長襦袢 振袖。 長襦袢のサイズが合わない時どうする?丈が長い/短い場合の対応策

振袖の通販 7,000点以上(レディース)

長襦袢 振袖

賢い長襦袢の作り方 着方 「袷を着る」「単衣を着る」の中心は長着(着物)のことです。 長襦袢で気候調節する。 10月から4月までは袷を着る時期です。 10月は 暑い日もあります。 2月ごろは大変寒いです。 長着は袷を着ますが、まだ暑いと思えば単衣長襦袢を着て、真冬は袷長襦袢を着て、気温調節をします。 長襦袢の裄と袖丈と袖付は長着より短くします。 裄は肩巾と袖巾に分かれます。 長着と長襦袢の肩巾は同寸。 袖巾は長襦袢を狭くします。 長着の袖口から長襦袢の袖がでないようにします。 長襦袢の裄が短すぎると長着の袖口がすぐ汚れてしまいます。 長襦袢の袖の躾(しつけ)• 長襦袢の袖の躾は取りません。 長襦袢の生地は柔らかいので、型がくずれがおきます。 それを防止するために躾がされています。 名前を 「飾りしつけ」といいます。 他にも半衿に飾りしつけをしている時もあります。 無双袖 むそうそで 裏を表と同じ布地で作る袖の事 なぜ長襦袢の袖は裏も表地で作るのか? 長襦袢の無双袖 着た時、長襦袢の袖は 表よりも裏側の方が見える のです。 男性は振り口はありませんが、7寸(26. 5センチ)の袖口があります。 女性は6寸(23センチ)の袖口 袖丈によっても変わりますが 振り口の二箇所で長襦袢の裏側がよく見えます。 裏側も表と同じ扱いなのです。 真夏になると暑いので単衣袖になります。 長襦袢には 1. 袖が無双袖で身頃が袷になっている 袷長襦袢 2. 袖は無双袖 身頃は単衣になっている 単衣長襦袢 3. 袖も身頃も単衣になっている夏用の 単衣長襦袢 この三つの種類があります。 身頃の詳しい説明は下に掲載しています。 丸み 長着の袖の丸みが大きくなければ長襦袢の袖は広袖又は平口袖にします。 ほとんどおなじ意味ですが袖口下も空いた状態にするのが広袖。 袖口の裏が表にふきとしてだしている袖を平口袖といいます。 私が習った学校では袖口の裏側を少し出すと習ったので、平口袖の説明は納得いくのですが 袖ひとつとっても さまざまな仕立て方があります。 長着の丸みの大きさが1寸以上になると長襦袢の袖にも丸みを付けた方がいいのではないかと思います。 袖の丸みもあわせないと 女性の場合振り口から長襦袢がでてしまいます。 身頃について 長襦袢にはたくさんの種類があります。 現在の主流は女物では関西式の長襦袢 男物では関東式の長襦袢です。 長着と部分的な名称はほとんど同じです。 長着の衽に相当する所を立衿といいます。 立衿の巾には2寸と3寸があります。 標準寸法では2寸、身巾の大きな人は3寸にします。 同じ生地でできます。 二寸巾と三寸巾の立衿の長襦袢 男性の衿巾は長着の衿巾1寸5分より1分狭くして1寸4分にします。 裾にいくほど1分ほど広くする仕立て方もあります。 女性の衿は木綿で作った芯を使う場合が多いです。 バチ衿がほとんどですが身巾の大きい人は広衿にした方がいい人もいます。 関西式の方が身巾を広く取る事ができます。 しかしあまり広くなりすぎると動作がしにくくなるので長着ほどの身巾は必要ありません。 関東式袷男物長襦袢の図 見本 男物関東式長襦袢 見本 関西式女物長襦袢の図.

次の

長襦袢のサイズが合わない時どうする?丈が長い/短い場合の対応策

長襦袢 振袖

衿が違います。 関西式は長着の衽に相当する立衿があります。 この違いによって関西式の方が身巾が広くなります。 衿の着崩れが小さい。 関西式には地衿の生地が別に必要になります。 袖の形も違うようです。 関西の無双袖では袖口を毛抜きあわせにする方が多いと思います。 袖口を振り口と同じように裏をひかえるとその分表生地が多く必要になります。 袖の形でどちらが良いとか悪いとかはないと思います。 左 関東式長襦袢 右 関西式長襦袢 袖口に注目裏側が袖口の出来上がりよりすこし内側にひかわっています。 写真にないですが 振り口も同じです。 袖口にうっすらと濃いピンク色が見えます。 裏側の方が少しだけ表に出ているのです。 髪の毛一本ぐらいだすという意味で毛抜きあわせといいます。 振り口は裏側ができあがりよりひかえます。 この襦袢はもともと振袖長襦袢です。 女物の場合は長襦袢の袖は着た時には 表より裏の方が見えるので裏側におしゃれをするのです。 無双袖の見本1 無双袖の見本2 毛抜き合わせ 2008. 28改編 着物用語や国家検定において『毛抜き合わせ』は表と裏を縫い合わせて同じ分量きせをかけて折ることをいうとなっています。 ですので世間一般では上記記載は間違いとなります。 しかし 私の習った学校では、長襦袢の袖口や羽織やコートの袖口は髪の毛一本だして毛抜き合わせといっていました。 裏を表と揃えるのを「つきあわせ」といっていました。 他にもこのようことがございます。 裏側をなぜ少しだすのかということになるとお返事できません。 私の習った学校ではそのようになっていたからです。 あえていうなら、少し裏側がでている仕立てがきれいだから、そして裏が少しでていると表が汚れにくいとかの理由が考えられます。 香川県の方からお問い合わせで毛抜きあわせの記述が間違っているのではないかというご指摘がありました。 すっかり上記のことは忘れておりました。 お礼のメールを返信しようにもメールアドレスの記載がありません。 もしよろしければ ご一報ください。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 関西式の長襦袢には二つの衿があります。 一つは半衿を付ける地衿、もう一つは立衿です。 この二つの衿があるのが関西式の特徴です。 ここでは地衿の仕立て方の説明です。 衿芯が三種類ある• 着る時に半衿と地衿の間にいれる衿芯。 半衿と同じぐらいの大きさで綿の帯芯のような生地。 1番 衿芯 衿芯の例 厚い衿芯や模様のない衿芯などいろいろあります。 2番目の方法で縫った場合はこの衿芯は使わないと思います。 使う人は かなり硬い衿が好きな人です。 2番の衿芯を使う地衿の縫い方 最初に長襦袢の表生地や晒を使って地衿を縫います。 棒衿つまり 一定の衿巾で仕立てる場合が多いかもしれません。 その上から 半衿と同じくらいの大きさの衿芯(つまり2番)を縫いつけます。 その上に半衿を縫いつけると完了です この方法は 長襦袢の表の生地が多く必要になります。 背の高い人だと衿生地が不足するので 半衿で隠れる部分は晒で代用したりします。 下の長襦袢は表生地でつかっていますが、背中心でついでいます。 そうしないと生地が足りなかったと思います。 そして この上に半衿をつけます。 3番の衿芯を使う地衿の縫い方 衿芯を地衿として縫います。 多くの場合は 半衿より下の部分は 長襦袢の表生地から衿先布をとります。 衿芯に衿先布を縫いつけてから 地衿として縫います。 衿型は「ばち衿」が一般的です。 衿先布が付けてあり、2番の衿芯を中にいれて仕立てています。 通常3番の方法では2番の衿芯は使いませんが、2番の衿芯があまります。 あまっても何もできないので、中にいれて仕立てました。 2番の方法のように地衿の外側にもう一度衿芯を縫いつけるのはごろごろするので あまり好きではありません。 この上に半衿をつければ完了します。 写真ではわかりにくいですが ばち衿になっています。 私の習った方法 3番の方法です。 縫う回数が多いので、2番の方法は手間がかかると感じます。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 女物長襦袢の衿について えもんぬきを付けるときの注意点 着付けがうまくなれば, えもんぬきがなくても 衿はぬけるようになります。 えもんぬきは大きく分けて2種類あります。 衿肩周りに縫い付けるタイプ と 背中と腰の間ぐらいの位置に紐とおしをつけるタイプです. 衿肩周りに縫い付けるえもんぬきの注意点 1. 長襦袢と同じ生地で作ることはほとんど不可能です。 反物の丈が足りないからです。 木綿の白生地で作ります。 市販もされています。 大きさはいろいろあります。 夏は長着が透けているので白色のえもんぬきがうつります。 長すぎてお太鼓の下からの見える物もあります。 絽や紗の長襦袢にこのタイプのえもんぬきは付けない方がいいです。 紐をとおしだけのえもんぬきの注意点 背縫いの負担が大きくなります。 単衣長襦袢では背縫いの周りは一枚だけの生地です。 ひっぱりすぎるとやぶけますので付ける時には補強の布も同時につけましょう。 衣紋ぬきの巾 衿に縫い付ける衣紋ぬき 衣紋抜きは巾が広いと衿肩周りがなだらかになり 巾が狭いと尖ったかんじになります。 衣紋抜きの巾が2寸5分(9. 5)だと右側。 2寸(7. 5)以下の巾だと左側。 腰ひもを通す部分がありますが、ないタイプもあります。 その場合は下からひっぱります。 市販の衣紋ぬきは大抵 腰ひもを通す部分があります。 衿をたくさんぬきたければ 高い方に腰ひもを通せばいいです。 着物は前から紐をかけて、後ろで交差させて、前で結ぶのが基本。 紐とおしのある衣紋ぬきは最初に腰紐を通しておいて、前で紐を交差させ、後ろ側で結びます。 その後 伊達締めを結びます。 私の好みは広巾です。 衣紋ぬきは木綿の白生地。 紐とおしは白の綿テープを使用します。 腰紐の巾が1寸ぐらいと検討をつけています。 全体の長さが市販で1尺7寸あるのもありますが、それはお尻をはるかに超えてしまうので長すぎると思います。 せいぜい長くても1尺5寸で止めてほしい!! 女性の背丈は1尺(約37)ぐらいです。 市販の衣紋抜きには出来上がった長襦袢に安全ピンでつけるのもあります。 私としては安全ピンは間に合わせの急場しのぎ。 長襦袢は薄い生地が多くので できるだけ 衿と長襦袢の間に入れて縫いこむ方がいいです。 衣紋ぬきは図のように歪んだ状態ではいけません。 伊達締めを締める前に姿見で衣紋抜きがまっすぐになっていなければ 下を持って まっすぐにします。 このまま着ると 着心地は悪いし 衿がきれいに沿わないし 碌なことがありません。 巾は細くて 丈が長い衣紋ぬきです。 この衣紋抜きは両端を折ってステッチをかけているだけです。 つまり一枚の生地 和服風にいうと単衣です。 このほかに 袋状にして中には芯がはいっている衣紋ぬきもあります。 そちらの方がしっかりしていいて断然いいです。 衣紋抜きは着ているとくちゃくちゃになるからです。 ある着付けの先生のお話から作ってみた衣紋ぬき ある時 着付けの先生が 衣紋ぬきについてお話しされました。 その教室ではこのページの中ほどにある ゴムがついた小さな衣紋ぬきをつけるようにしている。 理由は茶席などで正坐をしておじぎをすると ゴムがついていない衣紋ぬきではつっぱって深くおじぎができないというお話でした。 衿肩周りに縫いつける衣紋ぬきがついていたら はさみで切るというのです。 この説明は最初から疑問符??? j着物は長襦袢だけ着るわけではありません。 その上に長着を着て、帯を締めます。 その理屈がほんとならば 長着にもゴムが必要になるんじゃないのと思いますが 実際に試していないので 衣紋抜きの下にゴムをつければ同じことですから つけてみたのがこの衣紋抜きです。 着比べてみましたが だからどうだという感じで あってもなくても変わりません。 ゴムと絹製品を一緒の引き出しに保管していて 絹製品の方に難がおきたという報告例もあるのです。 今は何もおきていませんが・・・。 衣紋は着ているとそのうちぬけるようになりますので 気楽な気持ちで着てください。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 投稿ナビゲーション.

次の

長襦袢のサイズが合わない時どうする?丈が長い/短い場合の対応策

長襦袢 振袖

振袖の長襦袢とは? 長襦袢とは、和装の下着のひとつです。 素肌の上に直接着用する下着が「肌襦袢」、肌襦袢の上に着用するものが「長襦袢」です。 長襦袢を着ると、着物と肌着の間に一枚、挟むことで歩きやすくなります。 また、着物が汚れないようにするという目的もあります。 袖口や裾などから襦袢が覗くため、襦袢にこだわるという着物好きの方も多いです。 そのため、色や柄などもたくさんあります。 長襦袢はどこで売っている? 振袖を購入した呉服屋さんなどで購入することが出来ます。 ネットで購入することも可能ですが、サイズに合ったものを選ぶことがポイントです。 振袖をレンタルする場合には、レンタルのセットに長襦袢が入っているという場合もあります。 レンタルを選ぶ際には、長襦袢がセットかどうかを確認しておくようにしましょう。 長襦袢単体でレンタルしているケースもあるようです。 長襦袢はどう選ぶ? 長襦袢には、お仕立て(オーダー)とお仕立て上がり(既成品)があります。 オーダーの場合には、着る人のサイズに合った長襦袢になるため、着崩れしにくく着付けもしやすいという特徴があります。 一方、既成品の長襦袢は、比較的リーズナブルで自宅で洗うことができる素材の物が多いという特徴があります。 既成品を購入する場合には、サイズをしっかりと確認しましょう。 (1)長襦袢のサイズの見方 長襦袢は「おはしょり」がないため、身長の約8割程度の長さが身丈の基準となります。 裄(ゆき)の肩幅は、振袖と同じ寸法、、袖幅・袖丈・袖付は2分控え(着物よりマイナス0. 756cm、約0. 7cm)となります。 身幅は、前と後ろで長さがことなり、前幅は8分~1寸(約3,5cm前後)、後幅は3分~5分(約1. 5cm前後)着物よりプラスにしましょう。 既成品の場合、S・M・Lなど、洋服と同じような表示がされています。 Sサイズは身長が140cm~150cm、Mサイズは155cm~160cm、Lサイズは160cm~165cmが適用サイズの平均です。 身丈や裄などが表示されていることが一般的ですので、ご自身のサイズに合うものを選びましょう。 事前にご自身のサイズを確認しておくと、購入する時に迷わずに済みます。 (2)振袖に合わせる長襦袢のポイント 長襦袢には種類がたくさんありますが、基本的には合わせる長襦袢のルールが決まっています。 フォーマルな場では白の長襦袢、セミフォーマルな場では、薄い色やぼかしの物、普段使いのお着物の場合には、色物や柄物などを着物のコーディネートとして楽しむことが出来ます。 振袖の下に着用する長襦袢は、フォーマルやセミフォーマルとは異なり、着物に合わせて選ぶことが出来ます。 ただし、振袖は袖が長いため、軽い素材の長襦袢を着用すると、長襦袢の袖が飛び出てしまうことがあります。 できるだけ良質な素材の長襦袢がオススメです。 長襦袢に半衿(はんえり)をつける場合 半衿は、着物の衿が汚れないようにするために長襦袢の衿部分に縫い付けて使います。 (1)半衿の付け方 物によっては簡単に付けられる工夫がされているものなどもありますが、基本的には自分で縫い付ける必要があります。 最近では動画などで半衿の付け方を確認することも出来ます。 レンタルの振袖の場合には、既に半衿が付いているケースもあるようです。 こちらもレンタルの際に確認してみましょう。 また、着付けをお願いしている場合、「半衿を付けた状態で持ってきて下さい」と言われるので、事前にきちんと半衿を付けておきましょう。 (2)振袖に合わせた半衿を選ぶポイント 長襦袢どうように半衿も種類が豊富です。 振袖の色や柄に合わせて半衿を選びましょう。 半衿ひとつで、振袖の表情を変えることが出来ます。 長襦袢の洗濯とたたみ方 長襦袢は脱いだ後、一度、着物用のハンガーなどで吊るして湿気を取り除きます。 その後、自宅で洗える物は洗濯、洗えないものはクリーニングに出してから、畳んでしまいましょう。 (1)長襦袢の洗い方 ご自宅で洗える長襦袢の場合、半衿、長襦袢のどちらも洗える素材であれば付けたまま洗濯しても問題ありません。 半衿や長襦袢の素材が絹の場合には、半衿を外して、それぞれ優しく手洗いします。 かるく脱水して、半乾きもしくは濡れた状態でアイロンをかけましょう。 クリーニングに出す場合には、半衿をつけたままでも問題ありません。 (2)長襦袢のたたみ方 まとめ 振袖を着る着姿の美しさには長襦袢選びがポイントとなります。 せっかく綺麗な振袖を着るならば、着姿の美しさも追求したいですよね。 振袖を選ぶ際に、身体に合った長襦袢も選んでおきましょう。 既成品のサイズが微妙に合わない場合には、お直ししてもらうことも可能です。

次の