生理 中 栄養 ドリンク。 栄養ドリンクの効果を最大化する飲むタイミングはいつ?

生理痛におすすめ!体を温めるGOODドリンクと体を冷やすNGドリンク

生理 中 栄養 ドリンク

この記事の目次• 栄養ドリンクを飲むベストなタイミング 栄養ドリンクは、 朝の食後に飲むのが、もっともベストなタイミングです。 毎日栄養ドリンクを飲む人もいますが、たまに栄養ドリンクを飲むという方は、どんな日に飲むことが多いでしょうか? いつもより疲れがたまっている日や、特別に頑張りたいことがある日が多いと思います。 栄養ドリンクを飲むこと自体が、やる気を高めるルーティーンのようなものになっているという方もいるかもしれませんね。 こういった日の朝に栄養ドリンクを飲めば、その日に必要な栄養素を、一日のはじめにしっかり補給することができます。 栄養ドリンクに含まれるカフェインには覚醒作用があるので、朝の寝ぼけた脳を活性化させてくれます。 また、栄養ドリンクの主成分のひとつであるビタミン類ですが、食後に摂ったほうが吸収されやすい種類のビタミンがほとんどです。 この2点から、 栄養ドリンクを飲むタイミングは、朝の食後がベストと言えるのです。 カフェインの効果は、飲用後30分後~4時間程度と言われているので、逆算して飲むのも効果的です。 胃が弱い人は食後がおすすめ 食後に飲むメリットはまだあります。 胃が弱いという方は、特に食後に飲むのがおすすめです。 栄養ドリンクを飲むと、まれに吐き気や下痢などの症状がでることがあります。 なぜこれらの症状が出てしまうのかというと、空腹時に栄養ドリンクを飲むことで、カフェインなどの栄養素が胃を荒らしてしまうからなのです。 効果の高い栄養ドリンクほど、胃への刺激が強い傾向にあります。 生薬が多く入ったものなどは少し気をつけましょう。 飲むのが食後であれば、胃の中には食べ物が入っているので、栄養ドリンクの吸収もおだやかになり、胃を荒らしにくくなります。 どうしても食後に飲めない場合であっても、空きっ腹にいきなり飲むのは避け、何か胃に入れてからにしたほうがよいと言えます。 カフェインレスなら寝る前もOK! 最近よく見かける カフェインレスタイプの栄養ドリンクなら、夜飲むのにおすすめです。 よく、寝ている間の疲労回復のために、就寝前に栄養ドリンクを飲む人がいますが、これには注意が必要です。 一般的な栄養ドリンクに含まれているカフェインには、上述した通り脳を覚醒させる作用があります。 このため、普通の栄養ドリンクを夜に飲むと、目が冴えて眠れなくなってしまうのです。 疲れを取りたくて栄養ドリンクを飲んでも、睡眠不足なら意味がありません。 でも、カフェインレスタイプの栄養ドリンクなら、睡眠を妨げずに栄養素を補給することができます。 寝る前にカフェインレスの栄養ドリンクを飲むことで、体の修復力を高めることができます。 だるいと感じるとき、私たちの体には疲労物質が溜まっています。 ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群には疲労を回復させる効果があります。 また、タウリンという栄養素には、肉体的な疲労も精神的な疲労も回復させる効果があります。 ちなみに、アルコールや油っぽい食事のせいで肝機能が落ちていると、疲れを感じることがありますが、この場合でも栄養ドリンクは効果的です。 ビタミンB群やタウリンには、肝臓を修復する効果もあります。 体がだるい時には、これらの成分の配合量を比較して、栄養ドリンクを選ぶといいでしょう。 鉄分は貧血対策に欠かせない栄養素なのですが、女性の場合は生理や妊娠などで鉄分が不足しやすい状況にあります。 鉄分は、食事から摂取しようと思っても、意識しないと難しいのが現状です。 鉄が豊富といえばほうれん草が有名ですが、植物性の鉄分である非ヘム鉄は吸収が悪く、タンパク質やビタミンCなどと合わせて摂らないといけません。 逆に、鉄分の吸収を阻害する栄養素もあるので、料理をするさいは色々配慮が必要です。 しかし、栄養ドリンクを利用すれば、食品の組み合わせに悩まなくても、鉄分を効率よく摂取できるのでおすすめです。 ビタミンCなどの、鉄分と合わせて摂りたい他の栄養素も、栄養ドリンクにはバランスよく含まれています。 風邪をはやく治すためには、ビタミンCを摂って、風邪菌と戦う免疫力を高めるのが一番です。 ビタミンCの他にも、体の働きを高めるビタミン類や、汗で失われがちなミネラル類も、栄養ドリンクなら簡単に補給できます。 体を温めてくれるショウガや、漢方薬としても使われる葛根湯が含まれている栄養ドリンクなら、風邪への効果も高まると考えられます。 ただし、風邪の時はゆっくり寝て回復する必要があるので、カフェインレスのものを選びましょう。 栄養ドリンクは風邪薬ではないので、鼻水やせきを止めたり熱を下げたりする効果はありません。 しかし、逆にいうと、市販の風邪薬は症状を止めるためのものがほとんどなので、風邪自体を治すためにはむしろ栄養ドリンクの方が適しているとも言えます。 栄養ドリンクを飲んで、しっかり休むことが風邪をはやく治すには有効です。 栄養ドリンクに含まれるカフェインなどの成分が医薬品の成分と結びつき、働きを阻害してしまったり、身体に有害な成分に変わったりしてしまいます。 たとえば、風邪薬や喘息の薬と飲み合わせると頭痛の原因になる場合がありますし、睡眠薬や糖尿病の薬と飲み合わせると血糖異常が発生する場合があります。 多くの栄養ドリンクには多量のカフェインが含まれています。 カフェインの摂りすぎはカフェイン中毒につながると言われています。 栄養ドリンクに含まれるカフェインの量は、コーヒーよりもはるかに多いものがほとんどなので、毎日飲むのは避けたほうがいいでしょう。 また、カフェインレスのものであっても、栄養ドリンクには甘味料が含まれており、健康被害が心配されています。 糖分の摂りすぎは糖尿病の元です。 皮肉なことに、これらのカフェインや糖分などの栄養のおかげで、脳がすっきりして、疲れが取れたように感じています。 あくまで常用した場合のデメリットですので、毎日飲むのでなければ、あまり深刻に心配する必要はありません。 容量を守っていたとしても、 複数の栄養ドリンクを併用するのもNGです。 栄養ドリンク同士で重複する栄養素があるため、その栄養素を取りすぎてしまう危険があります。 栄養ドリンクには、いろんな種類の栄養素が豊富に含まれており、中には取りすぎると身体に悪影響をもたらす栄養素も入っています。 たとえば、油溶性ビタミンのビタミンDは、取りすぎると高カルシウム血症になる危険がありますし、同じく油溶性ビタミンのビタミンEは下痢になる可能性があります。 水溶性ビタミンと違い、油溶性ビタミンは、摂りすぎても尿として排出されず、体内に留まるので危険です。 海外では、カフェインを超大量に摂取してしまったために、命を落としてしまった例もありますよね。 健康になるどころか、過剰摂取による健康被害のリスクがありますので、必ず容量は守るようにしてください。 栄養ドリンクの副作用について 栄養ドリンクは身体にいい成分を含んだドリンクですが、栄養ドリンクを誤った方法で飲むことによって、身体に好ましくない症状が出る場合があります。 代表的なものは、 「吐き気」「下痢」「精神不安」などです。 吐き気や下痢の原因は少し触れたとおり、栄養ドリンクの成分が胃にとっては刺激になるため起こります。 これを防ぐには、空腹時の飲用を避けたり、飲む量を減らしたりするのがおすすめです。 カフェインやアルコールの入っていないものや、炭酸の含まれないものの方が胃には優しいので、栄養ドリンクを選ぶ際には工夫すると良いでしょう。 精神不安の原因は、ずばりカフェインや糖分です。 カフェインや糖分は、脳にとっては麻薬のような成分で、中毒性があります。 栄養ドリンクを常用したり過剰摂取したりしている人は、急に飲用をやめるといわゆる禁断症状が発生し、イライラ・情緒不安定になるのです。 栄養ドリンクは、「第2類医薬品」「第3類医薬品」「医薬部外品」などに分類されていて、後ろのものほど効果が穏やかになるので、副作用の心配も少ないと言えます。 繰り返しになりますが、常用や過剰摂取を避けていれば、栄養ドリンク自体は悪いものではありません。 ただ、飲み方には注意してください。 オススメの栄養ドリンク 1、あなたの元気の味方!アロンザ 分類:指定医薬部外品 価格:146円 容量:100ml 主成分:タウリン 1000mg、無水カフェイン 50mg、チアミン(ビタミンB1)5 mg、ビタミンB2 5mg、ビタミンB6 5mg、イノシトール 50mgなど 言わずと知れた普及の名作のドリンク剤のリポビタンD 医薬系ドリンク剤のパイオニア的存在ですね。 ドリンク剤の概念を変えた『冷やして飲む』というのは実はリポビタンDが火付け役になりました。 特徴としてはタウリン1000mg配合というキャッチコピーはCMなどでお馴染みですね。 タウリンには疲労回復効果や肝臓機能の改善など、働くサラリーマンにはありがたい成分が含まれています。 4、ユンケル黄帝液 分類:指定医薬部外品 価格:280円 容量:50ml 主成分:ベンフォチアミン ビオタミン:ビタミンB1誘導体 10mg、ビタミンB2リン酸エステル 5mg、ビタミンB6 10mg、ニコチン酸アミド 30mg、無水カフェイン 50mg、ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン リバオール 30mg、タウリン 1000mg、トウキエキス 45mg 当帰150mgに相当 、オウセイエキス 90. 9mg 黄精300mgに相当 エナジードリンクもおすすめ 最近では栄養ドリンク剤に変わって元気になりたい時に飲むドリンクとして エナジードリンクが爆発的な人気を誇っています。 レッドブルなどのエナジードリンクもコンビニやバーなどでも普及して若者を中心に愛飲されています。 栄養ドリンクと違って医薬部外品などではなく、清涼飲料水ですので効果などの効能は法律で明記が出来ない事になっていますがアルギニンなどの成分が含まれているエナジードリンクもあります。 アルギニンの効果としては免疫機能のサポートや筋肉増強、男性生殖器の改善のサポートなどがあります。 よく言われているのが栄養ドリンクは体調不良の改善などが目的で飲むドリンク。 エナジードリンクは徹夜や受験勉強、コンサートなど、これから体力を使う為の活力としてエナジードリンクを飲む人が多い傾向にあります。 まとめ 栄養ドリンクは、食事だけでは補いきれない栄養素を、飲むだけで補える便利なドリンク。 忙しい私たちにとって、まさに救世主とも言える存在です。 良い栄養ドリンクほどお値段も張るので、できるだけ効果を高める飲み方をしたいですよね。 飲むタイミングを工夫して、栄養素を最大限に吸収しましょう!栄養ドリンクを利用するときは、そのデメリットについてもきちんと理解してから飲むようにしてくださいね。

次の

栄養ドリンクの効果を最大化する飲むタイミングはいつ?

生理 中 栄養 ドリンク

月に一度の生理で辛い痛みに悩まされている女性は少なくはありません。 その痛みが原因で、沈みがちな気分がさらに憂鬱になるものです。 毎月必ずやってくる生理痛だからこそ、その痛みをできる限り楽にしたいですよね。 日常生活で口にする機会の多い飲み物の中には、生理痛を緩和する作用のある「GOODドリンク」と逆に生理の症状を重くする恐れのある「NGドリンク」があることをご存知でしょうか? 普段口にしている飲み物が、実は生理の症状を重くしていた……なんてことにならないように、こちらでは生理中に適しているGOODドリンクと生理中には避けるべきNGドリンクをご紹介します。 それぞれの飲み物が生理中の体に与える影響と合わせて簡単に解説しますので、生理に悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。 生理痛が起こる原因は?• 子宮を収縮させるプロスタグランジンが多く分泌され、必要以上に子宮が収縮すること• 子宮の出口が狭いため、子宮内膜 経血にあたるもの が排出されにくく痛みを伴う• 冷えやストレスから血行状態が悪くなり、生理痛が悪化してしまう 生理中に多くの女性を悩ませる生理痛は、上記の3つが原因となって生じたり症状が重くなったりします。 1つめと2つめの原因は体質によるものですから、自力で何とかするのは難しいです。 しかし、3つめの原因にあたる冷えは生活習慣を心掛けることで改善することができます。 GOODな飲み物 生理痛を緩和するGOOD飲み物とは、冷え・ストレス・血行不良を改善する効果のあるものになります。 飲み物によって得られる効果が異なりますから、お悩みや改善したい症状に合わせてGOODドリンクを選んでみてはいかがでしょうか? ハーブティ はじめにご紹介しますGOODドリンクはハーブティです。 普段あまり紅茶を飲まない人でも飲みやすく、肩こり・冷え性・むくみの改善にも効果を発揮します。 カモミール リンゴに似た香りとともに優しい甘みを楽しめられるカモミールは、冷え性・不眠の改善に効果を発揮します。 就寝前の飲用で寝付きを良くできます。 睡眠はホルモンバランスに大きく関わる睡眠ですから、良質な睡眠でホルモンバランスを整えるにはピッタリ! ペパーミント ミントが好きな方にオススメなのが、甘い香りとメントールの爽やかさを同時に味わえるペパーミントです。 イライラやストレスのリフレッシュに役立ちますから、仕事中の息抜きにいかがですか? ラズベリーリーフ ほのかな甘みと酸味のある味と香りで、紅茶が苦手な方でも飲みやすいハーブティです。 ホルモンバランスを整える効果があり、ノンカフェインのハーブティですから飲むタイミングを気にしなくても良いという特徴があります。 ローズヒップ 生理痛や生理不順など、生理に関わる様々な不調に効果を発揮するほか、美肌・美白効果、肌のターンオーバーの促進、老化防止効果など女性に嬉しい効果が詰まっています。 鉄分・ビタミンA、E、Cと健康維持に役立つ栄養素が豊富に含まれていますから、生理中のみならず毎日の生活の中で飲みたいハーブティです。 主に生理痛に効果的なハーブティは以上の通りです。 症状に合わせて飲み分けたり、好みや気分によってチョイスを変えたりといった選び方もgood!しかし、生理痛に良いからと飲みすぎるのはNG。 また、薬との飲み合わせには適していないものもありますから、通院中あるいは服用中の薬がある場合には、かかりつけ医に相談してから飲用してくださいね。 ココア マグネシウムや食物繊維に富むココアも、生理痛をはじめとした生理の不快な症状の緩和に役立ちます。 というのも、マグネシウムは血管を拡げて血行促進に効果的なほか、自律神経を整えることでイライラを抑えられるからです。 また、生理中に不足しがちな鉄分の吸収率を高められるので、貧血の改善にも適しています。 ただし、ココアを飲用する際には「ホットココアで白砂糖を使用しない」というポイントに気をつけてくださいね。 アイスココアの場合には体を冷やしますし、砂糖の過剰摂取は血行を悪くし冷えに繋がるからです。 黒豆きなこココア 黒豆きなこ ティースプーン山盛り1杯 をココアにプラス!生理痛緩和効果をさらに高められます。 豆乳ココア ココアと豆乳を2:1の割合で合わせるだけでOK! ホルモンバランスを整えられる大豆イソフラボンを一緒に摂り入れられます。 好みでココアと豆乳の量を調節すると良いですね。 黒ごまココア 黒ごまにも生理痛緩和効果が!ココアにすり黒ごま 大さじ3弱 を足してよく混ぜましょう。 ココアに上記の食材をちょい足しすることで、生理痛をさらに和らげることが可能に! 甘みが欲しい場合には、きなこ・はちみつ・黒糖をプラスしましょう。 また、 ココア自体にも砂糖が含まれていますから、糖分の過剰摂取を防ぐためにも1日摂取量は2杯までにとどめておきましょう。 生理中にも十分な効果を得られますが、生理前から飲んでおくことで不快な症状の予防になります。 早いうちからココアを飲む習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか? 豆乳 豆乳は大豆イソフラボンを効率良く摂取できることで知られていますよね。 この大豆イソフラボンは体内に摂取されたあと女性ホルモンと似た働きをするため、ホルモンバランスを整えられる成分です。 生理痛を緩和したり生理不順を改善したりといった効果が、ホルモンバランスの調整から得られるのです。 生理痛の緩和のために豆乳を飲む場合には、「1日300ml以内の量をホットで飲む」ようにしましょう。 これは、豆乳を過剰に摂取するとかえってホルモンバランスが乱れたり体が冷えたりと、生理痛を重くさせてしまう結果に繋がるからです。 ですから、1日の豆乳摂取量の目安300mlを守りながら、毎日飲み続ける習慣を身につけてくださいね。 ホットミルク 体を芯から温めるホットミルクは、生理痛の緩和に適しています。 カルシウムをたっぷりと含みますから、生理中のイライラを抑える効果も! ホットミルクとはいえ、れっきとした動物性タンパク質ですから飲み過ぎは肥満に繋がります。 普段の食生活でお肉をたくさん口にしている場合には、まずはその摂取量を見直すことも必要です。 NGドリンク 生理痛を和らげる効果のある飲み物の数々をご紹介しましたが、NGドリンクを避けなければ折角の効果も得られません。 次にご紹介しますNGドリンクを控えることで、嫌な生理痛を予防していきましょう。 アルコール 生理中は普段よりもイライラしやすく、ストレス発散のためにお酒をついつい飲みすぎてしまう人も中にはいますよね。 しかし、アルコール摂取は生理中のNG行為にあたります。 理由は大きく3つあります。 貧血の悪化や生理不順を引き起こす 生理前~生理中の間には体のありとあらゆる機能が低下しています。 この期間に肌の状態が悪くなったり風邪を引きやすくなったりするのも、体の機能が低下しているからなのです。 当然、内臓の機能も低下しています。 生理前~生理中のタイミングは、アルコールを分解する肝臓の働きも十分に発揮されない時期でもあります。 普段であれば正常に分解されるアルコールもなかなか分解されず、酔いが抜けにくくなるほか二日酔いにもなりやすくなります。 さらに、肝臓がアルコールを分解するには大量の水分を消費します。 この水分は血液から使用されますから、貧血を生じやすい状態に陥ります。 ただでさえ生理で貧血気味なところに、アルコールの分解によって負担がかかってしまえば、貧血もさらに酷くなってしまいます。 飲み過ぎが生理を引き伸ばし、そのせいで生理周期が乱れる恐れも。 というのも、飲みすぎた場合には、その摂取したアルコールを分解するために体内のエネルギーを大量に消費します。 すると、本来生理に消費するはずだったエネルギーが十分に得られず、生理の働きが鈍くなり生理期間が伸びてしまうこともあります。 生理痛を悪化させる原因に お酒を飲むと体が温まり、冷えが原因の生理痛には良いような気もしますよね。 しかし、この考え方は大間違い! お酒によって体が温まるのは、一時的に血管が拡がり血行が良くなるからです。 しかし、この血行促進はあくまで一時的なもので、しばらくすると血管が収縮し体が冷えやすい状態に陥ってしまいます。 つまり、 生理中の飲酒は、体が温まるよりも冷えることによる生理痛の悪化という悪影響を大きく受けてしまうのです。 生理痛の原因は体の冷えですから、冷えの原因となるだけでなく体に負担を与える飲酒は避けるべきですね。 飲酒によって過剰に血行状態がスムーズになると、経血の量も増えてしまいます。 普段から生理の出血量が多く悩まされている人の場合には、飲酒が大量の経血を引き起こし貧血に陥りやすくなりますから気を付けましょう。 ホルモンバランスの乱れにも繋がる 寝付きが悪いからと就寝前に寝酒をすると、確かに寝付き自体は良くなります。 しかしながら アルコールが深い睡眠を阻み、睡眠自体の質を下げてしまいます。 生理中~生理前はホルモンバランスの乱れによって熟睡しにくい時期です。 生理前~生理中に寝酒をすれば、寝ているはずなのに十分な質の睡眠を得られず疲れが取れなかったりホルモンバランスが乱れてしまったりと良からぬかたちで体に影響を及ぼします。 疲れやすく体調も崩しやすい生理前~生理中は、生理痛の悪化を防ぐだけでなく健康面からも飲酒は避けるべきだったのですね。 コーヒー カフェインが多く含まれている飲み物として有名なコーヒーは、そのカフェインの作用によって生理痛を悪化させる飲み物にあたります。 まず、カフェインには血管を収縮させる作用があります。 血管が収縮すると血行状態が悪くなり、体を冷えやすくなります。 血管の収縮作用自体も生理痛を悪化させてしまう結果に。 さらに、カフェインにはミネラルの吸収を阻害するという側面もあります。 生理中は鉄分不足から貧血を生じやすく、鉄分をはじめとしたミネラルをできる限り多く摂取したい時期です。 より多くのミネラルを摂取し深刻な貧血に陥らないためにも、コーヒーはなるべく飲まないようにしたいものです。 血管の収縮による冷えや生理痛の悪化・貧血を招くという2つの作用によって生理痛を悪化させるカフェイン。 そんなカフェインを多く含むコーヒーは、生理中には控えるのが賢明ですね。 生理痛対策には飲むサプリメントがおすすめ 生理痛にGOODな飲み物とNGな飲み物を見てきましたが、生理痛対策もしたいなら飲むサプリメントがおすすめです。 飲むサプリメントでも特におすすめの「ルナテア」はホットジンジャーティーですが、生理痛やPMS対策におすすめの成分が含まれた飲み物となっています。 古くから女性の悩みに用いられてきたハーブをブレンドしてあります。 また体を温める「ショウガ」も含まれていて、味もホッとするジンジャーレモン風味となっています。 お得な購入方法 定期コースなら、通常価格から60%OFFの初回価格1,980円(税抜)、送料無料で購入することができます。 また2回目以降も20%OFFの3,980円(税抜)で継続可能! 初回を除いた3ヶ月以上の継続が条件となっているので、しっかりと続けて飲みたい人におすすめの購入方法となっています。 サプリメントに抵抗がある方も、ルナテアなら毎日飲み続けやすいので、ぜひ一度試してみてください。 まとめ ご紹介しましたGOODドリンクの中には、苦手なものや飲んだことのないものもあるかと思います。 飲み続けて初めて効果が得られるのですから、好みに合うものを選んだりその時の気分や生活に応じたものを飲んだりと楽しみながら生理痛対策を行いましょう。 また、普段よく口にする飲み物がNGドリンクだった場合には、生理中にはなるべく控えてGOODドリンクにシフトすることが好ましいですよ。 辛い生理痛を少しでも和らげるために、まずは口にする飲み物から変えてみませんか?.

次の

【2020年版】栄養ドリンクおすすめランキングを薬剤師が紹介|成分・効果・選び方も解説

生理 中 栄養 ドリンク

生理のときの眠気?なんとかならないですか? 最近生理初日になると眠いというか・・・意識がもうろうとするというか・・・頭がクラクラするというか・・・とにかく起きているのがつらくてたまりません。 なので3ヶ月連続「有給を使っての休暇」という形で、生理初日仕事を休んでしまいました。 しかし上司が男性のため生理であることが恥ずかしくていえないため「風邪のようなもの」と理由を曖昧にして休んでいます。 そのため次の日会社に出ると必ず「君の目標は健康管理に気をつける、だろ?もっと気をつけなくちゃ」と言われます。 そのたびに「こんなモジモジした性格じゃなければでかい声で「生理でつらいんです」っていってやれるのに・・・」「でも男に生理のつらさなんてわからないだろうから「薬飲め」で終わるだろうな」などと、ただでさえだるくてイライラするのに余計イライラします。 痛みだったらホッカイロを貼ったり暖めれば大丈夫なのですが(というか痛み自体はほとんどないですが)、この眠気?はいくら前日早く寝ても治りません。 なんとかならないものなのでしょうか? ちなみに、だいぶ前に避妊用ピルを服用した際あまりの眠気でトイレに行くことすらつらかったので薬は極力避けたいです。 薬は避けたい、との事ですので、日常生活で気をつける事を書かせて頂きます。 生理前や生理中の眠気はよくある症状ですが、休暇を取るほどだと大変ですね。 貧血の可能性はありませんか? 貧血が酷いと倦怠感や眠気の症状が出ます。 普段から貧血気味だと、生理中は更に貧血が重くなります。 貧血だと自覚してるなら、食事で鉄分とビタミンBを摂取する様にしてみて下さい。 サプリメントでも構いませんが、食事で摂る方が理想的です。 また、普段から血糖値が低いという事はありませんか? 低血糖も倦怠感や眠気を起こします。 高血糖でも眠気が起きる可能性があります。 血液検査の経験はありますか? 検査後に血糖値に関して何か言われた経験はないですか? 思い当たる事が無ければ、1度血液検査で血糖値を調べてみる事をお勧めします。 血糖値を正常に保つ食生活を心がけてみて下さい。 糖分を摂り過ぎない様に、不足しない様に、適度に調整して下さい。 塩分の摂り過ぎにも気をつけて下さい。 海草類に多く含まれるヨードと言う成分が不足すると、 甲状腺の機能が低下して、倦怠感や眠気を生じます。 重度になると甲状腺機能低下症 橋本病 になる可能性があります。 食事にヨードを多く含むものを取り入れて摂取する様にしてみて下さい。 生理に関係なく、普段から下半身・特に下腹部から腰部を冷やさない様に、 温かく保つ下着を身につける様にすると、生理に起因する困った症状を矯正出来ます。 女性器を温かく保つ事で女性ホルモンの分泌バランスが良くなり、 ホルモンバランスが正常になれば、生理時の困った症状がなくなってきます。 下半身を温める事で全身の血流が良くなり、それが生理時の困った症状の緩和に繋がります。 毎日、入浴時は湯船にお湯を入れて身体を温める様にしてみて下さい。 熱すぎない温度のお湯に肩まで入って全身を温めてから、 ぬるめのお湯で半身浴をするのが最良ですが、 難しいなら熱めのシャワーを全身に充分に浴びて、 その後に半身浴で下半身を温める様にするだけでも良いかと思います。 眠気を取る為に、コーヒーをたくさん飲んだり、眠気取りのドリンク剤を飲んだりしないで下さい。 カフェインの過剰摂取はホルモンバランスを崩す要因になります。 胃にも悪いです。 あとは、気分がスッとなる・テンションが上がる様なアロマを試してみるのは如何でしょう? 普段から規則正しい生活と食事と適度な運動を心がけて、心身ともに健康を保つ事が基本です。 でも、どうしても眠くて困るなら婦人科で相談するのが1番だと思います。 血圧と血液を調べて、眠気をもよおす要素の有無を確認してみると良いと思います。 調べた結果を踏まえて、薬は飲みたくないと告げて、対処法を指示してもらうのが安全で確実かと。 長くなりましたが、参考になれば幸いです。

次の