頂戴 敬語。 「頂戴」の意味と使い方・例文・敬語・読み方|頂戴する/いたします

「いただいた」の正しい敬語の使い方!「頂いた・戴いた」の意味の違い、類語、英語も紹介

頂戴 敬語

「頂戴する」という言い回しについて 「頂戴する」という言い回しは、ビジネスの場において、しばしば使われるものです。 もっともなじみ深いのは、「お名前を頂戴する」という言い回しなのではないでしょうか。 しかし実はこの「お名前を頂戴する」は誤っている表現なのです。 「頂戴」という言葉は、「もらう」を丁寧にした言い回しです。 主に物品のやりとりに使われる言葉になります。 「お名前を頂戴する」という言い回しは、敬語を除いて言うと、「名前をもらう」になります。 名前というのは、人に譲渡できるものではありません。 このため、この言い回しは間違っている、ということになるのです。 正しく言い換えるにはどうすればいいの? では、「お名前を頂戴する」という言い方を正しく言うにはどうしたらよいのでしょうか。 正解は、• 「お名前をお聞かせください」• 「お名前をお教えください」 です。 ただ、やや慣習的な言い回しではありますが、以下のような言い回しもよく使われます。 一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 「お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか」• 「お名前をお聞かせいただけませんか」• 「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」• 「お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか」• 「お名前をお教えいただけますでしょうか」 断定と疑問、2つの言い回しの違いについて 後者の「お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか」などの言い回しは、「お名前をお聞かせください」などよりも、柔らかい表現であることがわかるはずです。 名前を教えるのも教えないのもあなたの判断にゆだねます、という意味を含むからです。 ビジネスの場において、「お名前をお聞きしてもよろしいでしょうか」と聞かれて「嫌です」と言われることはまったくと言ってもよいほどないでしょう。 特に、企業間でのやりとりの場合はなおさらです。 「頂戴致します 」「お伺いします」は正しいのか? 資料などの受け渡しの際には、「頂戴します」という表現は問題がありません。 しかしこの時、丁寧な言葉遣いをしようとして、「頂戴致します」のような表現を使ってしまう、という人は意外と多いものです。 しかし実はこの言葉遣いは、正しい言い回しではないのです。 「頂戴する」というのは、「もらう」の謙譲語にあたる言葉です。 また「致します」も同じように謙譲語にあたる言い回しです。 このため、この言い回しは、1つの動作に対して2つの敬語(謙譲語)を使っていることになり、二重敬語にあたるのです。 二重敬語はその昔、「敬語を使うべき相手(貴族など)よりもさらに地位が上の人(天皇など)に対しての言葉」として使われていました。 しかし現在のビジネスの場においては、この二重敬語は過剰な丁寧語、場面にそぐわない言い回しとされ、使用を避けるべきだと考えられています。 ちなみに、上で挙げた「お伺いしてもよろしいでしょうか」も、本当は二重敬語にあたります。 丁寧語である「お」と、謙譲語である「伺い(伺う)」の組み合わせだからです。 しかしこれに関しては、文化審議会答申のなかで、「慣習的に使われている表現である」とされ、現在では誤用とまでは言われないようになりました。 あなたは気づいた? もう1つの間違い さて、上では二重敬語による誤用を問題としました。 しかし実は上の文章にもまた、避けるべき表現が入っていたことを気付きましたか? 実は、「致します」という言い回しは、上のような文脈で使うときは、漢字では書かないのが正しいのです。 これは少し専門的な話ですが、このような言い回しは、「補助動詞」に値するものです。 補助動詞というのは、謙譲語や尊敬語、丁寧語を指す言葉です。 たとえば、丁寧語の代表である「ください」もそうですね。 これらの補助動詞は、実際の動作を示す言葉ではなく、ほかの言葉を丁寧に言うために存在する言葉です。 このような意味合いで使われる場合は、漢字表記ではなく、ひらがなで書くのが正しいのです。 「お名前を頂戴する」という言葉の言い回しは、日本語的な解釈から考えるのであればおかしいものです。 「お名前をお聞かせください」「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」などの表現を使いましょう。 まとめ ただ、言葉にするときに多少言い回しが違ったとしても、大きな問題になることはないでしょう。 ただ、書き言葉として使うときは気にしたいものですし、自然に「正しい言い回し」ができる人というのは魅力的に見えるものです。 気をつけていないと、つい使ってしまいそうな表現が多かったかと思います。 この記事を参考に正しい敬語の使い方を意識してみてください。

次の

「取りに行く」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

頂戴 敬語

イベント等で出席者の名前を確認しなければならないとき、あるいは初対面の相手と対峙したときなど。 相手から名前を聞かなければならないシーンはたくさんあります。 そして相手の名前を知り、名前で呼びかけることは大事なこと。 過去に会って聞いていたり、名刺をもらっていたりしているはずなのに名前が出てこない場合を除き、「ちょっと、あなた。 」のような呼びかけは相手に不快な思いを抱かせることになりかねないからです。 さて、その「名前」。 相手に失礼の無いように聞くにはどのように言ったらいいのでしょう。 そこで、ちょっと記憶をたどってみてください。 あなたは、「お名前を頂戴できますか?」と言われた経験はないでしょうか。 この「お名前を頂戴できますか」というフレーズですが、どう使えばいいのか、詳しく見てみましょう。 「お名前」という言い方は名前に「お」をつけて丁寧にしていることから、敬語といえます。 そのあとに続く「頂戴する」は、「もらう」の謙譲語なので、形だけをみると敬語ということになります。 しかし「お名前を頂戴できますか」の内容を考えると、「日本語としてどうなの?」という疑問が。 つまり「お名前を頂戴できますか」は、ストレートに言うと「お名前をもらえますか」と言っていることになるので、間違った言葉遣いになるというわけです。 相手に名前を尋ねるときの正しい敬語表現とは では、相手に名前を尋ねたい場合には、どのように聞くのが正しいのでしょうか。 丁寧語や尊敬語、謙譲語を含む敬語を上手に使って表現してみましょう。 まず、「お名前」はそのままで大丈夫。 「頂戴できますか」は、「お聞きできますか」「お伺いできますか」「お教え願えますか」「お聞きしてよろしいですか」などに言い換えましょう。 例文としては、以下のような表現が相手に名前を尋ねるときに使う正しい敬語表現といえます。 <例文> 「誠に恐れ入りますが、お客様のお名前をお伺いできますか?」 「大変恐縮ですが、お名前をお教え願えますか?」 「差支えなければ、お名前をお聞きしてよろしいですか?」 「恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?」 「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えませんか?」 「お名前様」や「お名前を頂けますか」にも気をつけよう 「お名前を頂戴できますか」以外にも気をつけるべき表現があります。 「お名前様頂けますか?」や「お名前を頂けますか?」という尋ね方がそれです。 もしかしたら、実際に言われたことがある人もいるかもしれません。 まず「お名前様」は二重敬語であるだけでなく、「名前」という人格の無いものに「様」をつけている点でも間違っています。 また、「頂けますか」も「もらえますか」という意味なので、「頂戴できますか」と同様の間違いということになります。 まとめ 相手に名前を聞くというのは、ビジネスの場において基本中の基本。 失礼のないように……と思うあまり、ひたすら「お」や「ご」、「様」をつけて丁寧にすることだけに気を取られると、慇懃無礼になったり間違った敬語になったりしまうので注意しましょう。 ・執筆:山岸りん 短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の指導に携わる。 趣味はインテリア雑貨のハンドメイド。

次の

「いただけると幸いです」の意味と使い方|ビジネスメールでの例文

頂戴 敬語

イベント等で出席者の名前を確認しなければならないとき、あるいは初対面の相手と対峙したときなど。 相手から名前を聞かなければならないシーンはたくさんあります。 そして相手の名前を知り、名前で呼びかけることは大事なこと。 過去に会って聞いていたり、名刺をもらっていたりしているはずなのに名前が出てこない場合を除き、「ちょっと、あなた。 」のような呼びかけは相手に不快な思いを抱かせることになりかねないからです。 さて、その「名前」。 相手に失礼の無いように聞くにはどのように言ったらいいのでしょう。 そこで、ちょっと記憶をたどってみてください。 あなたは、「お名前を頂戴できますか?」と言われた経験はないでしょうか。 この「お名前を頂戴できますか」というフレーズですが、どう使えばいいのか、詳しく見てみましょう。 「お名前」という言い方は名前に「お」をつけて丁寧にしていることから、敬語といえます。 そのあとに続く「頂戴する」は、「もらう」の謙譲語なので、形だけをみると敬語ということになります。 しかし「お名前を頂戴できますか」の内容を考えると、「日本語としてどうなの?」という疑問が。 つまり「お名前を頂戴できますか」は、ストレートに言うと「お名前をもらえますか」と言っていることになるので、間違った言葉遣いになるというわけです。 相手に名前を尋ねるときの正しい敬語表現とは では、相手に名前を尋ねたい場合には、どのように聞くのが正しいのでしょうか。 丁寧語や尊敬語、謙譲語を含む敬語を上手に使って表現してみましょう。 まず、「お名前」はそのままで大丈夫。 「頂戴できますか」は、「お聞きできますか」「お伺いできますか」「お教え願えますか」「お聞きしてよろしいですか」などに言い換えましょう。 例文としては、以下のような表現が相手に名前を尋ねるときに使う正しい敬語表現といえます。 <例文> 「誠に恐れ入りますが、お客様のお名前をお伺いできますか?」 「大変恐縮ですが、お名前をお教え願えますか?」 「差支えなければ、お名前をお聞きしてよろしいですか?」 「恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?」 「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えませんか?」 「お名前様」や「お名前を頂けますか」にも気をつけよう 「お名前を頂戴できますか」以外にも気をつけるべき表現があります。 「お名前様頂けますか?」や「お名前を頂けますか?」という尋ね方がそれです。 もしかしたら、実際に言われたことがある人もいるかもしれません。 まず「お名前様」は二重敬語であるだけでなく、「名前」という人格の無いものに「様」をつけている点でも間違っています。 また、「頂けますか」も「もらえますか」という意味なので、「頂戴できますか」と同様の間違いということになります。 まとめ 相手に名前を聞くというのは、ビジネスの場において基本中の基本。 失礼のないように……と思うあまり、ひたすら「お」や「ご」、「様」をつけて丁寧にすることだけに気を取られると、慇懃無礼になったり間違った敬語になったりしまうので注意しましょう。 ・執筆:山岸りん 短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の指導に携わる。 趣味はインテリア雑貨のハンドメイド。

次の