スナック エンドウ。 スナップエンドウの栄養と効能

スナップエンドウ栽培☆収穫の時期の見分け方

スナック エンドウ

 マメ科エンドウ属のサヤエンドウは、別名「キヌサヤ」とも言います。 サヤエンドウと絹さやは同じものになります。 若芽から豆まで食されるエンドウマメ。 出世野菜の未熟な姿が、サヤエンドウです。 大型絹サヤ サヤが10cm以上となっているもので、絹サヤを大きくしたようなものです。 主に関西や九州などで栽培されています。 砂糖サヤエンドウ 糖度が高く、甘みをより感じます。 絹サヤよりも豆がふっくらしており、スナップエンドウよりも皮が薄いのが特徴です。 糖度が高いことからこの名が付けられたと言われています。 スナップエンドウの旬と有名な産地 スナップエンドウの旬は春先から初夏にかけてで、ハウス栽培のものや冷凍ものであれば通年出回っています。 鹿児島県で多く生産されています。 良いスナップエンドウの選び方 実がしっかり詰まっているものを選びましょう。 豆の甘みを楽しめます。 サヤはふっくらとしていて肉厚なもの、ガクは鮮やかな緑色のものが良いです。 それは何か原因があるはずです。 生活習慣や食事を見直して、疲労を溜めない、疲労から回復しやすい体を目指しましょう。 スナップエンドウの保存方法 ポリ袋に入れて、野菜室で保存するようにします。 日持ちがしないため、2日くらいで食べるようにしましょう。 冷凍する場合は固めに茹で、重ならないように並べます。 1ヶ月程度保存可能です。 スナップエンドウのおすすめの調理法 下茹でしてから、様々な料理に使用することができます。 硬い筋の部分を取り除き、沸騰した湯で塩茹でします。 筋は茹でる前に取るようにし、食感が損なわないようにするため、茹ですぎないようにしましょう。 1分程度を目安にすると良いです。 和え物やサラダ、炒め物、煮物、汁物、天ぷらなど様々な調理方法で食べることができます。 煮物にする際は、彩りを保つため仕上げに入れるようにします。 また、天ぷらにする際は下茹でする必要はありません。 まとめ スナップエンドウは、アメリカで作られたサヤエンドウの新しい野菜の仲間です。 絹サヤの食感とグリンピースの甘みを一緒に楽しむことができるため、いいとこ取りの野菜ですね。 煮物などのアクセントや添え物だけでなく、小鉢の1品としても使用できるため、絹サヤと比べると食事に取り入れやすい食材です。 栄養も豊富なので、様々な料理に活用してみてください。

次の

スナップエンドウ栽培☆収穫の時期の見分け方

スナック エンドウ

スナップエンドウ、エンドウマメ、サヤエンドウ、グリーンピース。 この違いは何でしょうか。 まず、マメ科の1,2年草で広く栽培されているものが「エンドウ」になります。 そのエンドウの豆を食べる「実エンドウ」と、豆が大きくなる前に若どりしてサヤごと食べる「サヤエンドウ」に分かれます。 完全に熟して豆として収穫する・若サヤだけど豆が膨らんでから収穫する・若サヤのままサヤごと食べるのかで品種の違いが出てくるのです。 スナップエンドウはアメリカで生まれて日本に伝わってきました。 「スナックエンドウ」とも呼ばれていますが1983年に農林水産省により「スナップエンドウ」が正式名称として統一されました。 スナップエンドウの栽培は初心者でも育てやすく、家庭菜園むき代表の野菜になります。 秋に種をまいて春に収穫しますが、適期をしっかり守って育てることが重要ポイントになります。 畑やプランターでも簡単に育てることができるので、家庭菜園初心者の方も安心してチャレンジしてくださいね。

次の

スナップエンドウとスナックエンドウの違いは何か調べてみました。

スナック エンドウ

えんどう豆とグリンピースの違い えんどう豆には、豆を食べる「実えんどう」と豆が大きくなる前に若取りし、さやごと食べる絹さやなどの「さやえんどう」があります。 グリンピースは、マメ科エンドウ属に分類されるえんどうの未成熟な種子を指します。 えんどう豆は成熟した豆のことでさやはたべません。 えんどう豆とグリンピースは同じものなので、その成長過程によって呼び名が異なります。 スポンサードリンク スナップエンドウとは? 最近よく見かけるスナップエンドウですが、1970年頃から日本で販売されるようになったもので、アメリカで作られたえんどうの新しい品種になります。 丸みがあって膨らんでおり、さやと豆が食べることができ、しっかりとした甘みを感じるのが特徴です。 さん kokiroyalfoods がシェアした投稿 — 1月 30, 2018 at 4:10午前 PST さやえんどうとスナップエンドウの違い 絹さやとさやえんどうは同じものでしたが、さやえんどうとスナップエンドウの違いは何でしょうか。 同じえんどうという名前がついていますが、中身が異なります。 大きさは、 絹さやが5~7cm、スナップエンドウは7~9cmと少し大きめです。 食べる部分は、絹さやはさやの部分になりますが、スナップエンドウはさやと豆を食べます。 絹さやは彩りを良くするために使われることが多いですが、スナップエンドウはパリッとした食感と甘みの強さを楽しめサラダなどで食べられます。

次の