除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる。 エアコンの冷房と除湿はどちらが電気代がかかりますか?

冷房と暖房どっちが高い?気になるエアコンの電気代

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

エアコンを使う時にまず悩むのが、「冷房」と「除湿(ドライ)」のどちらを使ったらいいのだろうか、というところです。 まずは、冷房機能と除湿機能の違いを詳しく見ていきましょう。 冷房機能と除湿機能の違い 夏によく使われるエアコンの機能は冷房機能と除湿(ドライ)機能です。 冷房機能と除湿機能の違いは以下のようになります。 冷房機能 部屋の温度を下げることを最優先とした機能です。 エアコンが室内の空気を吸い込み、空気中の暑い熱を外へ逃がします。 熱がなくなり涼しくなった空気はまた室内に戻されます。 冷房はこのようなしくみで部屋の中を涼しくしています。 除湿機能 部屋の空気中の湿度を下げることを最優先とした機能です。 温度が高い程、空気が保持することができる水分量は多くなります。 そこでエアコンは室内の空気を吸い込み、その空気を冷やすことで空気中に含まれる水分を追い出し、追い出された水分は水となりホースで外へ排出されます。 水分をとったあとのさらさらになった空気はまた室内に戻されます。 これを繰り返すことで室内の湿度を下げるのです。 つまり、冷房機能も除湿機能も、基本的には同じように空気を冷やし、どちらの場合にも空気中の水分は冷やされることで結露して、水になって室外に放出されます。 冷房機能で運転しているとき、エアコンは設定された室温になるように冷房運転を行う一方で、除湿機能で運転している場合には、湿度が目標の値になるまで微弱な冷房運転を行う、というのが基本的な違いです。 2種類の除湿機能「弱冷房除湿」「再熱除湿」の使い分け 上記では「冷房」と「除湿」の違いについてご紹介しました。 次は、2種類の除湿機能について見ていきたいと思います。 最近のエアコンの除湿機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2つの種類があります。 その違いは以下のようになります。 「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の違い 弱冷房除湿 部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度も下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気をそのまま室内へ戻しています。 再熱除湿 部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気を再度暖めてから室内へ戻しています。 空気を冷やすことで水分を取り除くのは、弱冷房除湿も再熱除湿も同じです。 再熱除湿運転では、一度冷やして水分を取り除いた空気をもう一度暖めることで、室温の低下を防ぐように運転する点が違いです。 それぞれの機能の特徴をよく理解してつかうことが電気代の節約につながります• 梅雨の時期や夏の少し肌寒い雨の夜などは、再熱除湿機能を使うことで身体を冷やさずに快適に過ごせます。 (再熱除湿機能は電気代が少し高めですが、冷房で身体を冷やして風邪をひいてしまうよりは、必要な時だけ必要な機能を使うことをおすすめします)• 湿度が高くじめじめしている夏場で、弱冷房除湿で部屋の温度が快適になる場合は、弱冷房除湿がおすすめです。 室外気温が高く室内も大変暑い場合は、冷房機能で一気に部屋の温度を下げ、自動運転で設定温度を維持する方法が電気代は節約できます。 エアコンのメーカーによって、再熱除湿を搭載しているモデルとそうでないモデルがあります。 富士通とコロナのエアコンは再熱除湿と弱冷房除湿をリモコンで切り替えることができます。 他メーカーは再熱除湿方式のみであったり、再熱除湿方式ではないけれども快適な温度を保てるよう工夫された除湿機能になっていたりとさまざまです。 エアコンを新しく買う時は、除湿の方式をチェックしてみるのもいいですね。 また、エアコンの電気代の基本部分となる 電気料金プランを見直すことで、エアコンの電気代を大きく節約できる場合があります。 電気料金プランは、携帯電話や保険のプランと同じように、数あるプランの中から使う人が 一番お得に使えるプランを自由に選ぶことができます。 最適な電気料金プランを使うと、エアコンの電気代を安く節約できるだけでなく、年間の電気代を大きく節約することが可能になります!ご家庭に見合う電気料金プランは、で簡単に診断することができます。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

エアコンの電気代はドライと冷房どっちが安い?|@DIME アットダイム

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

エアコンを使う時にまず悩むのが、「冷房」と「除湿(ドライ)」のどちらを使ったらいいのだろうか、というところです。 まずは、冷房機能と除湿機能の違いを詳しく見ていきましょう。 冷房機能と除湿機能の違い 夏によく使われるエアコンの機能は冷房機能と除湿(ドライ)機能です。 冷房機能と除湿機能の違いは以下のようになります。 冷房機能 部屋の温度を下げることを最優先とした機能です。 エアコンが室内の空気を吸い込み、空気中の暑い熱を外へ逃がします。 熱がなくなり涼しくなった空気はまた室内に戻されます。 冷房はこのようなしくみで部屋の中を涼しくしています。 除湿機能 部屋の空気中の湿度を下げることを最優先とした機能です。 温度が高い程、空気が保持することができる水分量は多くなります。 そこでエアコンは室内の空気を吸い込み、その空気を冷やすことで空気中に含まれる水分を追い出し、追い出された水分は水となりホースで外へ排出されます。 水分をとったあとのさらさらになった空気はまた室内に戻されます。 これを繰り返すことで室内の湿度を下げるのです。 つまり、冷房機能も除湿機能も、基本的には同じように空気を冷やし、どちらの場合にも空気中の水分は冷やされることで結露して、水になって室外に放出されます。 冷房機能で運転しているとき、エアコンは設定された室温になるように冷房運転を行う一方で、除湿機能で運転している場合には、湿度が目標の値になるまで微弱な冷房運転を行う、というのが基本的な違いです。 2種類の除湿機能「弱冷房除湿」「再熱除湿」の使い分け 上記では「冷房」と「除湿」の違いについてご紹介しました。 次は、2種類の除湿機能について見ていきたいと思います。 最近のエアコンの除湿機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2つの種類があります。 その違いは以下のようになります。 「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の違い 弱冷房除湿 部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度も下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気をそのまま室内へ戻しています。 再熱除湿 部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気を再度暖めてから室内へ戻しています。 空気を冷やすことで水分を取り除くのは、弱冷房除湿も再熱除湿も同じです。 再熱除湿運転では、一度冷やして水分を取り除いた空気をもう一度暖めることで、室温の低下を防ぐように運転する点が違いです。 それぞれの機能の特徴をよく理解してつかうことが電気代の節約につながります• 梅雨の時期や夏の少し肌寒い雨の夜などは、再熱除湿機能を使うことで身体を冷やさずに快適に過ごせます。 (再熱除湿機能は電気代が少し高めですが、冷房で身体を冷やして風邪をひいてしまうよりは、必要な時だけ必要な機能を使うことをおすすめします)• 湿度が高くじめじめしている夏場で、弱冷房除湿で部屋の温度が快適になる場合は、弱冷房除湿がおすすめです。 室外気温が高く室内も大変暑い場合は、冷房機能で一気に部屋の温度を下げ、自動運転で設定温度を維持する方法が電気代は節約できます。 エアコンのメーカーによって、再熱除湿を搭載しているモデルとそうでないモデルがあります。 富士通とコロナのエアコンは再熱除湿と弱冷房除湿をリモコンで切り替えることができます。 他メーカーは再熱除湿方式のみであったり、再熱除湿方式ではないけれども快適な温度を保てるよう工夫された除湿機能になっていたりとさまざまです。 エアコンを新しく買う時は、除湿の方式をチェックしてみるのもいいですね。 また、エアコンの電気代の基本部分となる 電気料金プランを見直すことで、エアコンの電気代を大きく節約できる場合があります。 電気料金プランは、携帯電話や保険のプランと同じように、数あるプランの中から使う人が 一番お得に使えるプランを自由に選ぶことができます。 最適な電気料金プランを使うと、エアコンの電気代を安く節約できるだけでなく、年間の電気代を大きく節約することが可能になります!ご家庭に見合う電気料金プランは、で簡単に診断することができます。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

エアコン節電のコツ!「冷房より除湿の方が電気代が高い」は勘違い?

除湿 と 冷房 どっち が 電気 代 かかる

エアコンにはドライと冷房機能がありますが、節電のため「ドライ」にしている人はいませんか? 意外にも、「ドライ」は「冷房」より電気代がかかることがあるのです。 「ドライ」には2通りの方法 「ドライ」には2通りの方法があることをご存知ですか? 部屋の湿度を下げるには、湿度が高いジメジメした空気をいったん冷やして水滴を集め、サラサラした空気にします。 しかし、それでは室温も下がってしまうので、次に温めてから送り出します。 これを「再熱除湿」といい、室温は下がらずにすみます。 もうひとつの方法は、湿度が高いジメジメした空気を少し冷やして水滴を集め、サラサラした空気にして送り出します。 これを「弱冷房除湿」といい、室温は少し下がります。 電気代は、弱冷房除湿<冷房<再熱除湿 東京電力が「冷房」「弱冷房除湿」「再熱除湿」のコスト比較をしたデータがあります。 それによると、「弱冷房除湿」が一番安く、次いで「冷房」、一番高いのは「再熱除湿」です。 「弱冷房除湿」は「冷房」より弱い電力で動いているので、「冷房」より経済的です。 一方、「再熱除湿」は、「冷房」と「暖房」を一緒に稼働しているようなものなので、電気代が一番高くつくというわけです。 お使いのエアコンの運転切換に「ドライ(弱冷房除湿)」と「ドライ(再熱除湿)」があれば、用途に応じてお選び下さい。 しかし、「ドライ」とだけある場合は、「再熱除湿」の可能性があります。 詳しくは、「取扱説明書」を参照してください。

次の