ジェーン ドゥ の 解剖 考察。 ジェーン・ドウの解剖のあらすじとネタバレを解説!怖くてやばい

ジェーン・ドウの解剖のレビュー・感想・評価

ジェーン ドゥ の 解剖 考察

2016年のアメリカ映画「ジェーン・ドゥの解剖」。 突然運ばれてきた美女の死体には、秘密があった…という内容は一見ありふれているようにも思えますが、死体を検死する施設を舞台に、親子の検視医と死体だけのほぼ3人劇で進みます。 舞台にしてもすごくおもしろそうだと思うほど、脚本が素晴らしい。 しかし、この描写は映像でなければできない!と感じる点も多く、とにかく映画としての完成度が高い印象。 監督は「トロール・ハンター」のアンドレ・ウーヴレダル。 食わず嫌いしていたのですが、「トロール・ハンター」見ようかな。 ネタバレ 父のトミーと息子のオースティンは、家業である検死官の仕事に没頭していた。 オースティンの彼女であるエマは、デートの約束をすぐにすっぽかすオースティンに怒りながらも、興味本位でずかずかと検死用の部屋に入ってくる。 父は快く、彼女に死体を見せる。 その死体の手には鈴がある。 それがなったら、まだ生きているという証拠なのだ。 息子はこの家を出ようと考えているが、それを父に言い出せないままだ。 彼女の遺体は目が白濁しているのに、死後硬直はない。 ウエストが異常に細い。 手首と足首が折れている。 外傷はないが、舌がちぎられたようにない。 泥炭が爪や髪についている。 彼女は売春がらみで、手足を折られていたのだろうか? その鼻からは血が出てきて、ハエが這い出す。 口からは糸が出てくるし、膣には傷がある。 検死中、親子が流しているラジオに雑音が入る。 解剖した瞬間、血が噴き出してくる死体。 肺はタバコを毎日10箱吸わなければならないくらい、真っ黒だ。 心臓も傷だらけだし、この死体はおかしい。 死体を入れておくロッカーの扉が、突然開く。 北部にしかない朝鮮朝顔のタネが検出されるし、体内からは抜いた歯を紙に包んで飲ませた痕がある。 儀式なのか、生贄なのか。 誰が彼女の手足を拘束し、舌を切り、毒を飲ませ、内臓をズタズタにしたのだろう。 突然、父がかわいがっていたネコが、死にかけdえ見つかる。 父は、ネコを救うため、その首を折ってしまう。 外では大雨が降り注ぎ、洪水警報もあったようだ。 親子は解剖を進めるが、停電に見舞われる。 外に出ようとしても、出ることができない。 地響きが聞こえてくる。 そして、死体が持っている鈴の音が響いてくる。 あの死体のせいだ。 父の手には、解剖中についた謎の傷もある。 父のいる部屋の隅に、女の裸足が見える。 1人だけ閉じ込められた父は、何かに転ばされる。 死体の腐敗が進んでいる。 それだけではないが、火葬をしようとする2人。 しかし、ドアが閉じ、足がのぞく。 死体がこっちを見ている。 目を縫い付けられた死体。 口を開けると、それは粘っこく広がっていく。 しかも、死体が発火する。 慌てて消し止めようとするが、勝手に火は消えていく。 しかも、死体自体は燃えていない。 エレベーターに乗り、移動しようとする親子。 しかし、鈴の音が近付いてくる。 顔のない死体を倒す父だが、次の瞬間、それはエマの死体になっている! 妻のことを思い出して、後悔している父。 父が連れ去られそうになるが、それを助けるオースティン。 ジェーン・ドゥの脳を調べるが、彼女が死んでいないとわかる父。 心臓はないが、彼女を生かしている何かがある。 そして、歯を包んでいた布から、セーラムの魔女裁判の存在が浮かび上がってくる。 親子は推測する。 子の死体は、無実の罪で殺されたのだ。 自分が受けた拷問や解剖の痛みを、他人に味合わせようとしている。 だから、彼らを殺さない。 復讐だから。 これが彼女の儀式だから。 たまたま居合わせただけでも、彼女のターゲットになる。 彼女は今も苦しんでいる。 「私は味方だ、息子を傷つけないでくれ。 息子を助けたい」 死体に囁く父。 父は苦しみ出す。 一方、ジェーン・ドゥの解剖の痕はなくなっていく。 傷は閉じ、血も引いていく。 父の手は砕かれ、関節が歪む。 父の目が濁り、ジェーン・ドゥの目は元通りの色になっていく。 父は息子に懇願し、オースティンは自分の手で苦しむ父を殺す。 オースティンは取り残されるが、外で保安官のバーグが木を切ってくれていることに気が付く。 しかし、途中からバーグの声がおかしくなっていく。 それは、ジェーン・ドゥからのメッセージのように、彼を脅しにかかる。 気が付くと彼の背後には、死んだはずの父がいる。 驚いたオースティンは、踊り場から落下して死亡する。 本物のバーグが取り調べをしている翌朝。 その夜は雨なんて降っていなかった。 彼らは真相を突き止めようとするが、まったくわからない。 ジェーン・ドゥだけ、大学病院に運ぶことになった。 死体を運ぶ車。 カーラジオが、昨日、検死室で流れていた曲を流し始める。 そして、死体の足指がピクリと動く。 感想 最後、ジェーン・ドゥがエマを自分の死体としてすりかえたのかな?と思ったのですが、エマの死体がピクピク動く意味がわからないから、たぶん違うと思う。 (すみません、2人とも美人過ぎて裸になると見分けがつかないのよ) このお父さんと息子の関係性、嫁を亡くしてすりへっている父、そこから巣立ちたい息子の関係もなんだか好き。 また、ジェーン・ドゥの思惑がまったくわからないところ、最後まで残酷なところもホラー映画らしくていいですね。 This entry was posted in and tagged , , , , , , , , ,. Bookmark the. Post navigation.

次の

ジェーン・ドウの解剖のレビュー・感想・評価

ジェーン ドゥ の 解剖 考察

あらすじ 父トミーと息子オースティンは警察からの依頼で、遺体の検死を生業としている。 ある夜、奇妙な依頼が舞い込んだ。 一家惨殺の現場にて、正体不明の女性が地下の土に埋もれていたのだ。 彼女には殺害された一家との関わりは無く、また一切の身元が不明。 いわゆる、 ジェーン・ドゥ(身元不明人)だった。 凄惨な事件の被害者のひとりと思われる彼女に対して、警察は速やかな検死を希望。 トミーはこれを受け、息子と共に一夜を費やして女性の死因を探ることにした。 だが彼女を解剖していくにつれ、奇妙な事実の判明や、不可思議な現象が次々に巻き起こり出す。 ジェーン・ドゥ 地下から掘り出された女性。 全裸で遺棄されていた彼女には、一切の身元を示すものがなかった。 このような不明の遺体は便宜的に「 ジェーン・ドゥ」と呼称される。 土の中から発見されたものの、遺体に損傷や腐敗は見られない。 また目立った外傷もなく、トミー親子らは初期段階から異常なものを感じることになる。 ネタバレ概略 遺体へ話しかける警官。 ジェーン・ドゥの正体を知る彼は、「なあベイビー、二度としないって」と言った。 ゴア表現 シーンの多くが解剖に費やされるため、当然ながらグロテスクな場面がほとんどを占める。 検死である以上、臓器を抜いて脳を取り出し、あらゆる部分を調べるからだ。 また身元不明女性は外見にこそ損傷はないものの、調べれば調べるほどに無残な状態であることが露わになっていく。 苦手な方は視聴しないことを勧める。 非常に精巧に作り出されている内臓や脳は、接写でもリアリティを損なうことはない。 熱の入りようがよく伝わってくる仕上がりだった。 検死 腕の良い検死官である父トミーは非常に見識高く、あらゆる状況をリサーチするのに長けている。 詳細でリアルな仕事ぶりと、浮上した疑問に対して息子との質疑応答形式が非常によくハマっている。 検死というと難解でとっつき辛いイメージだが、彼らの簡潔で分かり易い解説がテンポよく挟まれるので、見ていてストレスな部分は一切無かった。 怪異 検死作業のある段階で、ホラーパートへと移行する。 初めは異常事態を認めようとしないトミーであったが、怪異に襲われてからはその認識を改めることとなる。 逃げ出そうにも運悪く、大型の嵐が突如発生。 彼らは一夜を死体とともに過ごさざるを得ない。 閉鎖された地下を舞台に、命を懸けた鬼ごっこを強いられるのだ。 演出的には、暗闇と光をうまく使い分けたメリハリのある魅せ方が上手い。 驚かせるためのドッキリ演出は用いているものの、受け取り手のトミーとオースティンのリアクションが脂っこくないのが好印象だ。 検死官が、甲高く泣きわめく演技派女優でなくて本当に良かったと思う。 ある時点から施設内を薄気味の悪い 何かが徘徊し始めるのだが、その表現法も素晴らしい。 直写では収めず、間接的にディテールが薄っすら確認出来る何かが、しかし確かな足取りでゆっくりと近づいてきている恐怖感は、主に首筋に来るタイプだ。 真相 多くの仮説を打ち出したトミーとオースティンだったが、結局真実は闇の中であることに変わりはなかった。 あらゆる角度から考査することの出来るシナリオであるので、是非自分だけの解を導いてみてほしい。 額面通りに受け取るか、まったく別のアプローチをするか。 それは視聴者に委ねられている。 果たしてジェーン・ドゥは、何者なのか。 評価 薄気味悪さとグロテスク感では一級品。 コアなホラーファンを自称するならば、チェックしておきたい一作だ。 以下、考察及びネタバレ注意。 ジェーン・ドゥの正体は? 魔女?悪魔? 胃袋から摘出されたアルカナ紋様の記された布に、オースティンはヒントを見出した。 レビ記20章27節はトミーの読み上げた通り、口寄せや霊媒を行う者、つまりは魔女を殺さなければならないと記している。 状況から察するに彼女が本当に魔女であったか、或いはそう誤認され、酷い仕打ちを受けたことに間違いはないだろう。 どちらが真実かは判然としないが、いずれにしろ現代において彼女が超常的な能力を有した「生ける死体」であることに変わりはない。 そもそも魔女の定義とは 悪魔に従属する人間を指すものであり、同じサイドの立ち位置だ。 魔女であった彼女が長い年月恨みを抱いて過ごし、その区切りすらも曖昧になったとて驚きはない。 現実でも実際に、魔女としか思えないような人物が撮影される事態は最近でも起きている。 インターネット上にいくつかあるそれらの映像に興味のある方は、検索してみるといいだろう。 1693年 オースティンの読み解いた1693年について、セイラムの魔女裁判のことをトミーは言及する。 これは実際の事件であり、文献の中で記憶にある方もいるだろう。 検索すればすぐに出て来るので詳細は省くが、この大規模な魔女騒ぎの多くは1692年初頭から巻き起こり、胃から検出されたアルカナ布の示す1693年の半ばにはおおよそが収束した。 魔女であると自供した者はほぼすべて無罪判決を受け、逆にそれを否定した者が次々に有罪判決を下されるという恐るべき事態であった。 その中で1693年に死亡した人物はある程度判明しており、彼女たちの中に今作のジェーン・ドゥのモチーフとなった人物が居ると思われる。 ラストシーンの意味 二度としない 彼はジェーン・ドゥへ語る。 「なあベイビー、二度としないって」 この意味ありげなカット。 この黒人警官が事件に関与していそうなのは間違いない。 少なくともここで確定したのは、トミーが彼女の痛みを引き受けたことが無意味だった、という事実だ。 怨みを振り撒いて痛みを誰かに背負わせることをジェーン・ドゥは望んでおらず、ひっそりと隠れていたいという願いがこのひと言から見えている。 よって息子を守るために手足を折られ肺を焼かれ、内臓を斬りつけられたトミーは犬死だった。 ではまずこの男、その狙いはいかなるものだったのだろうか? ジェーン・ドゥの力を行使し、殺人を計画説 彼がジェーン・ドゥの力を試験、或いは実用するために遺体を利用し、最初の一家惨殺及びトミー親子殺害の黒幕として動いた。 このパターンだと、トミーとオースティンが恨みを買っている描写は一切ないので、彼らは単なる巻き添えだと考えられる。 狙いは最初の惨殺された一家か、或いはこの後搬送されるバージニア・コモンウェルス大学の誰かしらを狙った犯行だろう。 後者の場合はこの黒人警官は嘘をついていることになるが、ジェーン・ドゥの取り扱いに関して特別な知識を有しているか、または彼女にとって彼が特別な存在であるかという前提をもってすれば、死の定めを逃れることは容易いのではないだろうか。 偶然掘り出されたジェーン・ドゥを取り返しに来た説 意図せず掘り返された死体によって惨劇が起きた。 彼はこの後バージニア・コモンウェルス大学には立ち寄らず、そのまま姿を眩ます。 冒頭で「泥棒の入った形跡がない」とされているので、こちらの方が有力かもしれない。 彼が積極的に彼女の怨念を世に撒き散らしたいわけでなく、安らかな安息を願っているパターンだ。 こちらの説だと、些か時間超越を疑いたくなる理論になる。 「ベイビー」という一言で、彼らが長い年月を寄り添っているかのような間柄に思えるからだ。 「もう二度としないよ」 とまで言わしめるのであれば、彼が簡単に遺体を掘り起こせる場所に隠すことは考え辛い。 ならばジェーン・ドゥが公に露出するのは頻繁なことでなく、にも関わらず彼らが親しい仲だと示唆される。 であるならば、この黒人警官もまた、 通常の人間でないと判断せざるを得ないと思う。 年月で朽ちぬ身体を有した何者か。 彼の正体は分からない。 ラジオ ラジオからは「 ヘブライ書4章、神の言葉によれば……」 とある。 この4章では、主に神の安息所についての事柄が書かれている。 解剖中に混線したラジオから流れる歌もこの安息について示唆しており、「 にっこり笑わないと悪魔が入ってくる」と歌詞にあった。 この歌は表面的な意味だと、 貞操を大事にさせようと、若い娘に言い聞かせる母親の歌 上記になる。 つまり、 悪魔=乱暴でだらしない男のことになる。 「悪い男に引っかからないでね」、という母親の願いを表した歌だ。 しかし作中で母娘は登場せず、また粗野な男による性的暴力のシーンも無い。 よってこれらは裏の意味合いを読む必要があるだろう。 ここを宗教的に読みかえると、「 入ってくる」のはつまり神の開いた安息所で、「 にっこり笑う」のは神への従順さや、信仰及び誓いだろう。 12節で、 神の言は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまでに刺しとおして、心の思いと志とを見分けることができる。 関節に関しての記述がある。 彼女のくるぶしが粉々だったのを思い出してほしい。 以上からジェーン・ドゥが安息を求めているかのような意思を感じ取ることが出来る。 彼女は神に従順でない=悪魔に魅入られた為、神の安息所へ入ることを禁じられた。 それが生来の体質か怨念によって後天的に付与された呪縛かは定かでないが、ともかく今の状態で彼女は神の家に招かれることは出来ない=死ねない。 これにより導かれるのは、 彼女は長い年月をかけて暗い土の中で恨みを浄化し、神の安息所へ招かれる日を待ち望んでいた。 しかし人の目に触れ家人を皆殺しにし、また解剖を受けてその痛みをトミーとオースティンへ返した。 これにより彼女はまた一歩神の赦しから遠ざかり、死を享受することが出来なくなる。 それに対して謎の黒人警官が詫びた。 こんなところだろうか。 この説だと前項の「 力を悪用説」は否定されそうだが、彼女の願いを知ってはいるが、協力するつもりが無い、というケースも考えられるので一概には言えない。 終わりに 深読みのし過ぎかもしれないが、こういった見えない部分に想像力を掻き立ててくる作品はとても良いアクセントになる。 結果的にすべて推測の域を出ないのも、それはそれでいいのだ。

次の

『ジェーン・ドウの解剖』と魔女狩りの関係について考察しました

ジェーン ドゥ の 解剖 考察

解説 「トロール・ハンター」の監督アンドレ・ウーヴレダルによる監督2作目となる2016年のオカルトホラー映画。 主演はショーン・ペン脚本監督「イントゥ・ザ・ワイルド」で高い評価を受けたエミール・ハーシュ。 ベテラン検死官の父を手伝う新米医療技術者を演じている。 遺体安置所と火葬場を経営する偉大なベテラン検死官の父の役をボーン・アンディティシリーズのアボットなどでおなじみのブライアン・コックス。 怖さと美しさが交差する見事な死体っぷりで強烈なインパクトを残してくれる。 バージニア州の田舎で先代から続く古びた自宅兼遺体安置所を舞台にベテラン検死官の父と助手の息子が身元不明の女性を検死解剖する中、徐々にエスカレートする怪奇現象に見舞われてゆく恐怖をダークなテイストで表現している。 舞台となる歴史を感じさせる地下室や少々レトロなスパイスを効かせた映像がが古き良きホラー映画のようで余計な説明することなく見る手をテンポよく引き込んでゆく。 ネコのあのシーンなんかは歴代のホラー映画へのリスペクトを感じてニヤリとする人も多いのではないだろうか。 エスカレートし過ぎてゆく現象に戦慄する世界感は待ちに待った王道ホラーと言っても過言ではないだろう。 そしてアンドレ・ウーヴレダル監督のホラー映画に対する愛を感じるような作品とも言えるだろう。 ジェーン・ドウは外傷も硬直も無く、まるで生きているかのようであった。 そしてジェーン・ドウは住人との関係は皆無だという。 急遽朝の記者会見に間に合わせたいとバーク保安官がジェーン・ドウの検死を依頼したのは先代から自宅で遺体安置所と火葬場を営むベテラン検死官のトミーだった。 医療技術者でもありトミーの助手をつとめるのは息子のオースティン。 オースティンはいつものように父の検死解剖の手伝いを済ませて恋人のエマと映画に行くはずだった。 しかし解剖を進めるたびに次々と不可解な事実を目の当たりにし、検死は難解を極めてゆく。 真実へと近づくにつれ怪奇現象は起き始める。 トミーとオースティンはなんらかの犠牲者であろうジェーン・ドウの真相を解明するこで彼女の魂を救おうとするのだが事態は二人の望みとは異なる方向へ転がって行く。 キャストの紹介 オースティン・ティルデン エミール・ハーシュ 検死官の父トミーの検死を手伝う医療技術者。 2年前に母を亡くしている。 トミー・ティルデン ブライアン・コックス 先代から自宅で遺体安置所と火葬場を営むベテラン検死官。 オースティンの父。 ジェーン・ドウ オルウェン・ケリー 一家惨殺事件が起こった家屋の地下室から発見された身元不明の女性の遺体。 エマ オフィリア・ラヴィボンド トミーの恋人。 トミーの仕事をあまりよく思っていない。 バーク保安官 マイケル・マケルハットン ティルディン家と顔なじみの保安官。 トミーとは20年来の友人。 カメレオンとヘビのネタバレ感想 ワクワク必至。 欲張りな世界観。 先代から自宅で遺体安置所と火葬場を経営するティルディン家。 医療技術者のオースティンはベテラン検死官の父トミーの助手をつとめている。 朝の記者会見に間に合わせてほしいという。 恋人のエマと映画に行く約束をしていたオースティンはいつものようにすぐ済むだろうと父の検死解剖を手伝う。 しかし解剖が進むにつれ次々と理解不能な事実が明らかになる。

次の