ふきのとう の 料理。 【みんなが作ってる】 ふきのとうのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

ふきのとう の 料理

もくじ• 表面の皮を一枚剥がして、変色している部分を取り除く。 水の色が変わるまで、水に浸す。 水の色が変わったら、水を換える。 水に浸す時間を長くすると、苦味をやわらげることができます。 アク抜き ふきのとうはアクが強いので、おひたしなどにする場合にはアク抜きをする必要があります。 アク抜きの方法には、• 沸騰したお湯でアクを抜く方法• 塩をかけて揉むことでアクを抜く方法• 重曹水でアクを抜く方法 上記の3つの方法があります。 方法1 沸騰したお湯でアクを抜く方法の手順は以下の通りです。 1の沸騰させた塩水にふきのとうを入れて、落し蓋をして、3~4分茹でる。 茹で終わったら鍋から出して、30分から2時間ほど冷水にさらす。 冷水にさらす時間が長いほど苦味を抑えることができます。 しっかりと苦味を取りたい場合は時々水を換えて、2時間~一晩おいておきましょう。 ふきのとうに塩をかけて板ずり(まな板の上で転がすこと)、あるいは手で揉む。 30分から2時間ほど冷水にさらす。 板ずりや塩揉みすることによって、アクが黒く出てきます。 こちらも、冷水にさらす時間で苦味を調節することができます。 方法3 重曹水でアクを抜く方法の手順は以下の通りです。 1リットルの水に小さじ1杯の重曹を入れた重曹水を沸騰させる。 沸騰させた重曹水にふきのとうを入れて、1~2分茹でる。 茹で終わったら鍋から出して、30分から2時間ほど冷水にさらす。 重曹でアクを抜く方法は、塩水よりも短時間でアク抜きをすることができます。 茹ですぎると重曹の影響でふきのとうが溶けて形が崩れてしまうので、注意しましょう。 天ぷら• おひたし• ふきのとう味噌 などがあります。 ふきのとうのふりかけ• 蕗の薹の万能オイル漬け• ふきのとうの甘辛煮• フキノトウのチーズ焼き などがあります。 ふきのとうが沢山ある場合には、定番の食べ方だけでは少し飽きてしまいますよね。 ふきのとうは、水洗いをしてしっかりと汚れを落としておく。 沸騰させたお湯で3分ほど茹でる。 茹で終わったら冷水にひたしてアク抜きをする。 しっかり水気を切って、小分けにしてラップにつつみ、ジップロックなどのファスナー付の袋に入れて、冷凍させる。 冷凍保存の場合、1ヶ月ほど保存することができます。 冷凍する時は、急速冷凍すると、解凍した時の色や味が損なわれることを防ぐことができます。 ふきのとうを金属トレイの上に置くことで、早く冷凍することができるのでおすすめです。 解凍方法 解凍するときは、できるだけ自然解凍をおすすめします。 新聞紙やキッチンペーパーを軽く湿らせる。 湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで、ふきのとうを包む。 包んだふきのとうをポリ袋に入れて、野菜室で保存する。 冷蔵保存の場合、1週間ほど保存することができます。 冷蔵保存で風味を保つには、乾燥から守ることがポイントになります。 新聞紙やキッチンペーパーを湿らせる事を忘れないようにしましょう。 常温 当日、または翌日に食べてしまうのであれば常温でも大丈夫ですが、基本的には常温保存はおすすめできません。 前述したように、ふきのとうは乾燥から守ることがポイントになります。 気温が冷蔵庫のように低い場合であっても、寒い時期は空気が乾燥しやすいので、やはり常温保存には向いていません。 1週間ほど保存したい場合は冷蔵保存、長期保存したい場合は冷凍保存するようにするといいですね。 2月下旬頃~3月下旬頃は、季節でいうと 初春にあたります。 ハウス栽培のものは12月下旬頃から店頭に並ぶようになります。 ふきのとうというと、雪の中から顔を出している姿を想像する方も多いのではないでしょうか。 そのイメージの通り、 ふきのとうの旬の時期は、雪解けの時期と重なります。 東日本(関東~東北地方)では、2月から3月が旬となります。 ですから、天然物のふきのとうが出回るのはこの時期が一番多くなります。 東日本の中でも、 関東地方は2月ごろから。 そして 東北地方は3月ごろからと、暖かい地域の方が早く旬を迎えます。 西日本では、1月~2月が旬 西日本では、東日本よりも少し早く、1月から2月が旬となります。 北海道では、3月から4月が旬です。 寒いので、旬の時期が一番遅くなっています。 日本全国の旬をまとめると、ふきのとうは1月から4月ごろまで楽しめるということが分かりますね。

次の

【みんなが作ってる】 ふきのとう 簡単のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

ふきのとう の 料理

ふきのとうの茎を食べる! まずは薹が立ったふきのとうを採って来ます。 そこらへんに生えていますが、さすがにそれを食べるのは抵抗があるので、山まで採りに行ってきました。 茎が20cmくらい伸びたものを5本ほど。 結果的にとても少なくなったので、もっと採ってくればよかった。 花の中心部分は食べないので取り除きます。 あと、葉が極端に汚れた部分、虫食いなども除去します。 今回は茎を食べるのが目的ですが、葉(花びら?)の部分はふきのとうみそにできるらしいので、一緒にアクを抜きます。 洗ったふきのとうに重曹を多めにふりかけ、まんべんなくまぶします。 そしてたっぷりのお湯をかけます。 空気に触れた部分から茶色く変色していくので、全体がお湯に浸るように。 どんどんお湯が茶色くなっていきます。 このまま放置していると葉がドロドロになってしまうと思ったので、葉を取り除いてこちらは冷水にさらします。 アクの強さを思い知る……。 葉をきれいにむしることはできませんでした。 次回からは、葉を取ってからお湯をかけよう。 お湯が冷めたら、茎を水に晒します。 何度か水を替え、ちょっと食べてみて好みの味になるまであく抜きします。 重曹のおかげかかなり癖が無くなっていたので、一度さっと晒した程度で食べられるようになりました。 この茎を縦半分に割り、斜め切りにします。 (筒状のまま使っても良いようですが、空洞部にワタ?のようなものが入っていたので、それを取り除くための切り開きです。 ) そして、あとはごま油で炒め、鷹の爪、砂糖、しょうゆなどできんぴらごぼう風に味付けして完成。 ただ、量がかなり減ってしまったので、ツナ缶を一缶追加してボリュームを出す。 (これはフキの油炒めをするときによく使う組み合わせ) 水気が無くなるまで炒めてできあがり。 食べてみます 出来上がりがかなり少なくなってしまいました。 さて味見です。 一般によく食べられているふきの茎の部分よりも苦みと香りが強く、歯応えがあります。 筋取りしてないからかな?でも、口に残る感じではありません。 ツナが入っているせいか、残ったアクもうま味として味わえる出来栄えでした。 お弁当にも向く味。 あく抜きはちょっと面倒ですが、ここまで育ったふきのとうも美味しく食べられるとわかれば、春の楽しみが増えるってもんです。 また採りに行ってこよう! 葉の部分はふきのとうみそにしました 途中でむしり取った葉の部分は、水にさらして絞った後に、ごま油、味噌、砂糖などで炒めてふきのとうみそにしました。 こちらは花芯が入っていないせいか、蕾をまるごと使ったものよりも苦みが穏やか。 また、重曹を使ってあく抜きしたおかげで緑色が保てているような気がします。 ふきのとうみそって、意外にも卵かけご飯の味付けに合うんですよ。 作る機会があったらお試しあれ。 ということで、今回はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

ふきのとうの栄養価と注意事項。毒があるって本当?

ふきのとう の 料理

ふき(蕗)・ふきのとうの旬 ふき(蕗)・ふきのとうの旬は3~5月で、早春の香りを届ける山菜です。 ふき(蕗)のあく抜き~下ゆで・板ずり ふき(蕗)はアクが強いので必ず板ずりをしてから茹でて水にさらしアク抜きをし、皮をむいてから調理します。 蕗(ふき)をゆがくときは、なるべく大きな鍋を使います。 大きな鍋でゆでたほうが色鮮やかにゆで上がるそうです。 ふきは鍋に入る長さに切りそろえ、まな板の上において、ふき1束につき塩小さじ2をふります。 手のひらでまな板の上にこすりつけるようにゴロゴロ転がして板ずりにします。 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を一つまみ入れ、ふきの根の方から鍋に入れていきます。 強火で3~5分ゆで、ふきの色が鮮やかになったら冷水にとって冷まし、皮をむきます。• 食べやすい長さ、料理に合わせた長さに切ってから調理します。 ゆでたままで置くと変色するので、水に浸しておきます。 蕗の皮むきをすると指先があくで黒くなるのがちょっと困りものですが、店頭にある水煮して着色料がついたものよりも、蕗本来の香りと味が楽しめます。 昆布とかつおだしで、砂糖としょうゆの薄味で煮た蕗は春の香りがしてとってもおいしいです。 蕗の葉は塩ゆでにし、よく水にさらしてから調理します。 ふきのとうの下ごしらえ ふきのとうはさっとゆでて水にさらし、アクを抜いてから調理します。 天ぷらがおすすめです。 (水気をよく拭いてから揚げないと油がはねて危険です).

次の