タロンエガートン キングス マン。 『キングスマン』で超オイシイ!タロン・エガートンって誰?紳士?下町不良少年?彼の魅力とは?

映画「ロケットマン 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

タロンエガートン キングス マン

エルトン・ハーキュリーズ・ジョンは、イギリスの有名なミュージシャンです。 ハートの形のサングラス、毒々しいオレンジ色の羽根つきの悪魔コスチュームの衣装を着たエルトン・ジョンが互助会に来ると、依存症だと告白します。 エルトンはアルコール依存症、コカイン中毒、セックス依存、過食症、買い物依存症、マリファナ中毒…と、次々に自分自身が抱えている問題を列挙しました。 どんな子どもだったか問われたエルトンは、自分の子ども時代を振り返ります…。 …エルトン・ジョンというのは、本名ではありません。 本名は、レジナルド・ドワイトと言いました。 レジナルド、通称:レジーは、両親と祖母と住んでいます。 レジーの父・スタンリーは軍人で、いつも家を留守にしていました。 たまに戻ってきても、2~3週間ですぐに出かけていきます。 レジーの母・シーラは派手な女性で、子育てが好きではありませんでした。 シーラは自分が遊ぶことに夢中で、レジーがピアノに興味を持つと、ベビーシッターに預けるような気持ちでピアノを学ばせます。 祖母のアイヴィだけは、レジーをかわいがってくれていました。 レジーは5歳のころから、ピアノの才能がありました。 レジーは両親に愛されたいと思い、ピアノの練習に励みます。 しかし見てくれていたのは祖母だけで、父も母もレジーに冷たく当たります。 母はレジーを放ったらかしですし、レコードを大事にする父は、レジーがレコードを触ると怒りました。 レジーがハグしてもらいたがっても、父は拒否します。 ピアノの先生が、王立音楽院の生徒になれると太鼓判を押しました。 レジーは王立音楽院を受験し、聞いただけの曲をすぐに自分で再現し、合格します。 レジーは王立音楽院に通い始めますが、その頃になると、両親は不仲になっていました。 母は別にフレッドという恋人を作り、車の中でイチャイチャします。 それを見たレジーはショックを受けましたが、母は悪びれることはありません。 父にもすぐに知れ、両親は別れました。 父からも母からも愛情をもらえないレジーは、孤独でした。 そんなレジーが、ロックと出会います エルヴィス・プレスリーが人気を博し、レジーはプレスリーのレコードを手に入れます。 レジーは夢中になり、プレスリーの髪形も真似しました。 そのままレジーは成長します。 レジーは『ブルーソロジー』というバンドを組んで、街の小さな店で演奏をしていました。 その店へソウルのプロモーターがやってきて、レジーをスカウトします。

次の

カンヌの大絶賛受けタロン・エガートンら『ロケットマン』ロンドンプレミアに凱旋

タロンエガートン キングス マン

2019年 エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル・ファンタジー映画 『ロケットマン』。 主演の タロン・ エジャトン(エガートン)が吹き替えなしで歌っています。 動画で エルトンと比較して聞いてみて下さい。 主演の タロン・エジャトン(エガートン)の歌が上手すぎてビックリです。 「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」「ロケット・マン」「土曜の夜は僕の生きがい」「クロコダイル・ロック」といった エルトンの名曲が満載。 エルトン役に挑んだ タロンの歌唱力の高さに脱帽です。 みなさんは、どちらの歌い方がお好きでしょうか。 『ロケットマン』は、5月の第72回カンヌ映画祭での初上映、ロンドンプレミア、5月22日に全英公開、そして5月31日の全米公開を経て日本でも8月23日から全国公開です。 両親はリヴァプール近郊の出身で、祖母はウェールズ人です。 2012年に ロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アート(王立演劇学校)を卒業し、俳優としてのキャリアをスタート。 2014年からは、テレビシリーズ『The Smoke 原題 』にレギュラー出演が決まり。 同年、2014年のイギリス・アメリカ合衆国のスパイ映画『 キングスマン』に出演抜擢。 子供のころは絵を描いたり工作をするのが好きだったという タロン・エジャトン(エガートン)。 しかし、演劇に情熱を傾けるにしたがって、絵を描いたり、芸術的活動に従事することは少なくなっていったといいます。 そんな彼がアートと演技の架け橋としてやってみたいと思っていたのが、アニメーションでの声の演技だったのだとか。 スポンサーリンク タロン・エジャトン(エガートン)の歌が上手すぎて主演に抜擢 輝かしいキャリアを誇る エルトン・ジョンの半生を描く『 ロケットマン』。 実はこの映画「ロケットマン」は、20年近く前から企画されていたにもかかわらず 製作完成まで長い年月のかかった渾身作なのです。 当時 エルトン(右)の第一希望は、2001年当時PVでも自分役を演じてもらった当時人気絶頂の ジャスティン・ティンバーレイク(左)でした。 ところが、その後も人気絶頂が続きオファーすらできずに頓挫してしまいます。 エルトン自身を表現できる俳優が見つからず、時は流れ数年後に白羽の矢が立ったのが、今まさにブレイク前夜といった状態だった トム・ハーディ(左)という絶妙のキャスティングでした。 制作段階に入る当初は主演に決まっていました。 ところが、2013年に公開の『 オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』で主演を務める事になり 翌年には『 マッドマックス 怒りのデス・ロード』で主役のマックスに抜擢され撮影開始と これまた急に売れっ子になり2度めの頓挫。 タロンのスケジュールを2年近く待ってのクランクインでした。 こうして タロン・エジャトン (エガートン)が『 ロケットマン』の主演に抜擢され2019年5月にカンヌ映画祭で初お披露目されたのです。 構想から20年近くもかかるなんて、吹き替えなしで エルトンを表現できるくらいの歌唱力を持った俳優はなかなか出てこなかったんですね。 タロン・エジャトン(エガートン)の歌が上手すぎる! タロン・エジャトン(エガートン)は約5か月もの間、ボイストレーニングとピアノレッスンに集中! さらに、 エルトン本人とも濃密にコミュニケーションをとりこの映画に取り組みました。 タロン・エジャトン(エガートン)は歌の上手さが際立つ、ミュージカル俳優もできるのです。 ミュージカル俳優までこなしてしまう多彩な、俳優 タロン・エジャトン(エガートン)。 まさに ヒュー・ジャックマンの若い頃を彷彿させる俳優ですね。 実は タロン・エジャトン(エガートン)は2016年に公開された『 イーグル・ジャンプ』でエジャトンは、実在するスキージャンプ選手マイケル・エドワーズを演じ かつての天才スキージャンパーで、エドワーズのコーチ役を ヒュー・ジャックマンが演じ共演しているんです。 この映画の監督をフレッチャーが監督しています。 実は、最初この話題をマスコミから質問された タロンは、 「ただの噂ですよね」「僕に相応しいか分からない」「マーベルの皆さんが良いなら、是非って感じですけど。 でも他にもっと良い候補がいると思う」 と少々遠慮気味に答えていましたが、別の質問時には 私はマーベルが大好きで、映画(マーベル作品)も大好きです。 『ウルヴァリン』の役が現実的かどうか私にはわかりませんが、その作品の一部にでもいいから参加したい。 と、オファーさえ来ればやる気満々でにもこんな写真をアップしていました。 With love from Nottingham. — Taron Egerton TaronEgerton タロンは映画『 ロケットマン』の撮影前、少なくとも週に1回は エルトンと会って話をし、役作りに生かしたと語っています。 「撮影が始まる前に彼とかなり長時間一緒に過ごした。 彼は自分の日記も読ませてくれた。 一緒に出かけて質問もさせてくれたよ。 そういうことは僕を守ってくれた」。 エルトンが役作りに協力してくれたことで映画に信ぴょう性を与えてくれたそうです。 さらにアーティストとしての自分を エルトンが認めてくれたと感じられたと タロンは語り 撮影が終わった今でも 「週に1回か2回はエルトンと話す。 僕の生活にはまだエルトンが存在している。 素敵なことだよね」「でもちょっとシュールだよ!」。 父親以上の年の差で タロンが生まれる前から活躍していた エルトンと親しく交際していることが、信じられないようですね。 いっぽう エルトン・ジョンが、 タロンに対しての感想を エルトン・ジョンの夫(2014年に同性婚)でプロデューサーの デビッド・ファーニッシュが米ハリウッド・レポーターに語っています。 レコーディングを済ませた タロンの歌を後から聴いた エルトンも、あまりの素晴らしさに度肝を抜かれて 『これ以上は望めないよ。 最高だ!』 と興奮していたそうです。 ファンタジーミュージカルとして『 ロケットマン』の構想を温めていた エルトンは、 タロンに自分のモノマネではなく自由に演じさせ、歌い方も真似をする必要はないとアドバイスしていました。 タロンは、そのおかげでのびのびと演じることができたと語っています。 ゴールド・ディスク26枚、プラチナ・アルバムおよびマルチ・プラチナ・アルバム38枚、トップ40に入った曲は50以上現在に至るまで ヒット曲を出し続けており、シングル・アルバムの総売り上げは約3億枚に達しています。 史上最も多く売れたシングル(1997年の「キャンドル・イン・ザ・ウインド~ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ」)の記録保持者で、3300万枚以上が売れました。 エルトンは、グラミー殿堂賞を含めてグラミー賞を5度受賞しているほか、トニー賞とアカデミー賞、ブリット・アワードのブリティッシュ・男性ソロアーティスト賞、ロックの殿堂、ソングライターの殿堂、ケネディ・センター名誉賞、レジェンド・オブ・ライブ・アワード、アイヴァー・ノヴェロ賞を13度、 そして「音楽と慈善活動への貢献」によりエリザベス2世からナイトの称号を贈られるなど、数々の章や名誉を獲得してきました。 タロン・エジャトン(エガートン) ートンの歌が上手すぎる!エルトンと動画で比較! まとめ タロン・エジャトン(エガートン)さんは歌が本当にお上手で、吹き替えなしでも大丈夫な理由がよくわかりましたね。 タロンと エルトンを比較して、どちらが貴方好みの歌声でしたか。 役作りに関しても タロンはストイックで エルトンそっくりの外見にするために、 髪型を忠実に再現するために前髪を剃り上げ、 歯の隙間を作るために専用のマウスピースを着用しながら歌唱シーンに挑戦したそうです。 エルトン本人が驚くほどに完璧な エルトン像を作り上げた タロンの熱演に注目ですね。 この映画『 ロケットマン』、カンヌでの上映中には劇中での楽曲パフォーマンスのシーンで自然と拍手が起き、 上映後には4分間のスタンディングオベーションに劇場が包まれたそうです。 全米での評価も高く、日本でもロングラン上映が期待できそうですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

ケタ違いの歌唱力!ロケットマン主演タロン・エガートン特別インタビュー! (1/2)

タロンエガートン キングス マン

『キングスマン』シリーズのタロン・エガートン主演で、歌手エルトン・ジョンの半生を描く映画 『 (仮題、原題:Rocketman)』は、ファンタジー・ミュージカルといったテイストになるようだ。 2018年4月23日から26日にかけて米ラスベガスで開催されたイベント「シネマコン」におけるのインタビューにてエガートンが明かした。 『 』ではタロン・エガートンと共演したエルトン・ジョン。 同作では、ロンドンの王立音楽アカデミーに出現した「天才」エルトン・ジョンが音楽界でスーパースターになるまでの出来事や、ジョンの音楽パートナーで、共に数多くの名曲を生み出したバーニー・トービンとの関係などが描かれるという。 イギリスの名俳優で、『イーグル・ジャンプ』(2016)では監督を務めたデクスター・フレッチャーがメガホンを取り、過去『リトル・ダンサー』(2000)『戦火の馬』(2011)などを手掛けたリー・ホールが脚本を担当する。 また 製作にはエルトンやタロンの二人と『キングスマン:ゴールデン・サークル』を共にした が参加する。 エガートンは『ロケットマン』を 「エルトン・ジョンの形成期を描く」映画と表現し、同作のテイストを以下のように伝えている。 「みんな伝記映画って思っているけど、違いますよ。 ファンタジー・ミュージカルです。 だから彼(エルトン・ジョン)の歌が、彼の人生のエモーショナルな瞬間を彩るのに欠かせないビートを刻むんです。 彼は歌うだけのキャラクターじゃない。 楽しいものになりますよ。 『ロケットマン』でもその美声は惜しみなく披露されるようで、「 様々なテクニックは使いますけど、常に撮影セットで(実際に)歌うつもり。 口パクなしです」と意気込みを明かしている。 エガートンは歌のレッスンを経て、何曲かの楽曲を既にレコーディング済みとのことだ。 エガートンによれば『ロケットマン』の撮影は2018年8月頃より、遅くとも2018年中にはスタート予定だという。 Source:.

次の