アオサ コロナ。 アオサがコロナに効くはデマ?中部大学河原敏男教授の発表に対する反応まとめ

中部大学「アオサがコロナに効く!と言ったの取り下げます。」

アオサ コロナ

2月20日に公開されたのは、中部大学・生命健康科学部の河原敏男教授と工学研究科の林京子客員教授、化学薬品メーカー「江南化工株式会社」(三重県)とアオサの健康効果を研究するラムナン研究所(同)の共同研究の結果。 「新型にもラムナン硫酸の効果があると期待している」と述べている。 リリースは一部メディアが引用して記事化され、「アオサがヒトコロナウイルスを抑制」(琉球新報)「アオサにコロナウイルス増殖抑制効果」(大学ジャーナル)などという見出しで拡散。 これを受け、メルカリでは「コロナウイルス対策に!」として転売がはじまったほか、SNS上には、一部のスーパーでアオサが売り切れた様子がアップされている。 さらに、加工海苔メーカーで唯一上場している「大森屋」の株価が一時18%以上あがるなど、影響は広がった。 疑問や批判が相次ぐ SNS上ではこの研究結果に対し、そもそも「効果に期待」という情報が誤解を招くのではという指摘のほか、内容について疑問を示す声もあがった。 たとえばプレスリリースでは、「ラムナン硫酸」の効果を以下のように「A型インフルエンザウイルス」に感染したマウスを用いて調べた、としている。 理由は「ヒトコロナウイルスの感染実験に使用できる動物がいない」からだという。 A型インフルエンザウイルスを用いて感染マウスに対するラムナン硫酸の効果を調べた。 その結果、ウイルスに感染させたマウスにラムナン硫酸を与えたところ3日後のウイルスの量が半減した。 一方で、コロナウイルスについては以下のように、インフルエンザウイルスと「エンベロープとRNAを持つ」という共通の構造を持つことに触れているのみだ。 「これらの成果を論文にまとめて公表する準備をしている」とあるが、新型コロナウイルスを含め、「増殖を抑える効果」をどう確認したのか、その根拠は特段示されていない。 ヒトコロナウイルスと新型コロナウイルス、他に麻疹ウイルスやおたふくかぜウイルス、A型インフルエンザウイルス、エイズウイルスもエンベロープとRNAを持つ点で共通する。 ヒトコロナウイルスだけでなくこれら他のウイルスについてもラムナン硫酸がウイルスの増殖を抑える効果を持つことを確認した。 また、研究チームが化学薬品メーカー「江南化工株式会社」がアオサ(ラムサン硫酸)のサプリメントを販売していることに触れ、信頼性に対する批判もあがっていた。 リリースは「研究チームは今後、コロナウイルス対策に特化した商品の開発も視野に入れる」という言葉で締められている。 リリース削除、その理由は?.

次の

アオサにウイルス増殖抑制効果!中部大学が発見!新型コロナ

アオサ コロナ

アオサにコロナウイルス増殖抑制効果があるという事を中部大学が発見したみたいですね。 連日コロナウィルスの事についてはニュース等で耳にしますが、 アオサがコロナウィルスに増殖抑制効果があるというのは思いもよりませんでした。 アオサとは 狭義には旧アオノリ属を除く伝統的なアオサ属の種を指し、広義にはアオサ科あるいはアオサ目の海藻を含む。 アオサ属は2層の細胞層からなる膜状体で一般に鮮緑色を呈する。 日本各地・世界各地の沿岸に普通に見られ、海岸に打ち上げられた状態でもよく目にする。 アオサノリとも。 「Wikipedia」より 楽天にあるか調べてみた 「アオサ」と検索したら沢山出てきましたが、僕的に気になったのはこちらでした。 楽天で購入 味噌汁に入れるだけなら簡単だし、寒い時期に食べるにはピッタリだと思います。 そもそもアオサってどうやって料理で食べたら良いかわからない一人暮らし男・・・ 卵焼きに入れて食べても良いみたいなので、割と身近な料理に入れて食べれる事がわかりました。 アオサの吸い物も美味しそうです。 訛って「アーサ汁」って呼ぶらしく、YouTube等でレシピを調べる時は 「アーサ汁」で検索すると沢山ヒットします。 そもそもアオサの何が効くと期待されているか アオサとコロナウィルスで話題になっているによると ラムナン硫酸というものが新型コロナウイルスに効果があると期待されているみたいですね。 「ラムナン硫酸」というワード始めて聞きましたが、一応楽天で検索をしてみると下記のようなサプリメントがありました。 楽天で購入 僕には手の届かない値段で無念です。 というかラムナン硫酸のサプリメントもめちゃくちゃ売れ始めそうで、 どちらにしても手に入らなくなりそうです。。。 おわりに 今ってマスク欲しくてもアルコール消毒系のスプレー欲しくても中々手に入りません。 もうスーパーや薬局、ネット上もどこも売り切れで結構困っちゃってます。 マスクとか手洗いうがいはコロナウィルス感染の外的要因を防ぐもので有名でしたが、 食品で体の中から免疫細胞を活性化させて抗体の産生を促す、という情報は新鮮でした。 詳しい内容はでご覧頂けます。 上記の記事には「コロナウイルス対策に特化した商品開発も視野に入れる。 」とされているので、期待して待つばかりです 社畜としては会社に出勤する為にも、周りに迷惑掛けないためにも出来る限りの対策はしたいと思っています。 もちろん熱等の体調の変化が出たら無理はしてはいけないと思っています。 とにかくコロナウィルスが収束することを願うばかりです。 ご覧頂きありがとうございました。 あわせて読みたい関連記事.

次の

『アオサにコロナウイルス増殖抑制効果、中部大学が発見』の記事(追記あり)

アオサ コロナ

あおさを買いに走る必要は無い。 コロナウイルス増殖抑制効果は怪しい。 噂になってるあおさのソース見たら、コロナウイルスすら使ってない研究。 「あおさにコロナウイルス増殖抑制効果」というのはマスコミがつけたタイトルかと思ったら中部大学のプレスリリースにもそう書いてあって、研究者がこれやっちゃダメでしょ。 中部大学のHPに「ヒトコロナウイルス増殖抑制効果を確認」と明記されていました。 これはさすがにまずいんじゃないでしょうか。 — Dr. Onyo Lanta25571165 ヒトコロナウイルスの感染実験に使える動物はいないので、代わりにインフルエンザウイルスを用いて感染マウスに対する効果を調べた。 コロナ使ってないやん。 こんなミスリーディングな見出しつけて恥ずかしくないのか中部大学。 とりあえず明日アオサを買いに走る必要は無いです。

次の