エクセル タブ ショートカット。 【Excel】タブを素早く移動する方法

【Excel】タブを素早く移動する方法

エクセル タブ ショートカット

Excelではブックをファイルとして保存し管理しますが、1つのブックの中には複数のワークシートを含めることができます。 ここではブックの中にワークシートを追加したり任意のワークシートの前に挿入したりする色々な方法について解説します。 Excel2016では新しいブックを作成すると自動的にワークシートが1つ作成されます 新規ブック作成時のワークシートの数の変更方法は別のページで解説します。 現在作成されているワークシートの数を確認するにはブックの下部を見て下さい。 ブックに含まれるシートの数だけタブが表示されています タブが表示されているところはシート見出しバーと呼びます。 現在は「Sheet1」と表示されたタブが1つだけなので作成されているワークシートは1つだけです。 ちなみにこの「Sheet1」というのがワークシートの名前で名前が表示されている部分が見出しになります。 ブックにワークシートを追加するには、画面下部に表示されているシート見出しバーにある「+」をクリックして下さい。 ワークシートが追加されました。 シート見出しバーを見て頂くと元々あった「Sheet1」に加えて「Sheet2」が追加されていることが確認できます。 ワークシートが追加される位置は選択されていたワークシートのすぐ後ろになります。 ではもう一度「+」をクリックしてみて下さい。 ワークシート「Sheet3」が追加されました。 このように同じ手順を繰り返すことでブックにワークシートを追加していくことができます。 「ホーム」タブからワークシートを挿入することもできます。 画面上部の「ホーム」タブをクリックして下さい。 「セル」グループの中の「挿入」をクリックして下さい。 「シートの挿入」をクリックして下さい。 ブックにワークシートが挿入されました。 「+」をクリックしてワークシートを追加した場合と異なり、今回はワークシートの挿入なので、選択されていたワークシートの前に新しいワークシートが挿入されます。 よって位置としては「Sheet3」の前に「Sheet4」が新しく追加されています。 ワークシートの挿入はショートカットを使って行うこともできます。 頻繁にワークシートを挿入される作業を行う場合は覚えておくと便利です。 ワークシートの挿入を行うショートカートは[Alt]+[Shift]+[F1]、または[Shift]+[F11]です。 どちらでも同じようにワークシートが挿入せれます。 ・[Alt]+[Shift]+[F1] ・[Shift]+[F11] 実際に試してみます。 次のようにワークシートが並んでいて「Sheet3」が選択されている時に[Alt]+[Shift]+[F1]をクリックします。 「Sheet3」の前に「Sheet5」が挿入されました。 また現在「Sheet5」が選択されていますが、今度は[Shift]+[F11]をクリックしてみると「Sheet5」の前に「Sheet6」が挿入されました。 このようにショートカットを使用してもワークシートを挿入することができます。 シート見出しバーに表示されている見出しを右クリックすることでもワークシートを挿入することができます。 例として「Sheet6」の見出し上で右クリックして下さい。 表示されたメニューの中から「挿入」メニューをクリックして下さい。 何を挿入するのかを選択するウィンドウが表示されます。 今回は「ワークシート」を選択し「OK」をクリックして下さい。 「Sheet6」の前に「Sheet7」が挿入されました。 複数のワークシートを同時に挿入することができます。 挿入したい数のワークシートを選択して下さい。 ワークシートを同時に選択する方法は「」を参照して下さい。 今回は2つのワークシートを選択しました。 なおワークシートそのものがコピーされるわけではないのでどのワークシートを選択されても同じです。 いくつのワークシートを同時に選択しているかだけが重要です。 画面上部の「ホーム」タブをクリックして下さい。 「セル」グループの中の「挿入」をクリックして下さい。 「シートの挿入」をクリックして下さい。 ブックに2つのワークシートが挿入されました。 たくさんのワークシートを挿入されたい場合などに利用されてみて下さい。

次の

【Excel】シート名のタブが消えたとき、再表示するには

エクセル タブ ショートカット

EXCELフィルタをショートカットで行う方法 EXCELフィルタをショートカットで行う方法 EXCELフィルタ作業を効率化!ショートカットで行う方法 フィルタを使ってのデータの並び替え、情報抽出などに時間を要している方も多いと思います。 そして、大半の人は、マウスでメニューバーを使ってフィルタをかけ、プルダウンをクリックし、チェックボックスをクリックして… なんて作業をしていると思います。 今回、そのフィルタ作業をちょっと効率的に行えるよう マウスなしでフィルタ作業ができるショートカットの活用方法をご紹介します。 まずはショートカットでフィルタをかけよう 図のような表があったとします。 日々EXCELの作業をしている方にとって、マウスに握り替えて 作業することでさえ、面倒に思えることがあります。 今後もEXCELを多用していく方は、徐々にショートカットを覚えていくことをお勧めします。 関連コンテンツ 文字列抽出・変更・置換系トピック 検索系トピック 集計・ピボット系トピック マクロで自動化!簡易ツールの作成やVBAの活用例を紹介 その他EXCELテクニック コラム 当サイトでは皆さまがEXCEL作業で行き詰った問題を解決するべく王道のテクニックからちょっと特殊なテクニックまで 様々な中〜上級技・プチテクニックを公開し、少しでも皆様の業務効率改善に役立てていただければと思い、ネタをまとめています。 EXCELの作業で悩み・お困りごとはありませんか? 集計に時間がかかり過ぎ。 効率化をしたい。 などなど日頃から奮闘しているあなたに少しでも参考になる情報を与えることが出来れば幸いです。 質問・相談なども受け付けておりますが、最近忙しくて返事が遅れてしまいます。。。 サイト内の内容についてのご質問は優先的に受け付けておりますが、それ以外のご相談などはお断りすることもありますのでご了承ください。

次の

タブの切り替えをするショートカットキーはこちら(Chrome・IE・Edge)

エクセル タブ ショートカット

PageUpがないパソコンの場合は、 ・Ctrl+fn+上 左のシート、前のシートに切り替える) ・Ctrl+fn+下(右のシート、次のシートに切り替える) Macの場合は、上記と同様のものも使えますが、 ・Option+左 左のシート、前のシートに切り替える) ・Option+右(右のシート、次のシートに切り替える) も使えます。 ただ、このショートカットキーだと、左右のシートへ1つずつ切り替えるだけです。 ここに、次のコードを貼り付けてみてください。 Sub sheetselect Worksheets "5". この5を任意のものに変えていただければ、どのファイルでも使えます。 かんたんなプログラムなので、実際に書いてみるのもおすすめです。 Sheetselectは、マクロ名であり、自由に決めることができます。 (日本語でも可。 実際に、指定したシートに切り替わるか試してみましょう。 該当のマクロ名を選択して、[オプション]で、ショートカットキーの設定ができるので、設定しておきましょう。 Ctrlキーとアルファベット または CtrlキーとShiftキーとアルファベット という組み合わせです。 ここでは、Ctrl+Shift+Tと設定しています。 Excelのショートカットキーと同じものを入れないようにしましょう。 Ctrl+Cと設定してしまうと、コピーではなく、このファイルではマクロが動いてしまいます。 設定後、ボックスを閉じ、Ctrl+Shift+Tで該当のシートへ切り替えることができるようになります。 ・よく使うシートへの切り替え ・データを入力して、グラフや表のシートに切り替えるとき などに使えます。 サンプル こういった記事も参考にしていただければ。 井ノ上 陽一(いのうえ よういち) 「ひとりしごと」=雇われない雇わない生き方を、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング ひとり社長 ・ひとり税理士 ・アイアンマン スイム3. 8km、バイク180. 2km、ラン42. 日課は1日1新、ブログ。 2007年7月9日以来、日毎日更新中。 1972年12月18日 大阪生まれ。 宮崎育ち東京在住。 娘3歳3ヶ月。

次の