ヌルポ野球。 プロ野球アンテナ

笠原将生「不倫しても野球はできるが賭博したら野球はできない」 > 野球 > まとめ太郎!

ヌルポ野球

Null Pointer Exception というコンピュータ用語を「ぬるぽ」と呼ぶスレを 2ちゃんねるで立てた人が昔いたけど、それが発祥。 参考URL(1説明、2. 発祥スレ)を見ると、発祥スレで最初にでた「ぬるぽ」についた最初のレスが 「ガッ」(物を叩く音)で、このあと、そのスレで「ガッ」がよく使われて この2語が表裏一体の関係みたいになり、全体的に広まった。 「ぬるぽ」には「ガッ」という風に「ガッ」は叩いている表現(擬声語)です なぜ叩いたか、というとスレに関するつっこみかな? 「そんな呼び方かよ!」みたいな突っ込み。 元の言葉の意味は 「Null」は「ゼロ」または「空っぽ」で、「Exception」は「例外」。 全体として『無意味』『ナンセンス』ってこと(参考3つ目)。 ぬるぽ【ぬるぽ】[名](プログラマー板、他) NullPointerExceptionの略。 プログラマー板で「NullPointerException? の事をぬるぽと呼ぼうぜ!」と言うのが始まり。 このAAとともに使われることが多い。 叩かれる経緯としては、gooの辞書でぬるぽを検索したところ意味として殴るが出てきた為。

次の

まとめ太郎!

ヌルポ野球

「ぬるぽ(ヌルポ、NULLPO)」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 java. lang. NullPointerExceptionの略語とのこと。 2ちゃんねるのプログラマー板がその発祥らしいのだが、、、 だがその広まりについては、2ch. net上でのぬるぽが最初であるとの説や、プログラマーの間で既に広まっていたのが2ch. netへ投稿され広まったとの説、オンラインゲーム上での流行が2chに移ったなどいくつか説があるようだがどれも2ちゃん経由である点は間違いなく、その議論に意味があるのかは疑問。 ではどのような時に使うのか? 本来の意味で使われることは少ないのだそうで、単にその場を茶化したいときなどに意味も無く書かれることが多いらしい。 また、NULLPOが本来Javaによるプログラミングでのバグによる実行時のエラーであることから「良くないこと」「あってはいけないこと」の揶揄として使われることも多いとのこと。 もう一つ注意点。 「ぬるぽ」の書き込みがあったときは、「ガッ」と叩いているAA、あるいはただ単に「ガッ」(通常は半角カナで書かれる)というレスを返すのがお約束らしい。 さてこのくらいで皆さん「ぬるぽ」をご理解いただけたでしょうか? 2003年に2ch全体で「ぬるぽ」のブームが起こったというのだが全然知らなかった私は、検索以外で2ちゃんに入ったことのないいちげんさん。 正直な感想は・・・めんどくさ。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

“カタギ”以外の住人が足繁く通う、新宿にあった伝説のバー『ボタンヌ』

ヌルポ野球

今日(9月18日)、がに勝ちセ・リーグ優勝を達成しました。 パ・りーグではの優勝が既に決定しています。 で勝ち抜くかどうか注目されますが、日本一を決めるは10月28日から始まるとのことです。 9 月19日は(糸瓜忌・獺祭忌)ですが、今年は子規生誕150周年です。 だったので野球用語の翻訳などしており、没後100年の平成14年にをしています。 「まり投げて見たき広場や春の草」という俳句も作っています。 そこで、「俳誌のサロン」のから目についた俳句を抜粋・掲載させて頂きます。 ( 青色文字をクリックするとウイキペディアの解説記事や俳句の詳細がご覧になれます。 ) ・少女らの野球する世や子規祀る (中林京子) ・雪合戦野球選手になりたき子 () ・炎天の塩噴いてゐる野球帽 (吉田かずや) ・敬老日少女野球を観てをりぬ (川口襄) ・プロ野球佳境に入り子規忌かな (涌羅由美) ・サッカーの子等で占められ野球場 (岡田章子) ・高校野球勝ち歌大暑はらひけり () 俳句は気軽に句作をして楽しめばよいことを知って頂きたく、 最後に「 」や「 」の準決勝や vs の決勝戦など、テレビ中継を見ながらチュヌの主人(薫風士)が口ずさんだ即興句を掲載します。 ・ 好打好守のユニフォーム ・ へ白球伸びて大アーチ ・ へガッツポーズの ・熱戦や 球児の歯の白き ・サイレンや並ぶ球児の ・ の空球児讃ふる かな ・ 奮起す 木下様 チュヌの便りを拝見させていただきました。 俳句に関する造詣の深さはもとより、政治、文化、芸術、スポーツ等に関する知識・見識の高さには敬服いたしました。 私は野球が好きで高校時代に野球部に属し、今でもOB会に参加し草野球を楽しんでいます。 (試合後のに旧友と飲むことが楽しみではありますが・・・) 今年の金足農業の活躍は一服の清涼剤でした。 私立高校が幅を利かす近年の高校野球においつ、公立高校それも地元出身が全員とは驚きでした。 また、胸をそらし校歌を歌う姿勢がさわやかでした。 他校の選手も見習ってもらいたいような気もします。 (一方で、大阪桐蔭の選手が、優勝を目指し一年間練習したという精神力も感嘆に値するものであり、評価してあげるべきでしょう) 今後のご活躍をお祈りいたします。 投稿: 角野武司.

次の