就職することが、夢への第一歩だと思います。 「救急現場で経験を積みたいと思って就職したのに、直ぐに慢性期病棟へ異動を命じられた。 」とか、 「養成学校に進学するなら休職扱いで給与は出さない、と言われた。 」等、こんなバズじゃなかったのに、ということにならないようにしたいものです。 さいごに この記事は、 急変のABCはもう古い!!! と少々刺激的なタイトルでびっくりされた看護師さんもおられると思います。 言いたいことは3点です。 救急のエビデンスは日々進化している• 救急看護認定看護師の活躍する病院で働くとメリットがある• 救急看護認定看護師になりたい人は病院選びを慎重に ということです。 少しでも参考になれば幸いです。 なお、BLS・ACLSの考え方について詳しく知りたい方は、各ホームページを参考にしてください。

次の

楽天ブックス: ゼロからわかる救急・急変看護

急変 看護 本

〜目次〜 1章 救急看護って何? どうする? 、3章 まるっとわかる! 救急ナースのキホン技術、4章 これだけはゼッタイおさえる! くすりの知識 救急看護は急変対応や様々な症状の患者さんの看護を行いますが、看護を行うためには 疾患の知識などの基本知識が必要になります。 こん本では救急看護の基本から症状別の観察項目のポイント、救急看護で必要な看護スキルなど、 救急看護に必要な内容が紹介されています。 新人看護師のひとり立ちレベルの内容が中心になっているので、 チェックリストで自分がどのレベルにいるのかが確認できます。 救急看護の必要な看護スキルや基本的な知識を1から勉強したいと考えている新人看護師にオススメです。 救急看護の急変時の対応の流れを勉強したい看護師にオススメ 〜目次〜 1. 救急・急変看護のキホン、2. 一目でわかる! 症状別対応フロー、3. 一目でわかる! 外傷別対応フロー 救命救急の現場では、患者さんの急変時の対応なども行いますが、実際に急変の場面に遭遇した時に何をすれば良いか分からないという人もいると思います。 急変時の対応は経験によって慣れが必要な部分もありますが、 行動の前に正しい知識も必要になります。 この本では 急変時の対応がチャート式で紹介されているので、どのような流れで対応することが良いのかなどの看護のポイントが一目で分かる内容になっています。 症状別に紹介されているので、 急変時の対応をイメージしやすく臨床で活かせる知識を身につけることができます。 これから救急看護で働くという新人看護師の入門書としてもオススメです。 急変時の心肺蘇生などの対応を勉強したい看護師にオススメ 〜目次〜 1. 心肺蘇生法:一次救命処置(成人編)、3. 心肺蘇生法:一次救命処置(小児編)、 4. 心肺停止患者への対応に必要な知識と看護 救急救命では重症の患者さんや急変時などに心肺蘇生などの処置を行うことがあります。 頭では分かっていても、 いざその場面に遭遇してしまうとパニックになってしまい動けないという人も多いと思います。 この本では 心肺蘇生の処置の動きなどが写真でコマ送りで紹介されているので、細かいポイントまで分かりやすいので、自己学習や復習などにピッタリです。 また、写真だけでなく付属のDVDに一連の流れが収録されているので、 動画で確認しながら覚えることができます。 救急救命に必要なスキルを身につけるために 救急救命は様々な症状や病状の患者さんと関わることが多いので、幅広い知識を持って対応することが求められます。 また急変時には心肺蘇生などの処置も行わなければならないため、すぐに対応できるよう勉強しておく必要があるのです。 救急救命に必要なスキルを身に付けたいと考えている人は、今回紹介した救命救急の必要なスキルが身につく参考書の3冊を参考にしてみてください。 関連記事(PR含む).

次の

急変対応の流れを理解して急変に強くなろう!急変に結びつく兆候を予測するには?

急変 看護 本

Vol. 4 看護の学びなおし 急変対応 いらっしゃいませ。 ご自由にご覧ください。 (せっせとペンを動かしながら) カウンターで熱心に何をやっているのかって? ポップを書いてるんです。 この本、売りたいんですよ。 『看護の学びなおし 急変対応』(照林社) いい本です。 最近出たばっかりの本で、応援したいんですよね。 新人もベテランも「学び直す」のコンセプト 看護師を続けていく限り、目の前で急に状態が悪くなった患者さんに、その場ですぐに対応しなければいけない場面が必ずあります。 患者の急変に備えて何を覚え、 何を身につけておかなければいけないか。 看護師なら誰もが看護学校や現場で必ず教わっているのですけれど、いざ実際の場面に遭遇すると、なかなか具体的に動けるものではなく、 知識や技術の足りなさを痛感することもあります。 だから「学びなおす」。 新人も、そしてベテランもね。 このコンセプト好きです。 看護師のニーズに合ってる。 というか、「ニーズがあることに気づかせられる」タイトルです。 何度か読みました。 いい本だなあという気持ちが、しみじみと湧き出てきます。 「急変予測」、つまりや診断に関する部分からスタートして、 肝心の 「初期対応」の技術は、イラストや写真が豊富で要点がわかりやすいです。 患者急変時の 「記録」の方法について、 さらには 「患者の家族に対する援助」(家族は不安ですよね)について……。 とても具体的で、何より、「現場感」がすばらしい。 ぜひ、お客様にもこの気持ちをおすそわけしたいなあと思いました。 目に留めて、本を手に取っていただきたい。 そこでポップを書くことにしたというわけです。 「急変が不安ならまかせて!」 「ポップって何?」……あ、失礼しました。 これのことです。 ご存じでしょう。 そうです、要は本の「宣伝」ですよ。 宣伝ですから、出版社の営業の人が、見栄えよく印刷したやつを書店に届けてくれることもありますが、近頃はかなりの量のポップが、書店員によって書かれています。 手書きのポップ、見たことありませんか。 私、ほかの本屋に行ってポップを見るのが好きなんです。 本を売る側が、本をきちんと読んで、 「この内容だったらこういう人に読んでほしい」っていうメッセージを読者目線で書き留めているのを見ると、なんだかぐっと来ます。 手書きのポップには、売る側の都合じゃなくて、買う側の気持ちが書いてあるからかなあ。 じゃあ売る側の気持ちはどこに書いてあるかというと、それは「帯」ですね。 この『学びなおし』の帯はすごくいいんです。 「作り手が推したいポイント」がとてもよくわかる。 『「なんとなく…わかっている」「できているつもり…」で乗り切れますか?』 『ICU経験25年の先輩ナースが書いた』 的確な売り文句です。 「急変対応に不安がある? だったら、安心してまかせてよ!」っていうメッセージ。 本を書いた側や、本を売る側からの、まっすぐな自己紹介。 これこそ帯です。 これだけ立派な帯があるのだったら、もう「売る側の自己紹介」は十分かなーとも思うのです。 だから、例えば私のような書店員は、代わりに、読む側に回る。 読んで実際に思ったことを素直にポップにする。 それを本の横に置いておけば……。 本屋に来た看護師にとっては、 帯とポップがそれぞれ、売る側と読む側の気持ちを語ってくれる、みたいなことになると思うんですよね。 よおし、ポップを書くぞお さあ、何を書こう。 まず、 「読んでいて嫌な気持ちにならない」。 教科書ってどこか上から目線で、「これくらい知っとけよ」「これ知らないとやばいぞ」みたいな雰囲気を感じるものだけれど、この本は執筆者の性格なのか、 「ここは忘れがちですよね」 「ここをまとめておくと、いざというときに便利ですよ」 みたいな、現場で働く人にとっての優しさがちりばめられています。 読んでいて優しい気持ちになる。 次に、 「読んでいて眠くならない」(笑)。 デザインの勝利ですかねえ。 読んで得られる知識のボリュームは多いんですけれど、文章量がそれぞれ短くて、図版が的確で、まとめの仕方がうまい。 専門書の長文って疲れているときに読むと腹立ちますけれど、そういうイライラを感じない。 さらに、 「現場の事情をよくわかった人が書いている」。 「ハイムリック法」は、知識としては持っておくけれど、現場で使う場面はあまりない、みたいなこともスッと書いてあってフフッってなります。 あと、「学びなおし」っていうくらいだから、 若手があらためて学ぶのに役に立つ本なんですけれど、実はエース級の看護師の大事な課題である「チームで医療をやること」について、かなり真剣に書いてあって……。 だめだ、ポップに入りきらない、どうしよう、私は絵があまり得意じゃないんですよ、困ったな、こんな細かい字でギッチリ詰めこんだポップ、お客さん、引くかなあ……。 あ、楽しそうに見えますか? よく言われます。

次の