ラグビー 福岡堅樹 父。 福岡堅樹の大学(医学部)はどこ?医師志望で実家が歯医者!父もラガーマン

福岡堅樹の大学(医学部)はどこ?医師志望で実家が歯医者!父もラガーマン

ラグビー 福岡堅樹 父

2019年の ラグビーワールドカップで日本中を感動の渦に巻き込んだ ラグビー日本代表の選手たち。 その活躍の中心人物でもあった「 福岡堅樹」選手が、 東京五輪への出場を断念するという衝撃的なニュースが世間を駆け巡りました。 もともと、「 東京五輪出場後には医者を目指す」としていた福岡選手ですので覚悟はしていたものの、 ラグビーワールドカップでの活躍ぶりがあっただけに、皆さんもかなりショックを受けられたのではないでしょうか。 しかし、福岡選手の会見を見ると、その決意は固く、すでに、 医者の道に向けて歩み始めているのだと感じました。 そこで、気になったのが、福岡選手の実家や学歴のことでしたので、今回は、この辺りを調べてみることにしました。 ラグビーワールドカップでの大躍進の立役者「福岡堅樹」選手のプロフィール 福岡堅樹(ふくおか けんき) 生年月日:1992年9月7日 現在27歳ですので、ラグビー選手としては、まだまだ、活躍できると思いますが、医者になるとすると、確かに、急がないといけないかもしれませんね。 出身地: 福岡県古賀市 福岡市のベッドタウンとして栄えてきたそうですが、古賀氏出身に、あの 博多大吉さんがいました。 ラグビー始め: 5歳 きっかけは分かりませんでしたが、なんと、 5歳からラグビーを始めたというから驚きです! スピードスター「福岡堅樹」選手の実家やご両親とは!? 幼少から始めたラグビー ラグビー界の「 スピードスター」と呼ばれている 福岡選手。 実は、まだ、5歳の時に、「玄海ジュニアラグビークラブ」に入ってラグビーを始めたそうです。 それは、 父親である綱二郎さんも、 全国大会で2度優勝した大阪の名門校「 天王寺高校」でラグビーを経験していたことが影響しているようですね。 ちなみに、「 天王寺高校」は、進学校としても有名な学校ですので、 お父さんが歯科医師であるのもうなずけますね。 そのお父さんは、現在、福岡市内で歯科医院を開業しているようです。 福岡選手のご両親 (ご実家の愛猫と福岡選手) お父さんは、 福岡市内で開業している歯科医で、 天王寺高校のラガーマンだったようです。 でも、ネットの写真を見る限り、ラガーマンというよりは、「 息子思いの優しい紳士」という印象でした。 一方、お母さんについては、ほとんど、情報がありませんでしたが、ネットに掲載されている写真を見ると、 ショートカットがお似合いで、とても、 優しそうな方ですね。 再び医学部合格を目指す「福岡堅樹」選手の学歴は!? 東京五輪出場後に、改めて医者の道を目指すとしていた 福岡選手ですが、何故、この時期に、 東京五輪への出場を断念することになったのでしょうか!? それは、新型コロナウィルスの影響で、東京五輪の延期が決まったことが、その要因の1つだったようです。 思わず、「 こんなところにも新型コロナウィルスの影響があるのか!?」と恨めしい気持ちになりましたが、それは、何も私だけではないように思います。 しかし、最大の理由は、「 後悔したくない 後悔しない人生を生きたい!」ということだったようですので、私のこの怒りはおさめるしかなさそうです。 この決意は揺るぎないもののようなので、私も潔く、福岡選手の医学部合格を応援したいと思います。 そこで、気になったのが、 福岡選手の 学歴や 学力です。 筑波大学の偏差値 福岡選手は、高校現役の時と一浪した時に2度筑波大学医学部を受験しましたが、残念ながら不合格となり、その後の後期試験で、筑波大学情報学群に合格しています。 ちなみに、 筑波大学情報学群の偏差値は58くらいのようです。 一方、 筑波大学医学部の偏差値は68くらいですので、やはり、同じ筑波大学でも、かなりの開きがありました。 果たして合格できるのか!? 希望的観測も含め、私は、福岡選手は、必ず合格されると思っていますが、その主な理由は以下の3つです。 出身校である 福岡高校も有名進学校で 偏差値は70• 「 努力を継続できる」という 才能を持っている•

次の

福岡堅樹のラグビーの成績や父親について!彼女や結婚も気になる|はぐれめたる

ラグビー 福岡堅樹 父

人物 [ ]• 主なポジションは• 身長 175cm・体重 83kg• は38(2019年10月現在)• 愛称は けんき 経歴 [ ] 5歳時に玄海ジュニアラグビークラブに入りラグビーを始める。 中学時代は陸上部と兼用する。 時代の度・に出場。 その後、入学をめざし、現役及び一浪時に同学部のある大学を受験するも失敗。 一浪時の国公立大学二次試験の後期試験で受験したに合格し 、、同校に入学。 同校に入部した。 対戦が、(以下、対抗戦)の初の出場試合となったが、実に6トライを挙げる活躍を見せ 、その後も主力メンバーの一人として筑波大学の対抗戦初優勝に貢献。 さらに、続くでも、筑波大学初となる同大会準優勝に貢献した。 2月、ジュニア・ジャパンに選出 された後、同年4月、に選出された。 初のキャップ獲得試合はの戦。 そして、及びにそれぞれ行われた戦では、いずれもスタメン出場を果たし、15日の試合では対戦初勝利のメンバーとして名を連ねた。 、で2回目となる大会準優勝に貢献した。 また同年8月にはの日本代表に選ばれる。 、に加入し 、同年7月にはの7人制日本代表に選ばれた。 また、同年に行われたジャパンラグビートップリーグ第4節の戦にて先発出場で公式戦初出場を果たす。 さらに、同年11月にはの2017年スコッドに入った。 8月、の日本代表に選出された。 大会直前の負傷によりW杯本大会開幕戦のロシア戦は欠場したが、2戦目のアイルランド戦以降の4試合に出場して通算4トライを決め、大会後に大会公式ウェブサイトが選ぶ、大会を盛り上げた「別格だったマグニフィセント・セブン(豪華な7人)」に選出された なお、15人制ラグビーはを最後に引退し、東京オリンピックでのを最後にラグビーを退き、医師を目指すことを公言している。 テレビ [ ]• (BS朝日)「ワイルドな奴 31」• (2015年11月3日、テレビ朝日)• (2015年12月14日、テレビ朝日)• (2017年8月13日、TBS)• (2019年4月22日、日本テレビ)• (2019年6月18日、日本テレビ)• (2019年11月4日、日本テレビ) 受賞歴 [ ]• ベストフィフティーン• ベストフィフティーン CM出演 [ ]• プラスワン。 出典 [ ] []• - ラグビー日本代表公式サイト 2013年2月28日付• - ラグビー日本代表公式サイト 2013年4月8日付• - ラグビー日本代表公式サイト 2015年8月31日付• - パナソニック ワイルドナイツ公式サイト 2016年3月31日付• - 日本ラグビーフットボール協会公式サイト 2016年7月17日付• - ジャパンラグビートップリーグ公式サイト 2016年9月17日付• - サンウルブズ公式サイト2017年3月19日付• 日本ラグビーフットボール協会(2019年8月29日). 2019年9月8日閲覧。 - 日刊スポーツ 2018年9月27日付• twitter. 2018年7月9日閲覧。 関連項目 [ ]• - 福岡と同じく、東京オリンピックで引退し、医師を目指すことを公言している柔道家。 外部リンク [ ]• kenki11 -• kenki11 -•

次の

ラグビー福岡堅樹(けんき)選手のプロフィールは?W杯ラグビー日本代表選手ピックアップ

ラグビー 福岡堅樹 父

5歳の頃からラグビーを始め、福岡高校時代に全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に出場しています。 花園ってラグビー少年たちの憧れ!かっこいいですよねー。 そんな福岡賢樹選手の実家の家族がすごいんです。 実は、福岡賢樹選手の祖父は 医師、父は 歯科医なんだそうですよ。 なんという優秀な家族。 福岡賢樹選手も間違いなくそのDNAを引き継いでいるでしょうね。 そのうえ、ラグビーの才能あり、そしてものすごい俊足。 50m走 5. 8秒という超俊足、走り始めてからトップスピードにあっという間に乗ってしまいます。 50mを5. 8秒ってどんだけですか!? 私、50mで9秒くらいだったので、2倍くらいのスピードで走っちゃうってことなんですね。 速すぎるー。 抜き去った福岡賢樹選手に追いつくプレーヤーはなかなかいないとの評判です。 天は2物を与えずというのですが、与えられていますよね。 ラグビーの必需品のマウスピースですが、歯科医であるお父様が作っているそうです。 お父さんが作ってくれるマウスピースってめっちゃ安心して使えそう。 笑 お父様も高校大学と ラグビー選手だったそうです。 御家族の支えもあり、のびのびと勉強とスポーツに打ち込んできたのでしょうね。 医学部進学って本当!? 福岡賢樹選手には 医学部進学の噂があります。 現在、ラガーマンとして活躍しているのに医学部に?って思っちゃったのですが、この噂は本当でした! オールブラックス戦 31-69で負けました。 医学部には現役時代と一浪時に受験しましたが、残念ながら失敗。 一浪時に同時に受験した 筑波大学の情報学系の学部に合格し、筑波大学へ入学。 ラグビー部に入部したそうです。 福岡選手は、医学もラグビーも諦めたくなかった、その結論がもう1浪ではなく筑波大学への進学だったようです。 筑波大学ってだけで相当すごいんですけどー! 知り合いの子供がずっとラグビーをやっていますが、ラグビーで花園の大会まで出場して医学部を受験するってかなり大変です。 ラグビーの練習って相当ハードで毎日クタクタになっちゃう上に受験勉強って相当な精神力がないと難しそう。 しかも、ただの大学受験じゃなくて医学部! 高校でラグビーをしていた人って推薦かAOで大学進学が多いです。 年末年始の花園まで出て、大学受験って勉強する時間がないですからね。 福岡選手、元々かなり優秀な方だと思います。 出身校である「福岡高校」は、なんと 偏差値72。 偏差値72って!花園にも出場していて、福岡選手、異次元すぎです。 笑 そんな福岡選手、現在はラグビー選手として活躍していますが、医者になる夢は諦めていません。 なんと、福岡選手はラグビーワールドカップ、東京オリンピックが終わった後に、医学部を受験するそうです。 驚きですね。 【覚えてね】 福岡出身の福岡賢樹 けんき 来年のラグビーワールドカップを最後に引退し、医師を目指す秀才ラガーマン。 82,000人をどよめかせる世界レベルのスピード — 中村区中村町の中村 中村浩一 kochan1202 東京オリンピック後には、福岡選手の活躍がもうみられないと思うと寂しいですが、頑張って医者になる夢を叶えて欲しいです。 東京オリンピックの頃は、28歳になっている福岡賢樹選手。 選手としてのピークまでラグビーに打ち込み、その後医師への夢を叶えたい。 天から2物を与えられたが故の悩みや苦しみがあったのでしょうね。 そして結論としてこの道を選んだのでしょう。 羨ましいというか、憧れるというか、そんな懸命で、全力な生きざまは称賛に値しますよね。 まずは、来年のワールドカップ、そして、東京オリンピック、全力で応援したいと思います。 現在の怪我の状態は? 福岡賢樹選手は、学生時代から怪我に悩まされてきたようです。 高校時代に、 ・左膝の前十時靭帯 ・右膝の靭帯断裂 など、膝の故障が多かったようです。 なのにあのスピードで走るとは、恐れ入ります。 今年のスーパーラグビーも故障で出遅れましたが、現在は試合に出ているようです。 膝の手術で出会った医師に精神面でも支えられたことが、医師への夢を固くしたようです。 そういう出会いがあったからこそ、難しい道を選んだんですね。 医師として 「いつか僕も、人を支える医師になりたい。 」とスポーツ整形に携わりたいという思いがあるそうです。 ご自身の怪我からの回復の経験もありますし、怪我をした選手のメンタルを親身に理解できる医師になるのでしょうね。 医師にも無口な方、明るい方、真面目な方と様々なタイプの方がいますが、きっと熱い心を持つ人気の医師になられるのだろうと思います。 ラグビー界で活躍、貢献した後はきっと大変な道と思いますが、素晴らしい医師になられることを、心より願っています。 まとめ 福岡賢樹は医学の道を再度目指す為、ラグビーはワールドカップが最後と決めているとのお話でした。 もったいないと思う気持ちもありますが、医師というのは素晴らしい職業です。 誰でもなれるわけではありません。 福岡選手は、とても誠実そうな面差しです。 激務の中、患者に寄り添い、病気と闘うそんな道も似合いそうだなと思います。 選手として最後になるワールドカップと東京オリンピック、福岡選手の活躍を逃さずにチェックしたいですね。

次の