ロキ サ デュ スタット。 薬剤師が覚えておくべき併用禁忌、疾患禁忌、病気の概要の簡単メモ 3/3 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ドキソルビシン

ロキ サ デュ スタット

HIF-PHD阻害薬とは えーと、いろいろとわからないことばかりでどれから説明したらいいのか迷うのですが、、、まず HIF (Hypoxia-Inducible Factor:低酸素誘導因子)について。 HIFは、体内が低酸素状態に陥ったときに誘導される因子で、低酸素状態に対応するために様々な蛋白質の発現を促す作用があります。 通常の状態では、HIFは、 HIF-プロリン水酸化酵素(PHD)によって水酸化され、分解へと導かれます。 HIFの分解を抑制してHIFを安定化させることで、低酸素状態への対応に必要な様々な蛋白質を活性化することができる。 というのがこのHIF-PHD阻害薬というお薬のコンセプト。 HIF-PHD阻害薬の作用機序として、HIFはエリスロポエチン(EPO)を誘導し、骨髄での赤血球の産生を促すほか、鉄代謝を刺激し、ヘモグロビンの産生刺激にも関与します。 HIF-PHD阻害薬を投与することでHIFの不活性化を抑制し、赤血球の産生を促すことができるということですね。 ちなみに、この 「低酸素応答」のメカニズムを解明した3人の研究者が、 2019年のノーベル賞を受賞してます。 ホントにスゴイ発見だったんだね!! 腎性貧血とは 腎性貧血は 慢性腎臓病(CKD)の一般的な合併症の1つ。 腎臓の機能が低下すると、 骨髄で赤血球の産生を促すのに重要な働きをするホルモン 「エリスロポエチン」の分泌が減り、赤血球を十分につくれなくなることで貧血を引き起こします。 このエリスロポエチンを作る細胞が、腎臓の尿細管と尿細管の間質にあります。 糸球体硬化や尿細管障害がおこるとエリスロポエチンを作る細胞の形質がかわり、エリスロポエチンをつくる機能が失われてしまうんですよねー。 透析患者では、腎障害によるエリスロポエチン産生不足のほか、尿毒素や炎症性サイトカイン、あるいは体外循環や血液ポンプなどによる機械的な損傷による赤血球寿命の低下、透析時の回路内残血などにより貧血をきたします。 そのため、赤血球の産生を促すEPO製剤の登場は、腎性貧血に苦しむ透析患者から心待ちにされていました。 さらに、透析にはまだ至っていないものの腎性貧血を呈する「保存期慢性腎臓病(CKD)」患者にも重要なお薬となります。 現在この腎性貧血には、エリスロポエチンの分泌不足を補うために エリスロポエチン(EPO)の投与か、エリスロポエチンレセプターに作用し赤血球造血刺激を行う 赤血球造血刺激因子製剤(ESA)による薬物治療が行われます。 また、あわせて食事療法や、鉄剤の投与も行われます。 ただし造血ホルモンという蛋白質を有効成分とするEPO製剤は、静注もしくは皮下投与が必要で、冷暗所保存が必要という管理上の手間もありました。 また、一部の患者では既存のEPO製剤では貧血が改善しにくいという課題があります。 そんな中、開発が進められているのが経口低分子薬のHIF活性化薬!正式には、 低酸素誘導因子(HIF)プロリン水酸化酵素(PHD)阻害薬と呼ばれます。 HIF-PHD阻害薬ロキサデュスタット〈エベレンゾ錠〉の利用 腎性貧血を対象に開発が進むHIF-PHD阻害薬は、細胞への酸素供給が不足状態に陥ると誘導されるエリスロポエチン転写因子「低酸素誘導因子(HIF)」を安定化させ、エリスロポエチンの産生を増やすとともに、鉄の利用効率を高めて赤血球の産生を増やします。 HIF-PHD阻害薬によって活性化されるタンパク質としては、エリスロポエチン(EPO)や鉄代謝関連因子などがあります。 腎性貧血に対しては、EPOの誘導だけでなく、鉄代謝関連因子も同時に刺激することで鉄利用効率が高まることから、EPO製剤で改善しない貧血への有効性も期待されています。 HIF-PHD阻害薬はEPO製剤と同じ作用が期待できるわけですから、 腎性貧血患者の治療を経口薬に置き換えられる可能性があります。 EPO製剤は長い使用経験がありますが、一部の患者ではEPO製剤を投与しても貧血がなかなか改善しないケースがあります。 しかも EPO製剤の投与量を増やしすぎると、逆に心血管疾患のリスクが高まることが欧米の臨床試験で確認されています。 そこで、 外部から大量のEPOを補充するのではなく、体に備わっているEPO産生促進機構を刺激する方が安全だろうとも考えられています。 HIFは低酸素状態に対する防御機構です。 臓器が虚血などで低酸素状態になってしまったとき、障害が進まないように保護する効果が期待されます。 様々な原因で引き起こされる 低酸素状態による臓器障害に対してHIF-PHD阻害薬は臓器保護効果があるのではないかと期待されています。 EPO・ESAは注射剤であることに加え、低反応性で効果が得られない患者がいることが課題として指摘されています。 経口剤のHIF-PHD阻害薬は、ESA低反応性の患者にも効果がある可能性があり、ESAの次を担う腎性貧血治療薬として期待が寄せられています。 エベレンゾの名前の由来 山脈のいただき、エベレスト( Everest)と、酵素阻害薬を意味する(E nzyme inhibitor)が由来です。 作用機序の、 低酸素状態ってあたりが、エベレストとうまく絡んでる気がして、ナイスなネーミングですね。 その他 腎性貧血治療薬として最も使われているネスプは2019年に特許切れが迫っており、協和発酵キリンはオーソライズド・ジェネリックを開発する方針なんだとか。 最近はもう国がGEに変更するように患者にも病院にも指導が入るみたいなので、AG作らないと先発メーカーはやってけないですよね、、、。 もちろん、売上がいいお薬ということもあるので複数の企業がバイオシミラーの開発を進めています。 HIF-PH阻害薬とバイオシミラーの登場で、腎性貧血治療薬の市場が大きく変化していくことになりそうですね。 医科点数表では、人工透析に用いる「透析液」や「生理食塩水」・「エリスロポエチン製剤」などの人工透析関連での所定のものは「所定点数に含まれており、別に算定できない」と規定されています。 これは 「人工透析関連の所定のものは医科の技術料に包括化されていて、院内処方を行う」ということになってるんですね。 この 「人工透析関連の所定のもの」に今回の「ロキサデュスタット:エベレンゾ」も含まれることになったのです。 まあ当面の対応として、という文言がついてるので今後の改定で少しずつ変わっていくかもしれないのですが。 このロキサデュスタット(エベレンゾ)を調剤薬局で扱うことは、まだ先かもしれません。 っと!!思っていたのですが。 なんとなんと、このエベレンゾ錠が院外処方も可能なんだとか。 その条件が、 「腹膜透析の患者さん」であること。 そういえば、腹膜透析の透析液も院外処方可能なんですよね。 なので透析に付随するこのエベレンゾも処方可能ってわけ。 いやー調剤薬局で働く薬剤師さんも、もう一度用法用量について再確認しておきましょう!!!.

次の

ザルスタット株式会社(Sarstedt K.K.)

ロキ サ デュ スタット

ザイロリックとフェブリクの違いは? 痛風・高尿酸血症の治療薬に、 フェブリク錠(フェブキソスタット)があります。 非プリン型のキサンチンオキシダーゼ阻害薬です。 キサンチンオキシダーゼ阻害薬といえば ザイロリック(アロプリノール)。 フェブリクと ザイロリックでは何が違うのか。 「先行薬であるアロプリノールとの比較臨床試験の結果、フェブキソスタットはアロプリノールより強い尿酸値低下作用を示した。 」 ザイロリックより フェブリクのほうが効くようだ。 メーカーの説明によると、 「本剤は、アロプリノールとは異なる新規作用機序による強力な尿酸生成抑制効果に加え、腎機能低下などにより既存治療薬を使えなかった患者さんにも使用可能であり、様々な病態の患者さんに対する有用性が示されています。 」とのこと。 アレ、作用機序違うの? フェブリクは選択的キサンチンオキシダーゼ阻害薬? フェブリク(フェブキソスタット)は40年ぶりに新薬として日本で開発された尿酸降下薬です。 フェブキソスタットはアロプリノールと同じキサンチンオキシダーゼを阻害する尿酸生成阻害作用を持つ。 しかし、キサンチンオキシダーゼの基質キサンチンと類似分子構造を有するアロプリノールと異なり、キサンチンとは異なる分子構造(非プリン骨格)の薬剤です。 フェブキソスタットはキサンチンオキシダーゼ以外の核酸代謝酵素を阻害しない、世界初となる選択的キサンチンオキシダーゼ阻害薬です。 アロプリノールは、代謝物(オキシプリノール)が活性体で、腎機能低下時には減量などが必要となりますが、フェブキソスタットは代謝物が活性を示さず、かつ腎臓以外の排泄経路を有していることから軽度~中等症の腎機能低下例においても、用量調節せずに通常用量で有効性と忍容性が認められています。 フェブリクの用法は1日1回の服用。 ザイロリックは1日2~3回の服用なので、コンプライアンス的にはフェブリクのほうが良さそうだ。 しかしフェブリクは薬価が高いのが難点。 アロプリノールにはジェネリックもある。 アロステリック阻害様式とは? アロプリノールの構造式は、キサンチンオキシダーゼの基質であるヒポキサンチンと非常によく似た構造をしています。 アロプリノールはキサンチンオキシダーゼの基質となることによって、ヒポキサンチンが酸化して尿酸が生成する過程を阻害します。 アロプリノールはヒポキサンチンと競合しながらキサンチンオキシダーゼによってオキシプリノールへと変換されますが、この代謝されたオキシプリノールも、酸化反応を行う酵素活性中心のモリブドプテリンユニットに対して強く結合することによって、酵素阻害作用を示します。 一方、フェブキソスタットも同じくキサンチンオキシダーゼを阻害しますが、その阻害様式はアロステリック阻害様式(非競合阻害様式)です。 これは、キサンチンオキシダーゼにフェブキソスタットが結合した状態のX線結晶構造解析からも支持されます。 すなわち、フェブキソスタットは酵素活性中心には近いもののモリブドプテリンユニットへは結合せず、活性中心付近に結合することによって、アロステリック阻害様式によって尿酸の生成を阻害します。 酵素の表面から活性中心へは比較的狭い通路が形成されており、ヒポキサンチンやキサンチンがこの通路を通って酵素の活性中心へと向かいますが、フェブキソスタットはこの通路の途中に結合し、ヒポキサンチンやキサンチンが酵素活性部位へ到達するのを阻害します。 フェブリクは副作用が少ない? 既存薬のアロプリノールは、副作用の報告は少ないものの、核酸塩基類似の構造を有していることから、他の核酸代謝酵素に対する阻害作用を示す可能性があります。 つまり、プリン塩基の一種であるキサンチンと類似した構造をもつため、他のプリン塩基の代謝にも影響を及ぼす可能性があるということ。 一方、フェブキソスタットは核酸塩基とは大きく異なる構造を有しています。 フェブリクの特徴は? 高尿酸血症を適応症とする本邦初の薬剤です。 新しい阻害機序を有する、1日1回投与のキサンチンオキシダーゼ阻害剤です。 フェブキソスタットのXO阻害様式は、酵素構造に適合する新しい構造(構造適合型阻害)であり、強力かつ持続的に尿酸の生成を抑制します。 フェブキソスタットはXOが酵素反応を行う狭いポケット(チャネル)内の空間を埋めるように入り込み、酵素の蛋白質(構成するアミノ酸残基)と複数の相互作用(イオン結合、複数の水素結合、疎水相互作用等)により、強固に結合します。 このような阻害機構により、フェブキソスタットはXOの酸化・還元状態に依存せず、酸化型及び還元型XOのどちらにも結合し、阻害作用を示します。 フェブキソスタットはXOの基室となるキサンチンと異なる分子構造(非プリン骨格)を有し、XO以外の他の核酸代謝酵素阻害せず、XOに選択的な阻害活性を示します。 適応は「痛風、高尿酸血症」で、1日1回投与する。 1日10mgから投与を始め、維持量は1日40mg、最大1日60mgまで投与できます。 フェブキソスタットは、40年ぶりに新薬として承認された日本発の尿酸降下薬です。 フェブキソスタットは、アロプリノールと同様、キサンチンオキシダーゼ(XOD)を阻害することで尿酸生成を阻害する「尿酸生成抑制薬」です。 フェブキソスタットは、キサンチン(XODの基質)と類似した分子構造を有するアロプリノールとは異なり、XOD以外の核酸代謝酵素を阻害しないのが特徴であり、このことから「選択的XOD阻害薬」とも呼ばれています。 ザイロリックからフェブリクへの切り替え方法は? フェブリクの用量は、通常、 通常、成人にはフェブキソスタットとして1日10mgより開始し、1日1回経口投与する。 その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する。 維持量は通常1日1回40mgで、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1日1回60mgとする。 10mgから開始。 尿酸降下薬による治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎 痛風発作 が誘発されることがあるので、本剤の投与は10mg1日1回から開始し、投与開始から2週間以降に20mg1日1回、投与開始から6週間以降に40mg1日1回投与とするなど、徐々に増量すること。 とも書かれている。 尿酸降下薬による治療初期には。。。 と書かれているので、今までザイロリックで治療していた患者さんがフェブリクに切り替えるときは、開始用量は10mgからでなくてもいいわけで。 ザイロリックからの切り替えの場合、フェブリク20mgから開始するケースが多いようです。 いきなり維持量の40mgはダメなのか? フェブリクにどのくらい反応する患者かわからないうちは、20mgから飲ませたほうがいいのだろう。 2012年12月20日 某薬剤師さんの仰るとおり、アロプリノールを高尿酸血症に適応することは可能となっておりますが、国保や社保の査定を行う先生方は、このような情報を御存知のないロートルの方が多いので、現在でもザイロリックが高尿酸血症で査定されることは現実に起きています。 処方される先生は、高尿酸血症・通風の両病名を併記されることをお勧めします。 ただし、痛風発作が起きている最中にザイロリックを内服することは禁忌です。 木村様も通風がある状況でザイロリックを内服されたために悪くなったと拝察します。 これはフェブリクでも同様のことが起こる可能性がありますので御注意下さい。 681• 183• 257• 188• 251• 104• 283• 249• 127• 113• 240• 127• 177• 188• 116•

次の

薬剤師が覚えておくべき併用禁忌、疾患禁忌、病気の概要の簡単メモ 3/3 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ロキ サ デュ スタット

薬剤師が覚えておくべき併用禁忌、疾患禁忌、病気の概要の簡単メモ 3/3 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) 肝疾患治療薬 概要 肝炎は肝臓が炎症している状態で 急性肝炎と慢性肝炎とに分かれます。 急性肝炎は治癒しますが、 慢性肝炎は6か月以上炎症が持続している状態で 肝硬変、肝がんへ移行してしまうリスクがあります。 は肝臓で炎症を起こし、 劇症肝炎を起こさなければ、ほとんど治ります。 の初期症状は、だるさ、黄疸、腹水に注意が必要です。 黄疸は、皮膚や目が黄色くなる病気です。 血液中のが増加したことに起こります。 とは、古くなったを 壊すときにできる黄色い色素です。 そのため、が増えると黄疸が起こります。 腹水とは、お腹に水が溜まって苦しくなります。 腹水による腹部膨満感に注意です。 高血症は、を分解してできた が排泄されず、体にたまってしまい、 、呼吸障害など命の危険に関わります。 ウィルス薬(アナログ製剤) ゼフィックス(ラミブジン) ヘプセラ(アデホビル) (エンテカビル) 肝機能改善 (、アミノエチル) EPL(ポリエンホスファジルコリン) (肝臓物) アレルギー薬、肝機能改善 グリチロン(グリチルリチン酸) 高血症改善 小児の便秘改善 モニラック、ラクツロース(ラクツロース)ピアーレ 30、胆道疾患、疾患治療 概要 胆石は胆汁が作った作った石のことで 胆石が胆管を塞ぐと激しい痛みが起こります。 急性膵炎はアルコール、胆石などが原因で に炎症が起こったもので 多臓器不全を起こす危険性があるので要注意です。 膵炎治療中はアルコール禁止です。 胆石症は、背中の違和感、 背中が痛いのか、胸が苦しいのかわからない状態です。 発作は、心臓発作や発作と間違えられることが多いです。 転げまわるほどの痛みで、背中や胸に違和感があります。 尿路結石は、夜中にお腹が痛くなって、救急車で運ばれたら 尿路結石だったケースもあります。 尿路結石は、腎臓や尿路に結石がある上部尿路結石がほとんどです。 慢性膵炎は、上腹部痛、腰背部痛などで、疼痛は持続性です。 吐き気、食欲不振など起こります。 アルコールによるの炎症が原因です。 利胆薬は、胆汁の流れをよくして肝臓を守る薬です。 胆石症、尿路結石治療 ノン(フロプロピオン) 肝機能改善、胆石症 ウルソ(ウルソデオキシコール) 膵炎治療薬 フオイパン(カモスタット) リパン(パンクレリパーゼ) 31、痔疾患治療薬 概要 痔は、便秘がちで排便の際にいきんだり、 辛い物やアルコールの過剰摂取による下痢などで 肛門の排泄部位が傷つくことにより痔が起こります。 痔治療 ネリプロクト(ジフルコルトロン、リドカイン) (ヒドロコルチゾン、死菌) プロクトセディル(ヒドロコルチゾン、マイシン)ヘモレックス 非 痔治療 ヘルミチンS(リドカイン、) ポラザG(リドカイン、トリベノシド) 抗炎症 痔治療 サーカネッテン(パラフレボン、センナ) ヘゼ(ブロメライン、) 32、制吐薬 禁忌 抗めまい薬 抗 めまい、吐き気止め、乗り物酔い (、ジプロフィリン) 禁忌 、肥大(抗コリン) 32、制吐薬 概要 は、突然、回転性のめまいが起きたり めまいの前に、片耳に耳鳴りや、聞こえにくくなったりします。 ストレス、ホルモンバランスの乱れにより、 耳の中のリンパ液が増えすぎてしまったのが原因です。 糖尿病薬で最も怖いのは、です。 動悸、冷や汗、ふるえに注意です。 を摂取しないと、失神など起こる危険性があります。 筋肉痛、関節痛などの横紋筋融解症に注意が必要です。 薬はグレープフルーツジュースとの併用注意です。 膵炎はアルコール禁止です。 胆石とは、胆汁が作った石のことで、 胆石が胆管を塞ぐと激しい痛みを伴います。 急性膵炎は、アルコール、胆石などが原因で、 に炎症が起こったもので、重症化すると多臓器不全も引き起こす危険な状態になるリスクがあります。 慢性膵炎は、の破壊が進んでいき、の機能が失われ、 消化管障害を引き起こす、筋肉痛、関節痛、などの横紋筋融解症に注意が必要です。 発作を引き起こします。 発作は一般的に足の親指に急激に激痛が起き、 靴を履けないどころか、靴下すら履けないほどの 我慢できない痛みが起こります。 尿酸を出すため、1日1,5Lから2Lの水を飲むと良いです。 肝障害、食欲不振、だるさに注意です。 は、のぼせ、発汗などが起こります。 発作治療 コルヒチン(コルヒチン) 尿酸排泄促進 薬 排泄促進 ベネシッド(プロベネシド) ユリノーム(ベンズブロマロン) 水分摂取して尿酸排泄促進促す。 尿酸生成抑制 薬 ウリアデック(トピロキソスタット) フェブリク(フェブキソスタット) (アロプリノール) 尿アルカリ化薬 尿路結石予防 ウラリット、ウラリットU(、ナトリウム)ウリンメット 水分摂取して尿酸排泄促進促す。 治療薬 概要 機能低下症は橋本病で、 ホルモンの補充を行います。 亢進症はで、 を抑える薬で調整します。 ホルモン過剰で発汗、が起こるリスクがあります。 メルカゾールは、急な発熱に注意です。 低下症は、橋本病といいます。 ホルモンが低下し、だるさ、低体温、顔がむくみやすくなったりします。 亢進症は、で、食欲が出て、体重が減り、暑がりになり、 全身に汗をかく、イライラして怒りっぽくなります。 低下症 ホルモンそのものを補充 () 動悸、息切れに注意 亢進症 抗薬 減らす メルカゾール(チアマゾール) チウラジール(プロピルチオウラシル) 無顆粒球症、発熱、だるさ、のどの痛みに注意 男性 禁忌 勃起不全 () 併用禁忌 チャネル 3群 危険な アン(アミオダロン) 硝酸薬 アイ 硝酸薬 ニ 硝酸薬 フランドルテープ 女性ホルモン 概要 はホルモンバランスの乱れが原因で 肩こりや憂うつなど気分が落ち込む状態です。 卵胞ホルモン() ジュリナ、トラーナ(トラジオール) ホーリン、トリオール(トリオール) () (エチニルトラジオール) 黄体ホルモン(プロゲストーゲン) 月経不順 ルトラール(クロルマジノン) ディファストン(ジドロゲステロン) ヒスロン、(メドロキシ) ルテン(ノルエチステロン) 卵胞ホルモン、黄体ホルモン合剤 月経不順 ウェールナラ ルナベル ヤーズ ソフィアA、ソフィアC 避妊薬 低用量ピル 卵胞ホルモンと黄体ホルモンの低用量剤 シンフェーズT28 その他の 概要 尿崩症は、作用の障害により、多尿となる症状です。 夜尿症は6歳を過ぎても、おねしょしてしまう状態です。 下垂体ホルモン 尿崩症 おもらし、夜尿症 ミニリンメルト(デスモプレシン) 症治療 誘発 (フェン) 骨、カルシウム 禁忌 ビタミンK2製剤 骨粗鬆薬 グラケー(メナテトレノン) 併用禁忌 ワーファリン(ワルファリン) 骨、カルシウム 概要 は骨の中がスカスカになり、骨折のリスクが高まった状態です。 吐き気、、頭痛などに注意です。 による吐き気、食欲不振に注意が必要です。 活性型ビタミンD3 骨粗鬆 アルファロール、ワンアルファ(アルファカルシドール) (エルデカルシトール) ロカル(カルシトリオール) オキサロール(マキサカルシトール) 、食欲不振に注意 ビスホスホネート製剤 骨粗鬆 フォサマック、ボナロン(アレンドロン酸) ボノテオ、リカルボン(ミノドロン酸) アクトネル、ベネット(リセドロン酸) 吐き気、胃腸障害に注意 調節薬 閉経後骨粗鬆 エビスタ(ラロキシフェン) ビビアント(バセドキシフェン) ホルモン製剤 骨粗鬆 フォルテオ(テリパラチド) カルシウム製剤 低カルシウム血症 デノタス(カルシウム、コレカルシフェロール、) アスパラカルシウム(カルシウム) ビタミンK2製剤 骨粗鬆薬 グラケー(メナテトレノン) その他の内分泌薬 概要 欠乏症は筋肉壊死などに伴う高血症に注意が必要です。 欠乏症 エルカルチンFF、エルカルチン(レボ) 肥大 排尿障害 禁忌 PDE5阻害 排尿治療 肥大に伴う排尿障害 ザルティア() 併用禁忌 硝酸薬 アイ 硝酸薬 ニ 硝酸薬 フランドル 硝酸薬 ニトロダームTTS 肥大 排尿障害 概要 肥大は残尿感、頻尿、 突然トイレに行きたくなり我慢できなくなる尿意切迫感などがあります。 尿がもれてしまう切迫性尿失禁もあります。 抗コリンは、口の渇き、便秘に注意です。 肥大は尿が出にくい、排尿困難、昼間8回以上の頻尿、残尿感などがあります。 抗コリン 障害、頻尿障害 ウリトス、ステーブラ(イミダフェナシン) ベシケア(ソリフェナシン) (プロピベリン) トビエース(フェソテロジン) 障害、頻尿障害 抗コリンではない ベタニス(ミラベグロン) 女性薬 禁忌 子宮収縮 子宮出血の治療 メテルギン(メチルエルゴメトリン) 併用禁忌 エルゴタミン クリアミン(エルゴタミン) アゾール系抗真菌 ジフルカン(フルコナゾ-ル) アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール) アゾール系抗真菌 フロリード(ミコナゾール) 子宮収縮抑制 切迫流産 早産防止 (リトドリン) 禁忌 妊娠16週未満 女性薬 子宮収縮 子宮出血の治療 メテルギン(メチルエルゴメトリン) 子宮収縮抑制 切迫流産 早産防止 (リトドリン) 治療 (ジェノゲスト) 薬 概要 高血症は血液中濃度が5,5mEql以上超える状態で、吐き気、脱力感などに注意です。 血液中濃度が7mEqlを超えると心停止など命にかかわります。 急性腎不全は、あっという間に腎機能が低下し、尿が出なくなったりするが 多くの急性腎不全は、回復します。 だが、慢性腎不全の多くは、腎不全へ移行してしまいます。 高血症治療 腎不全に伴う高血症 カリメート、アーガメイト(ポリスチレン) ケイキサレート(ポリスチレン) 高リン血症 腎不全に伴う高リン血症 キックリン(ビキサロマー) ビタミン剤 栄養補給液 禁忌 ビタミンA 夜盲症、角化症皮膚疾患 チョコラA(レチノール) 禁忌 妊娠3か月以内 総合ビタミン剤 パンビタン(レチノール、カルシフェロール)ビタミンA 禁忌 妊娠3か月以内 経腸栄養剤 、P 禁忌 妊娠3か月以内 ビタミン剤 栄養補給液 概要 角化症は皮膚が固くなってしまう症状で、足のかかとがガサガサになります。 は、口の粘膜に生じる炎症です。 肝不全は、肝臓の機能がほとんどなくなり だるさ、吐き気、出血傾向などが起こりやすくなり、死に至るリスクが増えてしまいます。 ビタミンA 夜盲症、角化症皮膚疾患 チョコラA(レチノール) 、疲れ ノイビタ(オクト) F(フルスル) ビタミンB12 末梢神経障害、肩こり、しびれ (メ) ビタミンB2 、湿疹、皮膚炎 フラビタン(FAD,フラビンアデニン)ワカデニン ハイボン() ビタミンB6 、皮膚炎 ピドキサール(ピドキサール)リボビックス 妊娠性貧血 メトトトの副作用予防 フォリアミン() 湿疹 ワッサーV(パンコール) パントシン(パンテチン) 複合ビタミン剤 (、B6、B12) ビフロキシン(、)ハイボンとピドキサール ビタミンC 皮膚炎、色素沈着、美白 ハイシー() (、)デラキシー、ハイシーとパントシン 末梢神経障害、血流改善 ユベラ() ビタミンH 湿疹 ビオチン(ビオチン) ビタミンK2 出血防止 ケイツー(メナテトレノン) 総合ビタミン パンビタン 肝不全用輸液 肝不全の低血症改善 リーバクト(3種) 経腸栄養剤 経口可能患者の栄養剤 、P 経腸栄養剤 消化態栄養剤 経口摂取不可の患者の栄養剤 ツインラインNF 経腸栄養剤 半消化態 経口摂取不可の患者の栄養剤 エンシュアH、エンシュアリキッド ラコールNF 47、輸液 禁忌 薬 吐き気、下痢時の補給 アスパラ() 併用禁忌 アルドステロン阻害 高血圧 セララ(エプレレノン) 経口摂取不十分時の水分、ミネラル補給 ソリタT3号 ナトリウム補給 ミネラル補給 大塚食塩注(塩化ナトリウム) 薬 吐き気、下痢時の補給 アスパラ() 止血薬 抗プラスミン 止血薬 のど炎症止め (トラネキサム酸)ン 併用禁忌 止血薬 トロンビン(トロンビン) 血管強化薬 止血薬 出血防止 アドナ(カルバクロム) 抗プラスミン薬 止血薬 のどの炎症止め (トラネキサム酸)ン 抗薬 禁忌 抗凝固薬 抗 血流改善 ワーファリン、ワルファリン(ワルファリン) 併用禁忌 ビタミンK2 グラケー(メナテトレノン) 抗リウマチ ケアラム(イグラモチド) 直接トロンビン阻害 抗 血流改善 プラザキサ(ダビガトラン) 併用禁忌 アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール) Xa阻害 抗 血流改善 イグザレルト(リバーロキサバン) 併用禁忌 アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール) アゾール系抗真菌 ジフルカン(フルコナゾール) アゾール系抗真菌 フロリード(ミコナゾール) 抗薬 概要 抗は血の塊を溶かし、血液をサラサラにします。 出血傾向に注意しましょう。 ワーファリンはビタミンKとの併用注意、納豆、青汁、とも併用注意です。 鉄剤は、吐き気、食欲不振に注意です。 貧血は、ヘモグロビンが減ったことによる 身体中が酸欠状態になった状態、鉄分不足が原因です。 鉄剤 貧血薬 (鉄)フェロスティック フェルム(鉄) インクレミン(鉄) フェログラデュメット(鉄) 吐き気、胃腸障害に注意、便が黒くなる。 抗悪性腫瘍 禁忌 拮抗(ピリミジン系拮抗)抗ガン 5FU(フルオロウラシル) 併用禁忌 拮抗 抗ガン薬 ティー 抗薬 閉経後 フェアストン(トレミフェン) 併用禁忌 1a群 シベノール(シペンゾリン) 3群 危険な アン(アミオダロン) 抗悪性腫瘍 概要 は、血液のがんです。 出血傾向、発熱、貧血に注意が必要です。 拮抗 抗ガン薬 5FU(フルオロウラシル) メソトレキセート(メトトト) ハイドレア(ヒドロキシカルバミド) ティー(テガフール) 抗薬 フェアストン(トレミフェン) ノルバデックス(タモキシフェン) アロマターゼ阻害 閉経後 アロマシン(エキセメスタン) フェマーラ(レトロゾール) アリミデックス(アナストロゾール) 免疫抑制 禁忌 カルシニューリン阻害 免疫抑制 抗リウマチ サンデュミン、ネオーラル(シクロスポリン) 併用禁忌 カルシニューリン阻害 リウマチ プログラフ(タクロリムス) スタチン系 リバロ(ピタバスタチン) レニン阻害 高血圧 ラジレス(アリスキレン) カルシニューリン阻害 免疫抑制 抗リウマチ プログラフ(タクロリムス) 併用禁忌 カルシニューリン阻害 リウマチ サンデュミン、ネオーラル(シクロスポリン) 保持利尿薬 高血圧 アルダクトン() 拮抗 免疫抑制 イムラン(アザチオプリン) 併用禁忌 尿酸生成抑制 薬 フェブリク(フェブキソスタット) カルシニューリン阻害 免疫抑制 抗リウマチ サンデュミン、ネオーラル(シクロスポリン) プログラフ(タクロリムス) 拮抗 免疫抑制 イムラン(アザチオプリン) プレディニン() セルセプト(ミコフェノール) 解熱鎮痛薬 禁忌 プロピオン系 解熱鎮痛薬 アネオール(ケトプロフェン) 併用禁忌 系抗菌 シプロキサン(シプロキサシン) ピラゾロン系 解熱鎮痛薬 SG(ピリン系) 禁忌 ピリン系アレルギー 非ピリン系 総合 (ピリン系ではない) 禁忌 、肥大 非ピリン系 総合 PL(ピリン系ではない)サラザック、ピーエイ 禁忌 、肥大 プロピオン系 経皮 解熱鎮痛 ロコアテープ(フルルビプロフェン) 併用禁忌 系抗菌 バクシダール(ノルフロキサシン) 系抗菌 スオード(プルリフロキサシン) 解熱鎮痛薬 系 解熱鎮痛 () (、ミネート) アントル系 解熱鎮痛 ポンタール(メフェナム酸) プロピオン酸系 解熱鎮痛 アネオール(ケトプロフェン) ブルフェン() ソレトン、ペオン(ザルトプロフェン) スルガム(チアプロフェン) ナイキサン(ナプロキセン) ニフラン(プラノプロフェン) (ロキソプロフェン) 酢酸系 解熱鎮痛 () インフリー、インフリーS( ファルネシル) フェニル酢酸系 解熱鎮痛 フェネゾックス(アンフェナク) 、ナボール(ジクロフェナク) オキシカム系 解熱鎮痛 フルカム(アン) バキソ() (メロキシカム) (ロルノキシカム) ピラノ酸系 解熱鎮痛 (エトドラク) 解熱鎮痛 ソランタール(チアラミド) 系 解熱鎮痛 、アンヒバ、アルピニー() AP2(シメトリド) ピリン系 解熱鎮痛 SG(ピリン系) コキシブ系 解熱鎮痛 セレコックス(セレコキシブ) 非ピリン系 総合 (非ピリン系) PL(非ピリン系)サラザック、ピーエイ 系 経皮用 解熱鎮痛 スチックゼノール(、グリチルレチン) MS冷シップ、MS温シップ() プロピオン酸系 経皮用 解熱鎮痛 ロコア(フルルビプロフェン) モーラス、ミルタックス(ケトプロフェン) アドフィード、ヤクバン(フルルビプロフェン) (ロキソプロフェン) 酢酸系 経皮用 解熱鎮痛 イドメシン、、カトレップ() フェニル酢酸系 経皮用 解熱鎮痛 ナパゲルン、セルタッチ()フェルナビオン 、ナボール(ジクロフェナク) オキシカム系 経皮用 解熱鎮痛 バキソ() 神経痛 解熱鎮痛 リリカ(プレガバリン) (ロクシニア) 解熱鎮痛、抗アレルギー 禁忌 合成(非麻薬性)解熱鎮痛 慢性疼痛 トラムセット(トラマドール、) 併用禁忌 MAO阻害 パーキンソン薬 エフピー(セレギリン) 解熱鎮痛、抗アレルギー 概要 鎮痛は、脳や脊髄が伝える痛みをブロックします。 合成 解熱鎮痛 慢性疼痛 トラムセット(トラマドール、) 非合成 慢性疼痛 レペタン(ブプレノルフィン) ノルスパン(ブプレノルフィン) 眠気、めまい、吐き気注意 副腎皮質 禁忌 系 リウマチ せき、鼻炎 、() 禁忌 系 リウマチ せき、鼻炎 メドロール(メチル) 禁忌 コルチゾン系 リウマチ せき、鼻炎 コートリル(ヒドロコルチゾン) 禁忌 フッ素追加 コルチゾン系 リウマチ せき、鼻炎 デカドロン()DEX 禁忌 フッ素追加 コルチゾン系 リウマチ せき、鼻炎 オルガドロン() 禁忌 フッ素追加 リウマチ せき、鼻炎 コート(トリアムシノロン) 禁忌 フッ素追加 コルチゾン系 リウマチ せき、鼻炎 リンデロン(ベタメタゾン) 禁忌 フッ素追加 コルチゾン系 と抗 じんましん せき、鼻炎 (ベタメタゾン、)エンペラシン 禁忌 、肥大 副腎皮質 概要 関節リウマチは、関節が腫れて、関節が変形してしまう病気です。 免疫が自分自身を攻撃してしまうことにより起こります。 は、湿疹が治っても、また、かゆみを繰り返す病気です。 系 リウマチ せき、鼻炎 、() メドロール(メチル) コルチゾン系 リウマチ、せき、鼻炎 コートリル(ヒドロコルチゾン) デカドロン() オルガトロン() コート(トリアムシノロン) リンデロン(ベタメタゾン) (ベタメタゾン、クロルフェニラミン)エンペラシン ストロンゲスト 外用 デルモベート(クロベタゾール) ダイアコート、ジ(ジフロラゾン) ベリーストロング 外用 ネリゾナ、テクスメテン(ジフルコルトロン) マイザー(ジフルプレドナート) トプシム(フルオシノニド) パンデル(酢酸プロピオン酸) (ベタメタゾン)アンフラベート リンデロンDP(ベタメタゾンプロピオン酸) (モメタゾン) ストロング 外用 メサデルム(プロピオン酸) フルコートF(フルオシノロンアセトニド、マイシン) ベトネベートN(ベタメタゾン吉草酸 マイシン) プロパデルム(ベクロメタゾンプロピオン酸) リンデロンV、ベトネベート(ベタメタゾン吉草酸)デルモゾール リンデロンVG(ベタメタゾン吉草酸、ゲンタマイシン)デキサンVG ミディアム 外用 アルメタ(ロメタゾン) テラ・コートリル(ヒドロコルチゾン、オキシテトラサイクリン) キンダベート(クロベタゾン)クロベタゾン グリメサゾン() コート(トリアムシノロン) ロコイド(ヒドロコルチゾン) リドメックス(吉草酸) ウィーク 外用 () 消化薬 禁忌 多糖体分解 去痰 ノイチーム(リゾチーム)アクディーム 禁忌 卵アレルギー タンパク分解 去痰 エンピナースP(プロナーゼ) プロメライン 多糖体分解 去痰 ノイチーム(リゾチーム)アクディーム 抗、抗アレルギー 禁忌 第一世代 抗 アレルギー、鼻炎、湿疹 タベジール(クレマスチン) 禁忌 、肥大 第一世代 抗 アレルギー、鼻炎、湿疹 ポララミン(クロルフェニラミン) 禁忌 、肥大 第一世代 抗 アレルギー、鼻炎、湿疹 ペリアクチン(シプロへプタジン) 禁忌 、肥大、喘息発作時 第一世代 抗 パーキンソン、アレルギー、鼻炎、吐き気止め ピレチア(プロメタジン) 禁忌 、肥大、2歳児未満の乳幼児 第一世代 抗 アレルギー、鼻炎、湿疹 ホモン(ホモクロル) 禁忌 、肥大 第二世代 抗 アレルギー、鼻炎、湿疹 ザジテン(ケトチフェン) 禁忌 第二世代 抗 アレルギー、鼻炎、湿疹 ゼスラン、ニポラジン(メキタジン) 禁忌 、肥大 アレルゲン免疫療法 スギ花粉症 アレルギー シダトレン(アレルゲンエキス、スギ花粉) 禁忌 第一世代 抗 アレルギー、鼻炎、湿疹 タベジール(クレマスチン) ポララミン(クロルフェニラミン) ぺリアクチン(シプロへプタジン) ピレチア(プロメタジン) ホモン(ホモクロル) 強力コーチゾン(、ヒドロコルチゾン、マイシン) 第二世代 抗 アレルギー、鼻炎、湿疹 ザジテン(ケトチフェン) ゼスラン、ニポラジン(メキタジン) (エバスチン) アレジオン(エピナスチン) セルテクト、オキサトミド(オキサトミド) (オロパタジン) (セチリジン) アレグラ(フェキソフェナジン) タリオン(ベポタスチン) ザイザル(レボセチリジン) (ロラタジン) ディレグラ(フェキソフェナジン、プソイド) トロンボキサンA2受容体拮抗 アレルギー、鼻炎 バイナス(ラマトロバン) アレルゲン免疫療法 スギ花粉症 アレルギー シダトレン(アレルゲンエキス、スギ花粉) 抗リウマチ薬 禁忌 CsDMARD 抗リウマチ 関節リウマチ ケアラム(イグラチモド) 併用禁忌 抗薬 血流改善 ワーファリン(ワルファリン) CsDMARD サルファ剤 抗リウマチ 関節リウマチ アザルフィジンEN(サラゾスルファ) 禁忌 サルファ剤アレルギー 抗リウマチ薬 概要 関節リウマチは手指のこわばり、関節の腫れに注意しましょう。 系抗菌 系 パセトシン、(アモキシシリン) オーグメンチン、クラックス(アモキシシリン、クラブラン酸) ユナシン(スルタミシリン) カルバペネム系抗菌 カルバペネム系 オラペネム(テビペネム) ペネム系 ファロム(ファロペネム) 第1世代 (セファクロル) ケフレックス() 第2世代 オラセフ(セフロキシム) 第3世代 フロモックス(セフカペン) MS(セフジトレン) (セフジニル) トミロン(セフテラム) バナン(セフポドキシム) ホスホマイシン 抗菌 ホスミシン(ホスホマイシン)ホスミシンS アミド系 抗菌 ゲンタシン(ゲンタマイシン)エルタシン アミノ系 抗菌 ソフラチュール(マイシン) テトラサイクリン系 抗菌 (ミノサイクリン) サルファ剤抗菌 サルファ剤 バクタ、バクトラミン(スルファメトキサゾール、トリメトプリム) その他の抗菌 フシジンレオ(フシジン酸) 系抗菌 系 エリスロシン(エリスロマイシン) 、クラリシッド(ロマイシン) ルリッド (ロキシスロマイシン) (アジスロマイシン) リンコマイシン系抗菌 にきび リンコマイシン ダラシン、ダラシンS(クリンダマイシン) クロラムフェニコール系 抗菌 化膿止め クロマイP(クロラムフェニコール、マイシン) 系抗菌 系 シプロキサン(シプロキサシン) バクシダール(ノルフロキサシン) スオード(プルリフロキサシン) (モキシフロキサシン) タリビット(オフロキサシン) ジェニナック(ガレノキサシン) グレースビット(シタフロキサシン) オゼックス(トスフロキサシン) (レボフロキサシン) 抗薬 イスコチン(イソニアジド) 抗薬 概要 肺は、風邪が治ったはずなのに 咳や微熱が続く場合は、肺の疑いがあります。 カリニ肺炎は、熱、咳などが起こり、適切な処置をしないと死に至ります。 膣炎は、おりものが多くなったり、かゆみや痛みをもたらします。 症は、カビなどが原因で起こります。 性器は、かゆみなどが起こります。 アゾール系 抗真菌 アゾール系 ジフルカン(フルコナゾール) フロリード(ミコナゾール) イトリゾール(イトラコナゾール) 系 抗真菌 (テルビナフィン) イミダゾール系 抗真菌 エンペシド(クロトリマゾール)エルシド ニゾラール(ケトコナゾール) マイコスポール(ビホナゾール) アスタット(ラノコナゾール) ルリコン(ルリコナゾール) トリアゾール系 抗菌 クレナフィン(エフィナコナゾール) モルホミン系 抗真菌 ペキロン(アモロルフィン) その他の抗真菌 ハイアラージン(トルナフタート) メンタックス(ブテナフィン) ゼフナート(リラナフタート) カリニ肺炎治療 バックス(ペンタミジン) 抗ウィルス薬 概要 口唇は単純で、軽症なら、塗り薬で対処します。 はから始まり、再発したら、とみなされます。 インフルエンザは、急激な高熱、頭痛、だるさなどが5日間ほど続きます。 抗薬 ゾビラックス(アシクロビル) バルトレックス(バラシクロビル) アラセナA(ビダラビン) ファムビル(ファムシクロビル) 抗インフルエンザ (オセルタミビル) (ザナミビル) イナビル(ナミビル) 抗原虫薬 抗原虫(以外) (メトロニダゾール) 禁忌 妊娠3か月以内 抗原虫(以外) (メトロニダゾール) 消毒薬 消毒液 ヒビテン、ヒビディール(クロルヘキシジン) 解毒薬 禁忌 治療薬 エピペン(アドレナリン、) 併用禁忌 第二世代 躁うつ (オランザピン) 第二世代 躁うつ (クエチエピン) 第二世代 躁うつ (ブロナンセリン) 第二世代 躁うつ (ペロスピロン) 第二世代 躁うつ (リスペリドン) D2受容体 パーシャルニスト 躁うつ (アリピプラゾール)、 ブチロフェノン系 躁うつ () ブチロフェノン系 躁うつ (ブロムペリドール) チエピン系 躁うつ (ゾテピン) フェノチアジン系 躁うつ () フェノチアジン系 躁うつ 、B(、プロメタジン) フェノチアジン系 躁うつ ノバミン() フェノチアジン系 躁うつ () フェノチアジン系 躁うつ 、(レボプロマジン) 解毒薬 薬物中毒 妊娠高血圧 タチオン(グルタチオン) 腎不全に伴う尿毒症改善 吸着剤 クレメジン(吸着炭) 禁煙補助剤 ニコチネルTTS(ニコチン) チャンピックス(バレニクリン) 禁酒薬 治療 レグテクト(アカンプロサート) 治療薬 エピペン(アドレナリン、) 歯科、口腔用 概要 シェーグレン症候群は全身の分泌腺が冒され、全身が乾く病気です。 ドライアイ、口の渇きなどがあります。 口腔用 アフタゾロン()デキサルチン 、アフタッチ(トリアムシノロン) うがい薬 口腔内の殺菌 ネオステリングリーン(ベンゼトニウム) うがい薬 (アズレン) ハチアズレ(アズレン) トローチ SPトローチ(デカリニウム) 口腔内乾燥薬 シェーグレン症候群の口腔内乾燥の改善 サラジェン() 薬剤師転職ランキング1位 ファルマスタッフ yakusan.

次の