ヤング シェルドン。 ドラマ『ヤング・シェルドン<シーズン1>』の動画まとめ

海外ドラマ「ヤング・シェルドン」シーズン1 12-22あらすじ

ヤング シェルドン

twitter. まさか親子だったなんて、ファンとしてはとても嬉しいですよね! 『ビッグバンセオリー』メアリー役を演じているローリーは、アメリカでもかなり有名は女優のようです。 有名な作品は 『トイ・ストーリー』シリーズのアンディの母役。 映画にもドラマにも引っぱりだこの女優さんなんです! 娘のゾーイ・ペリーは、『ヤングシェルドン』が代表作! これからもっともっと活躍していくでしょう! シェルドンとのツーショット ここでそれぞれの息子役シェルドンとのツーショットを紹介します。 twitter. 舞台はアメリカ・テキサス州。 8歳のシェルドンは双子の妹と5歳上の兄、キリスト教信者の母とフットボールのコーチをしている父と5人暮らしをしています。 シェルドンは、8歳にしてもう高校生。 母メアリーは、他の子とは違うシェルドンを心配していつも気にかけてくれますが、父や兄からしたらちょっと厄介者のような存在。 祖母は、堅物の母とは違いかなり奔放的な性格の持ち主で、8歳のシェルドンはそんな周りの環境から様々なことを感じていきます。 『ビッグバンセオリー』ではほとんど語られない父との絆や内面的な感情を 『ヤングシェルドン』ではジム・パーソンズのナレーションと共に紹介。 幼少期のシェルドンを知れば、もっとシェルドンが好きになるはず! 『ヤングシェルドン』 母親役はあの女優の娘!? 知ったらもっと面白い海外ドラマ!まとめ.

次の

ヤングシェルドンキャストは?子役・家族に同級生を画像付きで紹介!

ヤング シェルドン

なんか癖になるというか。 理由は、今の学校はシェルドンには退屈過ぎるのではないかと? っていうか先生に対するシェルドンの発言が問題のようです。 授業中先生に対し「先生に恥をかかせたくないので指摘はしませんが、今の発言をよく考えて」と言います。 つまり答えが間違ってるって言いたいのか??? またある時は、「先生は課題に出した本をちゃんと読んだんですか?」 そしてまたある時は、「僕たちを走らせるなら、まず先生がお手本を見せるべきですよね?」 と発言します。 教師たちもいちいち手を挙げて発言するシェルドンに対してすっごく嫌そうに当てています(笑) 先生達も手に負えない、そりゃ転校の話も出ますよね。 その話を兄妹に言うと兄妹も「やっと素直に生活」出来ると喜んでいます。 シェルドンはいい母親に恵まれたと思います。 シェルドンをコントロール出来る人は母親しかいないと思いました。 11話 宗教と母の愛 にて 友達とダンジョンズ アンド ドラゴンをして遊んでいました。 こういう面は少し面倒くさいお母さんかな? 12話 ビールかはたまたパソコンか にて シェルドンがパソコンをほしいと両親におねだりするのですが、それをきっかけとして夫婦喧嘩となり別居してしまいます。 結局パソコンを買うことになるのですが、あのパソコンがすごいんです。 1989年の物みたいですが、今のようなコンパクトなタイプではなく、バカでかいやつで、今でいうsiriみたいに入力するれば返事してくれるんです。 あの時代にそこまですごい機能を持ったパソコンってあったんだと驚きました。 それに伴い、両親も学校に呼ばれ、居残りもされられますが、そこでも教師がくしゃみ。 そっからが大変。 どこに行ってもみんなのくしゃみが気になります。 そしてついには逃げすぎて停学になってしまいます。 家でもガレージに透明なビニールを引いて囲い、宇宙服を着て完全防備します。 母親はなんとかやめさせようと試みますが、失敗に終わります。 最後はバァバが「テキサスの男らしく出てこい」と言い、やっと出てくるのでした。 昔のスペイン風邪とかの知識によってそうなったみたいですが、知識が多過ぎるのもたまに傷ですね。 完全に異常行動ですもんね(笑) バァバも「こっちの想像を越してきた」と笑いながら言っていました 笑 母親とのバトル、それを見て笑うバァバ、、、見物です。 最終的に本当にその後風邪を引いちゃうんですけどね。 彼女はシェルドンが知らなかった事を沢山知っていて、シェルドンは彼女から沢山の事を一緒に学びます。 ある日、彼女の運転で映画を観に行こうという話になるのですが、そのために母親の許可を得るという事で、母親と対面するのですが、そこで彼女は「子供の面倒をみるのは慣れている」と言います。 その発言を聞いてシェルドンはショックを受けます。 ずっと対等だと思っていたのに、子供だと思われていたと、、、。 シェルドンは賢い=大人と思っていたようですね。 頭が良ければ人の上に立てるわけではないという事をこの時学んだようです。 飛び級で高校に上がった人は実はそう思っているかもしれませんね。 その事に腹を立てたシェルドンはもう別な事をやってみようと、なんと演劇の道に進もうとします。 演劇部に入り、「アニー」の主役の座を勝ち取ります。 演劇発表会の当日、直前で舞台幕の隙間から観客の様子を見ると極限に緊張してしまい、おじけずき、逃げ出してしまいます、、、。 あのシェルドンも化学も道を断つ事もあったんですね。 つまり挫折ですね。 ってかこの年で挫折って。 シェルドンに演劇は似合いませんよ(笑) 結構うまかったみたいですけどね(笑) 19話、21、22話 シェルドンは週に一度バァバの運転で大学に通うことになるのですが、そこで出会った先生(スタージス博士)とバァバがいい仲になります。 二人の自宅デートをシェルドンは双眼鏡で観察します。 っていうかシェルドンって人の恋愛に興味あってんだ~って思いました。 しかも結構熱心に。 意外にもどうやって子供が生まれるかってこともわかっているし、自分が恋愛することには興味がないが、人の恋愛には首を突っ込む。 まぁただ単に空気が読めない頭でっかちなだけだとは思いますがね。 最後に シーズン1を全部観終わった全体の感想として、前半はふ~んって感じでしたが、徐々に面白くなって来たなっと思いました。 序盤は登場人物一人一人の特徴がわからなくて笑い所がイマイチわかりませんでしたが、段々特徴がつかめてきて、こいつのココが面白いんだよね~ってなってきますよ。

次の

ドラマ『ヤング・シェルドン<シーズン1>』の動画まとめ

ヤング シェルドン

並外れた知力を持つシェルドンは 9歳ながら明日から高校生になります。 双子の妹ミッシーはまだ小学校へ通い、シェルドンは5つ上の兄ジョージと高校へ通います。 父親はアメフトのコーチ、母親はキリスト教信者、シェルドンとは反対に頭の悪い兄とずる賢い妹の四人家族で育ったシェルドン。 理屈っぽくて融通が利かないのは、大人になっても変わっていませんが 「ヤングシェルドン」は、友達の作り方や父親との思い出など、彼の見たことや感じたことを事細かに描いています。 『ビッグバンセオリー』とはちょっと雰囲気の違う『ヤングシェルドン』。 大人のシェルドンは、感情が見えない感じがありますが、 『ヤングシェルドン』では、父親との関係や母親の愛、それにシェルドンがどう感じたのかなどが描かれ、ホームドラマの要素が強くなっています。 理論物理学者の世界で成功しなかったら将来は改札係になろうと思っていた。 または流れ者。 」(ナレーション:ジム・パーソンズ) 電車の模型で実験をするシェルドンは、まだ9歳ですが明日から高校生になります。 そして高校生になるのはシェルドンだけでなく、兄のジョージも明日から一緒の高校へ通います。 「高等教育の場所だからいじめられるわけない」というシェルドンは、高校の校則を熟読していました。 キリスト教の食卓では、食事の前に祈りをします。 そして高校入学当日。 兄はシェルドンと兄弟だと知られたくないため、父親の車で学校へ行き シェルドンは母親と一緒に学校へ行きます。 教室へ着いたシェルドンは、早速クラスメイトの校則違反を追求し、 さらには教師に対しても「失格だ」などと言い、 登校初日から問題児扱いされてしまいます。 一方、兄のジョージはアメフトの試合中同級生にからかわれて喧嘩になります。 つかさずコーチの父親が入り話を聞くと、「シェルドンのせいで自分はいつも我慢している」と言うのでした。 父親はそんなジョージに同情します。 父親にとってもシェルドンはちょっと厄介な存在なのです。 家に戻り父はシェルドンに話をします。 「学校でケチばかりつけるな」と話し始めます。 父親は、前の高校で規則を破った人を追求し、逆にクビになってしまったのです。 ですからその経験を踏まえてシェルドンに、正義はいつも正義にはならないと言うことを教えます。 父親のことを少し知ったシェルドンは、その日の夕飯の祈りでは手袋を外して父親の手を握るのでした。 とこのような話になっています。 シェルドンへの接し方は父親と母親で全く違いますが、父親とシェルドンこれを機に距離を縮めて行きます。 合理的で機械的なシェルドンが、初めて父親の感情を読み取って理解しようとした瞬間でした。 第11話 宗教と母親の愛 A post shared by youngsheldoncbs on Sep 14, 2017 at 2:00pm PDT 「ダンジョンズ&ドラゴンズ」を高校の友達とプレイするシェルドン。 悪魔の武器を探すこのボードゲームを見た母親はひどく混乱します。 彼女は悪魔の存在を信じていたのです。 教会の教えと反しているゲームをやめさせたいけど、息子の数少ない友達を奪うわけにもいかず悩んでいました。 シェルドン母は、父親や祖母に相談し、さらには一緒に遊んでいた友人の親にまで相談しに行きます。 誰も気にしていないのに、母親だけ妙に気にしているのです。 そして、それだけでは飽き足らず牧師さんまで呼んでしまうのでした。 「日曜学校に通わせなさい」とアドバイスを受けますが、シェルドンは「神は信じていない」と断固反対。 しかし、牧師さんに説得されて教会へ行くことになるのでした。 教会に通うにあたり聖書を読み始めるシェルドンに母親は安堵しますが シェルドンの関心は宗教心ではなく、宗教の科学的調査にあり「他の宗教も勉強する」と言い始めました。 学校や街で人々の宗教を聞きまくり、情報を得るシェルドンはある夢を見ます。 シェルドンはその夢から、 「自分で宗教を作る」と言い始めるのでした。 (数学教で二進法を信じる宗教) とこのようなストーリーでした。 「ダンジョンズ&ドラゴンズ」は『ビッグバンセオリー』でもよく出てきますよね。 (私もやってみたい!) 宗教の話は日本ではあまり浸透していませんが、多宗教国家のアメリカでは神や宗教がより近いのです。 いろいろ勉強になりますね! めっちゃ面白い!ビッグバンセオリーとは違う穏やかな雰囲気でとても好き という感想が寄せられています。 私の感想としては、シェルドンは家族の愛に包まれて育ってきたんだなと思いました。 コメディというかホームドラマに近く、大体は家族の出来事や感情でストーリーが進んで行きます。 シェルドンという一風変わった子供を持ちながら、一般家庭と同じように親は愛を持って接しているのを見て 大人になったシェルドンが 「なんか憎めないやつ」になる理由がわかった気がします。 確かに『ビッグバンセオリー』よりは、少し重い話ですがその分見応え十分です。 テキサスという土地や宗教観、シェルドンの心のなかなど話題は盛りだくさんでした。

次の