マイクロ チップ。 マイクロチップを身体に埋めることでのメリットデメリットを集めてみた

犬にマイクロチップ装着、料金を教えて

マイクロ チップ

マイクロチップと聞くと、 犬や猫などのペットに埋め込んで迷子や災害、事故のときに住所や名前の確認に使われるもの、というイメージがありますよね。 環境省によれば、ペット用のマイクロチップは直径2mm、長さ8~12mmの円筒形であり、それぞれのチップにはそのマイクロチップ固有の識別番号が振られ、それによりペットを識別する、というものです。 そんなマイクロチップですが、 実は人間の身体に埋め込んで使われるというケースもあります。 人間用のマイクロチップと聞いてそんなものがあるのかと驚いたり、害はないのか不安になるかもしれません。 人用のマイクロチップにはもちろんデメリットもありますが、一方でさまざまなメリットも存在します。 そこで今回は、 人用のマイクロチップを取り巻く状況やメリットデメリットについて解説します。 最初にそもそも人間用のマイクロチップとはどんなものか解説しましょう。 人用のマイクロチップでは電話番号や住所、氏名といったペット用のマイクロチップのような個人情報に加え、 電子決済やセキュリティのかかったドアの開け閉め、パソコンのログインなどが可能となります。 これはRFIDというICチップに記憶してある情報を無線通信にてアクセスする仕組みによって実現します。 人用のマイクロチップの概要について説明しましたが、実際にどのように普及しているのか気になるところ。 続いてマイクロチップの海外の状況、日本の状況について解説します。 マイクロチップの海外と日本の状況 世界の国々の中でもマイクロチップ先進国である国はスウェーデンで、2015年から流行り始めて これまで3000人以上がマイクロチップを埋め込んでいるというのですから驚きですよね。 身体の改造を行う運動や思想のトランスヒューマニズムの流れで、先駆者がマイクロチップを埋め込んでいました。 その影響もありスウェーデンでマイクロチップは一般に広く知れ渡ることになり、鍵や決済、電車のチケットとして使われています。 米国でもマイクロチップを導入しようという動きがあり、ウィスコンシン州のIT企業Three Square Marketでは2017年、 同意を前提のもとに従業員へのマイクロチップ挿入をおこないました。 80人以上いる従業員のうち50人が賛同し、その結果ハンズフリーで可能となったのがドアの開閉や、パソコンのログイン、社員食堂での支払いなどです。 ドイツでもスウェーデンと同様に鍵や 会員カード、セキュリティカードなどとしてマイクロチップが使われています。 ドイツで普及させているのはスタートアップ企業I am Robotで、創業者のスベン・ベイカー氏によれば、ドイツでは2000~3000人もの人がマイクロチップを埋め込んでいるとか。 そんな時代に備えて、マイクロチップを埋め込むメリットを解説します。 マイクロチップを埋めた場合のメリットとは マイクロチップを埋め込むことで受けられるメリットは主に次の3つです。 持ち物が減る 現在すでにスマホのアプリやクレジットカードなどを使ったキャッシュレス決済が日本全体の流れとなっており、お札や小銭はもちろんのこと財布すらいらない場面が増えてきました。 マイクロチップを埋め込めば、 財布だけでなくなんと鍵や電車のチケットを持ち歩く必要もなくなる可能性があります。 持ち物が少なくて済むと身が軽くなり出かけやすくなりますし、バッグも小さくて周りにぶつかったりせず身動きがとりやすくなりますよね。 セキュリティとして安全になる 持ち物が減ると、必然的にものを落としたり失くしたりすることも少なくなり、誰かに拾われて無断で使われたり、盗まれて悪用されたりする可能性も減ります。 また 、マイクロチップは身体に埋め込んでしまうので、落とすこともなくすこともありません。 そのため、例えば家やオフィスの鍵としてマイクロチップを使うことは、紛失や盗難のリスクがなくなるに等しく、安全性が高まるでしょう。 手間が省ける 買い物をするときに財布を出すためにバッグをガサゴソガサゴソ、いつの間にか行列ができて焦る、なんてことを経験したことのある人も少なくないですよね。 もし、手にマイクロチップを埋め込んでいればそんな面倒ごとはいらず、 手をパッとかざすだけで支払いや鍵の開錠、ドアの開閉などが可能となります。 また、手をかざすだけでいいので、例えば大荷物を持っているときにわざわざ一度おろす必要なく、片手でポンとドアを開けることもできるでしょう。 マイクロチップを埋めた場合のデメリットとは マイクロチップを埋め込むことで受けられるデメリットは主に次の3つです。 データを抜き取られた時のリスクがある マイクロチップからは氏名、性別、住所、クレジットカードの番号などの個人情報を読み取ることができるため、 何らかの手段でマイクロチップを読み取ることができれば、その人の個人情報は簡単にすっぱ抜けてしまいます。 個人情報を盗られてしまうと何か気持ち悪いですし、なにより悪用されてしまうと大変なことになってしまいますよね。 このためマイクロチップを埋め込む際にはそのマイクロチップが信頼できるものなのか、埋め込んだ後どのように管理すればいいのか押さえておきましょう。 身体に異物をいれる・・・という抵抗がある マイクロチップは身体に埋め込むものなので、 マイクロチップを使うためには注射の痛みや術後の腫れなど身体に何らかの侵襲性のある手段を必要とします。 そしてなにより異物を身体に埋め込んでおくことは多少なり身体的な負担を伴いますし、今のところ健康上安全とされているそうですが今後悪影響の報告があってもおかしくありません。 監視社会に使われる可能性がある マイクロチップにはさまざまな個人情報が 紐づけられており、これを利用して今後企業や政府が人々を監視することが可能です。 そうなると私たちの情報は筒抜けで、悪用はされないでしょうが私たちの情報は何に使われるかわかりませんし、不安がありますよね。 あくまで可能性の話ではあり、そんな社会がやってこないことを祈っていますが・・・。 いくつかデメリットはありますが、何事もデメリットや不安なことはあります。 デメリットを受けとめたうえで、新しい技術を受け入れることも必要でしょうか。 これは、ちょっと前でいうところのマイナンバーのようなもので、これを番号ではなくマイクロチップを人間本人に埋め込み、情報を一元化しようという試みになります。 なんとも近未来的で、まさに監理社会といったところですが、マイナンバーのときも散々議論されていたものの自然と受け入れられてきたので、杞憂で済むのかもしれません。 他には、 社会的に影響力を持った人がマイクロチップを実際に埋め込み、その便利さや使い勝手の良さ、デメリットの少なさなどを宣伝することです。 例えばジャスティン・ビーバーがピコ太郎を宣伝したところ爆発的ブームとなったように、これまでも社会的に影響力のある著名人や文化人、芸能人などがテレビやネットで宣伝することで大きく話題になることは多くみられました。 一度大々的に広まると、あとは口コミで広まっていき、マイクロチップを埋める人が増えていくことでしょう。 さて、今回は人用のマイクロチップを取り巻く状況やメリットデメリットについて解説しました。 人用のマイクロチップとは米粒ほどのサイズで、 ペット用のように住所や氏名などの情報だけでなく、電子決済や鍵の開閉などが可能となります。 マイクロチップ先進国スウェーデンを筆頭に、米国やドイツでもマイクロチップを埋め込む動きは見られますが、日本では今のところメジャーとは言えません。 マイクロチップを埋め込むことのメリットデメリットは次のようでした。 【メリット】• 持ち物が減る:埋め込んだチップで電子決済や鍵の開け閉めができるので、手荷物が減る。 セキュリティの向上:失くすことがないので安心。 手間が省ける:荷物をたくさん持っていても片手をかざすだけで済む。 【デメリット】• セキュリティリスクがある:一元管理しているので読み取られたら一気に情報を持っていかれる。 身体に異物をいれる抵抗:身体に何らかの影響があるかもしれない。 監視社会:政府や企業に個人情報を握られ、監視される・・・かも。 今後マイクロチップが浸透する要因には、政府主導でマイクロチップの埋め込みを推奨あるいは強制することや、社会的影響力のある人が宣伝することにあると考えられます。 政府主導での埋め込みは少々抵抗がありますよね。 影響力のある人がバンッと広め、その後口コミなどでじわじわと浸透していく方が理想的でしょう。 大きな問題がなかったり、解決できたりすればマイクロチップの埋め込みは徐々に広まっていくかもしれません。 その日を迎えるにあたってメリットデメリットを押さえ、心の準備をしましょう。

次の

マイクロチップ(まいくろちっぷ)とは

マイクロ チップ

1mm 重量: マイクロチップ 0. 【飼主の方】 NITTOKUスマートチップはどこで装着できますか? 全国の動物病院で装着できます。 お近くの病院までお問合せください。 装着の費用はどれくらいかかりますか? 病院によって異なるので、お近くの病院までお問合せください。 なお、AIPO(動物ID推進委員会)への登録料として、1,000円かかります。 スマートチップにデータが入っているので、AIPOに登録しなくてもいいですか? AIPOへの登録は必ず行ってください。 データはNITTOKUハンディリーダライタターミナル以外の リーダーで読取ることができず、またAIPOにはスマートチップ内のデータ以上の情報が登録されます。 スマートチップのデータは、万が一の際に必要最低限の情報をすぐ得る為に使用されます。 日本獣医師会サイト(登録について) 痛そうですが、大丈夫ですか? 通常、麻酔無しで装着することが出来ます。 さらにNITTOKUスマートチップは、針が国内で最も細い為、 更に痛みが軽減されているので、ご安心ください。 既にマイクロチップが装着されているのですが、NITTOKUスマートチップを装着することはできますか? 申し訳ありませんが、原則、マイクロチップを2つ装着することはできません。 【獣医師の方、及び関係者の方】 NITTOKUスマートチップやリーダーはどこで購入できますか? 動物用医薬品卸業者から購入いただけます。 詳しくはお取引されている卸業者、または弊社問合せ窓口まで 御相談ください。 今もっているリーダーで、NITTOKUスマートチップは読取ることができますか? 読取っていただけます。 しかしデータ領域は、NITTOKUハンディリーダライタターミナルでしか読取って いただけません。 固有ID番号が〔3921490〕で始まるマイクロチップは、NITTOKUスマートチップですので、データを 読取りたい方は、までお問合せください。 脱落の可能性はありますか? 針が細い為、脱落はしにくくなっておりますが、まれに発生する場合があります。 装着後は安静にしていただくよう、お願い致します。 ガラス製ですが、強度に問題はありませんか? ガラスの材質、マイクロチップの構造設計を改良し、他社製の3倍以上の強度を実現しておりますので、 御安心してお使いいただけます。 登録はどのようにすればいいですか? 製品と共にAIPO(動物ID推進委員会)の登録申込書と封筒が納品されますので、御確認ください。 リーダーで読取ることができません。 マイクロチップの特性上、近くに金属(首輪の金具や診療台)があると、読み取り辛い場合があります。 金属から離れた場所で読取ってください。 それでも読取れない場合は、まれに体内で移動している場合が ありますので、体全体をリーダーで撫でてください。 マイクロチップはいつまでに使えば良いですか? 滅菌期限は製造から3年となります。 滅菌有効期限内に装着して下さい。 体内装着後は約20年ご使用いただけます。 製品へ記載されておりますので御確認ください。 生産設備の総合プロデュースメーカー 当社はIoTデバイスに不可欠なコイル部品や人々の生活に欠かせないモータを生産する為の精密設備製造メーカーとして、創業45年を迎えました。 身近に使われている IC カード・家電・スマートフォン・EV モータ等、ミリ単位の小さいものから大きいものまで、巻く機械を提案しています。 特に微細巻線という、髪の毛よりも細い銅線を正確に高速で巻く技術を得意とし世界各国で当社設備を採用いただいております。 マイクロチップはペットへの安全性に配慮した生産はもちろん、いままで 培った当社の整列巻き線技術により、安定した通信を実現しました。 また独自メモリ機能等、飼い主の思いを取り入れながら、大切な家族を守るマイクロチップを製造・販売しております。

次の

【迷子猫・迷子犬対策】マイクロチップ装着のメリットと費用

マイクロ チップ

現在、日本国内で挿入することができるマイクロチップは4種類あります。 その4種類のマイクロチップの販売元であるメーカーに質問メールを送りました。 以下がその回答です。 それぞれのメーカーの考え方、マイクロチップへの取り組み方の違いが、回答に現れているようでなかなかおもしろいです。 それぞれの画像をクリックすると 各社のカタログ拡大写真を見ることができます ライフチップバイオサーモ アイディール AVIDマイクロチップII AEGトロンID-162 マイクロチップの登録 登録に関しては、ライフチップが、自社で開発した独自の登録システムを日立システムアンドサービス 株 が管理。 それ以外の3社は、AIPO 動物ID普及推進会議:Animal ID Promotion Organization で管理しています。 画像をクリックすると拡大したものが見られます ライフチップの登録用紙 AIPOの登録用紙 ライフチップが管理しているデータと、AIPOのデータはリンクしていません。 もし、猫が逃げてしまった、または保護された猫にマイクロチップが入っていた場合は、両方に問い合わせる必要があります。 どちらに登録されているデータにアクセスできるのは、行政または獣医師だけで、飼い主本人が自分の猫のデータを確認することはできません。 猫の性質上、猫の比率が病院訪問の比率より高いのでは推察しています。 また、全体の登録頭数は、公的な機関にしか公表していません。 御社のマイクロチップが挿入 できる動物病院の件数は? 全国の小動物病院を約9,000軒として、その13%程度に採用されていますが、体温測定機能を有するチップが昨年末に発売されたので、増加するのではと期待しています。 登録数/病院数の上位5位の都道府県は? 兵庫県、愛知県、大阪府、沖縄県、東京都です。 神奈川県も多いです。 いずれもその地区の獣医師会がチップの普及に積極的なところです。 チップの特性/他社製品との違い 日本で販売されている動物用マイクロチップ製品規格は同じISO規格で読取の互換性がありますが、次の点が他社の製品より優れている点です(製品以外もあります)。 1)弊社は、1997年1月、日本で最初に動物用マイクロチップを販売した会社です。 2)パンフレットに記載していますように体内移動防止キャップ(特許)が付いていること。 3)製薬会社の製品なので安全性のデータがそろっていること。 4)個人情報保護法に対応したデータ登録システム 日立システムアンドサービスに委託)であること。 5)新製品のライフチップバイオサーモは、体温測定機能を有する次世代のマイクロチップであること。 6)製品が登録料込みの価格で、経済的であることから、日本で一番シェアが高いこと。 登録の方法は? 製品に同封されているデータシートに記入し、同封されたあて先印刷済の封筒(通信費無料)で郵送すれば終了です。 別途登録料の支払いは必要ありません。 登録できる内容は? チップの番号、飼主情報(氏名、住所、電話番号等)、動物情報(ペット名、品種、毛色、生年月日等)、病院情報(病院名、住所、獣医師名、電話番号等) データベースの管理は? 日立システムアンドサービス 株 に委託しています。 ここはプライバシーマークを有 し、個人情報保護法に対応できる会社です。 ちなみに、銀行のシステム構築の実績もあります。 御社のリーダーで、非ISO規格のマイクロチップの読み取りは可能でしょうか? 正確には、ISO規格以外にFECAVA規格(10桁)に対応していますのでデジタルエンジェル社が米国で販売しているホームアゲイン(旧規格;10桁)は読み取れます。 沖縄、横須賀の米軍のペットがこのリーダーで読み取れ、迷子が見つかった例があります。 AVID社(米国)もFECAVA対応ですので、FECAVA規格同士では読み取れます。 行政機関の取り組み方、読み取り機の普及度については? 1)環境省は、昨年6月に施行された外来生物法で特定動物にマイクロチップの処 置を求めています。 また、本年6月に施行される改正動物愛護管理法で特定動物にマイクロチップが義務付けられます。 2)農林水産省は、16年11月に犬等の検疫制度を改正し、犬等 猫も含む)を海 外から輸入する場 合マイクロチップが義務付けられました。 このように行政的にもマイクロチップの有用性が認められてきています。 3)今年、6月に改正動物愛護管理法が施行されますが、その際に環境省は全国約60ヵ所の保健所等にリーダーを設置の予定です。 なお、現在も一部地域(兵庫、愛知、東京、千葉等の動物愛護センター等ではリーダーが設置されています。 このような地域では獣医師会がチップの普及に熱心なところは、獣医師会の要請で公的機関にリーダーが設置されています。 マイクロチップのメリット 動物の一生を個体識別できるのはチップである(登録に使用している国もあります)欧米では、以前はタツーが採用されていたが、苦痛を伴うこと、見えなくなることからチップに置き換わった。 安全であること。 IT社会にふさわしい製品であること。 動物病院の待合室には、よく迷子猫・犬の写真が貼ってあります。 この飼主の気持ちは良くわかりますので、そうならないためにもチップの普及が望まれています。 マイクロチップのデメリット まだ、日本の社会に認知されていないことから、普及に時間がかかりそう。 チップの埋め込みにまだ拒絶する向きがある。 将来的なマイクロチップの展望は? 1)現行の犬の登録制度では、鑑札が利用されていますが、実際に犬の首輪に鑑札をつけている人を見ないので有名無実化している。 登録にチップが採用されれ ば、ペットの遺棄(飼主が判明するので)も少なくなり、行政的にも多数のペットを殺処分する手間が省けます。 2)狂犬病ワクチンの接種時にチップの処置と犬の登録を行うことを希望しています。 そうすれば、日本は狂犬病の脅威から守ることができます(日本は狂犬病の清浄国ですが、世界的には清浄国は非常に少ないのが現実です)、BSE、口蹄疫、鳥インフルエンザ、次は狂犬病といわれています(これを防ぐために、犬等の検疫制度が改正され、また、マイクロチップも義務付けられました)。 3)現在もチップはペットのパスポートとして利用されていますが、同様にその確実な個体識別により、電子カルテとの連携やペットの保険、病院の顧客管理等に利用されれば、活用領域は非常に広がると思います。 マイクロチップの普及活動は? 1)今までもペット新聞、各種ペット関係雑誌へのチップの紹介、NHK放送の協力など行ってきました。 本年1月には、毎日ペット新聞、2月にはJAHA 日本動物病院福祉協会 の病院向け冊子にライフチップの紹介、1月のアニコムパフェ、2月の愛犬の友、RETRIVERの雑誌にはマイクロチップの特集記事が掲載されます。 今年の春はチップに少し春が来そうです。 2)地方の獣医師会が開催するペットフェスティバルでの製品展示とデモ、チップの無料処置への協賛 3)盲導犬協会へのチップの寄贈、イリオモテヤマネコ、ツシマヤマネコ保護へのチップの協賛 4)獣医関係の学会での製品展示とデモの実施 5)今年は新製品ライフチップバイオサーモを、春のペットショーで一般向けに製品展示とデモを行う予定です。 挿入後のデータの登録に関してはペットオーナー様のご判断となっており、また、データの登録に関しましてはAIPO(動物ID普及推進会議)の事業となっているため、販売数量と登録件数が直接リンクしておらず具体的な登録数は、弊社では掌握できておりません。 御社のマイクロチップが挿入 できる動物病院の件数は? 全国の動物病院にて取り扱い可能な商品ですので、基本的にはどちらの動物病院でも挿入可能となります。 従いまして、まずはかかりつけの動物病院相談していただければ、と思います。 登録数/病院数の上位5位の都道府県は? 登録に関してはAIPOの事業となっておりますので弊社では掌握しかねます。 ご参考までに マイクロチップに関しての情報は下記NPO法人をご参照下さい。 チップの特性/他社製品との違い 弊社取り扱いのマイクロチップは、スイス データマース社の高品質なマイクロチップとなっております。 登録の方法は? AIPOの事業となっております。 「」ホームページをご参照下さい。 マイクロチップ自体には、飼い主の住所・電話番号などのデータは入っておらず、マイクロチップのデーター(15桁の数字)と、ペットオーナー様のデータを照合させるためのデータベースへの登録が必要になります。 登録できる内容は? AIPOでのデータ登録内容は以下の通りとなっております。 リーダーの種類によって、読取れる非ISO規格のマイクロチップが異なっておりま す。 )はISO規格のほかに、非ISO「FECAVA」規格と非ISO 「Trovan」規格が読取り可能です。 システムですが、非ISO規格が読み取り可能なリーダーは、ISO規格にあった通信機能のほかに、非ISO規格にあった通信機能を備えているため読取りが可能となっております。 弊社のリーダーはISO規格がメインなので、「ISO」規格を最初に読取り、読めなければ非ISOの規格、読めなければまた違う非ISOの規格と、そのマイクロチップに応じて規格を変えて読み取りを行っおります。 簡単に言いますと、数種の非ISO規格のマイクロチップがあり、そのマイクロチップ の規格に対応した通信機能も備えているリーダーであるということになります。 行政機関の取り組み方、読み取り機の普及度については? 各行政機関にお問合せ下さい。 マイクロチップのメリット 1.迷子、逸走動物の身元確認 2.事故遭遇動物の飼主発見 3.動物の盗難防止に有効 4.遺棄の防止 5.災害時における動物救護活動の円滑化 マイクロチップのデメリット 1.挿入時に発生する諸費用 将来的なマイクロチップの展望は? 上記メリットに通ずることとなりますが、地域との共生をめざし、捨て猫・捨て犬 の防止や、飼育者としての責任を明確にし集合住宅などでのトラブル解決を容易にできると考えられます。 また、血統登録管理、動物医療保険の個体証明など、その用途は多岐にわたり、最終的には、愛犬、愛猫が家族の一員であるという証になるものと考えられます。 マイクロチップの普及活動は? 全国に8000件ある動物病院に対し、弊社より微弱ながら普及活動をさせていただいております。 全国の獣医師会様・開業獣医師の先生方からの依頼によるMC説明会を中心に活動しており、貸し出し用のリーダーを保有して普及活動をしております。 1mm 2005年12月現在、御社のマイクロチップを挿入 している猫と犬の登録数は? 登録数はAIPOが管理していますので、当社としては把握していません。 御社のマイクロチップが挿入 できる動物病院の件数は? 全国どこの病院でもご希望があれば注入できます。 登録数/病院数の上位5位の都道府県は? これについてもAIPOが管理しているため、当社としては把握していません。 チップの特性/他社製品との違い 生体適合ガラスの中に封入されているため、生体内での拒否反応がありません。 生体内での移動防止のため、パリレンC という高分子がコーティングしてあります。 動物への注入がきわめて簡単で、動物が痛がることはほとんどありません。 登録の方法は? AIPOでの登録となります。 登録できる内容は? 飼い主の方の氏名・住所・電話番号・ペットの名前・生年月・性別・動物種など データベースの管理は? AIPO 御社のリーダーで、非ISO規格のマイクロチップの読み取りは可能でしょうか? 社では3種類のリーダーを販売しています。 それぞれについて以下の規格が読み取れます。 ミニトラッカーII:ISO規格/FECAVA規格/AVIDオリジナル規格 棒状リーダー:ISO規格/FECAVA規格/AVIDオリジナル規格 パワートラッカーVI:ISO規格/FEVACA規格/AVIDオリジナル規格/TROVANオリジナル規格 行政機関の取り組み方、読み取り機の普及度については? 今年から施行になる新動物愛護法のため、各都道府県で読取機の導入が進むものと期待しています。 マイクロチップのメリット メリットは飼主の責任を明確にすることで、生命の大切さを理解し、捨て犬等の減少につながること。 又、災害等で飼主と離れてしまったペットが飼主のもとに戻れること、などであると考えます。 マイクロチップのデメリット デメリットは飼主の経済的な負担です。 将来的なマイクロチップの展望は? 飼主はペットの生命に責任があると考えています。 マイクロチップは飼主のペットに対する責任のあかし。 広くすべてのペットに普及することを望んでいます。 マイクロチップの普及活動は? 各地の獣医師会と協力して普及・啓蒙につとめています。 2005年12月現在、御社のマイクロチップを挿入 している猫と犬の登録数は? 両方合わせて1000頭前後? 御社のマイクロチップが挿入 できる動物病院の件数は? 不明 代理店(森久保薬品経由で販売中、栃木、埼玉、神奈川、東京、千葉地区) 登録数/病院数の上位5位の都道府県は? 栃木、埼玉、神奈川、東京、千葉地区 チップの特性/他社製品との違い ISO規格品につき、同じです。 登録の方法は? AIPO 動物ID普及会議 に登録 登録できる内容は? AIPOの登録用紙の内容 データベースの管理は? AIPO 動物ID普及会議 に登録 御社のリーダーで、非ISO規格のマイクロチップの読み取りは可能でしょうか? 可能です。 登録は。 <関連リンク>.

次の