好き で 好き で たまん なく て あー 嘘 を つい た。 CHiCO with HoneyWorks 可愛くなりたい 歌詞&動画視聴

可愛くなりたい 歌詞「HoneyWorks」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

好き で 好き で たまん なく て あー 嘘 を つい た

私とあかりは、中学からの同級生。 あかりは、綺麗な長い髪のちょっと天然だけど、優しい女の子で、読モである私の体調をいつも気にかけてくれている。 私はそんなあかりに一つだけ嘘をついている。 「ふぁ~、眠いなぁ」 ここは朝の駅のホーム。 毎朝あかりとここで待ち合わせている。 こんな所で欠伸なんてちょっと恥ずかしかったな... 私は絶賛青春中。 でも、多分実らないんだよな...... 「聖奈、待たせちゃった?ごめんね 汗 」 「あ、あかり!全然大丈夫だよ~おはよう。 」 「うん、本当にごめんね。 おはよう。 」 あかりが走りながら来た。 ちょっと待ったけど、それは可哀想だから口には出さない。 「あかり、息切らしてるけど、走って来たの?そんなに急がなくても電車には間に合うのに... 」 「うん、走って来たの!だって、聖奈と沢山おしゃべりしたいじゃん!」 「そっ、そっかぁ... 天然って怖い... 『まもなく電車が参りますので、黄色い線の内側までお下がりください。 』 「聖奈、またあの人が電車に居るといいね!」 「え?」 「聖奈がちょっと気になっている、あの人!」 「ああ、あの人か... 」 あかりが上目遣いにこっちを見ながら言ってくる。 上目遣いをすると、目の大きさが強調されてとても可愛い。 「あ、ドア開いた。 」 そして、ドアから入ってすぐの向かいの席にはやっぱりあの人がいた。 あかりがからかってくるかと思って、あかりの方を見ると、彼女は全く別のところを見ていた。 「あ、あかり?」 「え?あ、ううん、何でもないよ。 」 「そっか... その方向に何があるんだろう? そんな事が最近ずっと続いている。 だから今日は、彼女の視線の先を追ってみることにした。 もしかして、あの人? 追ってみると、彼女の見ている方向には必ず背が低めの同じ制服の男子がいるのだ。 名前は...... 望月蒼太、だっけな?男の子達の間ではいじられ役の子だったような? 授業中...... ヤバイ... 今日授業をまともに受けられてない... もう午前最後の授業になる。 朝からあかりの好きな人の事で頭が一杯で授業に身が入らない。 お昼ご飯の時に聞こうかな? 私は毎日あかりと食堂でお昼ご飯を一緒に食べている。 私が好きな時間の一つだ。 うん、そうしよう。 そして、待ちに待ったお昼ご飯の時間 「あ、聖奈!席とったよ~」 「あかり、ありがとう~」 「ううん、何にしよっか?」 「う~ん、迷うなぁ…」 「私、デニッシュロールにしよう!」 「じゃあ、私もー」 あかりに流されちゃったけど、カツサンド食べたいかも... まあ、いっか! 私はちょっと人に流されやすい…... あかりには...... 」 「?」 デニッシュロールを頬張りながら、あかりが首を傾げる。 望月君のこと好きなの?」 「え?そ、そんな事ないよ!」 「最近あかり、望月君のこと気にしているような気がして... 」 「んーー... 確かに気にはなるかな... 」 「え?そうなの?」 とても驚いた。 あかりは可愛いから、彼女に好意を寄せる男子は少なからずいて、その中には告白する人もいる。 けれども、1度もあかりがその男子に惹かれることは無かったのだ。 あかりは、恋とは無縁な子、という気がしてた... っていうか、なんかモヤモヤするなあ 「うん、実は望月君に告白されてね。 その告白が曖昧で... だからこそ、気になるんだね...... 」 「え?どんな告白されたの?」 「放課後、教室に呼ばれて、『僕じゃダメですか?』って...... 」 「確かに曖昧だね…それで、あかりはなんて答えたの?」 「いいと思いますって答えたよ。 」 「うんうん」 天然なあかりらしい答えだな... 「その後、今のは告白なんですって言われて... 」 「それであかりは?」 「戸惑っちゃって... 何も答えなかったの」 「あ、そうなんだ... 」 あかりらしいなぁ... 可愛い... 結局そのままその日は終わってしまいました。 しかし、その後もあかりから話を聞こうとしても、わざとだからなのか、天然だからなのかは分からないが、毎回肝心なこと-----あかりは望月君のことが好きなのか-----を言わない。 どう思っているんだろうな...... そんなことが続く中、ある曇天の日の朝のことだった。 私が電車に乗ろうとすると雨が降ってきたのだ。 「あ、雨降ってきた。 」 「え?あ、本当だ... 」 そして、電車に乗るといつも通りあの人がいた。 あ、あの人傘持っていない… あの人は困ったような顔をしていた。 そして、学校近くの駅に着くと雨と睨めっこしながら思案し始めた。 かわいそうだな。...... そうだ! 「あ、あかりちょっといい?」 「分かってる。 行ってきなよ。 頑張ってね!」 「うん。 ありがとう!」 私は、あかりに背中を押されてあの人のところへ向かう。 「あ、あの... 」 「な、なななんや?」 ふふっ... とても戸惑っているなぁ 「傘、どうぞ。 」 「え?あ、あああありがとう。 」 そして、私はあかりの所へと駆けていく。 あかりは、私をすんなりと自分の傘に入れてくれた。 嬉しいなと思って!」 「あ、あかり... 今日も私はあかりと一緒にお昼ご飯を食べている。 「ねえ、聖奈」 「ん?なに~?」 「クリスマスの日って空いてる?」 「うん!25日空いているよ!」 「じゃあ、一緒に桜ヶ丘公園行かない?」 「いいよ、行こう!イルミネーション綺麗だよね」 「そう!だから、一緒にクリスマスに行きたいなって思って... 1人で街に行ってみようかな… そして、クリスマスイブの日。 私はクリスマスで彩られた街を歩いていた。 リア充多いなぁ…... いいなぁ…私もいつかできるかな... ? そして、私は明日あかりと行く予定の桜ヶ丘公園に行ってみた。 何組ものカップルを見かけた。 その中に...... 『どうぞ!! 』 『えええ!!! これ僕に!? 』 とても大きな声が聞こえた。 周りの人達は皆声のした方を見ている。 騒がしい人もいるんだな... 私も声の方を見てみると あれって... 望月君と...... あかり? 信じられない光景を目にした。 あかりと望月君が2人でいて、プレゼントを交換しているのだ。 あの2人って付き合っているの?! うそ、嘘...... とても驚き、戸惑い、悲しかった。 こんな感情初めてだった。 そして、私はそんな複雑な感情を抱いたまま、状況を確かめようともせずに家に走って帰ってしまった。 あかり、付き合っていたんだ...... ベットに突っ伏して今日のことを思い出している。 それなら、私に言ってくれてもいいのに…... なんだかあかりが私から離れて行くような感じがした。 「うっ... 」 涙が頬をつたいこぼれ落ちていった。 私なんで泣いているんだろう... どうしよう、どうしよう… とにかく混乱して、めちゃくちゃになって、ただただ泣いた。 ガチャッ 「お姉ちゃん、ご飯できたよー」 妹が部屋に入って来た。 妹に泣いている所を見せるわけにはいかないから、私は寝たふりをした。 「お姉ちゃん!...... 寝ちゃってる…... もう、こんな寒着で!風邪ひいちゃうよ!」 妹は私に優しく毛布をかけてくれた。 「ありがとう... 」ボソッ 「え?お姉ちゃん、起きてるの?今、なんか言った?」 私は寝返りした。 どうやら私のありがとうと言う声は、あまり妹に聞こえなかったようだ。 「なんだ... 寝言か... 」 「... あ、お姉ちゃんの枕濡れてる... 泣いてたのかな?何かあったら私に言ってくれればいいのに...... 」 ガチャッ 妹が部屋から出て行った。 私は妹の優しさに触れて泣いていた。 目を覚ますともう朝だった。 私はあの後ご飯も食べずに泣きながら寝てしまったようだ。 「今日は、あかりと会う日か…」 一晩置いたら少しは落ち着きを取り戻せた。 どうしようかな… もちろん体調が悪いと連絡して行かないという方法もある。 ちゃんと会ってはっきりさせたい。 それに私もあかりに伝えなきゃいけない事がある。 妹に相談しようかなとも思ったけれど、やっぱり姉としてのプライドがある。 妹に頼りたくはないのだ。 昨日はあんな風に言ってくれたのに、頼ってあげられなくてごめんね… ガチャッ 「あ、お姉ちゃん起きたんだ。 」 「うん、おはよう!」 「おはよう。 桜ヶ丘公園に行くと、あかりはもう来ていた。...... 明かりって... よし、聞いてみよう! 「あかり、マフラー変えた?」 「うん」 「可愛いね!どこで買ったの?」 「実は、昨日望月君がくれたんだ」 「へー、え?付き合ってるの?」 「え?えっと... 」 「あ、そっか、変なこと聞いちゃってごめんね 汗 」 「そ、そんな事ないよ!」 「うん...... 」 この様子だと付き合っていて、しかもそれを私に言えないようだ。 やっぱり、言わなきゃ! 今日、私が来た理由は2つある。 1つは望月君とあかりの関係を知るため。 もう1つは...... あかりに絶対にいつかは言わなければいけない事を言うため。 「あの... あかり!」 「は、はい!」 私があかりについていた嘘。 それは... あかりの事が「友達」として好きだという事。 「あのね。 私、あかりの事が好きなの!これまで騙していてごめんね。 私に裏切られた気分だよね。 」 「え... 」 「私は、あかりとこの距離感でずっといたかった。 お互いに大切な友達だと思っているこの距離感で。 だから、私は電車にいつも乗っている人が好きみたいな態度をとった。 それに私の好きな人をずっとあかりに隠していた。 あの人に傘を渡したのもあかりと相合い傘したかったからなの!ごめんね。 」 「聖奈...... 」 「もうこんな事になったら、一緒にいられないね。 あかり、さようなら。 」 私はあかりに背を向けて歩き出した。 ごめんね、あかり... いつの間にか涙が零れていた。 泣くのは私じゃない。 大切な友達に裏切られて、よくわからない形で別れさせられたあかりなのに...... あかりを騙して裏切った上に泣きながら去っていくなんて、私は最低だな... その時だった。 「聖奈、待って!」 私は構わず歩き続けた。 聖奈!」ムギュッ 「あ... あかり?」 信じられなかった。 あかりが泣きながら、私に後ろから抱きついてきたのだ。 「ヒック... せ、聖奈.. グスッ... い、行か... で!」 「あかり... ?」 でも、とっさに思った。 あかりは優しいから、私を慰めようとしてくれているんだと。 本当に優しいんだな… 「せ、聖奈... 聖奈の事が好きなの!」 「...... 」 慰めてくれているんだと決めつけて諦めると、期待せずに済んで楽だ。 なんだか不思議だ。 好きな人に好きって言われているのに... 「慰めてくれなくていいよ。 あかりは望月君のことが好きなんだよね?」 「違うの!望月君は... 恋愛の相談相手なの!」 え?今なんて言った?え?じゃあ、あかりは望月君以外の人の事が好きなの?! 「じゃあ... あかりは... 誰の事が好きなの?」 「だから、聖奈だって!」 「あ... でも、望月君の告白が気になるって... 」 「あれは、望月君の告白の練習に私が使われただけだよ!曖昧だから気になるって言ったのは、曖昧だったら、好きな人に伝わりにくいだろうと思ったからだよ!」 「望月君を目で追っていたのは?」 「望月君の恋愛の進展具合を見るため... 」 「勝手に見ちゃったんだけど、望月君と昨日プレゼントを交換していたのは?」 「いつも相談に乗ってくれてありがとうって事で... 」 「あかりの言葉、信じてもいい?」 「信じて!大好きだよ!」 「あかり... 」 私は泣きながらあかりを抱きしめた。 私とあかりは、泣きながら抱き合う形になった。 いつの間にか雪が降っていてとても静かだった。 だから、あかりの呼吸や服のこすれる音、鼓動がはっきりと聞こえて、この世界に私達2人しかいないような気がした。 それは、普通は寂しい事なのかもしれないけれど、私達はとても安心して、幸せだった。 「あかり」 「何?」 「あかりの事を愛していてよかった。 」 「私も聖奈の事を好きになって良かった。 」 「ありがとう」 「こちらこそ」 「これからもよろしくね。 」 「うん。 」 おわり。

次の

可愛くなりたい CHiCO with HoneyWorks 歌詞情報

好き で 好き で たまん なく て あー 嘘 を つい た

男性が好きな女性にする行動、態度 男性は女性に比べれば喜怒哀楽の感情表現が下手で一見わかりづらいのですが、 その分演技が下手なので言葉で嘘をついてもすぐしぐさでバレるし、カモフラージュするのが苦手です。 逆に言えば、男性の無意識のしぐさや態度、振る舞い、スキンシップなどの行動に本音や本心のサインが 必ず表れる法則がある。 男性は表情の変化が乏しく一見何を考えているかわからないかもしれませんが、 しっかり細かい行動を観察すれば心理の奥底が見えてくるでしょう。 人間の本能から来る欲求は必ず体のどこかに動きとして表れます。 目、手、足、腰、体全体の向きや角度、 特に男性は言葉をあまり発さないので、非言語コミュニケーションから 心理を読み取れることが関係を円満にするためにも女性に必要なスキルです。 スポンサードリンク 男の好意を示す脈ありサイン、好きな人にとる態度 女性は本心を隠し嘘をつくのが上手いと言われており、笑顔で嫌いな人と接したり、真顔で 嘘をついたりと八方美人で社交的なタイプだと心理が見極めづらいです。 視線も嘘をつく時でも通常時でも相手の目を真っ直ぐ見られるそうです。 逆に男心は単純で簡単なので、恋愛心理学の法則から態度や行動に脈なしか脈ありかがサインとなって表れるので 嘘をついたらすぐにバレる。 好意を持っている気になる人がいるなら、ちょっと意識して 体の動きを見れば、その人の性格や今の気持ちまである程度予測し理解できるでしょう。 ・視線を感じる、よく目が合う 単純に視線と言っても状況によって様々な種類がありますが、 男性が女性に視線を注ぐ時は大抵は好意を持っている時といっても良いでしょう。 男性は女性よりも惚れっぽい生き物です。 顔や容姿が可愛いかったり綺麗な人、 体型やスタイルが抜群な美人などが横切ったら、彼女とデート中でも目で追ってしまいます。 4 男性は元来狩りをするハンター気質があるため、動いている獲物を見つけるとすぐに それに注目する性質があります。 だから興味や関心があるものはすぐに凝視したくなってしまうのです。 そして本命、本気の気持ちで好きな女性を見てるときは本能で瞳孔が開く仕組みになっているので、 そこまでチェックして 調べられれば一流の脈あり鑑定士と言えます。 また、他にもチラチラと横目でチラ見してきたり、照れ隠しで上目遣いに覗いてきたり、 あるいは遠くからじーっと眺めていたりなど、色々な視線があります。 人の視線には気配があり、なんとなく察することができます。 一回目が合っただけではまだ偶然なのか脈ありサインなのかはわからないですが、 一度目を逸らしてもう一度目が合ったら非常に高確率で好意を持っています。 目が合う回数が3回以上なら信頼度抜群と言えます。 それが好きな人なら自信を持っていいでしょう。 また、男性は興味のない女性の話しを聞いているときは目をあまり合わせませんが、 好きな女性の話しを聞いているときは目を見る時間が長くなるという恋愛心理のデータもあります。 単純なことですが、アイコンタクトはコミュニケーションの入り口であり一番重要な行為です。 人生経験を積んだモテ子になると、 相手の目だけで、不快なのか、気に入っているのか本気、真剣なのか遊びなのかもわかるようになるでしょう。 ・近寄ってくる、いつの間にか傍にいる これまた非常にわかりやすい。 女性の場合よっぽど積極的で行動力がある性格タイプで、何か特別な理由や口実でもなければ、好きな異性に近づけませんが、 男性は直線的に真っ直ぐ近づいてくることが多い。 顔見知りの男女グループでの飲み会や合コンなどに参加している人はわかると思いますが、 男性は気に入った意中の女の子やメールアドレスをゲットしたいと思っている子には 口説きにかかったり、積極的に喋りかけます。 飲み会が自由席の場合、最初の段階から既に隣の席に陣取っていて、必死に熱烈なアタックを仕掛けている。 このような光景を私は何度も目にしてきました。 そして女性は他に片思いの男性がいても、そのような強引気味の熱意に押されて親密になり、 帰り際には告白されて交際をオーケーしてしまうのです。 ただ、これは肉食系男子の典型例であり、草食系男子や恋愛経験が少ない奥手な男性は好き避けしたりガツガツ迫ってこないこともあります。 二人きりでのデートが難しい間柄で好きな男性の気持ちを知りたい場合、仲間同士での飲み会パーティを開催してみれば あっという間に脈ありか脈なしか診断、チェックできます。 会社の部署の同僚、サークル、ゼミ、行事やイベントの打ち上げなど飲み会の機会チャンスはいくらでもある。 恋愛心理学の基本、パーソナルスペースに一歩踏み込んで 侵入してくる異性は好意を持っていると思って問題ないでしょう。 ・他の女の子に見せない特別な笑顔を見せる 男が喜んでる時はわかりやすくて、いつも以上にニヤけた顔になってしまっています。 その時のしぐさは頭や後ろ髪を手で触ったり、鼻の下や口に手を当てたりなど、 いかにも照れ隠しをしているかのようなしぐさが見受けられます。 これらのしぐさは緊張している時や好意を持っている人と対面すると起こりやすい。 特に口を覆うしぐさは下心がバレないようにしている態度と言われています。 しかし、デレデレすることと付き合うことは別で、 本命の彼女に対して冷たいのに、他の可愛い子には笑顔で接するツンデレな彼氏なんてのも稀にいます。 ただ、女友達が皆で男を観察していると、可愛い女の子の前だとあからさまに贔屓していて態度が違うっていう男性がいて 嫉妬ややきもちを焼きたくなることってよくあると思います。 ・ボディタッチが多い 会社の上司、パートやバイト先の先輩、おじさんなどはベタベタ触って来る人が多い。 それは慣れからか異性に触れるという恥ずかしさが失われてきているからです。 若い男性は 皆好きな女の子の体に触りたいという無意識の欲求を持っています。 それを開放できるというのは、女慣れしていて相手に対して心理的に優位だと思っているか、 年下っぽい、可愛い雰囲気を女性が持っているかのどちらかです。 男性はあまりに完璧な美人は自分がよっぽど年上か格上でもなければ恐れ多くてスキンシップできませんから。 デート中はさりげなく手を握ったり肩に触れたり、定番の女性の頭をポンポン叩いたり 撫でるというのも当てはまります。 ただ、注意点としては チョイワル系や不良、モテる男、恋愛経験が豊富な男性は軽い気持ちでじゃれてくるので、 恋心とは違った感情で妹のような存在としての親近感や安心感を感じているケースもあります。 体目的のナンパ師などもこの方法で盛り上げるのが上手いので、悪い男のテクニックに溺れると 傷つけられてしまうこともあります。 ・メールアドレスを聞かれる、何気ないメールやLINE ライン 、電話が来る 恋愛する気が無い状態、ボーッとしていたりいざ当事者となると 気づかないでスルーしてしまうかもしれませんが、メールアドレスや電話番号、LINEIDなどの連絡先を聞かれるのは 高確率で脈ありです。 少なくともこれから仲の良い友達として長期的に付き合いたいと 思っていることは確かです。 特に男性は、自分から進んで女友達を作る人は滅多にいないので、 相手から質問してくるという行動に移してきた場合は、間違いなく意図や目的があるのです。 メールアドレスやラインIDを知りたがる意図とはズバリ、親密になりたい、彼女や恋人になって欲しいという感情に他なりません。 「相談相手になって欲しいからアドレス教えて」なんて本心で言う男性はまずいないでしょう。 女性としても何か適当な言い訳や口実、理由をつけて「メールアドレス教えて」と求められた方が が応じやすいというものです。 また、 片思い中の男性は分裂病患者と言われており、後から考えれば意味不明で恥ずかしい行動をして しまうことが多々あります。 例えば急にメールで「今何してんの?」と質問したり、飼っている犬の写真が添付された メールが送られてきたり、「彼氏いるの?」などと聞いてきたりです。 女性からすれば気持ち悪い、キモイの一言で片付けられてスルーしてしまうところですが、 これは恋心で気が狂ってしまった男性の暴走です。 女性は温かい目で見守って受け止めてあげてください。 メールや電話で連絡が来る頻度が多い場合は99%、間違いなく脈ありです。 ・褒めてくれる 男性は意外と正直者で、 本当に可愛いと思わなければ女の子をあまり褒めたりしない。 それに社交辞令で褒めている場合は、表情がどこかぎこちない感じになっていることでしょう。 「綺麗だ」「美しい」「可愛い」「服似合ってるね」「髪型いいね」など定番の言葉ですが、 言う方としては心の底からそう思っていないと恥ずかしくて言えないようなクサイセリフです。 特に顔、容姿、見た目、ルックスなど視覚情報に関することは本能が刺激されている心理状況で、興奮度、本気度は高いです。 そもそも男性は人を喜ばせるような言葉を口にすることに慣れていないので、普通に褒めてくれるだけで好かれているとわかります。 疑い深い女性は警戒してしまうかもしれませんが、ここは素直に褒め言葉を受け取って嬉しがるのがモテる女の振る舞いです。 ただ、サービス業や営業職、浮気性の男性など女慣れしている人は口が上手いので、平気で嘘を言いながら一向にデートには誘ってこない思わせぶりな態度をとることもあります。 相手の男性のノリの軽さやチャラさ、普段の性格なども加味して恋愛対象として意識されているかチェックしましょう。 男性の性格タイプ別脈あり行動をチェック ・肉食系、体育会系男子はガツガツ迫ってくる 能天気な男性は素直で単純、一番心理がわかりやすく、 動物っぽくストレートに意思表示をする単細胞です。 好きな女性やセクシーな服装をした女性がいれば熱視線を送るし、 すぐボディタッチしようとしてくるし、怪しいムンムン、ギラギラした雰囲気で近づいて口説いてくる。 このタイプの男性は多感でパワフル、付き合っているときや結婚後の浮気の可能性が高いタイプ。 男性ホルモンは筋肉や女性の大好きなテストステロンを作ると同時に、 性欲も高めます。 だから、色んな女性に一目惚れしやすいことでしょう。 逆に運動やスポーツが得意で尚且つ、理性的、知的、彼女や妻に一途で誠実な男性と言うのは稀 であり尊敬できる人物と言えます。 ガツガツ強引に押してくるタイプの男性は、 自分の長所や優れている部分をアピールしようとして格好つける。 自慢話や武勇伝を始めたり、目立つ行動をとって注目を浴びようとしたり、 ハッタリでも自分を大きく見せ虚勢を張り威張ろうとする。 好きな女性の前でかっこつけたいというプライドがあるのです。 また、腕まくりは体力自慢特有のやる気の表れで、これから頑張って何かをしようと 意気込んでいるようです。 二人きりの時やデート中に腕まくりをする男性がいたら 相当やる気を出して頑張っているとみて良いでしょう。 ・草食系男子、シャイボーイの好き避けに注意 消極的で人見知り、内気で口下手など、 自分から積極的にアタックする勇気がないので、 好きな女性がいてもなかなか行動することができません、俗に言う 好き避けの心理状態に陥っていることが多いです。 何もしないまま学校を卒業、何もできないまま職場を転勤など 恋愛に後悔ばかりしているタイプです。 シャイボーイや草食系、文科系男子は普通の男がする脈ありサインとは逆の態度、好き避けをしてしまいがちです。 好きな人が目の前にいたら、照れてまっすぐ見れず横を見たり伏し目がちで俯いてしまう。 本当に近くに寄りたいのに、逃げるように遠ざかってしまう。 仲良くなりたいのに敬語でよそよそしく話してしまう。 質問されてもリアクションが薄く、ぶっきらぼうでうまく返事ができない、 メールやLINE ライン でも他人行儀で親密度が高まるようなメッセージが送れない。 年齢を重ねて恋愛経験を積むと、「この人シャイボーイだな」とわかり、対処のしようがありますが、 そこまで大人に成長できていない人だと「私に興味がないのかな、嫌いなのかな」と勘違いしてしまうかもしれません。 恋愛経験に乏しく、感情表現が苦手なので、もしこのタイプの男性を 好きになってしまったら女性が積極的にアプローチしたり誘い受けを狙って恋愛を進展させ 関係を深めるしかありません。 ちょっかいを出して相手の反応を引き出してみましょう。 ・マイペース人間は時に一直線 一匹狼っぽいのにホワホワして天然っぽい、ちょっとヤンキーっぽいけど 実はオタク、遊び人っぽいけど実は誠実で優しいなど、変わり者な性格で、 周囲の目をあまり気にしないマイペース、唯我独尊なタイプは、アプローチの仕方も自由です。 遠まわしに回りくどいことを言ってきたりせず、前触れもなしに急にデートのお誘いが来たり、 よくわからないタイミングでメールが来たりします。 大人しい性格なのに、ちょっと狼っぽい強引な面を持っていたりする。 このタイプは普段あまり好きそうな素振りを見せなかったり、無表情なのに 内面では意外と嫉妬深かったり根に持ったり、心理的には燃え上がっていて熱い心を持っている人が多い。 一見するとクールだけど、実は頑固で面倒くさがり屋。 マイペースな男性は、肩に無駄な力を入れずどこか抜けているので、 優しさでは他のタイプより優れているでしょう。 マイペース人間は自分を受け入れてくれる女性が好きなので、 母性を感じさせる優しそうな女性に好意を抱き、にやけながらも 見つめていることでしょう。 男が好きな女にとる態度や行動は直線的なアプローチでわかりやすい場合が多いです。 男脳は理屈っぽくて無駄を嫌うので、無意味なアクションは少なく、基本的に コミュニケーションの一つ一つに何らかの目的や意図が隠されています。 よほど社交的でもなければ挨拶も自分からしないし、愛想も振りまくようなこともありません。 つまり、男性から何らかのアクションがある時点で、気に入られているか興味を持たれているのは間違いないです。 女性は警戒心が強く用心深い本能があるのであまり実感していないかもしれませんが、男性は単純なので脈あり脈なしが露骨にわかります。 好き嫌いよりも、体目的で都合のいい女として利用しようとする遊び人の男か、本気で一途に愛してくれる素敵な彼氏候補なのかの 判断の方が難しく、女性が見極めるべきものなのかもしれません。

次の

最上級の大好きを君に「四月は君の嘘・最終話」#ネタバレ #君嘘

好き で 好き で たまん なく て あー 嘘 を つい た

自信があるというのは、人がうらやむ資質です。 自分や自分の能力に自信があると、リスクを取る勇気が出て、大きなことを成し遂げられます。 しかし、自信は常に簡単に持てるものではありません。 気分によって自信が持てるときと持てないときもあります。 ただうれしいことに、自分を自信があるような気にさせるのは、かなり簡単なのです。 自尊心と自信は違います。 何をやってもダメだという気分になることもあれば、完全に自信を持って仕事を終わらせることもあります。 また、自分の能力に価値があると思っていても、ほかの人のためにその能力を使うことにはまったく自信が持てないかもしれません。 問題なのは、スピーチや就職の面接など、社会的に自信が求められる状況があることです。 今回は、どのような状況でも、自信が持てないときに自信があるように見える方法をご紹介します。 自信が湧いてくるポーズを使う ボディランゲージというのは、わかりにくいかもしれませんが、意図的でなくても強力なメッセージを発信しています。 たとえば、姿勢やポーズなどの癖で、知らないうちに自信を失うこともあります。 貧乏ゆすり• 腕組み このような良くないポーズを、正しいものに変えることで、すぐにもっと自信が持てるようになります。 社会心理学者のAmy Cuddyは、オープンで、広がっていて、スペースに少し余裕のある「ハイパワー・ポーズ」をすると、自信が表ににじみ出ると言います。 たとえば、アメコミのヒロイン「」のような、肘を突き出し足を広げたいわゆる仁王立ちのポースは、昔ながらのハイパワー・ポーズです。 このようなハイパワー・ポーズをすることで、自信が少し持てるようになります。 昔からよく言われる「そう見えるまで、そのフリをする」というのは、本当に真実なのです。 肩も自信を驚くほど表します。 元FBIの諜報機関で働いていたJoe Navarroはこのように言っています。 長年にわたり数千ものインタビューをしてきて、私が観察しているあることが、残念ながらどこにも書かれていませんでした。 それは、自信がなかったり、完全に嘘をついている人は、肩にそれが表れるということです。 人間は、自分の発言が不確かだったり、自信がないときは、肩も落ち着かない傾向があるとわかりました。 Navarroは、肩をすくめるときに力が入っていると、嘘をついていたり、自信がない決定的な証拠だと言います。 逆に、背筋を伸ばして、肩を後ろに引いている場合は、自信があります。 子供の頃から親に注意されてきたことだと思いますが、それが本当に大きな違いになるのです。 このようなポーズは練習もできます。 就職面接の前など、入室して正しい姿勢を取る練習するのは役に立ちます。 (人前で練習するのもいいです)馬鹿みたいだと思うかもしれませんが、自然な姿でリラックスできるようになります。 アイコンタクトを習得する 人と目を合わせないと、明らかに自信がなさそうに見えますが、じっと目を合わせ過ぎても肩に力が入っているように(もしくは攻撃的に)見られます。 適度なアイコンタクトを欠かさないようにしたいものですが、ポイントを押さえるのはそこまで難しいことではありません。 向き合っている時間の60%は目を合わせるようにするのが、一般的なルールです。 もちろん状況によっても違いますが、厳密なパーセンテージは気にせず、過剰に見つめないように心がけましょう。 家族や仲の良い友だちに、自分のアイコンタクトがどんな感じか聞いてみるのもいいです。 やり過ぎか足りないかを知るには一番手っ取り早い方法です。 しかし、ほとんどの場合、自信がない場合はアイコンタクトが減る傾向にあります。 ちょっとしたコツをお教えしましょう。 相手の目の色を確認するのを習慣にするといいです。 誰かに会ったときに、自信があるように見せたい場合は、名前と目の色を合わせて覚えるようにしましょう。 そうすることで、よりアイコンタクトをするようになります。 カリスマの要素を学ぶ 自信がある人というのは、カリスマ的な存在であることが多く、その2つの特徴は密接に関わっています。 自信は習慣や行動によることが多いですが、カリスマ性というのは、その人の資質や他人に与える影響力のことです。 『The Charisma Myth』(カリスマの神話)という本では、カリスマには3つの特性があると言っています。 他者がいるときに存在する。 善意をほのめかすことで温かさがにじみ出る。 身の回りの世界に影響を与えることができる存在であることで力を表している。 まず最初のポイントを押さえるには「 2秒ルール」を使うと効果的です。 2秒ルールとは、 自分が話す番になったら、話す前に2秒間待つというものです。 そうすると、 あなたは相手の言ったことをよく聞き、咀嚼しているように見えます。 しかし、同時にその場にちょっとした緊張感も生みます。 あなたが話すときは、その会話の流れやトーンを支配しているように見え、影響力や自信があるように見えます。 これで3番目のポイントも押さえています。 質問をするのも、他者との相互関係において存在することや、温かさを醸し出す簡単な方法です。 面白いのは、 質問をすると、あなたが会話をコントロールすることになるのです。 そこでまた力を見せつけることになります。 カリスマ性のある人は会話の続け方も知っています。 気まずい沈黙は避けます。 答えに窮するような場合は、あらゆる角度から考えてみましょう。 「」にこのような説明がありました。 たとえば、あなたとパートナーがジェットコースターに乗っていて、あなたは突然何を言えばいいのかわからなくなったとします。 怖れる必要はありません! そういうときは、昔ながらの「HPM」メソッドを使いましょう。 History(歴史) 前回ジェットコースターに乗ったときのことを思い出したよ...。 Philosophy(哲学) ジェットコースターなんて嫌いなんだよ! 上がったり下がったりすると吐きそうになる。 だけど、人生のアップダウンを覚悟するために、毎日乗りたいよね。 Metaphor(メタファー) ジェットコースターというのは煙草みたいなもので...。 カリスマ性というのは、身の回りの人にいかに影響を与える行動をするかだと覚えておきましょう。 ただ存在するだけで、大事な人だと感じさせるのは、かなり大きな違いを生みます。 カリスマ性とは一言で言えば、包容力と影響力を見せることです。 自分の言葉に説得力を持たせる 当然ながら、自信があるように見られたいなら、自分が話していることはきちんとわかっているように聞こえたほうがいいです(たとえわからなくても)。 説得力を増す簡単なテクニックがいくつかあります。 「あー」「えーと」「うーん」のような言葉は使わない。 慌てて答えない。 少し間をおいて、考えてから答える。 ゆっくりと落ち着いて話す。 さらに、自分の知っていることを強調します。 昔ながらの就職面接のアドバイスにもありますが、 質問に対する最高の答えを持ちあわせていない場合は、嘘もつかず、誤魔化しもせず、自分の知っていることを総動員して答えましょう。 たとえば「多くの人前で話した経験はそこまでありませんが、前職では会議をよく仕切っていました。 そのお陰で、人前で話すことには慣れています。 私の仕事でも課題ではありましたが、人の話をうまくまとめる方法を学びました」という具合です。 これは単なる一例ですが、何かヒントになるのではないでしょうか。 また、スピーチや討論、質疑応答のようなものでも、説得力のある話し方を学ぶことはできます。 ほかの人が間違っていることを証明したりするのは、もっとも罪なことです。 そうしたくなることもあるかもしれませんが、信頼を失うことになるかもしれません。 自分が正しいということにこだわっていると、自分を正当化しようとしているようにも見えます。 自信があるように見せようとするときに、自信過剰に見えることがありますが、それはやり過ぎているからです。 自信というのは、ほかの人よりも優れているということではありません。 ただありのままの自分に信頼が持てている状態です。 したがって、ありのままの自分でいることに安心しているようなフリをするというのは、少々皮肉なことに思えるでしょう。 しかし、「そう見えるまで、そのフリをする」という言葉もあるように、実際に行動をすることで、そういう気になることはあります。 自信があるというのは、新しいことに挑戦できたり、リスクを取ることができたり、高い目標を達成できたりする有益な資質なので、長期的に自信を育む方法を学ぶのが理想的です。 しかし、その時間がないときや、それまでの間は、とりあえず自信があるように見える方法を使うのが便利です。 Kristin Wong(/訳:的野裕子) Illustration by Sam Woolley.

次の