ディスク ドライブ。 【衝撃】PS5、ディスクドライブの有無 8割が有を希望!?

ディスクの管理 でHDDパーティションを分割・結合する方法

ディスク ドライブ

DVDドライブがパソコンに検出されていない パソコンがDVDドライブを認識せず動作しなくなっている状態です。 常駐ソフトが多く、動作が重くなっている 常駐ソフトが多すぎるため、それらの影響でDVDドライブの動作が正常に行われないことがあります。 自動再生の設定がオフになっている 通常、DVDドライブはディスクを入れると自動的に再生が始まる「自動再生」に設定されていますが、それがオフになっているとディスクを入れても再生が開始されません。 この場合は自動再生に関する設定の変更が必要です。 DVDドライブのピックアップレンズが汚れている DVDドライブ内でデータの読み書きを行うピックアップレンズという部品が、長期使用などが原因で汚れてしまい、データを読み取れない可能性があります。 DVDドライブが破損している DVDドライブ自体が部品の劣化や長期使用などで物理的に壊れているため動作しない状態です。 ディスクが正しくセットされていない ディスクをトレイに置く際、ずれや浮きなどがあり正しくセットされていないと、データが読み込めません。 ディスクに傷や汚れがある ディスクに傷や汚れがあると、データを読み込めない場合があります。 DVDドライブがディスクの規格に対応していない DVDドライブでブルーレイディスクを再生するなど、使用しているDVDドライブに対応していない規格のディスクは再生できません。 映像ソフトの場合、リージョンコードが非対応の可能性がある 「音楽CDは再生できるのに、映画などのDVDが読み取れない」という場合、映像ソフト自体のリージョンコード(再生可能な地域の番号)がDVDドライブと異なっている可能性もあります。 国内での再生が可能となっている映像ソフトでなければ国内用のDVDドライブでは再生できません。 この場合はDVDドライブ側のリージョンコード設定を変更することで再生可能になりますが、リージョンコードを変更できる回数には上限があるので注意が必要です。 不要な常駐ソフトを減らす パソコンの常駐ソフトが多い場合は不要なものの動作を止めてみてください。 使っていない常駐ソフトを減らすだけでもDVDドライブの動作が改善する場合があります。 デバイスドライバーの更新または再インストール DVDドライブのデバイスドライバーを再インストールするか、最新バージョンに更新してみましょう。 パソコンで「デバイスマネージャー」画面を開き、DVDドライブのアイコンを右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択した後、パソコンを再起動するとドライバーの再インストールが始まります。 最新バージョンに更新する場合は、デバイスマネージャーを開き、DVDドライブのアイコンを右クリックしてから「ドライバーの更新」を選択して「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」することでダウンロードが行われます。 対処法を試してもディスクを読み込まない 上記の対処法を試してもディスクが読み込めない場合は、BIOSの設定を初期化したり、パソコンの再セットアップ(購入時の状態に戻す)を実行したりすることで問題が解決することもあります。 ただし、BIOSの設定の初期化やパソコンの再セットアップを行うと保存したデータや設定が消えてしまうため注意が必要です。 ディスクに汚れや傷がある場合 ディスクが汚れていたり傷ついたりしていると、データを正常に読み込むことができません。 そのような場合は、柔らかい布などで汚れを優しく拭き取ってからディスクを読み取ってください。 それでも読み込みができない場合は、DVDドライブまたはパソコン側に問題がある可能性が高いです。 ピックアップレンズが汚れている場合 DVDドライブ内のピックアップレンズが汚れていてディスクを読み込めない場合、DVDドライブ用のレンズクリーナーの使用で読み込みができるようになる可能性があります。 レンズクリーナーにはさまざまな種類がありますが、DVDドライブを使用している場合は、DVDドライブ対応のレンズクリーナーを使用してください。 その際は内蔵型DVDドライブの使用を止め、USBなどで接続できる外付け型のDVDドライブを使うことでも問題を解決できることがあります。 もし自身でパソコンの部品交換ができるなら、壊れたDVDドライブを交換するのも1つの方法です。 自身で交換するのが不安であれば、修理業者に依頼して交換してもらうとよいでしょう。

次の

最近のノートPCには光学ディスクドライブが無い!必要な場合は外付けDVDドライブを買おう

ディスク ドライブ

FD(フロッピーディスク)とは FDは、HDD(ハードディスク)が普及する以前のPCの主要な記録メディアであり、その後も2000年頃までは利用されていました。 薄い正方形のプラスチックケースに、磁性体を塗布したペラペラの円盤が内蔵されており、この円盤にデータを書き込む仕組みになっています。 「フロッピー(floppy)」とは「ペラペラの」という意味で、のちに登場した「ハードディスク」は、記録盤が「固い」円盤であったことから名付けられています。 FDは、登場した当初は8インチでしたが、その後に徐々にサイズダウンや改良が行われ5インチとなり、最盛期には3. 5インチに落ち着きました。 現在、購入できるFDDも3. 5インチFD用のものがほとんどです。 5インチのFDには、記録密度の違いによって「2DD」と「2HD」という2種類があります。 それぞれ、フォーマット(初期化)の形式により容量が変わりますが、2DDは最大720KB、2HDは最大1. 44MBの記憶容量となっています。 ただし、すでにFDに記録されていたデータはすべて消えてしまいます。 FDD(フロッピーディスクドライブ)の選び方 USB端子に接続するタイプのFDDを購入するなら、電源もUSB端子からとる「バスパワータイプ」がおすすめ。 このタイプなら、USBケーブルでPCに接続するだけで使用でき、別途電源アダプタをコンセントにつなげる必要はありません。 また、使用したいFDのフォーマットに対応しているかどうかがなによりも重要です。 FDDの使い方はいたって簡単 まずはFDDをPCに接続し、ドライブとして認識されることを確認しましょう。 次に、FDをFDDに挿入します。 FDを挿入すると、Windowsの場合にはエクスプローラーからFD内のファイルを閲覧することができます。 あとは他のドライブと同様に、ファイルを開いたり書き込んだりできるというわけです。 FDをフォーマットしたいときは、エクスプローラーからフロッピードライブのアイコンを右クリックし、「フォーマット」を選択します。 FDの裏側には「ライトプロテクト」と呼ばれるスライドスイッチがあり、下側(中心部)に向けてスライドさせると書き込み禁止になります。 誤って内容を消去・書き換えしてしまうのを防ぎたいときに利用しましょう。 なお、外付けFDDは対応するOSが決まっており、対応しないOSでは接続しても認識されず、読み書きやフォーマットが正常に行えない場合があります。 外付けFDDを購入する場合には、使用しているOSの種類とバージョンに対応しているかを確認しましょう。 FD(フロッピーディスク)を認識しない場合 正常に認識され、読み書きもできていたFDが、突然、認識されなくなったときは、利用しているPCやFDDのメーカーのWebページで解決法を探すか、サポートに問い合わせをしましょう。 FDDが正常に動作しているのに読み書きができない場合には、FDの記録部分にエラーが発生している可能性があります。 FD内のデータがどうしても必要ならば、データ復旧を専門の業者に依頼してみるといいでしょう。 ただし、サービスは有償となり、トラブルの深刻度やデータの破損具合、データ量などによって価格は変動します。 事前におおよその金額を問い合わせて、データの重要度との兼ね合いで判断してください。 まとめ OSや規格の確認を優先しよう 現在でも、FDDは比較的、低価格で入手することができます。 しかし、使用しているPCのOS(Windows・Mac、そのバージョン)や、読み込みたいFDに対応していない製品を選んでしまうとまったく動作しないことになってしまいます。 しっかりと確認してから、購入しましょう。 また、購入前にユーザーの口コミをチェックするのもポイント。 旧世代の機器なので、FDDを扱ったことがないという人も多いはず。 使い勝手や「自分の目的としている用途にきちんと使えているか」といった第三者の評価を確認しておくと、製品選びで失敗することも少なくなるでしょう。 おすすめ製品 Windows対応のUSB外付型フロッピードライブ。 「FDに入っている昔のデータを使用したい」といった、過去資産として保有するフロッピーディスクを活用したい多数企業様のニーズから製品化。 内蔵用ドライブ(ティアック社製)にUSB外付ケースを搭載したロジテックダイレクト販売モデルです。

次の

「ディスク」と「ドライブ」の違い

ディスク ドライブ

「ディスク」と「ドライブ」は違う Windowsでこれらの概念が最もわかりやすいのは、 「」だと思います。 なので、「ディスクの管理」を例に話を進めます。 「ディスク」は、それ自体がひとつの記憶装置です。 ハードディスク、SSD、USBメモリ、SDカード、 それぞれ別の「ディスク」としてWindowsに認識されます。 一方 「ドライブ」は、「ボリューム」にドライブレターが与えられたものです。 「ボリューム」は、ほとんどの場合において「」と同義です。 Windowsがファイルの保存場所として使用するのは、「ドライブ」です。 ユーザーが主に操作の対象とするのも、「ドライブ」です。 復旧作業における「ディスク」と「ドライブ」 では、「ドライブ」を認識できなくなることがあります。 このため、 データ復旧用のツールは、「ディスク」を対象として使用する場合が多いです。 たとえ「ドライブ」を認識していたとしても、 「ドライブ」を対象とすると、すでに用意されている入れ物の中身しか見ないことになります。 データの復旧を試みる際は、既存の上で動作することが必ずしも良いとは限りません。 現状が好ましくないから、復旧しようとしているわけで。 言い方を換えれば、 「ドライブ」は論理的なものだから、復旧できるのです。 逆に、 「ディスク」を正しく認識できなければ、が疑われます。 の不具合かもしれませんが、 不安定だった「Windows XP」以前の頃に比べると、ドライバの完成度は高くなってきているので、 物理障害の可能性は高いと思います。

次の