フレア superfly。 フレア Superfly 歌詞情報

【フレア/Superfly】楽譜カラオケ(アルトサックスinEb)

フレア superfly

カテゴリ• 涙が降れば きっと消えてしまう 揺らぐ残り火 どうかここにいて 私を創る 出会いもサヨナラも 日々 恋をして 胸を焦がしたい いたずらな空にも悔やんでいられない ほら 笑うのよ 赤い太陽のように いつの日も雨に負けるもんか 今日の日も 涙に負けるもんか 失う度に 嫉妬するものね 雨雲たちに 少し怯えてる 炎の声よ 聞かせてくれる? 私のままでいいと 日々 育てたい 信じるって気持ち 迷いも不安も 怯んで飛んでゆけ 日々 立ち上がれ 赤い太陽のように やさしい風に吹かれて 炎は再び舞い上がる 日々 恋をして 胸を焦がしたい いたずらな空にも悔やんでいられない ほら 笑うのよ 赤い太陽のように どこかでまた会えるまで 冷たい雨に負けるもんか 今日の日も 涙に負けるもんか 孤独の雨に負けるもんか 今日の日も 涙に負けるもんか 目次• 歌詞考察の前に 『フレア』は10月31日にネット上で公開された楽曲です。 同年11月1日にデジタルリリースされ多くの人気を集めました。 同曲はNHK連続テレビ小説 「スカーレット」主題歌として作成されました。 動画再生回数は公開から3日で15万を超える人気ぶりを見せています。 MVの内容と曲調をご紹介したいと思います。 MV開始からナンバーをかたどったキャンドルに火が灯り、カウントダウンが始まります。 緋色の衣装を身に纏ったボーカル 越智 志帆さんが登場します。 いつもながらダイナミックな感情表現とパワフルな歌声に圧倒されました。 そして無数のキャンドルとネオンで表現される人の心情や表情が印象に残りました。 今作では終始 「緋色」や 「炎」が強調されています。 その理由については次の見出しで扱います。 曲調はカントリーを漂わせる音楽構成となっていました。 懐かしさと哀愁を全身に感じることができ、そして気づけば切なさが心の中に広がっていく、そんなメロディーでした。 それではさっそく気になる歌詞の考察を始めていきたいと思います。 タイトル『フレア』とは タイトルは英単語 「flare」から取られていると考えてよいでしょう。 上記の単語には 「ゆらめく炎」「突然燃え上がる」などの意味があります。 ですからMVの中では頻繁にキャンドルの炎が頻繁に映し出されていたのだと思います。 さらにタイアップドラマの内容にもタイトルは大きく関係してきます。 ドラマのあらすじも見てみましょう。 戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。 名前は川原喜美子。 両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。 15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。 大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。 3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。 やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。 相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。 だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。 どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。 喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。 NHK公式サイト ざっくり説明すると 「陶芸」を題材にしたドラマであると理解できます。 ヒロインに実在するモデルは存在しませんが、 信楽焼の女性陶芸家の草分けで実在の陶芸家である 神山清子さんの半生を参考に制作されています。 余談ですが筆者の父も陶芸をしており実家には窯がありました。 陶芸において「炎」はとても需要な要素となるようです。 熱の温度や加え方によって作品の出来に天と地ほどの差が出ると言われています。 さらにNHK公式サイトではドラマタイトル「スカーレット」についてこのような説明がされていました。 涙が降れば きっと消えてしまう 揺らぐ残り火 どうかここにいて 今回の主人公はドラマ主人公である 川原 喜美子(戸田恵梨香)として考察を進めていきたいと思います。 彼女は家族で大阪から 滋賀県の信楽(しがらき)に引っ越してきます。 引っ越し早々、彼女は地元の子供たちにいじめられたり、家庭の貧困などを経験します。 そうした困難に涙したことを歌詞は歌っているのかもしれません。 また「火」とは彼女が父親との会話で述べた 「意地」と 「誇り」を表現しているのだと解釈しました。 火が水をかけて放置してもしばらく燃え続ける、いわば 残り火が存在します。 彼女の意地や誇りも、数多くの困難の前で幾度も消えそうになりますが、残り火のように完全になくなることはありませんでした。 成長を促す一期一会 日々 恋をして 胸を焦がしたい いたずらな空にも悔やんでいられない ほら 笑うのよ 赤い太陽のように いつの日も雨に負けるもんか 今日の日も 涙に負けるもんか 中学3年生になった喜美子は、家計のため卒業後は丸熊陶業で働く予定でした。 しかし卒業目前に、丸熊陶業から男社会を理由に内定を取り消されショックを受けました。 後に大阪の「荒木商事」への就職が決まります。 就職話を受け入れた彼女ですが、住み慣れてきた信楽を離れる寂しさを感じます。 しかし丘から見える 美しい夕陽を見て気持ちを切り替え大阪へ旅立つ決意を固める。 歌詞の 「赤い太陽のように」とはこのシーンと関係が深いように感じました。 歌詞の涙で筆者が連想したのは陶芸における 「涙痕(るいこん)」です。 「涙痕」とは 釉(うわぐすり)が涙の痕のように垂れて残る状態を指す言葉です。 それは失敗でも汚れでもなく作品を際立たせる1つのアクセントです。 同じように喜美子がこれまで流してきた涙の足跡は決して無駄ではありません。 涙は 弱さの象徴ではなくさらに強くなるための感情表現とも考えられます。 喜美子が幼い時に口にした「意地」と「誇り」の強さを裏打ちしたのは、まさに 彼女が涙を流した実体験だったと筆者は解釈しました。 彼女はいつも問題とぶつかるたびに 「涙には負けない」つまり 涙は無駄ではないこと、涙を流しながら自分の夢を諦めてはいけないことを決意していたのでしょう。 「日々 恋をして 胸焦がしたい」とはどういう意味なのでしょうか。 ドラマでは喜美子の恋人となりうる人物が数人います。 ですから 文字通りの恋についても言及しているのでしょう。 しかし彼女は夢に向かって邁進し集中する職人肌ですから、 作品に対する情熱や恋と同じほどにそれに関心を払うという意味もあるのだと考えました。 喜美子の 心の窯ではいつでも意地と誇りの炎が燃えています。 しかし困難や大事な人との別れを経験するたびにその勢いが弱まってしまいます。 寂しさや苦しさは水となって彼女の炎を消そうとするのです。 その都度、彼女は幼い頃に抱いた意地と誇りに 「私のままでいいんだよね」と尋ねたのでしょう。 「やさしい風に吹かれて 炎は再び舞い上がる」とは彼女が 愛すべき人たちの優しい言葉や接し方から自身の意地と誇りを取り戻したことを伝えているのでしょう。 それはまるで 残り火に酸素を送って再熱させる行為のようです。 自分は自分らしく意地と誇りを持って進んでいけることを彼女は 再認し、彼女の心の中で炎を 再生させることができたのでしょう。 このようにして彼女は職人としての腕を磨いていくと同時に、心も磨いていきました。 彼女の中で熱く燃え滾る炎が消されることは決してないでしょう。。 まとめ いかがだったでしょうか。 記事バランスの関係でドラマストーリーの細かな点に触れることができませんでした。 それでも喜美子の大切にしていた部分を拾い上げ歌詞と重ね合わせることができたと思います。 物語を見て行くと、彼女が一番やりたいことがなかなか出来ないと理解できます。 私たちの人生において通じる点だと思いました。 それでも意地と誇りを持って今の環境でベストを尽くす彼女に心を奪われていきました。 ドラマも歌詞もたいへん教訓的であり学べる点がたくさんありました。 現在5話までが放送されていますが、今後の進展が楽しみですね。 最終話を迎える頃にはまた新たな発見が得られるに違いありません。 Superflyの今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 素敵な作品をありがとうございました。

次の

フレア (Superflyの曲)

フレア superfly

Superflyが、朝の連続テレビ小説「スカーレット」の主題歌を歌うことが決まり話題なっています。 そこで今回は「フレア」の歌詞の意味、そして私なりの解釈をまとめていきます。 朝ドラ「スカーレット」は女優の戸田恵梨香さんが女性陶芸家として奮闘するヒロインを演じる内容となります。 朝ドラ「スカーレット」の主題歌「フレア」の魅力について考えてみたいと思います。 それ故に、今回のフレアは今までに無い燃えるような情熱的な楽曲になるのではないでしょうか。 そんな越智志帆さんは、 「『スカーレット』主題歌のお話をいただき、とてもうれしかったです。 幅広い世代の方々に聴いていただけること、物語のオープニングとして毎朝聞いていただくことを意識して、ドラマのお話にスッとバトンをつなげられるような曲にしたいと思い制作しました。 その燃え上がった炎を大事に、絶やさぬように、という気持ちを歌っています」 と語っています。 そーなんだ。 尚、Superflyは今年に3年半振りの全国アリーナツアーを開催するなど精力的に活動しています。 また、今年の冬には6thアルバム「0」のリリースも控えています。 私の意見は一個人の解釈ということで考えていただければ幸いです。 こんな意見の方もおられますね。

次の

フレア (Superflyの曲)

フレア superfly

その燃え上がった炎を大事に、絶やさぬように、という気持ちを歌っています。 毎日流れるのでメロディはシンプルで口ずさめるようなものでありながら、明るさの中にも切なさがあるイメージで作曲しました。 1984年生まれ、愛媛県出身• 2004年に越智志帆とギター多保孝一による音楽ユニットを結成• 2007年、1stシングル「ハロー・ハロー」発売、メジャーデビュー。 所属事務所:44 CARAT 「Superfly」さんは、2003年に、越智志帆さんと多保孝一さんが同じ松山大学の軽音楽サークルを通じて知り合ったことで、「フィソガー5」のコピーバンドや「忌野清志郎」「マドンナ」「ザ・クラッシュ、ローリング・ストーンズ」など、ジャンル一切関係なくカバーをしてきた。 このようにカバーをしてきたのちの音楽ユニット「Superfly」の原型になった。 2007年から、シングル「ハロー・ハロー」でメジャーデビューすることになるが、多保さんがコンポーザーおよびアレンジャー専門として力を入れていく裏方の方へとサポートするようになり、「Superfly」は越智さんのソロプロジェクトへと移行することに。 その後は、数々のドラマ、映画などの楽曲が抜擢されたりと輝かしい活躍をし続けている。 Superflyドラマ主題歌・挿入歌・タイアップ曲は?• 『エジソンの母』主題歌「愛をこめて花束を」 TBS 2008年• 『BOSS1、2シーズン』OPテーマ「Alright!! 」 フジテレビ 2009、2011年• 『GOLD』主題歌「Wildflower」 フジテレビ 2010年• 『サマーレスキュー〜天空の診療所〜』主題歌「輝く月のように」 TBS 2012年• 『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』主題歌「Beautiful」 TBS 2015年• 『無痛〜診える眼〜』主題歌「黒い雫」 フジテレビ 2015年• 『あなたには帰る家がある』主題歌「Fall」 TBS 2017年• 『わたし定時で帰ります』主題歌「Ambitious」 TBS 2019年• 『スカーレット』主題歌「フレア」 NHK 2019年 他多数 Superfly『Beautiful』Music Video.

次の