パコパコ 新米 パパ。 パコ族の新米祭り

“新米パパ”藤本敏史も登場、よしもとパパ芸人が作った「パパコ絵本」を公開

パコパコ 新米 パパ

新米祭りの儀式 パコ族の新米祭りは、1年のうちで最も大安の日とされる旧暦の11月6日に始まり、旧暦の12月24日まで行われますが、それぞれの村は、自らの事情に基づいてその期間の中の1日を選んで新米祭りを行います。 この祭りは、豊作を与えてくれた神様に感謝の気持ちを示すだけでなく、人間の健康と平穏な生活も祈るものです。 豊作を与えてくれた神様に感謝を示す意味で、収穫量が例年よりよほど多い年だけ行われます。 アルオイ県文化情報課のレ・ティ・ティエム課長は次のように語りました。 (テープ) 「アザ祭りは、パコ族の最も大きな行事で、5年から10年に一度行われます。 かなりの豊作にあって、健康で平穏な生活を送った一年であれば、稲の神様に感謝の気持ちを表すために、新米祭りを行います。 今もなお、この祭りはその価値と規模をそのまま受けついでいます。 」 お餅はお供え物の一つです。 アルオイ県アナム村の村長ホー・チャインさんによりますと、新米祭りは、稲の恩に報いる祭りとも呼ばれています。 稲作を本業とするパコ族にとって稲は人間の生活にとって欠かせない代表的な食料です。 そのため、新米祭りで神様に奉納するお供え物の中で最も重要なものは稲と米です。 ホー・チャイン村長は次のように話しました。 (テープ) 「新米祭りは、豊作の年に行われます。 その年は食料も豊富ですし、生活も平穏ですから、神様に感謝の気持ちを表すことが狙いです。 かつて、水牛などを神様にお供えしましたが、近年、節約するため、ヤギに代えます。 」 トゥアティエンフエ省文化スポーツ局のファン・ティエン・ズン局長によりますと、パコ族の新米祭りは、パコ族ならではの音楽や舞い、儀式などを含み、パコ族の豊かな文化と信仰を表わしますが、近年、この伝統は薄くなっているようです。 そのため、現地行政府はこの伝統の保存と開発に力を入れていく方針です。 中でも、新米祭りで披露される伝統的な歌と踊りを若者に教えることは重要な措置の一つとされています。 ズン局長は次のように語りました。 (テープ) 「パコ族の伝統文化に詳しい人は村長やお年寄りで、その中には100歳を超えている人もいます。 そのため、最も重要な任務は、彼らに昔のような新米祭りを復元してもらって、記録をしたり、撮影したりということです。 また、パコ族の新米祭りを国の無形文化遺産として認定してもらうために、必要な書類を準備しております。 」 パコ族の人々と現地行政府の努力により、新米祭りは昔のような価値をそのまま保ち、地元の観光の目玉となると期待されています。

次の

パコ族の新米祭り

パコパコ 新米 パパ

新米祭りの儀式 パコ族の新米祭りは、1年のうちで最も大安の日とされる旧暦の11月6日に始まり、旧暦の12月24日まで行われますが、それぞれの村は、自らの事情に基づいてその期間の中の1日を選んで新米祭りを行います。 この祭りは、豊作を与えてくれた神様に感謝の気持ちを示すだけでなく、人間の健康と平穏な生活も祈るものです。 豊作を与えてくれた神様に感謝を示す意味で、収穫量が例年よりよほど多い年だけ行われます。 アルオイ県文化情報課のレ・ティ・ティエム課長は次のように語りました。 (テープ) 「アザ祭りは、パコ族の最も大きな行事で、5年から10年に一度行われます。 かなりの豊作にあって、健康で平穏な生活を送った一年であれば、稲の神様に感謝の気持ちを表すために、新米祭りを行います。 今もなお、この祭りはその価値と規模をそのまま受けついでいます。 」 お餅はお供え物の一つです。 アルオイ県アナム村の村長ホー・チャインさんによりますと、新米祭りは、稲の恩に報いる祭りとも呼ばれています。 稲作を本業とするパコ族にとって稲は人間の生活にとって欠かせない代表的な食料です。 そのため、新米祭りで神様に奉納するお供え物の中で最も重要なものは稲と米です。 ホー・チャイン村長は次のように話しました。 (テープ) 「新米祭りは、豊作の年に行われます。 その年は食料も豊富ですし、生活も平穏ですから、神様に感謝の気持ちを表すことが狙いです。 かつて、水牛などを神様にお供えしましたが、近年、節約するため、ヤギに代えます。 」 トゥアティエンフエ省文化スポーツ局のファン・ティエン・ズン局長によりますと、パコ族の新米祭りは、パコ族ならではの音楽や舞い、儀式などを含み、パコ族の豊かな文化と信仰を表わしますが、近年、この伝統は薄くなっているようです。 そのため、現地行政府はこの伝統の保存と開発に力を入れていく方針です。 中でも、新米祭りで披露される伝統的な歌と踊りを若者に教えることは重要な措置の一つとされています。 ズン局長は次のように語りました。 (テープ) 「パコ族の伝統文化に詳しい人は村長やお年寄りで、その中には100歳を超えている人もいます。 そのため、最も重要な任務は、彼らに昔のような新米祭りを復元してもらって、記録をしたり、撮影したりということです。 また、パコ族の新米祭りを国の無形文化遺産として認定してもらうために、必要な書類を準備しております。 」 パコ族の人々と現地行政府の努力により、新米祭りは昔のような価値をそのまま保ち、地元の観光の目玉となると期待されています。

次の

“新米パパ”藤本敏史も登場、よしもとパパ芸人が作った「パパコ絵本」を公開

パコパコ 新米 パパ

新米祭りの儀式 パコ族の新米祭りは、1年のうちで最も大安の日とされる旧暦の11月6日に始まり、旧暦の12月24日まで行われますが、それぞれの村は、自らの事情に基づいてその期間の中の1日を選んで新米祭りを行います。 この祭りは、豊作を与えてくれた神様に感謝の気持ちを示すだけでなく、人間の健康と平穏な生活も祈るものです。 豊作を与えてくれた神様に感謝を示す意味で、収穫量が例年よりよほど多い年だけ行われます。 アルオイ県文化情報課のレ・ティ・ティエム課長は次のように語りました。 (テープ) 「アザ祭りは、パコ族の最も大きな行事で、5年から10年に一度行われます。 かなりの豊作にあって、健康で平穏な生活を送った一年であれば、稲の神様に感謝の気持ちを表すために、新米祭りを行います。 今もなお、この祭りはその価値と規模をそのまま受けついでいます。 」 お餅はお供え物の一つです。 アルオイ県アナム村の村長ホー・チャインさんによりますと、新米祭りは、稲の恩に報いる祭りとも呼ばれています。 稲作を本業とするパコ族にとって稲は人間の生活にとって欠かせない代表的な食料です。 そのため、新米祭りで神様に奉納するお供え物の中で最も重要なものは稲と米です。 ホー・チャイン村長は次のように話しました。 (テープ) 「新米祭りは、豊作の年に行われます。 その年は食料も豊富ですし、生活も平穏ですから、神様に感謝の気持ちを表すことが狙いです。 かつて、水牛などを神様にお供えしましたが、近年、節約するため、ヤギに代えます。 」 トゥアティエンフエ省文化スポーツ局のファン・ティエン・ズン局長によりますと、パコ族の新米祭りは、パコ族ならではの音楽や舞い、儀式などを含み、パコ族の豊かな文化と信仰を表わしますが、近年、この伝統は薄くなっているようです。 そのため、現地行政府はこの伝統の保存と開発に力を入れていく方針です。 中でも、新米祭りで披露される伝統的な歌と踊りを若者に教えることは重要な措置の一つとされています。 ズン局長は次のように語りました。 (テープ) 「パコ族の伝統文化に詳しい人は村長やお年寄りで、その中には100歳を超えている人もいます。 そのため、最も重要な任務は、彼らに昔のような新米祭りを復元してもらって、記録をしたり、撮影したりということです。 また、パコ族の新米祭りを国の無形文化遺産として認定してもらうために、必要な書類を準備しております。 」 パコ族の人々と現地行政府の努力により、新米祭りは昔のような価値をそのまま保ち、地元の観光の目玉となると期待されています。

次の