旧 軽井沢 銀座 通り。 「旧軽井沢銀座通り」で食べ歩き!絶対にハズせないおすすめグルメ5選【軽井沢】

「旧軽井沢銀座通り」で食べ歩き!絶対にハズせないおすすめグルメ5選【軽井沢】

旧 軽井沢 銀座 通り

01 【ミカドコーヒー】の濃厚モカソフトクリームは一度は食べるべし! 軽井沢の名物ソフトクリームとも言われる「ミカドコーヒー」のモカソフトクリームは、行列必至ですがぜひ味わってほしい食べ歩きグルメのひとつ。 モカのほんのりとした苦みとコク、バランスが取れた甘み、なめらかな口当たりが最高に美味しいと評判です。 あのジョン・レノン夫妻も気に入って食べていたんだとか。 モカソフトを頬張りながら歩く人たちが、通りの日常風景になっています。 コーンとカップがあり、カップのときはプルーンのトッピングあり。 ふんわりとした、空気感を含んだタイプのソフトクリームです。 絶品!夏も冬も食べたい「モカソフト」300円(税込) 02 毎朝、作りたて!【リビスコ】で新鮮な絶品イタリアンジェラートに感激! 旧軽井沢銀座通りを一本横道に入った場所にある「リビスコ」。 毎朝新鮮な牛乳と生の果物から手作りする、作りたてのフレッシュなジェラートを味わえるとして大人気のお店です。 人工的ではない、自然な甘さは感動的な美味しさ!ミルクのコクとフレッシュな味わいが人気の「オブセ牛乳」や、長野産りんご「シナノゴールド」、「川上村いちご」など 魅力的なフレーバーがズラリ。 「ジェラート ダブルサイズ(オブセ牛乳&ダマスクローズ)」600円(税込) リビスコ 外観 03 【ちもと総本店 軽井沢本店】で食べる、和のおいしいものたち。 こちらでおすすめの食べ歩きグルメは「焼団子」1本173円(税込)と「ちもと餅」。 焼団子は、しょうゆベースの香ばしい風味が口に広がり幸せ気分でいっぱいに!「ちもと餅」1個227円(税込)は、マシュマロのように柔らかな食感と優しい黒糖の甘さ、クルミの歯ごたえが絶品と大好評の逸品。 イートインでは、天然水を使用したかき氷が人気です。 しょうゆベース、香ばしいかおりがたまらない「焼団子」1本173円(税込) 天然水を使用したかき氷「いちご」609円(税込) ちもと総本店 軽井沢本店 05 濃厚クリームが絶品!【軽井沢キャラメルクリーム】ひんやりキャラメルクリームパン 新・食べ歩きグルメとしてご紹介したいのが、2017年8月にオープンした「軽井沢キャラメルクリーム」のひんやりキャラメルクリームパン。 ふんわりと軽めのパンのなかには、まろやかなキャラメルクリームがたっぷり詰まっており、食べ応えバツグンです。 レーズンも入ったクリームは、クリームの甘さと芳醇なレーズンの酸味がナイスカップル。 暑い日の食べ歩きにパンはちょっと…という方にもおすすめの、ひんやりスイーツパンです。 袋詰めされているので、手を汚さずに食べ歩きできますね! 「ひんやりキャラメルクリームパン」250円(税込) キャラメルクリームがぎっしり! 06 ジューシー&お肉ゴロ!な三笠ホテルカレーパンを食べられるのは【軽井沢キッチン】だけ! 旧軽井沢銀座のロータリーに位置する「軽井沢キッチン」では、ここだけでしか食べられないカレーパンを味わうことができます。 1906年に創業し、1970年に営業終了した高級ホテル「旧三笠ホテル」で提供されていたという、今は食べることができないカレーを再現! そんな幻のカレーを使用したジューシーなカレーパンは食べ歩きにピッタリ。 こんがりきつね色に揚げられたサクサクのカレーパンには、旧三笠ホテルの焼印が。 辛さを抑えたルーのなかにチキンがゴロっと入った満足度の高い味わいです。 「三笠ホテルカレーパン」360円(税込) 12 【ジェラテリアジーナ】ジェラート 2017年にOPENしたジェラートの専門店です。 オーナーは本場イタリアで修業し、ジェラートの国際大会で入賞した経験を持つ実力派。 日本では数少ないイタリア製のマシーンで作る本格ジェラートを提供しています。 信州牛乳や地元産のフレッシュフルーツを使ったジェラートはどれも絶品!素材の味を生かした濃厚で滑らかな口どけがたまりません。 人気No. 1フレーバーは「ピスタチオ」。 価格はシングル500円、ダブル600円、トリプルが700円となっています。 ウッディな内装がオシャレな店内には、カフェやお酒も楽しめるバールも併設されています。 ハルニレテラスの中にあります。 農場直送の新鮮なミルクを使用したこだわりのジェラートを提供しています。 こちらは毎日すべてのジェラートを手作りしているそう。 チョコレートやピスタチオといった定番メニューのほか、夏季と冬季で異なる季節メニューも魅力的です。 「トマトバジル」、「トウモロコシ」、「アスパラガス」、「さつまいも」、「巨峰」など、季節の食材を生かした個性的なメニューが並びます。 人気No. 1は定番の「ピュアミルク」。 価格はシングル400円、ダブル500円、トリプルが600円となっています。 直売所も併設されていて、旬の農産物や乳製品も購入できます。

次の

旧軽井沢銀座通り|人気の銀座通りは楽しい店が凝縮されている|軽井沢町軽井沢

旧 軽井沢 銀座 通り

新鮮野菜直売所 旧軽井沢銀座の入口にある産地直売所では新鮮野菜・果物を販売している。 都会では手に入らない珍しいものが並ぶ。 千円工房 店の名のとうり店内はすべての商品が1000円均一で売られている。 店内に入り商品を見るだけでも楽しい。 OCTOPUSARMY 銀座通りでもひときわ目立つデザインの店である。 寺小屋本店 煎餅の専門店である。 特に「ぬれせんべい」はお勧めであり、お土産にすると喜ばれる。 寺小屋本店 店頭では食べ歩き用に一枚でも焼き立ての煎餅を売ってくれる。 串にさして焼いた「ぬれせんべい」を食べながらの銀ブラも楽しい。 軽井沢物産店 店頭には乳牛のレプリカが!軽井沢物産館の直売の牛乳又、乳製品が購入できる。 夏場は冷えた一本の牛乳が美味い。 軽井沢物産店 神津牧場直売のソフトクリームが美味い。 軽井沢紅茶館 紅茶の専門店は、あまり見掛けず珍しい。 当店オリジナル季節限定の紅茶はお勧めだ。 一彫堂 軽井沢伝統工芸品である軽井沢彫の老舗である。 一彫堂 店内には一刀彫り、匠の技軽井沢伝統家具がズラリと陳列されている。 一彫堂 スルジュ 旧軽井沢銀座には洗練されたセンスのショップが多く並びショッピングを楽しませてくれる。 スルジュ 天狗屋養蜂店 店頭では20種類ほどのハチミツが試食できる。 自分の好みに合ったハチミツを選ぶとよい。 布遊舎 ちりめん創作品の店である。 漬物あいき 相木村製造元直営の漬物専門店である。 店内ではあげたての野沢菜の天麩羅をサービスで食べさせてくれる。 これが絶妙が味である。 漬物あいき TBSアナウンサーの安住さんと女優の高畑さんも来店。 店頭の写真は二人の試食シーンである。 軽井沢彫シバザキ 長野県指定の伝統工芸品軽井沢彫の店である。 軽井沢彫シバザキ 中山のジャム 創業100年(明治38年創業)軽井沢の歴史共に歩んできた老舗のジャム店である。 どんぐり共和国 トトロの人気度が高く、子供から大人まで幅広い年齢層のファンでいつも店内は満員である。 どんぐり共和国 大阪屋家具店 軽井沢伝統工芸品の軽井沢彫家具をオーダーメイドで造ってくれる。 大阪屋家具店 大阪屋家具店 店内には彫師の匠の技が造りあげた伝統工芸家具がところ狭しと陳列されている。 杉養蜂園 自然派の化粧品が店頭に並ぶ。 女性は必見である。 杉養蜂園 東京銀座京林 東京銀座の呉服店である。 店内の奥深く入ると鮮やかな留袖が並び眼の保養となる。 東京銀座京林 なんと、シンガポールの有名なマーライオンが旧軽井沢銀座に登場である。 輪島龍作(輪島塗) 店頭には見事な輪島塗「ふくろうのつい立」が展示されている。 店内には鳩山首相が来店した時の記念写真が飾られている。 輪島龍作(輪島塗) 店の奥深く入ると、見事な輪島塗の蒔絵の飾り棚が陳列されている。 猫の店 猫グッズの専門店、店頭に立つ猫のレプリカが目印である。 猫の店 店内は猫グッズがところ狭しと陳列されている。 煎餅堂 こだわりの味が売り物の煎餅専門店である。 煎餅堂 煎餅堂 煎餅堂のコダワリは、「いろんな種類・味があるから美味しい」という。

次の

ハンバーグ専門店 IZUTSUYA (イズツヤ)

旧 軽井沢 銀座 通り

01 【ミカドコーヒー】の濃厚モカソフトクリームは一度は食べるべし! 軽井沢の名物ソフトクリームとも言われる「ミカドコーヒー」のモカソフトクリームは、行列必至ですがぜひ味わってほしい食べ歩きグルメのひとつ。 モカのほんのりとした苦みとコク、バランスが取れた甘み、なめらかな口当たりが最高に美味しいと評判です。 あのジョン・レノン夫妻も気に入って食べていたんだとか。 モカソフトを頬張りながら歩く人たちが、通りの日常風景になっています。 コーンとカップがあり、カップのときはプルーンのトッピングあり。 ふんわりとした、空気感を含んだタイプのソフトクリームです。 絶品!夏も冬も食べたい「モカソフト」300円(税込) 02 毎朝、作りたて!【リビスコ】で新鮮な絶品イタリアンジェラートに感激! 旧軽井沢銀座通りを一本横道に入った場所にある「リビスコ」。 毎朝新鮮な牛乳と生の果物から手作りする、作りたてのフレッシュなジェラートを味わえるとして大人気のお店です。 人工的ではない、自然な甘さは感動的な美味しさ!ミルクのコクとフレッシュな味わいが人気の「オブセ牛乳」や、長野産りんご「シナノゴールド」、「川上村いちご」など 魅力的なフレーバーがズラリ。 「ジェラート ダブルサイズ(オブセ牛乳&ダマスクローズ)」600円(税込) リビスコ 外観 03 【ちもと総本店 軽井沢本店】で食べる、和のおいしいものたち。 こちらでおすすめの食べ歩きグルメは「焼団子」1本173円(税込)と「ちもと餅」。 焼団子は、しょうゆベースの香ばしい風味が口に広がり幸せ気分でいっぱいに!「ちもと餅」1個227円(税込)は、マシュマロのように柔らかな食感と優しい黒糖の甘さ、クルミの歯ごたえが絶品と大好評の逸品。 イートインでは、天然水を使用したかき氷が人気です。 しょうゆベース、香ばしいかおりがたまらない「焼団子」1本173円(税込) 天然水を使用したかき氷「いちご」609円(税込) ちもと総本店 軽井沢本店 05 濃厚クリームが絶品!【軽井沢キャラメルクリーム】ひんやりキャラメルクリームパン 新・食べ歩きグルメとしてご紹介したいのが、2017年8月にオープンした「軽井沢キャラメルクリーム」のひんやりキャラメルクリームパン。 ふんわりと軽めのパンのなかには、まろやかなキャラメルクリームがたっぷり詰まっており、食べ応えバツグンです。 レーズンも入ったクリームは、クリームの甘さと芳醇なレーズンの酸味がナイスカップル。 暑い日の食べ歩きにパンはちょっと…という方にもおすすめの、ひんやりスイーツパンです。 袋詰めされているので、手を汚さずに食べ歩きできますね! 「ひんやりキャラメルクリームパン」250円(税込) キャラメルクリームがぎっしり! 06 ジューシー&お肉ゴロ!な三笠ホテルカレーパンを食べられるのは【軽井沢キッチン】だけ! 旧軽井沢銀座のロータリーに位置する「軽井沢キッチン」では、ここだけでしか食べられないカレーパンを味わうことができます。 1906年に創業し、1970年に営業終了した高級ホテル「旧三笠ホテル」で提供されていたという、今は食べることができないカレーを再現! そんな幻のカレーを使用したジューシーなカレーパンは食べ歩きにピッタリ。 こんがりきつね色に揚げられたサクサクのカレーパンには、旧三笠ホテルの焼印が。 辛さを抑えたルーのなかにチキンがゴロっと入った満足度の高い味わいです。 「三笠ホテルカレーパン」360円(税込) 12 【ジェラテリアジーナ】ジェラート 2017年にOPENしたジェラートの専門店です。 オーナーは本場イタリアで修業し、ジェラートの国際大会で入賞した経験を持つ実力派。 日本では数少ないイタリア製のマシーンで作る本格ジェラートを提供しています。 信州牛乳や地元産のフレッシュフルーツを使ったジェラートはどれも絶品!素材の味を生かした濃厚で滑らかな口どけがたまりません。 人気No. 1フレーバーは「ピスタチオ」。 価格はシングル500円、ダブル600円、トリプルが700円となっています。 ウッディな内装がオシャレな店内には、カフェやお酒も楽しめるバールも併設されています。 ハルニレテラスの中にあります。 農場直送の新鮮なミルクを使用したこだわりのジェラートを提供しています。 こちらは毎日すべてのジェラートを手作りしているそう。 チョコレートやピスタチオといった定番メニューのほか、夏季と冬季で異なる季節メニューも魅力的です。 「トマトバジル」、「トウモロコシ」、「アスパラガス」、「さつまいも」、「巨峰」など、季節の食材を生かした個性的なメニューが並びます。 人気No. 1は定番の「ピュアミルク」。 価格はシングル400円、ダブル500円、トリプルが600円となっています。 直売所も併設されていて、旬の農産物や乳製品も購入できます。

次の