天 陽 くん の 死因。 【なつぞら】天陽が病気でナレ死か!入院と退院の嘘!なつの支えに

なつぞら天陽の死因や病名は?何の病気?134話で亡くなり天陽ロスの声相次ぐ。

天 陽 くん の 死因

日勝25歳の1962年 昭和37年 高野ミサ子と結婚。 (1964年に長男、1968年に長女が誕生) という情報があります。 高野ミサ子さんは農家の娘。 北海道で知り合い、そのまま北海道で結婚生活を送ります。 日勝32歳の1970年 昭和45年 32歳の春から体調不良が続き、同年8月25日、腎盂炎により永眠されています。 天陽は、開拓者の娘である靖枝と青年団の演劇で出会い、結婚。 14週現在、タミ、正治、靖枝と幸せな生活を送っています。 気になるのは、 天陽のモデル、神田日勝さんが32歳で永眠されるという件。 14週84話では、十勝に帰ったなつが天陽に会いに行き、結婚した靖枝の存在を知ることになります。 その時、なつは天陽と会うのが「3年ぶり」と言っていたので、高校卒業から考えると、14週ではふたりとも21歳位の設定のようですが、 天陽も32歳で亡くなってしまうのでしょうか? 神田日勝に子供はいたのか?天陽の子供はでてくるのか 神田日勝には、哲哉・絵里子という2人のお子さんがいました。 まだお子さんが小さい内に神田日勝さんは亡くなってしまうのですが、ご家族の方もいろいろとご苦労されたのではと感じます。 この流れを見ると、天陽にそのうち子供ができる可能性もありますね。 目の保養のためにもずっと出続けてほしい、最後まで元気な姿を観たいと思う方も多いですよね。 天陽の今後がわかったので、追記いたします。 *** ここからネタバレあります。 「天陽くんのことは知ってる?」 天陽は、過労と風邪をこじらせたことで体調が悪くなり、入院していたのだそうです。 そして23週。 一旦退院した天陽ですが、8月に入り、また体調不良となり、再入院しました。 そして夏が終わるころ、天陽は突然山田家に姿を見せます。 退院が決まり、アトリエにある絵を描きたくなって向けだしてきたというのですが、それは天陽の作り話だったようです。 モデルの神田日勝さんは、8月25日に永眠されていますので、天陽も同じような時期になるのかもしれません。 その後月が変わり、十勝に帰ったなつは、天陽の家を訪れ馬の絵を目にします。 受賞挨拶後に山田家そろって、会場で記念写真。

次の

「なつぞら」で立ちまくっていた天陽の“死亡フラグ”に「ズルい」の声 (2019年9月3日)

天 陽 くん の 死因

NHK連続テレビ小説「なつぞら」が3日(2019年9月)ついにクライマックスを迎えた。 なつ(広瀬すず)の幼なじみの山田天陽(吉沢亮)がこの世を去ったのだ。 ネタバレになるので詳しくは書かないが、病気の悪化で入院していたが、最後の絵を完成させるために病院を抜け出し、畑に向かって......。 「なぜ天陽くんに、奥さんと一緒の時に死なせてあげないの?」 この天陽くんの最期に、ネット上では「天陽ロス」の号泣とともに、なつや天陽兄・山田陽平(犬飼貴丈)の冷淡な態度に「違和感ありすぎ!」と批判の声も--。 「病院抜け出してきたのはあそこで死なせるためか。 さすがになつは現れないとは思ったが、回想で出てきて、『なっちゃん』と言わなくて心底ほっとしました。 奥さんと一緒の時には死なせたくなかったんだね」 「訃報の連絡を受けた天陽兄が神妙な面持ちで来たのに、なつは天陽君の事を察する事もなく転職の事を言う? 冷たいなつ」 「陽平さんがわざわざ弟の死を伝えたのに、葬式には不参加のなっちゃん。 ちょいと驚いただけ? 天陽君の奥さん、子供たちには一言もないんだ。 両親にも『アトリエ見ていいですか?』だけ?」 「弟が死んだら、出社してなつに報告しないですぐ北海道に帰れ!」 特に兄の陽平には批判が多かった。 「以前どなたかが、天陽兄はなつに天陽の近況を報告するために存在している、と書かれていましたが、今日もお見事!弟が早朝に亡くなっているのに出社して、なつにご報告。 役目を果たしました。 でも天陽くん死んじゃったから、今後はもう報告することもないし兄もお払い箱でしょうね」 「天陽兄よ、弟の訃報が届いたら、取るものも取り敢えず北海道に帰れ!会社に行ってる場合か。 それなのに、9月になつが天陽の家に弔問に行くと、そこには兄がいる。 会社辞めて農業継ぐのか?なつ様のオモテナシ要員なのか?」 「身内が亡くなったことを他人に報告するのに『どうも、嘘じゃないみたいだ』という人など、絶対にいないですよね。 この脚本家さんは、いったい何を考えているのでしょうか! ?」 そして、最後にこんな意見も。 「天陽くんの死、何の脈絡もなかったですね。 来週退院と言ってたし。 モデルとなった神田日勝さんが夭折したから同じにしましたという名目で、天陽くんロス狙いましたという魂胆がみえみえです。 本当に腹が立ちます。 絵をなつに見せて奮起させるためなら、何も死ぬ必要はないのでは。 山田家のいつまでたっても貧しそうな家屋。 これから苦しい生活を強いられる天陽くんの残された家族が不憫でなりません」 「天陽くんがいなくなったら、私にとってはなんの魅力もないドラマです。 『なつぞら』にもさようなら」(テレビウォッチ編集部).

次の

『なつぞら』“天陽ロス”続出「涙が止まらない」 近江アナも動揺

天 陽 くん の 死因

NHKの連続テレビ小説「なつぞら」(月〜土、午前8時〜ほか)の3日放送の134回で、吉沢亮演じる山田天陽の早すぎる死が「悲しすぎる」と反響を呼んでいる。 連続テレビ小説100作目という節目の作品となる本作は、戦災孤児の少女・なつ(広瀬すず)が、北海道の大自然の中で育ち、やがてアニメーションの世界に挑む姿を描く。 吉沢ふんする天陽は、幼なじみのように育ったなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響与えた人物。 美術の才能があるものの、天陽は貧しかったため進学せず、農業をしながら絵を描いている。 なつに好意を寄せていたこともあった天陽だが、なつの上京後は、青年団の演劇の手伝いをしていた農家の娘・靖枝(大原櫻子)と出会い、結婚。 2児の父となっていた。 愛する家族と幸せに暮らしていた天陽だが、体調を崩して入院。 SNS上では、天陽を心配する声が上がっていた。 3日放送回では、病院を抜け出した天陽が徹夜で美しい馬の絵を描き上げ、靖枝に畑の様子を見てくると伝える。 ジャガイモ畑を眺めながらおだやかな表情を見せる天陽は、麦わら帽子に思いを託すように投げ、1人畑で倒れて亡くなる。 絵と農業を愛する天陽の早すぎる死に、ドラマファンからは「悲しすぎる」「すでに天陽くんロス」「朝から号泣」とコメントが続出。 「天陽くん」がTwitterのトレンド入りするなどネットで大きな話題となっている。 (編集部・梅山富美子) 外部サイト.

次の