北斗の拳 天昇 雨。 【北斗の拳天昇】銅トロフィーの出現率は嘘?!設定2を打ち切った結果ww

北斗天昇 昇舞魂14個貯まる! 奇数回狙いが美味しい。

北斗の拳 天昇 雨

この秋一番の注目作と言えるのが 『パチスロ北斗の拳 天昇』です。 パチンコパチスロ問わず大人気の「北斗シリーズ」最新作ということで、注目していた方も多いのではないでしょうか。 導入開始はちょっと前の11月5日。 なので、もう打たれた方もいるのではないでしょうか。 今回はそんなほっかほかの新台の内部に迫っていきたいと思います。 3枚のAT機。 AT突入時の期待枚数は設定1で約1000枚、設定6で約800枚。 高設定は一撃性がないと言われる昨今のAT機ですが、本機は高設定でも一撃性は十分あります。 ちなみに設定1のAT出現率は1103. 3分の1とのこと。 8 97. 2 99. 1 100. 5 105. 7 110. 4 114. 出玉率は設定5が110. 1%、設定6が114. 0%と高設定域がかなり魅力的です。 5 現時点で判明している小役確率は、設定1のレア役のみ。 打ち方については機種ページを参考にしていただければと思います。 50枚あたりのゲーム数は約50G。 通常時はまず激闘ボーナスを目指します。 その激闘ボーナスの契機となるのが、 2種類のCZです。 1つ目はCZ「世紀末ゾーン」。 液晶右下の世紀末ポイントが1000Pに到達すると突入するもので、世紀末ポイントはレア役やリプレイで貯まります。 世紀末ポイントの特化ゾーン「七星チャージ」も存在します。 七星チャージは1セット7Gの間、毎ゲーム世紀末ポイントを獲得します。 そんな流れで世紀末ポイントを1000P貯めるとCZ「世紀末ゾーン」に突入します。 消化中は全役でバトルを抽選し、拳王の帯が出現するラオウステージは大チャンスです。 バトルに発展すればチャンス到来となり、バトルに勝利すれば激闘ボーナスへ突入します。 バトル中もレア役による勝利書き換え抽選があるので成立役にも注目です。 もう1つのCZは「断末魔ゾーン」です。 こちらは規定ゲーム数消化時の抽選から突入となります。 液晶左下に現在の消化ゲーム数が表示されています。 CZ天井到達時は、CZ突入はもちろん激闘ボーナスへの突入も確定します。 モードを示唆する演出も存在し、通常画面で雨か雪が降れば通常B以上が確定します。 この天候変化は上位モードほど発生しやすいようです。 また七星チャージ終了時にサブ液晶をタッチし、発生したセリフでモード示唆も行なっています。 「あべし!! 」は通常B以上、「ひでぶ!! 」は通常C以上、「ヘブン!! 」はチャンスモードが濃厚です。 ゲーム数消化契機で突入するCZ「断末魔ゾーン」。 強敵図柄は停止個数が多いほど勝利期待度がアップします。 バトル発展前のカウントダウン演出は進むほどチャンス。 バトルに発展すればチャンス到来となり、バトル勝利で激闘ボーナスへと突入します。 通常リプレイからカウントダウン演出に発展した時点で勝利濃厚となる法則性もあります。 CZ「世紀末ゾーン」同様、バトル中もレア役による勝利書き換え抽選があります。 これは現在獲得している「昇舞魂」の個数を表し、この昇舞魂が多いほど激闘ボーナスが有利になります。 昇舞魂の獲得契機は、世紀末ポイント1000P到達時、レア役成立時など。 レア役による獲得抽選は、強チェリーなら獲得濃厚です。 CZでのバトル勝利を経て、いよいよ ATの最大関門となる「激闘ボーナス」が始まります。 スタート時はまず演出モード(世紀末or修羅)を選択します。 選択した演出モードによって戦う相手が変わる以外、ゲーム性は変わりません。 その後、通常時に貯めた昇舞魂をバトルレベルと小役レベルに変換します。 ・バトルレベル……バトル突入時に抽選される勝利期待度 ・小役レベル……バトル中の小役による勝利期待度 昇舞魂1個あたりのレベルアップ期待度はそれぞれ50%。 最終的な各レベルはサブ液晶で確認できます。 どちらもレベルが高くなればなるほど勝利期待度がアップし、小役レベルがMAXのレベル10ならその時点でATも確定します。 昇舞魂によるレベルアップがなくても、レベルアップのチャンスはまだあります。 それはバトルの準備状態です。 バトルの前には必ず準備状態へ突入します。 準備状態はベルナビ3回(初回は4回)発生するまで継続し、この間、レア役や強敵図柄でバトルレベルの昇格が期待できます。 強敵図柄は1個出現につき1レベルアップとなり、強敵図柄揃いは当該バトルの勝利濃厚です。 また、強チェリーも当該バトルの勝利濃厚、チャンス目はレベルアップ濃厚、スイカや弱チェリーは50%でレベルアップとなります。 準備状態を経て、バトルに突入となります。 バトル突入時はまずバトルレベルに応じて勝利抽選を実施し、5G継続のバトル中は成立した小役の小役レベルに応じて勝利抽選を実施します。 それぞれのレベル別期待度はサブ液晶に表示され、勝率(トータル期待度)も一目瞭然です。 どちらも最低のレベル1でも勝利期待度は50%あります。 バトル中は赤文字セリフや「拳に力を!」が発生すれば大チャンス。 見事勝利すれば、次戦へと進みます。 勝利後にPUSHを押すと勝利契機も確認できます。 次戦も準備状態を経てバトルに発展。 そのバトルに勝利すればラストとなる3戦目へと突入です。 そして、その3戦目に勝利できればATへ突入となります。 バトル3連勝というハードルを乗り越えるとリール上で7が揃い、いよいよ AT「真・天昇ラッシュ」がスタートです。 AT突入時も激闘ボーナス同様、演出モード(世紀末or修羅)を選択します。 ただし、AT中の演出モードは登場キャラだけじゃなくゲーム性も大きく変化する特徴があり、世紀末モードは王道バトルタイプ、修羅モードは完走型STタイプとなっています。 ラウンドパート後は引き戻しパートに移行しそこで継続当選なら再度ラウンドパートへと突入します。 その継続率は約85%を誇り、突入時の平均獲得枚数は約1000枚(設定1)。 システムは目押し不要の押し順ATで、減少区間のないストーレート型ゆえ当たっているのに減るというストレスは皆無です。 演出モード選択時、ラウンドパート&引き戻しパートともに遊技カスタムをすることができます。 「世紀末モード」 ・ラウンドパート……デフォルトは基本となるゲーム性、シンプルはステージ昇格・ラウンド・キャラ告知・レア役成立時・ザコ押し順ナビ以外で演出が非発生 ・引き戻しパート「バトルゾーン」……完全告知はレバーから各停止のタイミングで勝利演出が突如発生(一部最終ゲームへ)、後告知はチャージが貯まるほど勝利期待度がアップし最終ゲームで決着 「修羅モード」 ・ラウンドパート……デフォルトはキャラ配列をそのまま表示、???はキャラ配列や昇格が非発生となり、引き戻しパートで当該ゲームになるまでどのキャラに発展するかわからない ・引き戻しパート「転生ゾーン」……デフォルトは演出結果による勝敗告知、完全告知は勝利時にレバーで告知音(+風)が発生、PUSH発生時の信頼度も変更可能 演出モード&遊技カスタム終了後は本機一番の楽しいところAT「真・天昇ラッシュ」となります。 AT中の解説は、わかりやすい 演出モード「修羅モード」から始めていきましょう。 修羅モードは、継続期待度が目に見える保留タイプです。 画面下には引き戻しパートで使用する保留が表示され、ラウンドパート1Gごとに保留の昇格を期待します。 消化1Gが1個の保留に対応し、1G消化するごとに対象保留が右にズレていく格好です。 ラウンドパートは7G(初回8G)ですが、ラウンドストックによるラウンド継続もあり、2セット目3セット目と継続することもあります。 そうなると、再度保留の昇格抽選が2周3周とされることになり、ATの継続期待度はグッと高まります。 保留別の期待度は色が示唆し、キャラによっても期待度が変化します。 保留別勝利期待度 保留 平均値 ムカデ(白) 5. 金保留(ファルコ)はその時点で継続確定です。 ラウンドパート後は、引き戻しパート「転生ゾーン」へ移行します。 引き戻しパートは1G(保留1個)ごとにバトルが発生しバトルに勝利すれば継続確定です。 レア役成立時はチャンスとなり、黄保留以下なら50%で勝利、緑保留以上なら勝利濃厚。 強チェリーはどの保留でも勝利濃厚となり、さらに追撃が発生します。 追撃は勝利すればラウンドストックを獲得できるため激アツです(追撃抽選は強チェリー以外のレア役でもあり)。 バトル勝利後も残りの保留でバトルが継続し、勝利するごとにラウンドストックを獲得していきます。 引き戻しパートで1個でも勝利すればラウンドパートに再度移行。 そして引き戻しパートで獲得していたラウンド分を消化しながら保留を昇格。 その後引き戻しパートへという流れを繰り返します。 引き戻しパートでは1Gごとにバトルが発生し勝てば継続確定となる反面、1度も勝てなければATは終了となります。 勝利できなかった場合、最終画面でレア役が引ければ引き戻し濃厚となるほか、それ以外でも引き戻し抽選が実施されます。 次は、 演出モード「世紀末モード」の場合について。 内部システムは修羅モードと同じですが、世紀末モードのラウンドパートでは保留が確認できない代わりにステージの昇格で継続期待度を示唆するシステムです。 ラウンドパート終了後は引き戻しパートへ。 アミバは出現した時点で勝利濃厚です。 バトル勝利で継続が確定し、終了後ラウンドパートへ再度突入します。 バトルに負けるとATは終了です。 以上のように、世紀末モードは修羅モードと比べるとシンプルな作りとなっています。 ここまでがAT中の流れとなります。 激闘ボーナスを突破したときは基本的に7が揃いますが、それが北斗揃いなら「バトルボーナス」へと突入します。 このバトルボーナスはラウンドストック高確状態で、ラオウとケンシロウの激闘が繰り広げられます。 バトルボーナスはケンシロウが負けるまで継続し、終了後はATへと移行します。 継続率は93%超を誇り、突入時はかなりのラウンドストックが期待できます。 これは昇天演出。 獲得枚数が一定数に到達すると発生し、約2400枚に到達すると終了となります。 以上、通常時からAT中までゲームの詳細をお伝えしてきました。 最後に、設定推測ポイントや立ち回りのポイントについて。 トロフィーの色が設定を示唆し、銅は設定2以上、銀は設定3以上、金は設定4以上、キリン柄は設定5以上、虹は設定6確定です。 そのキャラで設定を示唆しています。 演出モード(世紀末or修羅)でキャラは変化。 金は設定4以上、赤は条件付きとなり5連以内かつラウンド上乗せなしなら設定4以上が確定します(6連以降は継続示唆)。 ここで激闘ボーナスに当選すればバトル1勝のアドバンテージが得られるためAT期待度が大幅アップします。 また、七星チャージ終了時にサブ液晶をタッチすればセリフでモードを示唆しますが100Gまでは発生率がアップしています。 セリフは、「あべし!! 」は通常B以上、「ひでぶ!! 」は通常C以上、「ヘブン!! 」はチャンスモードが濃厚です。 モードを特定できればCZ天井(=激闘ボーナス確定)のゲーム数もわかるため、七星チャージ終了時は忘れずチェックしておきたいところです。 ヘブン!! 発生時は200GのCZ天井までヤメずに続行しましょう。 この閉店QRは18時以降なら誰でも遊技台の履歴を閲覧&記録できる機能で、パスワードなど一切必要ないため気軽に試すことができます。 また、ホールごとの高設定投入状況などは、アプリ「カチナビ」で確認できます。 高設定のないところでいくら探しても見つかるはずはないので、カチナビでの実績を参考に店選びするのも一つの手です。 以上が今回お伝えできる情報となります。 これまで6号機市場をリードしてきたリゼロが失速し、ほかの新機種もまた伸び悩んでいる現状です。 この北斗天昇に懸ける期待はプレイヤーのみならずホール関係者も同様で、設定投入具合など扱いはきっと良好になると考えられます。 12月にはさらなる導入も決まっていますし、年末にかけ5号機の大量撤去などもあるため年末年始のエースとして活躍することをみんな期待&祈願しています。 新しい情報が入手できたら、解析第2弾としてまたお伝えしますね。 (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2007 版権許諾証YAF-420 (C)Sammy.

次の

北斗天昇 スロット パチスロ通常時概要。世紀末ポイント、昇舞魂、七星CHARGE、世紀末ZONE、断末魔ZONEの概要。

北斗の拳 天昇 雨

導入の直後です。 それから2カ月が経過し、いろいろとわかってきたこともあります。 新たに判明した内部数値、実戦からわかったことなど、今回はその辺りを中心にご紹介していきます。 まず、この機種の最大の特徴 「有利区間の使い方」について触れておきます。 朝イチ設定変更後は、非有利区間からスタートします。 プレイ開始1G程度で有利区間に移行し、そこからはずっと有利区間のままプレイしていきます。 激闘ボーナスに突入すると強敵バトルが発生し、その強敵バトルを3連勝することができればAT「真・天昇ラッシュ」へ突入します。 激闘ボーナスで負けると、通常ゲームへ転落します。 しかし、有利区間ランプは点灯したままです。 では、いつ非有利区間へ移行するのかというと、激闘ボーナスを2連続で突破できなかったとき、もしくはAT終了後です。 そして、その同一有利区間内2回目の激闘ボーナスは強敵バトルで勝利しやすい特徴もあります。 それでいて、モード移行の仕組み上、2回目の激闘ボーナスには早めに突入しやすいので、【激闘ボーナス1回ヤメ】を狙う立ち回りが有効となるわけです。 ただし、1回ヤメならどんな台でもいいかと言うと、ちょっと注意が必要なんです。 それにはモードが関係しています。 通常ゲーム中のモードは4つあります。 それ以外にも、実戦上、以下のようなことが確認されています。 3枚の本機の場合、少なくとも400Gは有利区間を残していると推測します。 で、先ほど触れた【激闘ボーナス1回ヤメ】を狙う立ち回りですが、その激闘ボーナスが当たったゲーム数をデータカウンタやデータサイトで見て、「400G以上で当たっていたら問答無用」で打つようにしています。 どうするか迷うのが「240G前後」や「200G以内」で当たったパターン。 以上をまとめると、空き台を見つけたら激闘ボーナス単発ヤメかどうかをチェック。 単発ヤメなら前の当たったゲーム数を見て、400G以上で当たっていたのなら打つ、それ以外ならキープしてほかに良さげな台がなければ打つという感じです。 設置台数が多いことに加え、定評のある北斗シリーズということでとりあえず打ってみるかというプレイヤーが多いからか、単発ヤメの台はまぁよく見かけます。 あとは根気よく回数を重ねるだけ。 この立ち回りの場合、ATに突入するしないで期待値が大きく変わるため、1回の勝ち負けに拘らず長いスパンで見る必要があります。 地道が大事。 ここからは、 ゲームの流れに沿って新情報をお伝えしていきましょう。 通常ゲーム中(100G以降)は雨や雪などの天候変化が発生すれば通常Aモードを否定します。 天候変化率 設定 変化率 1 45. 設定が上がるほど、天候変化に遭遇しやすくなっています。 これは、設定が上がるほど通常Aモード以外が選ばれやすいということでしょう。 700Gの天井到達が頻発するようならちょっと危険かもしれません。 通常ゲーム中は、レア役から激闘ボーナスの直撃があるわけでもなく、突然7を狙えが発生する直撃ATもかなり低い確率だと思われます。 それゆえ、淡々とプレイが進行していきますが、そんな中、個人的に心の拠りどころとしているのが七星チャージです。 CZ「断末魔ゾーン」はゲーム数で突入するのに対し、CZ「世紀末ゾーン」は世紀末ポイントを1000まで貯めれば突入します。 通常ゲーム中の世紀末P獲得振り分け 獲得P 対象レア役 リプレイ 5 — 90. 七星チャージ中のポイント獲得振り分けはこんな感じです。 七星チャージ中の世紀末P獲得振り分け 獲得P 強チェリー スイカ・弱チェ チャンス目 リプレイ 左記以外 10 — — — — 75. 1契機での最大獲得は300P。 ちなみに、七星チャージの出現率は設定1で63. 3分の1。 七星チャージ中は演出にも注目です。 ・キック……20P以上 ・衝撃波……30P以上 ・構え(強)……30P以上 ・構え(強)+衝撃波……50P以上 ・百裂拳……100P以上 ・パンチ(強チェリー時)……300P ・パンチ(ほかレア役時)……100P以上 ・剛掌波……激闘ボーナス(天井到達時のみ発生) 世紀末ポイントを1000Pまで貯めるとCZ「世紀末ゾーン」に突入です。 七星チャージをうまいことやって、100Gちょいで突入というのが個人的には最速パターンです。 世紀末ゾーン中は、まず成立役に応じてバトル発展&勝利を抽選します。 世紀末ゾーン中のバトル発展率&勝利期待度 小役 発展率 勝利期待度 はずれ/ベル 12. 5%となっています。 バトルに発展すれば20%以上で勝利が期待でき、チャンス目や強チェリーからなら50%で勝利となります。 世紀末ゾーン中のバトル勝利書き換え 小役 当選率 弱チェリー 10. 強チェリーなら勝利確定です。 バトルに勝利すれば激闘ボーナスへと突入します。 そして、 もう一つのCZ「断末魔ゾーン」について。 断末魔ゾーンにはゲーム数消化時の抽選で突入します。 突入タイミングは、200G以降100G消化するごとにが基本で、50G消化時にも突入が期待できます。 ゲーム数的にはモード別の天井がある、200G、400G、600Gが特に突入しやすくなっています。 地下通路ステージが前兆を示唆し、突入時は最大32Gの前兆を経て突入となります。 断末魔ゾーンも世紀末ゾーンと基本的に同じです。 15Gの間にバトルに発展すればチャンス、バトル勝利で激闘ボーナスとなります。 異なる点は、強敵図柄を狙え演出が発生する点で、強敵図柄の出現個数で勝利期待度が変化します。 バトル発展率は、はずれやベルが12. 5%(1回限り)、リプレイが0. 4%、強敵図柄は個数に関わらず発展確定、レア役も発展確定です。 断末魔ゾーン中の勝利期待度 小役 初回 2回目以降 はずれ/ベル 12. 一方、バトル中のレア役による勝利書き換え抽選は、世紀末ゾーンと同じ書き換え当選率となっています。 強チェリーは勝利期待度50%以上だったり、強敵図柄揃いは勝利濃厚というのは前回の特集でも紹介済みなので、今回は新情報のみをピックアップ。 CZでのバトル勝利で激闘ボーナスへと突入します。 ちなみに、2つのCZの合算出現率は設定1で183. 4分の1となっています。 また、CZのバトル勝利から激闘ボーナスかと思いきやAT告知が入るパターンだったり、あるいは通常ゲーム中に7を狙えのカットインが入りそのまま7が揃ってAT直撃となるパターンも存在します。 激闘ボーナスに突入したら、まず昇舞の刻からスタートします。 この昇舞の刻では、通常ゲーム中に貯めた昇舞魂をバトルレベルと小役レベルに変換していきます。 バトルレベル、小役レベルの昇格率はそれぞれ50%で、バトルレベルが10に到達した場合は小役レベルがアップし、小役レベルが10に到達した場合はAT確定となります。 昇舞魂1個につきどちらかのレベルがアップし、通常ゲーム中に昇舞魂を多く貯めるほどAT期待度も高まります。 それゆえ、700Gの天井に到達してもそれまで昇舞魂を多く集めているわけですから、ハマリもマイナス面だけではないゲーム性と言えます。 ハマったのに昇舞魂を数個しか貯められなかった場合は、自分が悪いと諦めるしかありません。 ちなみに、通常ゲーム中の昇舞魂獲得契機は、強チェリー(確定)、レア役(抽選)、世紀末ゾーン突入時となり、100Gまでの荒野ステージではレア役での獲得期待度がアップしています。 昇舞の刻では、撃破(=勝利)を獲得したり、百裂(=AT確定)を獲得できることもあります。 PUSHを押さずBETで飛ばした場合は、対戦相手の欄に注目してみましょう。 昇舞の刻を終えると、強敵バトルの準備状態に突入します。 準備状態はベルナビ3回(初回バトルは4回)まで継続し、レア役や強敵図柄でバトルレベルの昇格が期待できます。 成立役別特徴は ・スイカ&弱チェリー……50%でレベルアップ ・チャンス目……レベルアップ濃厚 ・強チェリー……勝利濃厚 ・強敵図柄……出現個数1個につき1レベルアップ、強敵図柄揃いは勝利濃厚 となっています。 ちなみに、バトルレベル10に到達後の強チェリーはAT確定となります。 PUSHボタン出現時は、色や大きさにも注目です。 赤PUSHボタンなら撃破アイコン獲得濃厚(=勝利濃厚)、デカPUSHはAT濃厚となります。 規定のベルナビ回数発生で強敵バトルに突入します。 バトルレベルに応じて突入時の勝利抽選を実施し、バトル中は小役レベルに応じて勝利抽選が実施されます。 サブ液晶にレベル別期待度を表示。 トータルの勝率も一目瞭然です。 さらに、このバトルレベル、小役レベルとは別に強制勝利抽選というものが毎ゲーム行なわれ、高設定はこの抽選が優遇されています。 ちなみに、同一有利区間内2回目の激闘ボーナスもこの強制勝利抽選が優遇されているようです。 バトル中は成立役に一喜一憂となりますが、演出にも注目です。 ・開始画面……赤は勝利濃厚、金はAT濃厚 ・拳導光板……レア役やリプレイ以外なら勝利濃厚、レバーON時に発生なら弱チェリー否定、スイカハズレのチャンス目なら勝利濃厚、第2停止以降に発生で勝利濃厚 ・プレミアム導光板……AT濃厚 ・ハン&ヒョウ時……強パターンがレア役やリプレイ以外で発生なら勝利濃厚 ・シン&サウザー&ラオウ時……オーラ大+北斗七星出現でレア役やリプレイ以外なら勝利濃厚、死兆星は勝利濃厚 ・赤セリフ……勝利濃厚 ・拳に力を!! ……勝利濃厚 ・途中決着(3G目に敗北など)……勝利濃厚 ・下パネル消灯……北斗揃い濃厚 バトルに勝利すれば、再度準備状態へと移行します。 そのとき、バトルレベルは1に戻り、小役レベルのみそのままとなります。 それを繰り返しながら、バトルに3回勝てばATへと突入です。 ここからは、 AT「真・天昇ラッシュ」の新情報について。 ATの期待枚数は設定1で約1000枚、設定6で約800枚となりますが、これにはATレベルというものが影響しています。 ATレベル割合 設定 レベル1 レベル2 レベル3 1 48. 奇数設定はATレベル2の割合が多く、1000枚以上の獲得が目立つなら奇数設定の可能性が高まります。 設定4と6は94%がATレベル1となるため獲得枚数はやや控えめとなります。 さらに、ATレベルとは別に、昇天モードと呼ばれるものも存在します。 これはAT中の獲得枚数が約1200枚を超えると昇天モードへの移行抽選が行なわれ、当選すれば以後転生ゾーンでの特殊勝利抽選が大幅に優遇されます。 特殊勝利抽選が優遇されるということは終わりにくくなるということで、エンディング「昇天演出」がグッと近づきます。 打ってて変だなぁと思ってたんですよね。 あるところを境にやたら強くなるなぁと。 中途半端に1500枚で終わることは少なく、一気にリミットの2400枚まで突っ走るなぁと。 昇天モードというターボ仕様があったからなんですな。 なので、AT突入時はとりあえず1200枚と当面の目標に据え、そこまで続いたらあとは運任せと思っていつも勝負しています。 転生ゾーンの特殊勝利抽選について、もっと掘り下げてみましょう。 転生ゾーン中は保留別の抽選がメインとなりますが、特殊勝利抽選もありそれに当選すると保留に関係なく勝利となります。 この特殊勝利抽選はセット&ラウンドが進むにつれ下がっていく傾向がありますが、ATレベル2のときは下がりにくくなっています。 ちなみに、転生ゾーン突入時点で勝利が確定しているのは金保留を保有しているときのみ(虹帯のEXTRA)。 赤保留だからといって油断できません。 ATレベルのところで、ATレベル3(北斗揃い)とありましたが、これはなかなか遭遇できないプレミアムです。 突入契機は、 ・激闘ボーナス突破時にリール上で北斗図柄が揃う ・激闘ボーナス中の7揃い(16384分の1) ・激闘ボーナス中の強チェリーの一部 となり、自身ではまだ突入経験はありません。 期待枚数約2350枚のATレベル3はかなりハードルが高いと言えそうです。 ゲームの流れに沿って新情報をお伝えしてきました。 最後に、 通常時の演出について触れておきたいと思います。 かなり曖昧な感覚ではありますが、細かい設定推測要素がわからない今は打って蓄えた知識だけが頼りです。 設定推測に関する新情報は、通常ゲーム中の天候変化率やATレベルの割合くらいしかありませんでしたが、それよりも今回の特集で知っておいてもらいたいのは冒頭で説明した【激闘ボーナス1回ヤメ】を狙う立ち回りです。 まだ打ったことがない人は、その立ち回りでとりあえず触れてみるといいのかもしれません。 ベースが50Gほどあって初期投資は嵩みにくいので、気軽に打ってみようでいいと思います。 最初は結果が付いてこないかもしれませんが、何度かチャレンジし一度はATに突入させてもらいたいところです。 AT中はほんと楽しいですから! 特に保留先読みの修羅モードは病み付きになりますから! 最近多くなってきた高純増AT機はどこかのリールで赤や白などを目押しする必要があったりしますが、この機種は押し順ナビに従うだけの簡単手順です。 それでいて、1G純増約6. 3枚のスピードがありますから、AT突入後はかなりの疾走感を味わえます。 11月初旬から12月初旬にかけ3回に渡って導入されたりと、ゆっくりじっくり導入数が増えてきました。 いまのところ設定1の使用頻度は低いようで、打ってトロフィーが出なかったことがないくらいホールは大事に使っている印象を受けます。 それでいて高設定域の出玉率&安定感は現役屈指ですから、閉店QRなどを活用しなんとか高設定が投入されているホールを見つけたいものですな。

次の

北斗天昇 パチスロ北斗の拳天昇:断末魔ZONE詳細

北斗の拳 天昇 雨

純増6. 3枚) 50枚あたりの回転数 約50. 基本スペック• 通常時はリプレイ以上でポイントを獲得。 1000pt到達で世紀末ゾーンへ移行• その他規定G数でCZ突入• 七星チャージ• レア役を契機に突入するポイント獲得特化ゾーン• 世紀末ゾーン• 1000pt獲得から移行• 継続ゲーム数:15G(バトルに1度も発展しなかった場合はもう1セット継続)• 滞在中にCZ突入抽選を行い最終的にバトル勝利でCZ突入• 滞在中はリプレイを除く全役でバトル発展を抽選• ハズレやベルでのバトル発展は一度のみで以降発展抽選を行わない• 世紀末ゾーン中バトル発展抽選 小役 発展率 ハズレ・ベル 12. 世紀末ゾーン中バトル発展契機別勝率 契機役 勝率 ハズレ・ベル 20. 断末魔ゾーン• 規定G数消化から移行(200・400・600Gで期待)• 継続ゲーム数:15G(バトルに1度も発展しなかった場合はもう1セット継続)• 滞在中は全役でバトル発展を抽選(ハズレやベルでのバトル発展は一度のみで以降発展抽選を行わない)• 断末魔ゾーン中バトル発展抽選 小役 発展率 ハズレ・ベル 12. 勝利期待度は初回と2回目以降で異なる• 断末魔ゾーン中バトル発展契機別勝率 契機役 初回 2回目以降 ハズレ・ベル 12. 又バトル発展時にモード天井に到達している場合は勝利に書き換え• カウントダウン~バトル中の勝利書き換え抽選 小役 当選率 弱チェリー 10. サミートロフィー• 激闘ボーナス終了時の次レバーON、真・天昇RUSH終了時に出現の可能性あり• 今作では銅(設定2以上)から出現の可能性あり• 真・天昇RUSH終了画面• 真・天昇RUSH終了画面でボタンをPUSHした際に出現したキャラで設定を示唆• 出現するキャラは選択したモードによって異なる• 修羅モード• シャチ:設定2否定• カイオウ:設定5に期待• バット:設定4以上• 世紀末モード• ジャギ:設定2否定• ラオウ:設定5に期待• トキ:設定4以上• バトルボーナス開始画面• 北斗揃いから突入するバトルボーナスのラウンド開始画面の背景色で設定を示唆• 金背景:タイミング不問で設定4以上• 獲得枚数表示• AT中の獲得枚数表示で「456枚突破」で設定4以上、「1999X枚突破」で設定5以上確定• 北斗シリーズ最新作です。 純増6. 3枚、目押し不要の押し順タイプのAT機です。 その他減少区間なしとの事ですが、セット間のインターバルでは減少区間が無いだけで詳細は不明ですが、通常時には何らかの仕組みが入っていると思います。 ま~これは規定上やむを得なく「見せ方」がどうなっているかが機械の面白さにも繋がると思います。 又偶奇でCZ突入率に差があったり設定6のAT突入時の期待枚数に特徴があったりとお店の運用スタイルも試される機械だと思います• 個人的に北斗シリーズはあまり好みではないのですが、6号機全体の評価にも影響する可能性のある機械だと思うので注目しています。 設置店検索 パチトラ提供•

次の