サイコ グラム 意味。 【DECO*27/サイコグラム】の歌詞の意味を徹底解釈

DECO*27

サイコ グラム 意味

カテゴリ• 初めては決まっていたの 触れたから染まってるでしょ? 開いた口から顔を出す 甘い甘いサイコグラム 「僕には見せないその顔は何ですか?」 ほらチクッとしましょ 「諦めて仲良くするのはいつですか?」 ほらチクッとしましょ 汚い言葉だらけだ 僕は呑み込まれてしまったんだ わかるよわかるよ だってそうだ そもそも愛は足りてるの ねえ君が好きだよ 素敵すぎて 渡したくない ねえ僕じゃないならば 誰を選ぶんだい? ほら怖くないよ 例え話、もしも話 答えられないのなら 君は要らないや 重いほどビビッと来るの キツくほら縛ってくれよ お残しはダメよ ちゃんと食べて 甘い甘いサイコグラム 「すぐに返事してよ ねえ今どこですか?」 ほらチクッとしましょ 「嘘憑きはキスでお祓いしてあげましょう」 ほらチクッとしましょ 「ごめんなさい」はいいからさ 君は変わらずに笑っていて 心配させないで ツラいさよならは 二度と来ないんだ ねえ君が好きだよ 二人きりを 夢見てたの もう逃げたりしないで 僕が守るから 邪魔する形は ひとつひとつ おもちゃにしよう すべては君のため 誰も要らないや ねえ君が好きだよ 素敵すぎて 渡したくない ねえ僕じゃないならば 誰を選ぶんだい? ほら怖くないよ 例え話、もしも話 答えられないんだよね? 君は汚いや ほら怖くないよ もう離さないよ 目次• はじめに 『サイコグラム』とは2019年8月7日にプレミア公開された楽曲です。 翌日8日にフルサイズMVが公開され多くのファンの間で注目されました。 動画再生回数は公開から僅か1日で40万近い再生回数となり、コメント欄は 実に3,000以上のメッセージで埋め尽くされていました。 MVの内容に少し触れてみたいと思います。 今回のMVでは下記の登場人物が物語を展開していきます。 ・赤髪の青年 ・青髪の少女 ・影で表現される人たち 最初に申し上げておきたい点が今作終盤では際どい展開になりダークな作品 に仕上がっています。 筆者の考察をざっくりと述べると、赤髪の青年は青髪の少女の家に監禁されて いるのだと思います。 窓は木の板で封鎖されており外には出られないようになっています。 青髪の少女は幼い頃に周囲の人たち、もしくは両親から虐待を受けていたもの と思います。 その代償として精神が非常に歪みメンヘラと化したように見受けられます。 影で表現される人たちは青髪の少女を虐待した人たち、もしくは赤髪が心配に なった両親を指すのかもしれません。 詳しい物語の展開や登場人物とのやりとりは続く考察で扱っていきます。 タイトル『サイコグラム』とは 『サイコグラム』とは「精神図」であり人の心を測定してグラフ化する 「サイコグラフ」に類似していると思われます。 また今作においては青髪の少女の「精神が著しく病んでいる」もしくは 「猟奇的な」部分を考慮し「サイコパス」のような感覚で「サイコ」を 使用しているように感じます。 MV序盤でも少女は影で示される人たちに危害を加え、そして終盤には 赤髪の青年にまで危害を加えていきます。 それを悔やむこともなく悍ましい笑みを浮かべる彼女には、上記の意味 合いがふさわしいと言わざるを得ません。 『サイコグラム』歌詞の意味 アナタを初めて見た時から 初めては決まっていたの 触れたから染まってるでしょ? 開いた口から顔を出す 甘い甘いサイコグラム MVを見る限り青髪の少女は影で表現される人たち、 例えば両親から虐待を受けていたようです。 彼女の精神はその時から大きく歪み彼女の中で危険 な要素をはらんでいきました。 初めは好きの感情で埋め尽くされた甘い甘いサイコ グラム、つまり恋愛感情に満たされた精神でした。 青髪の少女は学生時代の赤髪の青年を一目見たとき から猛烈に好きになりました。 虐待され愛情を知らない渇いた心に水が注がれたこ とでしょう。 救われたと実感したに違いありません。 彼をどういう仕方で自室に運んできたのかはわかり ません。 眠らせるなどして運び込んだか、部屋になんらかの 仕方で呼びつけたのかもしれません。 しかし歌詞を見る限り、彼女は彼に触れたときには 彼一色に染まっていきました。 知らないことへの嫌悪感 「僕には見せないその顔は何ですか?」 ほらチクッとしましょ 「諦めて仲良くするのはいつですか?」 ほらチクッとしましょ 汚い言葉だらけだ 僕は呑み込まれてしまったんだ わかるよわかるよ だってそうだ そもそも愛は足りてるの 今作においては「僕」が青髪の少女で「君」が赤髪の青年 を表現しています。 この歌詞は非常に悍ましくサイコ要素が強いと思います。 彼女は彼が自分の知らない表情を他人に向けるのが嫌いで した。 つまりこの時はまだ自宅に返していた時期だったのでしょう。 「諦めて仲良くするのはいつですか?」 とは彼がまだ彼女の言いなりになっていない時期のことを述 べているように思われます。 洗脳しきれていない時期とも言えるかもしれません。 歌詞の合間に「チクッとしましょう」とあるのはなんらかの 洗脳したり思考を鈍らせる注射を彼女が打っていることを理 解できます。 こうしたことを繰り返すうちに彼は彼女の部屋から出られな くなった、正確には出る気力がなくなったのでしょう。 彼女は歌詞の中で大人たちの汚い言葉が自分の心と精神を汚 した、もしくは歪めたのだと指摘しています。 彼がすぐに返事をしない、それには電話やメールの返事も含まれて いたと思われますが遅いと心配になってしまうのです。 彼のことはすべて自分が把握していたいのです。 嘘憑きとお祓いという関連深い言葉を用いて言葉遊びをしています。 この言葉のチョイスから嘘を彼女が非常に悪いものとみていること とその罰として彼をなんらかの仕方で苦しめている様子を想像する ことができます。 この間も彼の思考や行動に影響を注射を繰り返しているところから 彼女が彼を自分の管理下に置きたいことが把握できます。 影と人形が示すもの ねえ君が好きだよ 二人きりを 夢見てたの もう逃げたりしないで 僕が守るから 邪魔する形は ひとつひとつ おもちゃにしよう すべては君のため 誰も要らないや MVの最初から気になっていた点ですがしばしば「人形」 の描写が目についたと思います。 筆者の解釈では人形は彼女に危害を加えられた大人たち であると思います。 まずはじめに彼女は自宅で両親に手をかけたのでしょう。 そして彼がドアを開いたときに、やってきた影たちをこ とごとくおもちゃに変えたのは彼女でした。 「おもちゃにしよう」とは「自分の意のままになる」も しくは「動かなくなる」ことを示しています。 つまり影で表現される大人たちはすべて彼女の手で、、、 彼女はすべて彼のためと称して猟奇的な行動を正当化し ています。 これでずっと一緒だね 答えられないんだよね? 君は汚いや ほら怖くないよ もう離さないよ 今作のMVでは中盤まではハッピーエンドと錯覚してしまう 内容構成になっていました。 彼女が彼を悪い大人たちから守っているという構図だから です。 しかし終盤には大どんでん返しが待ち受けていました。 危険な衝動を隠してきた彼女が遂に本性を表します。 彼は物言えぬ状態まで薬物中毒にされたのでしょうか。 彼女の「自分だけを好きでいてくれる?」という問い かけに答えることができませんでした。 彼女は答えられない彼の心は汚いとののしり最後の手段 に出ました。 彼を包丁で刺してしまったのです。 そして流れる彼の血でハートマークを描き二人で寝ました。 彼女は彼に優しく呟きます。 「ほら怖くないよ もう離さないよ」 そして彼女は深い眠りに、彼は永遠の眠りにつきます。 彼女は歪んだ幸せを両手に抱きしめながらこう言います。 「これでずっと一緒だね」 まとめ いかがだったでしょうか。 全開のタイトルもなかなか強烈でしたが、 今回はもう夏の季節に合わせたサイコホラーでしたね。 実際に歪んだ形の愛を実現してしまった事件もあります ね。 こんな仕方で愛されたくないと心から願った筆者がいる のでした(汗) 今作に登場した青髪の少女に共感した方がいるでしょう か。 もしいたとしたら純粋で誠実な仕方で相手に愛を伝えて 欲しいと心から願います(汗 汗) それでも辛い状況の中でなんとか愛を育もうとしたその 姿を実にドラマティックに描いていたと思います。

次の

DECO*27

サイコ グラム 意味

感染細胞(中央)には特徴的な核内が見られる。 : 第1群(2本鎖DNA) : : : : サイトメガロウイルス属 Cytomegalovirus サイトメガロウイルス( cytomegalovirus; CMV)は、宿主細胞の核内に下で観察可能な「の目 owl eye 」様の特徴的なを形成することを特徴とするの総称である。 上は サイトメガロウイルス属とし、この場合を含むを宿主とするものに限るが、総称としては近縁でを宿主とするムロサイトメガロウイルス murine cytomegalovirus;MCMV も含める。 ヒトに感染するのは ヒトサイトメガロウイルス human cytomegalovirus; HCMV で、これはヒト以外の動物には感染しない。 HCMVの学名は ヒトヘルペスウイルス5型 human herpesvirus-5; HHV-5 である。 この項では主にこのヒトサイトメガロウイルス HCMV について記述し、ウイルス学の項以外では簡単のためサイトメガロウイルス CMV と略して呼称する。 CMVは通常、幼小児期に唾液・尿などの分泌液 を介して不顕性感染し、その後潜伏・持続感染によって人体に終生寄生することで人類集団に深く浸透している。 健常人では脅威とならないが、免疫の未熟な胎児・免疫不全状態の・患者・免疫抑制療法などではウイルス増殖による細胞及び臓器傷害で生命を脅かす。 CMVは免疫の老化(疲弊)と関わっており、加齢に伴ってCMV以外の感染症に対する防御能の低下をきたす。 またCMVが細胞に感染すると、腫瘍細胞がやに対する抵抗性を獲得して悪性度を増す可能性がある(oncomodulation)。 には Chee ら によってHCMV の全塩基配列が決定されている。 有効なワクチンは開発されていない。 名前の由来と歴史 [ ] サイトメガロウイルス(cytomegalovirus;CMV)という名称は、CMVは自身が感染した細胞を(cyto-)巨大化(megalo-)させることに由来し 、ヒトサイトメガロウイルス(human cytomegalovirus;HCMV)の最初の分離者の1人である Weller T. によって1957年にその名称が与えられた。 CMVそれ自身は、1881年にドイツの病理学者 Ribbert H. が梅毒様症候を呈した死産児の腎で "owl eye(フクロウの目)" 様の特徴的な核内封入体を持つ巨細胞を観察し、学会発表したのが最初の報告である(論文発表は1904年で当初は寄生虫感染と推測されていた)。 マウスに感染するムロサイトメガロウイルス(murine cytomegalovirus;MCMV)は1954年に報告された。 疫学 [ ] CMVは母子間で経胎盤・経産道・経母乳等のルートで垂直伝搬をおこし、その後はキス等の唾液の交換、尿などからの接触あるいは飛沫により直接的あるいは間接的に、精液や子宮頸管分泌液を介して性的に、さらに移植や輸血等により医原的に水平伝搬を起こす。 CMVは広い臓器親和性(向汎性)を有するため種々の臓器に潜伏感染(ウイルスゲノムは存在するが感染性のウイルス粒子は産生されない状態)し、終生宿主に持続感染し排除されない。 外因感染ののち、種々の誘因で再活性化(潜伏したウイルスゲノムから感染性のウイルス粒子の産生)し、内因感染を起こす。 そのため、先天性感染や周産期感染による新生児サイトメガロウイルス感染数の増加が懸念されている。 感染症 [ ] サイトメガロウイルスによる感染症は、幼児期の初期感染と免疫抑制状態で再活性化することで様々な病態を起こす。 通常は、幼児期に何の病態も示さない不顕感染で終わり潜伏感染のまま推移する。 しかし、免疫系が正常であっても、、様の症状、ごく希に胃腸炎 を呈する事がある が、先天性感染以外では、聴覚神経、視覚神経への障害リスクは低い。 主な感染経路は、• 体液、分泌物との接触。 - 非性的接触、性的接触。 胎内感染 - 新生児に先天性の感染症を生じる。 輸血、臓器移植 - 白血球内に感染したサイトメガロウイルスが感染し、2 - 4週間後に発熱、まれにを発症することもある。 また、免疫抑制療法中に生じた腸炎や大腸穿孔 が報告されている。 臨床像 [ ] 先天性感染• 症候性の感染児は新生児の約0. 先天性巨細胞封入体症とも呼ばれる。 の1つ。 ウイルス培養により、、などの他の先天性感染症と鑑別の必要がある。 後天性感染 主症状は、発熱、肝機能異常、頚部リンパ節腫脹、肝脾腫などで、急性熱性疾患としては CMV、伝染性単核球増加症と似た非定型リンパ球増加症。 サイトメガロウイルス網膜炎 網膜出血等を生じる。 サイトメガロウイルス肺炎 化学療法後やなどの免疫力が低下している状態に引き起こる。 後天性免疫不全症候群患者の主要死因である。 サイトメガロウイルス髄膜炎 化学療法後や後天性免疫不全症候群などの免疫力が低下している状態に引き起こる。 サイトメガロウイルス腸炎 等の治療中に起こる。 検査 [ ] 検査法は主に以下が用いられる。 抗体検査• CMV-IgG:既感染者で陽性を示す。 CMV-IgM:初期感染・再賦活時に上昇を示す• 抗原検査• C7-HRP:CMVpp65抗原をペルオキシダーゼ標識ヒトモノクローナル抗体で染色し、鏡検下に細胞質が栓塞された数を検索し評価していく。 ウイルス検査• CMV-DNA:法にてウイルス量を直接測定する 治療 [ ] 基本的に、初期感染時と再賦活時による感染活動期に治療適応となる。 重症の場合は下記例のを用いる。 また、先天性感染感染児に対する抗ウイルス薬投与は難聴の改善効果が認められている。 Ganciclovir 点滴製剤• Valganciclovir 経口内服製剤• Foscarnet 点滴製剤。 適応はサイトメガロウイルス網膜炎のみ• Cidofovir 耐性ウイルスの場合に投与。 また、加齢に伴ってこの比率が上昇する。 どの様な機構によるのかは未だ不明であるが、加齢に伴ってこのCMV特異的T細胞の少クローン性の増大(memory inflation)を生じると、ナイーブ T 細胞が減少しCMV以外の感染症に対する防御能の低下をきたす。 一方、長寿の家系ではこの様な現象が見られない。 これらの事実からCMVに対するT細胞反応の増大が、免疫の老化(疲弊)と密接に関連し、その重要な指標と考えられている。 この疲弊したは、T細胞抑制性のCD28スーパーファミリー受容体のPD-1 programmed death-1 受容体を発現しているという特徴がある。 oncomodulation [ ] CMVそのものは同じののようにを引き起こす(癌ウイルス)とは一般的には考えられていない。 しかしCMVは悪性腫瘍を引き起こすというよりはむしろ、CMVが腫瘍細胞に感染し、腫瘍細胞にやに対する抵抗性を獲得させ悪性度を高める( oncomodulation: オンコモデュレーション)可能性があることが、近年の研究にて明らかとなっている。 このCMVによる腫瘍細胞のoncomodulationは1996年にドイツの研究者らが提起している。 UL76 ウイルス蛋白は、の chromosomal aberrations を誘導する。 IE1 ウイルス蛋白は、活性 telomerase activity を上げる。 IE1・IE2・pUL36・pUL37・pUL38 ウイルス蛋白は、を阻害するウイルス蛋白 anti-apoptotic proteins で、腫瘍細胞の不死化を亢進させる。 IE1・pUL16・pUL18・pUS11・pp65・pp71 ウイルス蛋白は、免疫機構からの逃避(immune escape)に関わり、への抵抗性を上げる。 IE1・IE2・US28 ウイルス蛋白は、として働くと推察される蛋白 putative oncogenes。 IE1・IE2・US28・pUL97・pp65 ウイルス蛋白は、のカウンター蛋白質 viral counter proteins against tumor suppresors であり、発癌の抑制を阻害する。 グリオーマ(神経膠腫) [ ] (神経膠腫)とは、脳実質から発生するおよび髄内から発生する脊髄腫瘍のうち、(膠細胞)由来のものを指す。 大腸癌 [ ] におけるCMVのoncomodulationも考えられている。 163例の大腸腫瘍検体のうち69例 42. また近年のによれば大腸癌からのCMV検出率は27. 前立腺癌 [ ] とCMVの関わりも考えられている。 前立腺上皮内腫瘍(prostatic intraepithelial neoplasia;PIN)ないしは過形成基底細胞(basal cell hyperplasia)、ないしは前立腺癌においてCMVが高率(22例中22例)に検出されているという報告がある。 CMV蛋白の発現率は前立腺癌に比べ、前立腺上皮内腫瘍ないしは過形成基底細胞の病変部の方が高い。 前立腺上皮内腫瘍とは、前立腺の内面または外面を覆う細胞の非がん性の腫瘍であり、高悪性度前立腺上皮内腫瘍があると前立腺癌に罹る危険性が高い。 粘表皮癌 [ ] 組織からCMVが検出されたことが報告されている。 非メラノーマ性皮膚癌 [ ] 非メラノーマ性皮膚癌とCMVの関連が報告されている。 EBウイルス陰性ホジキンリンパ腫 [ ] CMVと同じの(EBV)はを引き起こす腫瘍ウイルスとして有名であるが 、このEBVが陰性のホジキンリンパ腫の組織からCMVが陽性となったことが報告されている。 皮膚T細胞性リンパ腫 [ ] 皮膚T細胞性リンパ腫(cutaneous T cell lymphoma;CTCL)は、皮膚に生じる悪性リンパ腫の一群で、複数あるリンパ球のうち腫瘍の由来となる細胞がであるものをいう。 このCTCL(、)の患者において、CMV抗体価が健常対照群に比べ高いという報告がある。 しかしこれを否定する結果もある。 乳癌 [ ] におけるCMVのoncomodulationも考えられている。 ヒトサイトメガロウイルス(HCMV)感染によって、最終的には2通りの潜在的な方法で乳癌が発生しうる。 (1)乳汁に存在するHCMV(HCMV present in milk)は、乳管に一列に並び、ほとんどの前駆物質を乳汁の成分に変換し、それらを腺腔側に輸送する、乳腺上皮細胞(mammary epthelial cells, luminal cells)に直接感染できる。 その後、乳組織に存在するマクロファージ(macrophage)は、前腫瘍性の微小環境を好むHCMVに感染されうる。 (2)ウイルス血症などで血中に存在するHCMVは、血中を循環する単球(monocyte)に感染できる。 そのHCMVに感染した単球は、血管内皮細胞(endothelium)を通しての乳組織への遊走の際に、HCMVに感染したマクロファージ(infected macrophage)に分化しそしてウイルスを乳腺上皮細胞に輸送することができる。 さらに、単球ないしはマクロファージはHCMVの主要な感染リザーバーである。 HCMVは単球やマクロファージをM1ないしはM2の表現型へと分化させることができる。 腫瘍の生存促進(promote tumor survival)・腫瘍生成(tumor development)によって、予後の悪い乳癌やその進行を加速させる腫瘍関連マクロファージ(tumor-associated macrophages;TAMs)は、HCMVによって優先的に活性化される。 myoepithelium:筋上皮。 からのCMV感染は普遍的な感染ルートの一つである。 それゆえにCMVの乳腺における持続感染は、正常な女性の多くにおいて起こっている。 また乳癌の一種のとCMVの関わりも知られている。 この癌は他とは変わっていて、乳癌のしこりがないこともしばしば見受けられ、やで発見することができない。 CMVは感染したを形質転換によって二極分化させることができる。 一つが単球を炎症表現系のM1に分化させることであり、もう一つが免疫抑制系のM2マクロファージに分化させることである。 炎症表現系のM1マクロファージはやといった炎症性サイトカインを産生し、これらの炎症性サイトカインの産生が長引くと癌の形成が促されることが知られている。 また、腫瘍微小環境と関わっている腫瘍関連マクロファージ(tumor-associated macrophages;TAMs)は主にIL-10・といった免疫抑制性サイトカインを産生するM2マクロファージによって成立しており、乳癌細胞の微小環境にマクロファージが浸潤する際には、M2マクロファージの形質を獲得しうる。 これらの免疫抑制性のM2マクロファージは腫瘍免疫を抑制し、乳癌の生存促進や腫瘍形成を促進し、間接的に乳癌の形成に関わる。 ウイルス学 [ ] 簡単なサイトメガロウイルスの構造 構造とゲノム [ ] ヒトサイトメガロウイルス(human cytomegalovirus;HCMV)はのに属し、ゲノムの大きさは、直径約180nm、230 kbp からなる2本鎖DNAウイルスである。 HCMVは大型のDNAウイルスであるヘルペスウイルスの中でも最大級の大きさを持つ。 最外側 coat は脂質二重膜のエンベロープ(envelope)で覆われ、内部に4つの立体構造の異なる DNA isomer からなるゲノムを内包する正 20 面体のタンパク質の殻(カプシド:capsid)がある(ヌクレオカプシド:nucleocapsid、という)。 エンベロープとヌクレオカプシドの間にテグメント tegument を含む。 感染許容性 [ ] HCMVはヒトにのみ感染し、広い臓器親和性(向汎性)を有する。 HCMV感染細胞における感染様式は、許容性感染・非許容性感染・潜伏感染に大別される。 HCMVに許容性を示す細胞は多数知られ、間葉系細胞(・・細胞)、上皮系細胞(網膜色素上皮細胞・胎盤栄養膜細胞・上皮細胞)、血球系細胞(・)、神経系細胞(神経前駆細胞・神経細胞・)などがある。 出典 [ ]• ( 感染症情報センター)• 田代隆良、後藤陽一郎、重野秀明 ほか、 感染症学雑誌 Vol. 63 1989 No. 10 P1171-1177 参考文献 [ ]• 技術解説「サイトメガロウイルス」 共著:本田順一、大泉耕太郎 ISSN 0485-1420 脚注 [ ]• ウイルス. 60 2 : 209-220. , :• Kenneson, Aileen; Cannon, Michael J. 2007-7. Reviews in Medical Virology 17 4 : 253—276. Abdel-Latif, Mohamed El-Amin; Sugo, Ella 2010-03-04. The New England Journal of Medicine 362 9 : 833. ,, Murphy, Kenneth Kenneth. Weaver, Casey, Ninth edition ed. New York, NY, USA. Michaelis, Martin; Doerr, Hans W. ; Cinatl, Jindrich 2009-1. Neoplasia New York, N. 11 1 : 1—9. Chee MS, et al. 「ヘルペスウイルス感染症」. 中外医学社. Craig, J. ; Macauley, J. ; Weller, T. ; Wirth, P. 1957-1. Proceedings of the Society for Experimental Biology and Medicine. Society for Experimental Biology and Medicine New York, N. 94 1 : 4—12. RIBBERT, H. 1904. Zbl Allg Pathol. 15: 945—948. Reddehase, Matthias J. Matthias Johannes , 1954-, Lemmermann, Niels.. Wymondham: Caister Academic Press. 2006. Smith, M. 1954-7. Proceedings of the Society for Experimental Biology and Medicine. Society for Experimental Biology and Medicine New York, N. 86 3 : 435—440. 32 No. 4 2012. 日本消化器病学会雑誌 Vol. 104 2007 No. 9 P1377-1382, :• 国立感染症研究所• 肝臓 Vol. 37 1996 No. 10 P549-555, :• 日本腹部救急医学会雑誌 Vol. 34 2014 No. 7 p. 1369-1373, :• メルクマニュアル• 小児耳鼻咽喉科 Vol. 32 2011 No. 1 p. 70-73, :• 厚生労働科学班研究 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業 2014年11月1日• 日本エイズ学会誌 Vol. 6 2004 No. 1 P4-5, :• 日本小児血液学会雑誌 Vol. 16 2002 No. 5 P312-316, :• 日本エイズ学会誌 Vol. 6 2004 No. 1 P1, :• 日本臨床外科学会雑誌 Vol. 72 2011 No. 12 p. 3089-3093, :• Sylwester, Andrew W. ; Mitchell, Bridget L. ; Edgar, John B. ; Taormina, Cara; Pelte, Christian; Ruchti, Franziska; Sleath, Paul R. ; Grabstein, Kenneth H. et al. 2005-09-05. The Journal of Experimental Medicine 202 5 : 673—685. Khan, Naeem; Shariff, Naseer; Cobbold, Mark; Bruton, Rachel; Ainsworth, Jenni A. ; Sinclair, Alan J. ; Nayak, Laxman; Moss, Paul A. 2002-08-15. Journal of Immunology Baltimore, Md. : 1950 169 4 : 1984—1992. Vescovini, Rosanna; Biasini, Claudia; Fagnoni, Francesco F. ; Telera, Anna Rita; Zanlari, Luca; Pedrazzoni, Mario; Bucci, Laura; Monti, Daniela et al. 2007-09-15. Journal of Immunology Baltimore, Md. : 1950 179 6 : 4283—4291. Khan, Naeem; Hislop, Andrew; Gudgeon, Nancy; Cobbold, Mark; Khanna, Rajiv; Nayak, Laxman; Rickinson, Alan B. ; Moss, Paul A. 2004-12-15. Journal of Immunology Baltimore, Md. : 1950 173 12 : 7481—7489. Journal of Immunology Baltimore, Md. : 1950 176 4 : 2645—2653. Derhovanessian, Evelyna; Maier, Andrea B. Eline; de Craen, Anton J. ; Westendorp, Rudi G. et al. 2010-10-15. Journal of Immunology Baltimore, Md. : 1950 185 8 : 4618—4624. Derhovanessian, Evelyna; Larbi, Anis; Pawelec, Graham 2009-8. Current Opinion in Immunology 21 4 : 440—445. Moss, Paul 2010-8. Current Opinion in Immunology 22 4 : 529—534. ; Cinatl, Jindrich 2009-1. Neoplasia New York, N. 11 1 : 1—9. Cinatl, J. ; Cinatl, J. ; Vogel, J. ; Rabenau, H. ; Kornhuber, B. ; Doerr, H. 1996. Intervirology 39 4 : 259—269. Cobbs, Charles S. ; Harkins, Lualhati; Samanta, Minu; Gillespie, G. Yancey; Bharara, Suman; King, Peter H. ; Nabors, L. Burt; Cobbs, C. Glenn et al. 2002-06-15. Cancer Research 62 12 : 3347—3350. ; Xie, Weihua; Schmittling, Robert; Learn, Chris; Friedman, Allan; McLendon, Roger E. ; Sampson, John H. 2008-2. Neuro-Oncology 10 1 : 10—18. Prins, Robert M. ; Cloughesy, Timothy F. ; Liau, Linda M. 2008-07-31. The New England Journal of Medicine 359 5 : 539—541. Scheurer, Michael E. ; Bondy, Melissa L. ; Aldape, Kenneth D. ; Albrecht, Thomas; El-Zein, Randa 2008-7. Acta Neuropathologica 116 1 : 79—86. Chen, Hsin-Pai; Chan, Yu-Jiun 2014. Frontiers in Oncology 4: 314. Chen, Hsin-Pai; Jiang, Jeng-Kai; Chen, Cheng-Yu; Yang, Chih-Yung; Chen, Yen-Chung; Lin, Chi-Hung; Chou, Teh-Ying; Cho, Wen-Long et al. 2016-9. The Journal of General Virology 97 9 : 2411—2420. 2012-7. Journal of Clinical Virology: The Official Publication of the Pan American Society for Clinical Virology 54 3 : 240—244. Oncotarget 7 47 : 76735—76742. Journal of Clinical Virology: The Official Publication of the Pan American Society for Clinical Virology 41 3 : 218—223. ; Cobbs, Charles S. 2003-9. The Journal of Urology 170 3 : 998—1002. Geder, L. ; Sanford, E. ; Rohner, T. ; Rapp, F. 1977-3. Cancer Treatment Reports 61 2 : 139—146. Boldogh, I. ; Baskar, J. ; Mar, E. ; Huang, E. 1983-5. Journal of the National Cancer Institute 70 5 : 819—826. Sanford, E. ; Geder, L. ; Laychock, A. ; Rohner, T. ; Rapp, F. 1977-11. The Journal of Urology 118 5 : 789—792. ; Allen, Carl M. ; Jaskoll, Tina 2012-2. Experimental and Molecular Pathology 92 1 : 118—125. Zafiropoulos, A. ; Tsentelierou, E. ; Billiri, K. ; Spandidos, D. 2003-07-30. Cancer Letters 198 1 : 77—81. Zaravinos, A. ; Kanellou, P. ; Spandidos, D. 2010-02-01. The British Journal of Dermatology 162 2 : 325—331. Maeda, Eriko; Akahane, Masaaki; Kiryu, Shigeru; Kato, Nobuyuki; Yoshikawa, Takeharu; Hayashi, Naoto; Aoki, Shigeki; Minami, Manabu et al. 2009-1. Japanese Journal of Radiology 27 1 : 4—19. Huang, Gaosheng; Yan, Qingguo; Wang, Zhe; Chen, Xiequn; Zhang, Xiaohui; Guo, Ying; Li, Jian Jian 2002-7. International Journal of Oncology 21 1 : 31—36. Huang, G. 2001-8. Zhongguo Yi Xue Ke Xue Yuan Xue Bao. Acta Academiae Medicinae Sinicae 23 4 : 403—405. kompas. hosp. keio. 2018年8月1日閲覧。 Ballanger, F. ; Bressollette, C. ; Volteau, C. ; Planche, L. ; Dreno, B. 2009-6. Experimental Dermatology 18 6 : 574—576. Herne, Kelly L. ; Talpur, Rakhshandra; Breuer-McHam, Joan; Champlin, Richard; Duvic, Madeleine 2003-03-15. Blood 101 6 : 2132—2136. Ghosh, Kanjaksha 2003-10-01. Blood 102 7 : 2706—2707. Gupta, Ravindra Kumar; Ramble, John; Tong, C. William; Whittaker, Sean; MacMahon, Eithne 2006-02-01. Blood 107 3 : 1241—1242. ; Matlaf, Lisa A. ; Soroceanu, Liliana; Klemm, Katrin; Britt, William J. ; Wang, Wenquan; Bland, Kirby I. ; Cobbs, Charles S. 2010-12-23. Herpesviridae 1 1 : 8. Frontiers in Oncology 4: 230. ; Al Moussawi, F. ; Karam, W. ; Diab Assaf, M. ; Kumar, A. ; Herbein, G. 2017. The Open Virology Journal 11: 15—27. ; Tantawy, Marwa; Younis, Amal; Schneider, Robert J. ; Mohamed, Mona Mostafa 2013. PloS One 8 2 : e55755. Grivennikov, Sergei I. ; Greten, Florian R. ; Karin, Michael 2010-03-19. Cell 140 6 : 883—899. Sinzger, C. ; Digel, M. ; Jahn, G. 2008. Current Topics in Microbiology and Immunology 325: 63—83. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 神戸大学医学部産科婦人科学教室• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

サイコグラム

サイコ グラム 意味

解釈 「僕には見せない君のその表情は何?」 「諦めて僕の元へ戻ってくるのはいつだい?」 女性が自分以外の異性に笑顔を向けようものなら、主人公は嫉妬で苛立ちます。 たとえ、女性が異性に向けるものが笑顔ではなくとも、女性が自分以外に表情や感情を向け表す時点で嫉妬の対象になるのです。 どちらにせよ、主人公は女性が自分の意にそぐわないことをした場合行き過ぎた束縛によって女性を縛り上げます。 汚い言葉だらけだ 僕は呑み込まれてしまったんだ わかるよわかるよ だってそうだ そもそも愛は足りてるの 解釈 君が好き過ぎて素敵すぎて誰にも渡したくない 君は僕じゃないならいったい誰を選ぶんだ? そんなに僕のことを怖がらなくてもいいんだよ でも、仮にもしも君が誰を必要としているのか 答えられないのなら、君は僕には必要ないよ 主人公の瞳には女性が非常に美しく気高く魅力的に映ります。 この女性は主人公だけでなく、世間一般からも美しいと認知される容姿をしているかもしれません。 そんな容姿だから、主人公は女性が誰かほかの男性のものになってしまうのが怖くて仕方ありません。 女性を誰にも渡したくないという気持ちを強く持つ主人公ですが、一方で女性が自分以外を選ぶ可能性についても否定します。 自分以外を選ばないだろう=自分以外の異性は決して選ばせない。 という恐怖や束縛から女性の選択肢をなくしているのです。 女性には主人公しかいないと思い込ませ、かつ女性が主人公を裏切った(他の異性に目を向けた)場合すぐに女性を切り捨てると言っています。 必要ないとは、単に「別れる」ではなく、暴力などの可能性もあります。 いずれにしても主人公は女性をマインドコントロールしている状態ですね。 解釈 謝らなくたっていいから、君には笑っていてほしい 別れの言葉を言われるなんて、そんな心配はしたくない 主人公の意にそぐわないことをしてしまった場合、ひどい目に合うことは女性自身、身をもって知っているのです。 また、極度のマインドコントロールから、主人公と女性の関係がDVにあたることも、世間一般の恋愛と大きくかけ離れていることも、女性は気付けない状態に陥っているのです。 恐怖から女性はなにかあるとすぐに主人公に謝罪をします。 男女の関係はすでに崩壊していて、恐怖で支配した主従関係のようなものになってしまっていますね…。 主人公の愛し方のせいで女性がこのような状態になってしまったにもかかわらず、主人公は女性に恐怖で支配された愛ではなく、ただ自分に笑っていてほしい・幸せでいてほしいことも望みます。 矛盾した感情です。 いつか女性がこの関係のおかしさに気づき、別れを望むことに怯えますが、その恐怖はさらに主人公に極度の束縛をさせるようになっていきます。 ねえ君が好きだよ 二人きりを 夢見てたの もう逃げたりしないで 僕が守るから 邪魔する形は ひとつひとつ おもちゃにしよう すべては君のため 誰も要らないや 解釈 君が好き 二人きりの世界に行きたいよ 僕が君を守るよ 邪魔者はみんな消してしまおう すべては君のためにすることなんだ 女性の周りに異性がいるから自分は束縛をしてしまうんだと考えた主人公は、女性と二人きりの世界へ行きたいと望みます。 主人公は自分の嫉妬心に疲労し、また女性がいつか自分から離れて別の男の元へ行ってしまう未来にも怯えているので、そんな夢のような場所を思い描いてしまいます。 そんな世界は実際にあるわけはないのですが、主人公はそれならばと女性の周囲を自分の思い描く理想の環境にしてしまおうと考えます。 主人公にとっての邪魔者(主人公と女性の関係をおかしいと指摘するもの・女性の周りの異性など)をすべて自分の都合のいいように消してしまおうと考えます。 主人公はこの行動を「君のためだよ」と言いますが、これはまぎれもなく主人公自身の精神状態を安定させるためのものなのです…。 ねえ君が好きだよ 素敵すぎて 渡したくない ねえ僕じゃないならば 誰を選ぶんだい? ほら怖くないよ 例え話、もしも話 答えられないんだよね? 君は汚いや ほら怖くないよ もう離さないよ 解釈 君が好き 誰にも渡したくないんだ 君は僕じゃないならいったい誰を選ぶんだい? こわくないから、言ってごらん もしかして答えられないの? 応えられないんだよね? 君はとても汚らわしいよ 僕はなにも怖くないよ でも、君のことは一生離さないから やがて主人公の心は不安と嫉妬に蝕まれ、女性の言葉さえも信じられなくなっていきます。 同時に女性への束縛や暴力もエスカレートしていき、主人公のもとめている女性の心からの言葉すら聞けなくなっていきます。 女性の本当の声が聞こえなくなり、ますます主人公の心は孤独と恐怖に支配されてき、二人は最悪の悪循環に陥るのです。 女性の自分を守るためだけの保身の愛の言葉を主人公は嘘の言葉と判断し、ついに女性を「汚い」と思うようになります。 しかし、そんな女性すら愛おしい気持ちとここまでくればもう誰のものにもならないだろうという二つの気持ちが芽生え、主人公は女性を一生離さないと笑うのでした。

次の