トルコ 行進 曲。 トルコ行進曲の難易度について!初心者向きで簡単だと思われているけど実際の難易度はどうなのか?独学初心者目線でお話します

『トルコ行進曲』ベートーベンとモーツァルトそれぞれの違いと特徴

トルコ 行進 曲

難易度はどのくらい? 全音ピアノピースではB(初級上)とされています。 ソナタアルバムや、ツェルニーを弾いた、あるいは弾いている方でしたら、挑戦するにもちょうどいいレベルではないでしょうか。 オクターブがたくさん出てきますので、オクターブが苦手な方には、ちょっと難しいかもしれません。 ですが、決まった動きも多いので、パターンを身に着けてしまえば、早く弾き終えることができると思います。 トルコ行進曲の思い出。 トルコ行進曲って2つあるけど・・・? 私にとってこの曲は、運動会の曲、というイメージです。 旋律がきこえてきたら、「走らなきゃ!」と、思わず急いでしまいます笑 ですが、初めて弾いたトルコ行進曲は、モーツァルトのものではなく、ベートーベンの方でした。 当時は「運動会(で聞く)曲とおんなじタイトルなのに、私の知ってる曲じゃない!」と、とてもショックを受けました。 では何故、同じタイトルだったのか。 今回弾き方を考えるにあたって少し調べてみましたら、まぁ、ざっくり言いますとトルコ風というのが「当時の流行」だったそうです。 ベートーベンは自らトルコ行進曲とタイトルをつけ、モーツァルトは冒頭に提示したAlla Turcaの表記がもとで、「トルコ行進曲」というタイトルが通称となったそうな。 当時の流行。 今と変わらず、多くの人が楽しみ、求めたもの・・・。 昔の人たちも、ものは違えど今の私たちと同じように、流行にのったりしたのだとおもうと、なんだか親近感がわいちゃいました。 意味としては「やや快速に」というものです。 行進曲なので、歩いていて無理のない速度で良いのではないでしょうか。 最初のキモとなるのは、左手のリズムです。 1-4小節目の左手のリズムの強さ、力の入れ方を以下のようにしてみてください。 (最初の小節が4分音符1個分しかなく、アウフタクト(不完全小節)のため、小節として数えない形をとっています。 したがって、2番目の節が1小節目となります。 ) 重・軽・軽・軽・ 重・軽・軽・軽・ 重・軽・重・軽・ 重・軽・軽・軽 (重=重く。 しっかりと指を立てて。 あるいは強めに。 ) (軽=軽く。 力を抜いて。 あるいは弱く) これを把握して弾けば、トルコ風に聞こえるはず。 トルコの軍楽隊の演奏です。 和声でいえば、バスの音が太鼓で強く叩かれ、テノールがシンバルや小太鼓などで軽く叩かれていると言えると思います。 12-14は大きく、14-16は小さく。 という風に弾く演奏が多いように思います。 曲にメリハリをつけるうえでの、1つの参考にしてみてはどうでしょう。 24小節目からは、やってきました、オクターブ! ここの部分は、いわゆる曲の「サビ」です。 左手のトルコのリズムを感じながら、気持ちよく歌ってください。 歯切れよく、右手のオクターブで奏でるメロディがベタッとした印象にならないように。 軽やかにリズムを歌ってください。 32小節目からは、右手のメロディを転がしていきましょう。 一音一音、粒立てて。 速い!と思って焦らずに、できるテンポからゆっくり練習していきましょう。 64小節目からは、また冒頭の繰り返しですね。 先ほどと同じように弾いてみるのもよし、ちょっと違う風に演奏してみるのもよし。 まずは先ほどと同じように弾くのを目標にして、余裕がでてきたら、違う弾き方を試してみてはどうでしょう。 しかし88小節目からは、先ほど弾いたもの(24小節目~)とまったく同じではありません。 私などは、「うわっ!黒い玉(音符)が増えた!沢山動いてややこしいヤツじゃないの・・・」と気おくれしてしまうのですが(笑) これは先ほどオクターブで弾いたメロディをバラしただけのもの。 先ほどは2つの音を同時に弾かなければなりませんでしたが、今回は1つずつ弾くので、次の音までの余裕ができる・・・!24小節目からのフレーズを弾ききったあなたにとっては、さっきより簡単かもしれません。 速く弾きすぎて装飾音にならないように、16分音符のリズムをカッチリとあてはめていきましょう。 97小節目のCodaからは、よりいっそう華やかに、にぎやかに。 110小節目ではpの指示がありますので、派手さよりも軽やかさを重視してみましょう。 123小節目からは、エンディングですので、遠慮せず堂々と弾いてください。 「これが私のトルコ行進曲だ~~!」「ひとまず間違いなく弾けたぞ~~!」「いっぱいミスしたけれど、最後までいったぞ~~!!」 なんでもいいです。 終わりだ~~~!という感情を、悔いなくぶつけてください。 最後までトルコ風のリズムを感じながら弾けましたか。 左手は基本的にトルコ風のリズムをくずしていません。 音の高低、動きに惑わされてしまいますがリズムのパターンとしてはずっと単調なものです。 効果的なペダルのつかいかた また、ここから先は私個人の意見ですが、この曲はあまりペダルを使いすぎると、全体的にべったり、のっぺりとした印象になりがちです。 楽譜によっては、ペダルを使う指示がありますが、あまりペダルは使用しない方が良いかな?と思います。 なぜなら、ペダルを使わなくとも十分に曲として成立し、聴きごたえも弾きごたえもたっぷりあると思うからです。 まずは楽譜通りに弾くことが出来て、そのあと曲のエッセンスとして部分的にペダルを使用するのは有りかと思います。 コロコロと音が変わる曲、音数の多い曲は、ペダルをいれようとすると、かえって難しいことがありますが、余裕があれば是非、効果的なペダルの使い方を探してみてください。 まとめ 1. 難易度はB(初級上)。 オクターブが求められる。 「トルコ行進曲」という名前の有名な曲は2つある。 トルコのリズムを感じながら弾いてみよう。 ペダルは使う?使わない? ところで、今回弾き方を紹介いたしましたモーツァルトの作曲したトルコ行進曲は、ピアノソナタ第11番K. 331の第3楽章の事で、「トルコ行進曲」として単独で発表された曲ではありません。 つまり、前に第1楽章と、第2楽章があります。 当時の流行をとりいれた音楽が、時をこえて今もこうして愛されていると思うと・・・なんだか感慨深いですね。 今、私たちが触れている音楽、流行している音楽は、これから先どんなふうに受け継がれてゆくのでしょう。

次の

【今すぐ使える無料楽譜】クラシック

トルコ 行進 曲

概要 [ ] この付随音楽は、 ()の同名の戯曲に基づいて、秋からにかけて作曲された。 元々1811年のに、の(現)に新設されたドイツ劇場のが行われる予定であったが、開場が遅延したため翌年に改めて初演された(同時に『シュテファン王』も上演されている)。 またこの時はコツェブーの戯曲とベートーヴェンの付随音楽と共に初演されている。 その後、付随音楽はあまり演奏される機会がなくなり、ベートーヴェン自身この作品を「気晴らしの小品」と呼んでいた。 なお1月2日に行われた演奏会で、彼はこの付随音楽の第6、7、8曲を交響曲『』(戦争交響曲)と共にプログラムを組んでおり、その際演奏会のクライマックスで、覆いが取れて皇帝の肖像画があらわれるという仕掛けを思いつき、それをこの上なく素晴らしい演出だと自負したという逸話がある。 ベートーヴェンが極めて自分の思うところを率直に具体化した好例といえる。 現在は序曲と「トルコ行進曲」以外ほとんど演奏されないが、「トルコ行進曲」はピアノ用の編曲でも親しまれている。 出版・献呈 [ ] 序曲のみにのシュタイナー社から出版され、全曲のスコアはにウィーンのより出版されている。 本作は王に献呈された。 楽器編成 [ ] 、2、2、2、2、、4、2、3、、、、、独唱、独唱、 序曲の楽器編成 [ ] 2、2、2、2、4、2、、 あらすじ [ ] 知恵の女神はに対する嫉妬心から裁判所で彼を弁護をせず、その罪として彼女はによって2000年の眠りに就かされる。 そして2000年の眠りが終わった時、ミネルヴァが目を覚まし、によってへ連れて行かれる。 彼女は愛するアテネが瓦礫と化し、トルコの支配下にあるのを見て愕然とする。 ローマも似た荒廃ぶりだと教えられる。 メルクリウスによれば、たちはハンガリーのペストへ逃れたという。 そこでミネルヴァとメルクリウスはペストへ旅立ち、この地で人間が神々とミューズたちに忠誠を尽くしているのを見出す。 ペストは新しいアテネとして蘇ってゆく。 楽曲解説 [ ] 序曲 [ ] 序曲はアンダンテ・コン・モート(、8分の6拍子)-マルチア・モデラート(、4分の4拍子)の序奏とアレグロ・マ・ノン・トロッポ(ト長調、2分の2拍子)の自由なによる主部から成り、作品の序曲に相応しく明るくのびやかな気分に満たされている。 また他の序曲と比べて、本作は比較的小規模(演奏時間は約5分ほど)である。 序曲は劇中の音楽からの引用が見られ、序奏では第2曲の動機が扱われ、またその中の行進曲(オーボエの旋律による)は第6曲の旋律に基づいている。 トルコ行進曲 [ ] ヴィヴァーチェ(、4分の2拍子)の。 付随音楽では第4曲に含まれる楽曲である。 この音楽の主題はのための『創作主題による6つの変奏曲』(作品76)から採られており、主題はベートーヴェンのオリジナルであるが、かつてはロシア民謡からの引用とする説も挙げられていた(現在は否定されている)。 またピアノ用に編曲されており、こちらも幅広く親しまれている(による編曲もある)。 構成 [ ] 序曲と8曲の楽曲で構成される。 第2曲 二重唱 「罪もなく、奴隷の身に耐え」( Ohne Verschulden Knechtschaft dulden)• 第4曲 トルコ行進曲( Marcia alla turca)• 第5曲 舞台裏からの音楽( Zwischenmusik)• Heil! ) 編曲 [ ] は(頃とも)に本作の主題を用いてピアノと管弦楽のための『幻想曲』(S. 122)に編曲している。 またにとによって舞踏と合唱を伴う作品として改編されている(R. シュトラウスの作品番号ではAV. 190)。 録音 [ ] 近年になってバレエ音楽『』や『』と同様に全曲の録音が増えつつあるが、それらと比べると決して多いとは言えない。 やによる録音が残されている。 指揮者 管弦楽団・合唱団 出演者 録音年 レーベル 、ベルリン・コンサート合唱団 N・スターリング Neumar StarlingN ヴラディーミル・デ・カネル V. Kanell? ブリリアント 、RIAS室内合唱団 S Br Bs 1970 DG 参考文献 [ ]• 『作曲家別名曲解説ライブラリー3 ベートーヴェン』()• 『ベートーヴェン:序曲集』(指揮、)の解説 外部リンク [ ]• の楽譜 -。 として無料で入手可能。

次の

モーツァルト作曲のトルコ行進曲について。中学校の宿題は、クラシック音楽の...

トルコ 行進 曲

左手のリズムはまるで軍隊の行進のよう、右手のメロディーは色々な形に変化していますが、異国風な印象を受けます。 なぜモーツァルトは「 トルコ」を題材に曲を書いたのでしょうか? 東方から西方へ まずは時代を遡り、トルコの音楽がヨーロッパに渡るまでの道筋を追っていきましょう。 シルクロードで有名なトルコは陸の交易路の中心として重要な立ち位置をしめていました。 しかし現在のトルコが位置する場所は11世紀ごろまでは「アナトリア」と呼ばれ、ビザンツ帝国の領土に組み込まれており、この地ではもともとギリシア語を話すギリシア正教徒が多くを占めていました。 しかし徐々に東方からトルコ語を話すトルコ人が侵攻し、イスラム化が進んでいきます。 そんな中央アジアのトルコ人の侵攻と共に、東方の音楽文化が西方にもたらされます。 多くの戦いが起こっていた時代、音楽は士気を高めるのに重要な役割を担っていました。 タブルハーネはダウル davul(筒型の両面太鼓)、ズルナ zurna(二枚リードのたて笛)、ボル boru(トランペット)、ズィル zil(シンバル)から成る楽器編成で、戦場に力強い音楽を響かせました。 ダウルを演奏する軍楽隊。 画像出典 :Wikipedia ズルナ。 画像出典:Wikipedia ズィル。 画像出典:アジアの楽器図鑑 ボルを演奏する軍楽隊。 画像出典:Wikipedia ボルとズルナの二重奏も聴いてみましょう。 オスマン朝からヨーロッパへ この「タブルハーネ」がオスマン朝に引き継がれると、「 メヘテルハーネ mehterhane」と呼ばれる軍楽隊となります。 16世紀から18世紀にかけて、オスマン帝国はヨーロッパ諸国の大きな脅威となっていました。 オスマン帝国の大規模なヨーロッパ進撃作戦によって、ウィーンも1529年に第一次包囲、1683年には第二次包囲と、二度に渡って包囲されています。 そんなオスマン帝国の精鋭軍隊が「イエニチェリ」と呼ばれる軍隊であり、その軍楽隊が「メヘテルハーネ」でした。 つまり「 タブルハーネ」によって東方にもたらされた音楽文化が、「 メヘテルハーネ」によってヨーロッパにもたらされたわけです。 (オスマン帝国の宮廷画家によって描かれたメヘテルハーネ.。 )といった楽器編成となりました。 ナッカーラ。 イランメトロポリタン美術館蔵。 画像出典:コトバンク キョスを演奏する軍楽隊。 画像出典:Wikipedia チェヴギャンを演奏する軍楽隊。 画像出典:Wikipedia 彼らがヨーロッパにもたらした音楽は「ヤニチェーレン・ムズィーク」や「バンダ・トゥルカ」と称され、西洋音楽にも大きな影響を与えていくこととなります。 メヘテルハーネの実際の演奏も聴いてみましょう。 ヨーロッパで「トルコ風」が流行 17世紀後半から18世紀にかけ、西洋の音楽文化にメヘテルのもたらす「異国」の音楽の影響が現れ始めます。 1720年代初頭にはポーランド王アウグスト2世にオスマン帝国第23代皇帝アフメト3世からメヘテルが送られ(アフメト3世は西欧諸国との平和外交を敷いていた)、オーストリアではオスマン式軍楽が取り入れられました。 クラシック音楽にもその影響は色濃く反映され、オペラやオーケストラ、器楽曲にも「トルコ風」が取り入れられます。 ドイツの詩人、音楽家のC. 各小節の最初のビートは新しく勇壮に刻まれるため、歩調を乱すことは実質的に不可能である」 と述べ、また 「好戦的で、臆病な者すら胸を張る」 と述べています。 我々のよく知るクラシックの作曲家たちもこの「トルコ風」の流れに乗って様々な作品を残しています。 グルック(1714-1787 :オペラ《思いがけないめぐり合い、(またはメッカの巡礼)》 *諸説あり) ハイドン(1732-1809 :《交響曲第100番「軍隊」》、オペラ《薬剤師》 ベートーヴェン 1770-1827 :《劇付随音楽「アテネの廃墟」より「トルコ行進曲」(創作主題による6つの変奏曲から引用)》、《交響曲第9番 第4楽章》 そしてモーツァルトが作曲した《 ピアノソナタ第11番「トルコ行進曲付き」 第3楽章》です。 彼らは当時の流行りの音楽を進んで取り入れる、いわば「流行に乗った」わけです。 これらの作品に共通して現れる音楽的特徴が、シンバルなどの打楽器の使用、ユニゾンの多用、鋭い音の為にピッコロを用いるなどでした。 しかしこれらはあくまで「西洋人のイメージしたトルコの音楽」。 実際のトルコの音楽とは少し違ったようです。 「トルコ行進曲」 「トルコ行進曲」が有名なモーツァルトですが、実は他にもトルコを題材とした作品を作曲しています。 《ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」》では第3楽章に、オペラ《後宮からの誘拐》ではオペラ全体がトルコ風を意識して作られています。 モーツァルトもかなりトルコ風の音楽を気に入っていたんですね。 さて有名な「トルコ行進曲」ですが、この作品は《ピアノソナタ第11番》の第3楽章のことを指します。 この3楽章はロンドという音楽形式で書かれており、冒頭には「Alla Turca(トルコ風に)」と書かれています。 左手の伴奏はまさにトルコの軍隊の行進を表していて、力強いリズムです。 この作品や「トルコ風」作品が出回ったことで、ある面白い楽器も生まれます。 それが19世紀に出回った「打楽器付きピアノ」です。 私たちが見慣れたピアノより多くのペダルが付いており、それらを踏むとドラム、ベル、グロッケンなどの音が出る仕組みになっています。 これらのペダルの事を「ヤニチャーレンペダル」なんて言います。 これは「ヤニチャーレン・ムズィーク」から来ているのですね ヤニチャーレンペダルがついたピアノ。 画像出典:Robert A. Brown Fortepianos HP 面白い試みではありましたが、流行の終わりと共にこのピアノも廃れていってしましました。 音の響きを試しに聴いてみてください。

次の