修復 しよう として い ます。 破損したExcel(エクセル)ファイル修復方法と破損に備えた対策

システム修復ディスクの作成と使用方法(パソコンで「困った!!」の助け舟)

修復 しよう として い ます

「昨日、パソコンを起動してゲームをしようと思っていたら、「 自動修復を準備しています。 」という真っ暗の画面になって、自動再起動、また自動修復の準備画面に入った。 何度も試してみたが、全然パソコンが正常に起動しない。 どうすればこの問題を解決できますか。 」 自動修復のループについて 自動修復はWindowsで起こっている問題を修復する機能ですが、時々、自動修復機能も以下のエラーが発生することがあります。 Windows自動修復が「自動修復を準備しています」画面で前に進めない。 自動修復に失敗:「自動修復でPCを修復できませんでした」というエラーメッセージも出てくる。 以上のエラーが発生している時、以下のソリューションを参照して解決してください。 自動修復無限ループを解決するヒント ヒント1. 周辺機器を取り外して起動することを試してみてください。 ヒント2. 早期起動マルウェア対策による保護を無効にする。 Windows10の自動修復が無限ループになった時、マルウェア対策保護を無効にすれば、正常に起動できるようになるかもしれません。 ヒント3. 問題ファイルを削除 ユーザからの声なのですが、Windows自動修復が無限ループになっている原因はたくさんのファイルに問題が発生している可能性があるためです。 では、今すぐチェックしましょう。 SrtTrail. txtを入力し、エンターキーを押してください。 sysというファイルに問題が確かにあるので、コマンドプロンプトを使って Delをタップすることでこの問題ファイルを削除してください。 以上が自動修復の無限ループを解決することに役立つヒントです。 もし、このヒントに従っても解決できない場合、以下の詳細対策をご覧ください。 自動修復の無限ループを解決する方法 方法1. mbrを手動修復し、bcdを再構築 mbr、またはブート構成データ(bcd)が消えて、問題があり、正確に構成されていない場合、Windowsが正常に起動できません。 だから、自動修復が無限ループになることを解決するには、し、ブート構成データを再構築する必要があります。 bootrec. bootrec. bootrec. システムの復元、リセット.

次の

Windows10でデータを残しながらシステム修復(OS上書きインストール)する方法

修復 しよう として い ます

NECのパソコンの不具合にはセーフモードで対応 NECのパソコンを使っているけどどうも最近調子が悪い、急に動作が重くなった、Windows画面から先に進めない…といった不具合はありませんか。 そんな 不具合を修正するにはセーフモードで起動してシステムの復元をすることがおすすめです。 ここではセーフモードとは何かという説明から、NECのパソコンでのセーフモードの起動方法について紹介していきます。 セーフモードでも起動ができない場合は、修理の必要性も考えられるので、修理依頼のポイントについても触れています。 セーフモードを使いこなして、不具合のあるNECのパソコンを回復させましょう。 そもそもセーフモードとは 冒頭にセーフモードで不具合が修正できると説明しました。 そもそもセーフモードという名前が聞きなれないという方に向けて、ここではセーフモードとは何かについてご説明します。 セーフモードが何をするものなのか理解した上で、パソコンを使用している上での不具合に対処していきましょう。 2-1. 最小限の機能でパソコンを起動する方法 セーフモードとはWindowsパソコンに備えられている機能のひとつです。 セーフモードはOSに問題が発生した際の診断用起動モードで、不要なアプリケーションやサービスは起動しないので、問題点を把握しやすいのです。 セーフモードはWindowsが起動しないときや画面が固まったときに、原因を追及するために使用できます。 アプリケーションを起動しないでOSを立ち上げることで、アプリケーションに問題があるのか、OSに問題があるのかをまず判断できるからです。 次にセーフモードの状態で問題なく利用できた時点までシステムの復元をすることで、どのアプリケーションのインストールが原因で不具合が生じたのかを追及できます。 2-2. WindowsOSに標準搭載されている セーフモードはWindowsを搭載したパソコンに標準で入っているプログラムです。 起動方法さえ知っていれば、インストール不要で利用できます。 これはシステムの一部に問題が発生した場合、機能全体が停止しないようにするという設計思想のもと搭載されています。 Windows10はもちろんのこと、7やXPなど全てのバージョンのOSでセーフモードが搭載されています。 どんなパソコンでも動きが極端に遅かったり、起動が最後までできないなどの不具合が生じた場合にセーフモードによる起動を試すことができます。 OS別基本のセーフモードのやり方 電源を入れて動作が極端に遅かったり、デスクトップまで表示されないなど、不調ではあるが一応OSは起動する場合はセーフモードが利用できます。 ここでは、セーフモードのやり方をNECのパソコンを使ってOSのバージョン別に紹介していきます。 利用しているパソコンのバージョンに合わせてセーフモードのやり方を習得しましょう。 3-1. Windows7のNECパソコンの場合 Windows7をセーフモードで起動するには、以下の手順で行ってください。 Windows7のセーフモード起動方法(NECの場合)• パソコンが起動している場合は、パソコンの電源を切ります。 電源をオンにし、「NEC」のロゴ画面が表示されたら「F8」キーを何度か押します。 「Windowsファイルの読み込み中」と表示されるので、処理が終わるのを待ちます。 ログオンパスワードを設定している場合は、パスワードを入力します。 セーフモードでの起動が完了します。 「F8」キーを押してもWindowsロゴが表示されて通常どおりに起動した場合は、手順1から再度操作を行います。 挿入されたままだと正しくセーフモードを起動できない場合があります。 3-2. Windows8のNECパソコンの場合 Windows8は高速起動のため、先ほどの「F8」キーを使ってセーフモードを起動することができません。 Windows8をセーフモードで起動するには、PC設定を利用する方法とシステム構成(msconfig)を利用する方法、shutdownコマンドを利用する方法があります。 ここではそれぞれの起動方法について詳しく紹介していきます。 WindowsXPや7を長く使っていた方は使い勝手が変わっているので注意しましょう。 3-2-1. PC設定からのセーフモードの起動 Windows8で「PC設定」からセーフモードを起動するには、以下の手順で行ってください。 Windows8のPC設定によるセーフモードのやり方(NECの場合)• 画面右下隅をポイントし、マウスポインターを上方向へ移動させます。 チャームが表示されたら、「設定」をクリックします。 「設定」のオプションが表示されたら、「PC設定の変更」をクリックします。 「全般」をクリックし、「今すぐ再起動する」をクリックします。 「オプションの選択」が表示されるので、「トラブルシューティング」をクリックします。 「トラブルシューティング」で「詳細オプション」をクリックします。 「スタートアップ設定」をクリックします。 「再起動」をクリックします。 NECのロゴ画面が表示されるので、画面が切り替わるまで待ちます。 「スタートアップ設定」が表示されます。 キーボードの「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。 NECのロゴ画面が表示された後、サインイン画面が表示されたらサインインします。 画面の四隅に「セーフモード」と表示されていれば、セーフモードで起動完了です。 3-2-2. システム構成やコマンドでの起動方法 Windows8で「システム構成」からセーフモードを起動するには、以下の手順で行ってください。 Windows8のシステム構成によるセーフモードのやり方(NECの場合)• 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。 「名前」のボックスに「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします。 「システム構成」が表示されます。 「ブート」タブをクリックし、ブートオプションの「セーフブート」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。 「システム構成の変更を有効にするには、…」というメッセージが表示されますので、「再起動」をクリックします。 NECのロゴ画面が表示され、サインイン画面が表示されたらサインインします。 画面の四隅に「セーフモード」と表示されていれば、セーフモードで起動完了です。 また、コマンドを利用してセーフモードを起動するには、以下の手順で行ってください。 Windows8のコマンドによるセーフモードのやり方(NECの場合)• 「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「ファイル名を指定して実行」が表示されます。 (半角スペースを忘れずに入力。 「オプションの選択」が表示されるので、「トラブルシューティング」をクリックします。 「トラブルシューティング」で「詳細オプション」をクリックします。 「スタートアップ設定」をクリックします。 「再起動」をクリックします。 NECのロゴ画面が表示されるので、画面が切り替わるまで待ちます。 「スタートアップ設定」が表示されます。 キーボードの「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。 NECのロゴ画面が表示された後、サインイン画面が表示されたらサインインします。 画面の四隅に「セーフモード」と表示されていれば、セーフモードで起動完了です。 挿入されたままだと正しくセーフモードを起動できない場合があります。 3-3. Windows10のNECパソコンの場合 Windows10でも、「F8」キーを使ってセーフモードを起動することはできません。 8同様に「設定」からセーフモードを起動するか、システム構成やコマンドで起動できます。 Windows10では「設定」からのセーフモードの起動手順が多少変わってくるので、下記を確認しながら進めてください。 Windows10の設定によるセーフモードのやり方(NECの場合)• 「スタート」をクリックし、「設定」(歯車アイコン)にマウスカーソルを合わせクリックします。 Windowsの設定が表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリックします。 「回復」をクリックし、「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動」をクリックします。 「オプションの選択」が表示されるので、「トラブルシューティング」をクリックします。 「トラブルシューティング」の「詳細オプション」をクリックします。 「詳細オプション」の「その他の修復オプションを表示」をクリックします。 「スタートアップ設定」をクリックします。 「スタートアップ設定」が表示されたら「再起動」をクリックします。 NECのロゴ画面が表示されたら、画面が切り替わるまで待ちます。 「スタートアップ設定」が表示されたら、キーボードの「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。 画面が切り替わり、サインイン画面が表示されたら、パスワードを入力してサインインします。 画面の四隅に「セーフモード」と表示されていれば、セーフモードで起動完了です。 なお、システム構成やコマンドによるセーフモードの起動方法はWindows8とほぼ変わらないので、そちらを参考に実行してみましょう。 OSが起動しない場合のセーフモードのやり方 ここまでは、WindowsOSが起動する場合のセーフモードのやり方について紹介してきました。 しかし、中にはWindowsの起動途中で固まってしまいデスクトップが表示されない状態になってしまうこともあります。 WindowsOSが起動しない場合でもセーフモードを起動できます。 ここでは、OSが起動しない場合のセーフモード起動方法についてOSのバージョン別に紹介していきます。 設定画面が開けない状態でも、NECのロゴが表示される状態ならセーフモードでの起動が望めるので試してみましょう。 4-1. Windows7でのセーフモード起動方法 Windows7の場合は、起動時にセーフモードへの選択ができるので、先ほど同様に手順は以下の通りです。 Windows7のOSが起動しないときのセーフモードのやり方(NECの場合)• パソコンが起動している場合は、パソコンの電源を切ります。 電源をオンにし、「NEC」のロゴ画面が表示されたら「F8」キーを何度か押します。 「Windowsファイルの読み込み中」と表示されるので、処理が終わるのを待ちます。 ログオンパスワードを設定している場合は、パスワードを入力します。 セーフモードでの起動が完了します。 4-2. Windows8でのセーフモード Windows8でWindowsOSが起動しない状態からセーフモードで起動するには、以下の手順を行ってください。 Windows8のOSが起動しないときのセーフモードのやり方(NECの場合)• パソコンの電源を入れ、NECのロゴが表示されたらすぐに「F2」キーを数回押します。 (機種によってはキーが変わるので説明書を参照。 「BIOSセットアップユーティリティ」が表示されます。 (マウス操作はできません。 「Execute HDD Recovery?」が表示されるので、「Yes」を選択し「Enter」キーを押します。 (この画面が表示されない場合は、手順6に進みます。 黒い画面にNECのロゴが表示されるのでしばらく待ちます。 「キーボードレイアウトの選択」が表示されるので、「Microsoft IME」をクリックします。 「オプションの選択」が表示されるので、「トラブルシューティング」をクリックします。 「トラブルシューティング」の「詳細オプション」をクリックします。 「詳細オプション」の「スタートアップ設定」をクリックします。 「スタートアップ設定」が表示されたら「再起動」をクリックします。 NECのロゴ画面が表示されたら、画面が切り替わるまで待ちます。 「スタートアップ設定」が表示されたら、キーボードの「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。 画面が切り替わり、サインイン画面が表示されたら、パスワードを入力してサインインします。 画面の四隅に「セーフモード」と表示されていれば、セーフモードで起動完了です。 4-3. Windows10でのセーフモード Windows 10でWindowsOSが起動しない状態からセーフモードで起動するには、以下の手順を行ってください。 Windows10のOSが起動しないときのセーフモードのやり方(NECの場合)• パソコンの電源を入れ、NECのロゴが表示されたらすぐに「F2」キーを数回押します。 (機種によってはキーが変わるので説明書を参照。 「BIOSセットアップユーティリティ」が表示されます。 (マウス操作はできません。 「Execute HDD Recovery?」が表示されるので、「Yes」を選択し「Enter」キーを押します。 (この画面が表示されない場合は、手順6に進みます。 黒い画面にNECのロゴが表示されるのでしばらく待ちます。 「キーボードレイアウトの選択」が表示されるので、「Microsoft IME」をクリックします。 「オプションの選択」が表示されるので、「トラブルシューティング」をクリックします。 「トラブルシューティング」の「詳細オプション」をクリックします。 「詳細オプション」の「その他の修復オプションを表示」をクリックします。 「スタートアップ設定」をクリックします。 「スタートアップ設定」が表示されたら「再起動」をクリックします。 NECのロゴ画面が表示されたら、画面が切り替わるまで待ちます。 「スタートアップ設定」が表示されたら、キーボードの「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。 画面が切り替わり、サインイン画面が表示されたら、パスワードを入力してサインインします。 画面の四隅に「セーフモード」と表示されていれば、セーフモードで起動完了です。 セーフモードを起動してできること セーフモードを起動したら一通りの作業は行えます。 基本的にセーフモードは不具合のある状態から回復するための作業を行う状態です。 不具合の原因になったドライバやアプリを削除したり、システムの復元を目的に行われます。 ここでは、それら2つについて紹介していきます。 セーフモードに入ったらこれらを実行して正常な状態に戻しましょう。 5-1. 不具合の元となるドライバやアプリの削除 ドライバの更新やアプリをインストールした直後に調子が悪くなった場合は、セーフモードでドライバの削除やアプリの削除を行いましょう。 削除方法は正常に起動している場合と変わりません。 不具合の原因がわかっている場合にセーフモードを試すことで、原因となるアプリやドライバを起動することなく削除できるのが大きなメリットです。 アプリケーションを削除するにはスタートメニューで目的のアプリを右クリックして[アンインストール]を選択すれば完了です。 5-2. システムの復元をする 不具合の原因がわからない場合、どの時点まで正常に動いていたかがわかればセーフモードでその時点までシステムを復元できます。 ここでは、Windows10を搭載したNECパソコンを想定して、システムの復元方法を紹介していきます。 Windows10でのシステムの復元方法(NECの場合)• パソコンの電源を入れ、NECのロゴが表示されたらすぐに「F2」キーを数回押します。 (機種によってはキーが変わるので説明書を参照。 「BIOSセットアップユーティリティ」が表示されます。 (マウス操作はできません。 「Execute HDD Recovery?」が表示されるので、「Yes」を選択し「Enter」キーを押します。 (この画面が表示されない場合は、手順6に進みます。 黒い画面にNECのロゴが表示されるのでしばらく待ちます。 「キーボードレイアウトの選択」が表示されるので、「Microsoft IME」をクリックします。 「オプションの選択」が表示されるので、「トラブルシューティング」をクリックします。 「トラブルシューティング」の「詳細オプション」をクリックします。 「詳細オプション」の「システムの復元」をクリックします。 使用するアカウントをクリックします。 アカウントのパスワードを入力し、「続行」をクリックします。 「システムの復元」が表示されるので、「次へ」をクリックします。 「選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します。 」というメッセージが表示されるので、一覧から任意の復元ポイントを選択して、「次へ」をクリックします。 「復元ポイントの確認」が表示されます。 「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします。 影響を受けるプログラムの一覧が表示されるので、内容に問題がなければ「閉じる」をクリックします。 「復元ポイントの確認」に戻り、内容を確認し、「完了」をクリックします。 「いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。 続行しますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。 システムの復元が開始されるので、しばらく待ちます。 システムの復元が完了すると、「システムの復元は正常に完了しました。 …」というメッセージが表示されます。 「再起動」をクリックします。 再起動後、再度「システムの復元は正常に完了しました。 …」というメッセージが表示されますので、「閉じる」をクリックします。 以上で完了です。 復元ポイントが作成されていない場合やハードディスクの容量が128GB未満の場合はシステムの復元ができないので注意しましょう。 システムの復元は、復元が完了するまで時間がかかることがあるため、時間に余裕があるときに行うことをおすすめします。 セーフモードも起動できない場合の対処法 セーフモードも起動できないほど状態が悪くなった場合、Windowsの修復機能が使える場合があります。 それもだめな場合は故障の可能性があるので修理の依頼をしましょう。 ここでは修復機能についてと修理に出す場合のポイントについて紹介していきます。 Windowsの修復機能を使う Window10の場合、起動に失敗するとスタートアップ修復が自動的に始まります。 起動ができない状態を繰り返すと、「回復」画面が立ち上がり「Windowsが正しく読み込まれませんでした」と表示されます。 こういう時は「システムの復元」を行ってシステムを修復してください。 Windows 7パソコンがセーフモードでも起動できない場合、セーフモードの選択画面を起動し、直接「コンピューターの修復」からスタートアップ修復を実行できます。 NECのパソコンを修理するおすすめの業者 NECのパソコン修理を専門業者に依頼するなら、ドクター・ホームネットがおすすめです。 ドクター・ホームネットなら最短即日で駆けつけてくれ、データを消さない修理をしてくます。 携わるのは熟練のパソコン技術者であり、すべてのメーカーで対応可能です。 ドクター・ホームネットは、高い技術力・信用でパソコンメーカーや有名企業のサポート部門を担っています。 修理に出すならドクター・ホームネットのような専門業者も検討してみましょう。 ただし、メーカーでも専門業者でも対応できない故障もあるため、交換対応になる可能性はあります。 まずは電話で症状を伝えて見積もりを依頼してみましょう。 ドクター・ホームネットならNECのパソコンも修理できます。 パソコンが起動しないなど、故障かなと思ったら、ご相談ください。 ご相談は.

次の

Windows 10 がスタートアップ修復に失敗し、再起動ループしてしまう時の対処方法

修復 しよう として い ます

USBを使う時に、エラーが発生することもありますね。 例えば、USBをパソコンに挿入してみると、 「スキャンして修復しますか」と表示されます。 もっとも考えられる原因は、USBをパソコンに外す時、タスクトレイで 「取り外す」命令を実行せずに抜き差すことです。 実際のところ、不正な操作以外にも、このエラーを引き起こす原因がいくつかあります。 自分のUSBがエラーが出る原因を分かれば、もっとも適切な対処が取られますね。 そのため、この記事はこのエラーが出る具体的な原因を分析しました。 また、 「スキャンして修復しますか」と表示する時、USBの中身のデータは破損したのではないかと考えたら、パソコンでUSBを修復する方法と専門の修復ツール 「FonePaw データ復元」で紛失したUSBのデータを復元する方法を用意しました。 お持ちのUSBが 「スキャンして修復しますか」っと表示され、またUSBを開いて、中のデータが消えたユーザなら、是非この記事を見逃しないでください。 おすすめ記事 一、「スキャンして修復しますか」が表示される原因 前文で言ったタスクトレイで 「取り外す」を実行せず頻繁にUSBを取り出すことでこのエラーを引き起こす以外に、不正のフォーマット、データの破壊、電源の切れなどもエラーの原因と考えられます。 1 「スキャンして修復しますか」ポップアップで「スキャン及び修復」を押すと? 「スキャン及び修復」をクリックすれば、時間かかりすぎて面倒とかいろいろ心配があって、いつもポップアップを無視していました。 でも、修復を押したら、どうなるのでしょう。 実際に 「スキャン及び修復」を押すと、 「エラーチェック」と言うポップアップが表示されます。 「開始」をクリックすることで、USBをスキャンさせます。 すると、パソコンはUSBをスキャンし始めます。 修復が完了したら、下の画面が表示されます。 もしお持ちのUSBのエラーは 「スキャンおよび修復」で修復されたら、このメッセージは今後表示しないようです。 でも 「スキャンおよび修復」で修復しても、USBを挿入する度に「スキャンして修復しますか」が表示したら、該当USBが修復しにくい問題が存在しかねません。 従って、USBが突然開けなかったり、データが消えたり状況も出るかもしれません。 USBはそれほど値段の高いものではないので、その場合はUSBのデータをバックアップして、新しいUSBを買いた方がいいと思います。 二、「スキャンして修復しますか」と表示され、USBが開けない時の修復方法 もしUSBが 「スキャンして修復しますか」と表示され、しかもデータのコピー、移動はできないなら、何らかのエラーでUSBの機能は故障になったかもしれません。 まだこのUSBを使いたいなら、USBをフォーマットしてみましょう。 1、USBをパソコンに差し込んで、エクスプローラーを開きます。 2、USBを右クリックします。 ポップアップから 「フォーマット」をクリックします。 3、すると、フォーマットの画面が表示されます。 下部の 「クイックフォーマット」にチェックを外す場合、パソコンはUSBのエラーまでチェックしてくれます。 そのため、何か故障でUSBが開けない場合、少し時間をかかっても、 「クイックフォーマット」にチェックを外すことが推奨です。 注意:USBをフォーマットすると、中身のデータは全部消えますので、十分に考えてからフォーマットしてください。 三、「スキャンして修復しますか」と表示され、消えたUSBのデータの修復方法 「スキャンして修復しますか」と表示された時、いろいろチェックした後、問題ないなら幸いなことです。 が、USBを開いて見ると、USBのデータが消えたこともあります。 この場合、記事は簡単に消えたUSBのデータを復元する方法を用意しました。 「FonePaw データ復元」はパソコン、USB、 にも得意です。 しかも画面は簡潔にデザインされ、パソコンの苦手な方でも気軽く操作できます。 ですので、以上が述べた状況ができて、USBに保存したデータを復元したいなら、専門の復元ソフト 「」を使ってみましょう。 1、 「FonePaw データ復元」を下のアイコンでダウンロードして、インストールします。 2、ホーム画面で復元したいデータの種類とドライブ(USB)にチェックを入れます。 「スキャン」でUSBをスキャンしましょう。 3、その後、USBに復元可能のデータはソフトに表示されます。 復元したいデータにチェックを入れて、 「リカバリー」をクリックします。 4、しばらく経つと、選んだデータは復元されました。 本記事が最初に言ったように、頻繁に接続中のUSBを取り出すことは「スキャンして修復しますか」というエラーを引き起こしがちです。 そのため、データを失わないように、USBを取り出す時は少し面倒でもタスクトレイで「取り外す」命令を実行する習慣を身につけましょう。

次の