いらっしゃる お られる。 いらっしゃるの意味や使い方!おられる、来られるとの違いは?敬語のマナー!

「お越しになる」の意味と類語「いらっしゃる、おいでになる」との違い

いらっしゃる お られる

スポンサードリンク 目上の人が「来る」ことを敬って表現する尊敬語は、「お見えになる」「おこしになる」「いらっしゃる」「来られる」と、4つもあります。 先ほど「行く」の解説ページにも登場する「いらっしゃる」がここでも登場するのがポイントです。 例1「お客様がお見えになりました」 例2「お客様がおこしになりました」 例3「お客様がいらっしゃいました」 例4「お客様が来られました」 これら4つの表現の中でもっともあらたまった印象を与えるのは「お見えになる」。 一方、もっとも敬意をあらわす度合いが低い表現は「来られる」です。 高:お見えになる 中:おこしになる、いらっしゃる 低:来られる 目上の人が自分のところに「来てくれる」ことを、「おこしくださる」「いらしてくださる」「来てくださる」と言います。 スポンサードリンク 例1「本日はおこしくださいましてありがとうございます」 例2「こんなに早くいらしてくださるとは思いませんでした」 例3「課長が来てくださったら百人力ですよ」 また、目上の人に「来てください」とお願いする場合は、「おこしになってください」「おこしください」「いらしてください」と言います。 例1「お好きな時間に、おこしになってください」 例2「ありがとうございました。 また、おこしくださいませ」 例3「ぜひ、一度拙宅に遊びにいらしてください」 「来る」に関する一番大きな注意点は、目上の人が自分のところへ来ることを言うときに、「参る」を使って「お客様が参られました」などと言ってはいけないということです。 誰かが「来る」ことを「参る」で表現できる場合もたしかにありますが、それはあくまで、自分の身内の人間が、来ることを表現するときだと理解しておきましょう。 「お客様、只今担当の者が参りますので、少々お待ちください」.

次の

「おられますか?」or「いらっしゃいますか?」

いらっしゃる お られる

この「おられる」は「いる」「~している」の敬語表現です。 「おられる」は敬語または丁寧語 「おられる」という敬語にはさまざまな意見があります。 敬語として成り立っているという人もいれば、「おられる」の元は「おる(居る)」なので敬語としては相応しくないという意見の人もいるようです。 現代では「敬語もしくは丁寧語」というのが一般的な解釈です。 「おられる」は関西地域の方言が起源 元々は「おられる」は関西地域の方言が起源と言われています。 関西地域では「居る」ということを「おる」と発音し、そこに敬語の「~られる」を付けて「おられる」と言われていました。 現代では関西地域以外でも「おられる」という言葉は頻繁に使われており、意味も共有されています。 「おられる」の使い方 「おられる」を「居る」の意味で使う場合 「おられる」という言葉には主に2通りの使い方があります。 まず1つ目は「居る」という意味です。 そこに相手が居るという状態を「おられる」と言うことができます。 「おられる」を「~しておられる」と使う場合 「居る」以外の意味で「おられる」を使うこともできます。 2つ目の使い方は「~している」という相手の状態を表す場合です。 この場合の「おられる」は、直前に「~して」という実際の動作が入ります。 相手がした行動を表す動詞の補助動詞として「おられる」を使うということです。 「いられる」「居れる」は誤用 「おられる」には似た音を持つ誤った言葉がいくつか存在します。 その代表が「いられる」「居れる(おれる)」などです。 どれも日本語としては誤用であり、正しい言葉として使うことはできません。 しかし「居る」という言葉は敬語でも丁寧語でもなく、かつ「られる」とは一緒に使うことができません。 「おられる(居られる)」の謙譲語は「おります」 「おられる」という言葉は敬語なので、自分や自分の身内以外の人に向けて使います。 反対に「自分(または自分の身内)が居る」ということを表す場合は、謙譲語である「おる」が適切です。 例えば、「ここにおります」「そこにおります」などとすることで、スマートに自分や身内のなどを目上の人に伝えることができます。 他にも「元気にしております」「出社しております」など、「おられる」と同様に補助動詞としても使えます。 「おられる」の言い換えに使える類語 「お見えになっている」は「そこに居る」 「おられる」が「居る」という意味で使われる場合に、言い換えとして使えるのが「お見えになる」です。 「お見えになる」とは「その場所でその人を見ることができる」ということで、その対象となる人がこれからその場所に来る、またはこれから来ることになっている、という意味で使えます。 「すでにお見えになっている」「これからお見えになる」など、状況に合わせて前後の言葉を変えて使います。 「いらっしゃる」は「そこに来る」 「居る」という意味を持つ言葉はいくつかありますが、ビジネスの場で良く使われているのは「いらっしゃる」でしょう。 「お見えになる」と同じで「すでにその人がそこにいる」「これからその人がそこに来る」の、どちらの意味としても使うことができます。 「あられる」は高貴な存在に使う 「おられる」と良く似た言葉に「あられる」というものがあります。 結論から言えば「あられる」も「居る」という意味で、その点では「おられる」と同義です。 しかし「あられる」という言葉を使う対象はほぼ限られています。 現代で「あられる」を違和感なく使える対象は皇族くらいでしょう。 そのため日常生活やビジネスの場で「あられる」を使うことはほとんどありません。 「おられる」のメール例文 相手の努力を労う「頑張っておられる」 手紙やメールなどでも「おられる」は使われています。 特に相手の頑張りを称える「頑張っておられるのですね」「頑張っておられるのでしょう」などは良く使われる表現です。 文法的に誤りはなく、「ご尽力」などに比べると親しみを感じる表現です。 注意すべきは「おられる」の方よりも「頑張って」の部分で、自分より目上の方に向けて「頑張っている」という言い方は失礼になります。 目上の方に同じ意味を伝えたい場合は「お力を尽くされていることでしょう」など他の表現にした方が安心です。 相手の状態を確認する「おられますか」 手紙やメールで「元気にしていますか」など、相手の様子を伺う場面があります。 そのときに「お元気にしておられますか」などとするとやわらかい印象でこちらの意図を伝えることができます。 親しい間柄であれば「元気ですか」などで済ませられる内容ではありますが、そこで敢えて「おられる」を使うことで、手紙やメールならではの気遣いを見せることができます。 第三者の発言も示す「言っておられる」 誰かが何かを「言っていた」ということを、相手に伝えたいときにも「おられる」を使うことができます。 「されておられる」は間違いになることも 目上の人がしていることは「~なさっている」という敬語で表します。 この「なさっている」を「おられる」を使って表すこともできます。 「運動をなさっている」を「運動をしておられる」、「食事をなさっている」を「食事をしておられる」などです。 この「~して」の部分を「されて」という言葉にすると「運動をされておられる」となりますが、「されて」と「おられる」を一緒に使うと二重敬語となることがあります。 そのため、できるだけ相手の行動は「なさる」を使った方が間違いありません。 まとめ 「おられる」という言葉は、相手の存在やしていることを「居る」「している」など簡単な言葉を使わずに表すための配慮の言葉です。 もちろん言葉は使い方が重要で、誤った使い方をしないに越したことはありません。 しかしそれよりも大事なことは、相手が嫌な気分にならない言葉使いを心がけるという気持ちなのかもしれませんね。

次の

「れる」「られる」敬語に注意しよう

いらっしゃる お られる

はじめて投稿するキンバリーです。 私は社会人1年目なのですが、言葉使いで気になることがあり、みなさんの意見をお聞かせ頂きたいなと思い、投稿させて頂きましたので、宜しくお願いします。 それはタイトル通り「おられますか?」or「いらっしゃいますか?」のどちらが正しいのか?なんです。 入社してすぐ会社外の新人研修に参加したのですが、 そこで習った電話での言葉使いとと、会社の人の言葉使いが異なるので戸惑っています。 確か(間違ってたらごめんなさい)研修では『おります』は『居る』の謙譲語なので尊敬語ではないと習いました。 間違って「おられますか?」を使っている人が周りに多いだけなんでしょうか?! もしくは実際は「いらっしゃる」が正しいけど、「おられる」が一般的になってきているので、どちらを使っても良いのでしょうか? 細かい事ですが非常に気になっています。 御意見を宜しくお願い致します。 ユーザーID: 「おられますか」間違ってはいませんよ。 ただし、立場や用件によっては・・・ちょっと失礼かなという気もしなくはないけど。 でも、あなたの会社にとっては取引先やお客様ですよね? あなたは正しいと思う「いらっしゃいますか?」を使えばいいだけ。 ほかの人のに間違いだなんていう必要も資格もそれに見合う立場もあなたにはないと思う。 慣習その他いろいろな事情で、そうしている状況があるわけで・・・それを承知せずにクチをはさむのはいただけない気がするけど・・・とりあえず、自分だけでも「いらっしゃいますか?」にしたいなら、すればいい(ただし、周りに聞ける人がいるなら事前に確認しておいたほうが・・・統一取れなくなって困ることもあるから)。 ユーザーID:• 何度かこの手の話は出てますが 「居(お)る」という動詞に、<動作の主体に対する敬意を表す>「られる」のついた尊敬語だと思います。 「おります」と「おられます」は、「言う」と「言われる」のように用途が違います。 後者が「おっしゃる」とも言い換えられるように、「おられる」と「いらっしゃる」も同意です。 状況や地域によって好ましいほうを用いればいいと思います。 電話の場合「おられますか?」を耳にすることが多いのは、「いらっしゃる」という表現は長くて言いにくいことや、男性が女性的な響きを避けたがるためではないんでしょうか。 ビジネスの電話は、受けるのは女性が多いですが、かけるのは男性が多いですから。 ) ユーザーID:• どちらも正しいです 「おられる」は西日本の一種の方言ではないでしょうか?私は転勤で様々な土地に住んでいますが、西日本とくに関西の方は「おられる」という言い方を頻繁に使うような気がします。 私の夫は関西人、私は東京育ちなので、「おられる」を連発する夫にはじめは違和感を覚えたものです。 夫は「いらっしゃる」は敬語だと思っていないらしく、「おられる」が敬語だと思っているようです。 結婚当初私は夫に「敬語がなってない」と言われましたが、そんな事言われた事は今まで無いし、言葉遣いにうるさい職場に居たので、夫の勘違いだと思います。 関西は他にも二重敬語的な表現や、身内の人間にも敬語を使う表現があったりと独特だと思います。 先日、NHKの杉浦アナウンサー(広島出身)が朝の番組で、「おられる」を連発していましたが、とても違和感を感じました。 ユーザーID:• おる=いる (動ラ五)[文]ラ変 を・り [一] 1 人・動物が存在する。 そこにある。 また、そこにとどまっている。 ア 自分の動作を卑下したり他人の言動をさげすんだりする気持ちの含まれることが多い。 時には尊大な物言いに用いられることもある。 ユーザーID:• 最近の傾向 敬語を学ぶ環境が文章やテレビにシフトしてるのを感じます。。 本来は日常生活で実体験で学ぶものでしたが。 敬語は古式由来、習慣を大切にする地方で活きた生活用語として残っていることが多いように思えます。。 子供時分、叔父が転勤で和歌山の方に居た時、「いらっしゃる」という意味で「ある」、「千円お支払いする」と言う意味で「千円あげる」というのを聞いたことがあります。 「あなた」のことを「おまん」というのも、「御前」が訛ったもので今では「オマエ」って随分な言い方ですが、むしろ「ゴゼン」というのから来たと言うのを聞き、感銘を受けた覚えがあります。。 しかし、情報化で世界が小さくなるほどコミュニケーションは発達していると言うのに、、本当!? ユーザーID:• 正しいでしょう 研修でご受講なさった通り、「いらっしゃる」がスタンダードです。 尊敬語と謙譲語という観点からも「いらっしゃる」が正しいのですが、「ございます」(は「ござる」から転じて)や、「おられる」などは昔、武家社会で広まった武家言葉の一種らしいのです。 テレビの時代劇ドラマなどを観ると、男女共に使われているのを耳にします。 私は関西に近い地域に住んでおりますが、この地方ではその名残が有り、一般に多くは男性が、改まった場で用いる例をよく耳にしますし、定着してしまっているので良しとされています。 そういった所以があるようですが、現代の私達がビジネス上で使用するのは、やはり武家言葉ではなく「いらっしゃる」が標準語として相応しいようです。 ユーザーID:.

次の