横浜 駅 皮膚 科。 横浜駅周辺の皮膚科10選!土曜や日曜、夜間診療、女医がいる皮膚科はどこ?

横浜駅徒歩5分の【滝沢皮膚科】

横浜 駅 皮膚 科

日本皮膚科学会の 認定専門医であれば、なお信頼できるかもしれません。 以下は、本サイトで掲載している横浜でおすすめの皮膚科専門医の一部です。 そんなクリニックには、信頼を寄せる多くの患者が訪れているはずです。 患者の話や、希望をきちんと聞いてくれるか。 スキンケア指導をしてくれるか。 塗り薬を患部の状態に合わせ、数種類処方してくれるか。 薬の使用法に関するきちんとした説明または実演があるか。 本サイトは、横浜でおすすめの皮膚科情報を選びやすくまとめています。 皮膚科へ訪れたい理由は、人によってさまざま。 本サイトの情報を上手に使って、より良いクリニック選びにお役立てください。 口コミ評判が高く、 経験豊富な医師が在籍しているクリニックの情報を、厳選紹介します。 皮膚科選びのチェックポイント 本サイトで横浜の皮膚科クリニック情報を調べたら、ぜひ実際に足を運んでみましょう。 その際、以下の点に留意してください。 いかがでしょうか?上記を満たす医師やクリニックなら、安心です。 皮膚科への通院は、長期間に及ぶ場合もあります。 はじめにしっかりとチェックして、 信頼できるクリニックを選んでください。 【西区】滝沢皮膚科 クリニック概要 滝沢皮膚科は、横浜駅の西口から徒歩5分の利便性の高い場所にあります。 的確な診断と、丁寧な対応は地元でも評判で、皮膚のトラブルがある方が多く訪れています。 診療項目は、アトピーや水虫、ニキビなど幅広く対応していますが、待ち時間が長いのがデメリット。 予約が取れないので、数時間待つこともあるようです。 時間に余裕があるときに行くのがオススメ。 適切な飲み薬や塗り薬を処方してもらえるので、治りも早いと評判です。 重症の場合は、皮膚科専門医(病院・診療所)を紹介してもらえるので安心。 医師の紹介(資格や経歴など) 滝沢清宏院長は、昭和41年3月に東京大学医学部を卒業し、2年間東京大学医学部付属病院で無給インターンとして研修を受けていました。 昭和43年5月に医師免許を取得し、いくつかの病院で経験を積み、昭和56年2月に滝沢皮膚科を開院しました。 クリニックでは時短のために公式HPから問診票をダウンロードし、プリントしたものに記入をして持参することができます。 小さいお子さんがいる方にも嬉しいサービスですね。 また、男性型脱毛や、しみとり・ニキビ治療・くすみ改善などにも対応しています。 医師の紹介(資格や経歴など) 菅原信院長は、昭和46年に慶應義塾大学医学部を卒業し、同医学部皮膚科学教室に入室しました。 その後、昭和54年にけいゆう病院皮膚科部長就任、平成12年慶應大学医学部客員助教授となり、平成18年にけいゆう病院を退職し、菅原皮膚科クリニックを開院しました。 ステロイドを使わない治療法を採用しているので、アトピーがあり、「ステロイドはなるべく使いたくない」と思ってる人にもオススメ。 その他にも、乳幼児の皮膚トラブルや一般的な皮膚トラブルにも対応しています。 ステロイドは使わず、抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤の内服などで治療を行っていきます。 医師の紹介(資格や経歴など) 院長は、1970年に医学博士を取得し、翌年に慈恵医科大学皮膚科に入局しています。 1974年には吉沢皮膚科を開設し、多くの方の皮膚トラブルを治してきました。 ステロイドを使用しない治療方針で、公式HPにはステロイドを長期間使い続けた場合のリスクについて詳しくまとめています。 女性の先生なので、言いにくい相談などもしやすいでしょう。 また、エステサロンも併設しているので、肌のトラブルを治療しながら美肌になれるという一石二鳥のクリニック。 皮膚科のスペシャリストが、肌トラブルを解決してくれるでしょう。 医師の紹介(資格や経歴など) 院長は、平成元年に東京女子医大医学部を卒業し、同大学付属病院皮膚科に入局しました。 平成6年には、皮膚科専門医となり「シミ」の研究を行い学位を取得した実績があります。 平成13年にえみ子皮膚科クリニックを開院し、約20年にわたって多くの肌トラブルを解決しています。 女性スタッフが多い皮膚科で、患者さんへの丁寧な対応や気も細やかな気配りなど、口コミでも評判でした。 特にニキビ治療はケミカルピーリングやビタミンCイオン導入を2週間に1回4~6回繰り返し、効果的に治療していきます。 医師の紹介(資格や経歴など) 水野 淳子院長は、昭和51年に国立弘前大学医学部を卒業。 横浜市大皮膚科で経験を積み、昭和58年に上大岡ヒフ科を開設しました。 平成4年には日本皮膚科学会皮膚科専門医資格を取得しています。 まず一番に「長津田皮膚科へ行ってみよう」と思ってもらえるような病院したいという考えのもと、一人ひとりに合わせた適切な治療を行っています。 病院は2014年に開業したばかりなので清潔感があり、パウダールームもあるので女性にも嬉しいですね。 また、紫外線の皮膚トラブルも最新の設備で治療していきます。 医師の紹介(資格や経歴など) 谷口友則院長は、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医の資格を持っており、日本皮膚科学会、日本臨床皮膚科医会、神奈川県皮膚科医会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会に所属しています。 長津田駅西口から徒歩1分という利便性の高さも、人気の理由。 経験豊富な医師と専門医の質の高い診療は、「治るのが早い!」と評判です。 毎週木曜日午後は、皮ふ科専門医が診療を行うので、より専門的な治療が受けられます。 医師の紹介(資格や経歴など) 水野千鶴院長は、平成12年に横浜市立大学医学部を卒業し、横浜市大付属病院市民総合医療センターや国立病院機構横浜医療センター、横浜市民病院消化器外科、横浜掖済会病院など、豊富な経験を積んでいます。 土曜日は午前・午後とも営業しているので、「平日はなかなか時間が取れない」という方も通いやすいですね。 一般的な皮膚トラブルの場合は、楠クリニック。 美容皮膚科を目的とするなら高野クリニックという感じで使い分けると良いかもしれません。 高野クリニックは、楠クリニックが入っているエクセルビルの3階にあります。 医師の紹介(資格や経歴など) 楠クリニックは高野奈都子医師と山添真治医師(臨床検査医師)の2人で診ているようです。 詳しい資格や経歴などについては、特に記載がありませんでした。 また、問診票を事前に自宅で印刷・記入することができるので、小さいお子さんがいる方にも喜ばれているようです。 また、ニキビ治療や、男性型脱毛症など、男性ならではの症状についても効果的な治療を行っているので、男性患者も多く通院しています。 医師の紹介(資格や経歴など) 赤井惠子院長は、1988年に帝京大学医学部を卒業し、帝京大学形成外科学教室や帝京大学形成外科学教室に入局をしています。 1990年には、基幹病院にて形成外科、皮膚科の臨床治療に携わるなど、皮膚トラブルのプロフェッショナルとも言える人です。 2009年に赤井スキンケアクリニックの院長として、診療を行っています。 日本東洋医学会漢方専門医の資格を持った医師が、一人ひとりに合わせた方法で治療していきます。 医師の紹介(資格や経歴など) 萬谷 直樹院長は、1990年に富山医科薬科大学医学部を卒業し、和漢診療学講座(寺澤捷年教授)に入局後、2000年に医学博士を取得。 その後、富山医科薬科大学和漢診療部の助手や群馬大学医学部統合和漢診療学講座の講師として実績を積み、2004年にベイサイドクリニック院長に就任しました。 一般的な皮膚トラブルに対応していますが、陰部ヘルペスや梅毒などの陰部の皮膚疾患や男性型脱毛症(AGA)の治療も可能です。 医師の紹介(資格や経歴など) 鳥居 毅院長は、昭和59年に昭和大学医学部を卒業し、昭和大学病院泌尿器科や総合高津中央病院泌尿器科、昭和大学病院泌尿器科、都立広尾病院泌尿器科など、数多くの病院で経験を積んでいます。 平成11年に鳥居クリニックを開院し、数多くの患者さんの治療を行っています。 一人ひとりに合わせた治療を行っており、親しみやすく、患者さん自身が通うのが楽しくなるようなクリニック作りを心掛けています。 医師の紹介(資格や経歴など) 小林幸子院長は、平成16年に獨協医科大学を卒業し、平成23年に横浜マリアクリニックを開設しました。 日本皮膚科学会会員、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員の資格を持った皮膚トラブルやアンチエイジングのプロフェッショナルです。 また、品川ニキビクリニックは自由診療のため、健康保険は適用外。 その点には注意しましょう。 また、クリニック名にある通り、ニキビやニキビ跡など、ニキビ治療を得意としたクリニックなので、他院では治らなかった、市販薬で治していたけど皮膚科に行くことを決めたと言う人は、品川ニキビクリニックがオススメ。 医師の紹介(資格や経歴など) 方波見 有貴院長は、2013年に獨協医科大学医学部医学科を卒業し、東京都健康長寿医療センターや東京逓信病院勤務で豊富な経験を積んでいます。 2019年にアクネスタジオ横浜院の院長に就任し、翌年には品川ニキビクリニック横浜員の院長に就任しています。 高級感漂うエントランスは、皮膚科とは思えない雰囲気。 パウダールームも完備されているので、施術や治療後にメイクができるのは嬉しいですね。 特に人気なのは、「美肌アモーレ」「プチ整形(ヒアルロン酸注入法)」「アンチエイジング」です。 医師の紹介(資格や経歴など) 石内直樹院長は、1991年に鹿児島大学医学部を卒業し、日本医科大学や都立府中病院、白十字総合病院などで、技術を磨いてきました。 2001年には、品川美容外科に入職し、横浜院には2019年に院長の座についています。 高野クリニックは、カウンセリングを重視しているので、小さな悩みや疑問・不安だけでなく、ライフスタイルや価値観などを聞いて、一人ひとりに合った治療法を提案していきます。 その名も「Dr. Natsuko 神肌プログラム」です。 プレミアムコースや、スペシャルコースなど、様々なコースの中から、一人ひとりに合ったものを選んで美肌に導いていきます。 医師の紹介(資格や経歴など) 高野奈都子院長は、北里大学医学部を卒業後、予防医学について研究し、医学部講師として勤務していました。 2000年7月に横浜で高野クリニックメディカルスキンラボを開院し、多くの方の「美容」のサポートをしてきました。 診療日数が1週間に3日だけと少なく、休診日のほうが多いので、クリニックに行く際は、事前に営業しているか確認しておくことをオススメします。 産婦人科では、分娩はできないものの更年期障害や月経異常、不妊症、漢方治療などに対応しています。 また、内科では風邪をはじめ、高血圧や、糖尿病などの生活習慣病の治療にも対応しているので、ホームドクターとして利用している方も多くいます。 医師の紹介(資格や経歴など) 木村知夫院長は、東京慈恵会医科大学を卒業後、同産婦人科学教室に入局し、東京都がん検診センターや富士市立中央病院で、実績を上げていきました。 日本産科婦人科学会の会員、日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医でもあるので、一般的な婦人科疾患を得意としています。 また、院長は大学病院で医局長を務めた経験もあり、豊富な経験と技術力で、治療を行います。 医師の紹介(資格や経歴など) 小野田雅仁院長は、平成10年に広島大学医学部を卒業し、横浜市立大学皮膚科に入局しました。 その後、横浜市立市民病院皮膚科や横浜市立大学附属病院、都立駒込病院アレルギー膠原病科などで技術を磨き、平成24年におのだ皮膚科を開院しました。 美容整形や美容皮膚科として患者様の希望に合わせた治療や施術を行っています。 城本クリニックでは、時間をかけて丁寧にカウンセリングを行っているので、初めての方でも安心と言う声も多いです。 美容に特化した皮膚科なので、最新設備や高度な技術で、理想的な肌に導いてくれます。 公式ホームページには、実際に施術を受けた方のビフォーアフターの写真が掲載されているので、気になる方はチェックしてみましょう。 医師の紹介(資格や経歴など) 内川晶氏院長は1998年に埼玉医科大学医学部形成外科を卒業し、美容外科専門クリニックで務めました。 2004年に城本クリニックの院長となり、様々な患者さんの希望に合った治療や施術を行っています。 「効果的な治療で早く治したい!」という方に選ばれています。 また、皮膚に関係するすべての疾患を扱っているので、「他の皮膚科では治らなかった…」という方は、一度横浜第一病院に足を運んでみましょう。 ただし、横浜第一病院の皮膚科は毎日医師が在籍しているわけではないので、注意が必要です。 医師の紹介(資格や経歴など) 医師の詳しい情報については、ホームページに掲載されていませんでした。 ただ、月曜と木曜の診察は、それぞれ別の女性の医師が担当してくれるので、男性医師には言いにくい悩みも相談しやすいと思います。 ただし、ペインクリニック、美容関係、レーザー、巻き爪のワイヤーの治療は行っていないので、これらの治療を求めている方は別のクリニックを受診しましょう。 医師の紹介(資格や経歴など) 医師の詳しい資格や経歴などについては、ホームページに記載されていませんでしたが、担当医師は、蒲原毅科長(部長)、中尾恵美医師、平松功太郎医師、井上舞専攻医の4人体制で治療を行っています。 小さいお子さんからご年配の方まで、幅広い世代の治療を行っています。 同じフロアには内科や、眼科、歯科があるので、1つの場所で様々な治療ができるのも嬉しいポイント。 特にアトピー性皮膚炎の治療に力を入れており、薬の塗り方、入浴時の洗い方なども丁寧に説明してくれます。 医師の紹介(資格や経歴など) 江川ゆり院長は、1987年に日本医科大学医学部を卒業し、同大学付属病院で豊富な診療経験を積みました。 同大学武蔵小杉病院医局長でさらに腕を磨いたのち、父の「横浜相鉄ビル皮膚泌尿器科医院」を継承しました。 しかし早期治療を開始することで、症状の悪化を防げることも多々あります。 以下に病名別の症状例を紹介しますので、要注目。 【アトピー性皮膚炎】強いかゆみを伴う湿疹が1ヶ月以上続く。 市販薬では治癒せず、肌を掻きむしってしまう。 皮膚科専門医で 適切な治療を行わないと、いつまでも改善しないどころか、 急に悪化してしまう場合も。 【帯状疱疹】身体の片側にかゆみや痛みを伴う発疹/水ぶくれができる。 高齢者が疲れている時に発症しやすい。 皮膚科で処方可能な特効薬がある。 治療が遅れると、神経痛が長引くことがあるので、早めに受診すること。 【ニキビ】思春期の男女の顔、胸、背中にできやすい毛穴の炎症。 症状が悪化したまま放置すると後年まで残る痕になるので、早めの受診を。 【ヘルペス】口や性器の周りに痛みを伴う、水ぶくれや赤い発疹が出る。 感染源はウィルスで、人に伝染す可能性があるほか、 治療が遅れると重症化することがあるので注意が必要。 【乾癬】頭や肘、そして膝など摩擦刺激の多い箇所に、赤い発疹が多発する。 治療が遅れると全身に広がることも。 生活習慣の改善が必要になることもあるので、すぐ皮膚科に相談を。 そのほか、毛虫に触れたことで発生する皮膚炎なども、放置せず皮膚科へ受診することが必要。 またAGA(男性型脱毛症)も、皮膚科で症状改善を目指せます。 ひとりで悩まず、皮膚トラブルの専門家の門戸を叩き、1日も早い改善を目指しましょう!.

次の

横浜のおすすめ皮膚科情報まとめサイト

横浜 駅 皮膚 科

強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)、高熱などがある方は直接のご来院はされずに、 帰国者・接触者相談センター:連絡先 045-285-1015(24時間対応)にご連絡の上、 適切な医療機関のご受診をお願いいたします。 (医療従事者の方は除きます。 当院に事前にお電話(045-264-8610)していただけますようお願いいたします。 2020. 01 皮膚の病気、その悩みを改善するために すずらんの花言葉は「幸福の再来」です。 私たちの治療によって病気の悩み・苦痛が改善され、幸せが訪れることを願い「山手すずらん皮膚科クリニック」と名付けました。 当クリニックでは、アトピー性皮膚炎や乾癬などに対応した紫外線治療、レーザー治療によるシミ取りなど幅広い診療に対応しております。 医学的根拠に基づいた診断とわかりやすい説明により、患者さんの不安を和らげ治癒へ導く医療を心がけています。 京浜東北・根岸線「山手」駅から徒歩5分、地域に密着した皮膚科を目指し、土曜日の午前も診療に対応しています。 「少し皮膚の様子がおかしいので相談したい」「長く続く疾患に悩んでいて、詳しく状況を知りたい」のような皮膚に関するお悩みがあれば是非お越しください。 当クリニックは、患者さんの笑顔を手助けする皮膚科を目指し続けます。

次の

山手すずらん皮膚科クリニック|横浜市 中区の山手駅近くにある皮膚科。アトピー性皮膚炎 乾癬 シミ取りなど各皮膚疾患に対応。

横浜 駅 皮膚 科

皮膚科の関連項目 治療法 治療法の詳細な説明(料金の目安や関連リンク)を表示 10 花粉やダニによるアレルギー性鼻炎の症状を改善するための治療法。 ごく薄く薄めた治療用のエキスを注射で体内に投与することで、徐々に体をアレルゲンに慣らして免疫を付け、辛いアレルギー反応を起こさないようにさせる効果がある。 病気 病気の説明と関連する絞り込み項目を表示 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 専門外来 専門外来を設置している病院を絞り込む 、、、、 専門医 専門医が在籍している病院を絞り込む(専門医の説明も表示)• 先進医療 先進医療(厚生労働省認定の先端医療技術)を行っている病院を絞り込む 距離・駅を変更 横浜駅周辺 路線から駅を選ぶ 横浜駅• 地図から検索 診療科目から探す 内科系• 59件• 16件• 17件• 10件• 内分泌代謝科 0• 10件• 血液内科 0• 1件 外科系• 13件• 呼吸器外科 0• 乳腺科 0• 17件• 23件• 3件 皮膚科系• 皮膚科 30件• 24件 泌尿器科系• 14件 眼科系• 18件 耳鼻咽喉科系• 7件 産婦人科系• 産科 0• 5件 小児科系• 小児外科 0 感染症科系• 2件 精神科系• 18件• 15件 歯科系• 75件• 43件• 15件• 42件• 34件• 16件• 11件 その他• 救急科 0• ホスピス科 0• 70件•

次の