ぎんなん 保存。 銀杏の保存方法(冷凍・常温・冷蔵)!賞味期限や腐るとどうなる?

ぎんなん(銀杏)の保存法*いつでも使える♪

ぎんなん 保存

ぎんなんの保存は冷凍がオススメ ぎんなんの好きな人は、この時期が来るのを心待ちにしていますよね。 でも、ぎんなんは大人でも大量に食べてしまうと、銀杏中毒といって「めまい・ふらつき・下痢・嘔吐」などを引き起こす恐れがあるので、できれば一日10粒を目安にして食べるのがいいです。 ぎんなんは 常温保存の場合は、約一ヶ月くらいまでは食べれますが、あまり時間が経つと固くなるので、できるだけ早く食べるのが良いのですが、食べれない場合は冷凍保存がオススメです。 冷凍保存だと殻つきのままだと半年、 下処理をすれば一年はもつようです。 殻つきのぎんなんの冷凍方法 殻つきのぎんなんをフリーザーパックなどに平らにして入れ、そのまま冷凍室にいれるだけでOKです。 livedoor. 薄皮が取れたぎんなんを水に上げて、冷まします。 冷ましたぎんなんを小量ずつ分け、サランラップに平らに包み(出来るだけ空気を抜きます)フリーザーパックなどに入れ冷凍します。 殻つきの銀杏のほうが手間はかかりませんが、下処理をしたほうが長期間保存できますし、料理する時にはすぐに使えるのでこちらのほうがオススメです。 スポンサードリンク 冷凍ぎんなんを使ったレシピ 冷凍しておいたぎんなんを使ったレシピを何点か紹介しますね。 livedoor. 後は、天ぷら鍋に油を入れて揚げたら出来上がりです。 ぎんなんの素揚げ 材料:冷凍ぎんなん 好きなだけ、揚げ油 、塩 少々 作り方:自然解凍したぎんなんを揚げ油で素揚げにします。 揚げた後に塩をふって食べてください。 超簡単ですが、カリッと香ばしくてぎんなん好きの人のオススメのレシピです!.

次の

銀杏の長持ち保存方法と保存期間!殻付きと殻無しの冷凍と常温で保存の仕方を徹底解説

ぎんなん 保存

スポンサーリンク ぎんなんの賞味期限・消費期限 ぎんなんの賞味期限:1週間【常温保存】 ぎんなんの賞味期限:2~3ヶ月【冷蔵保存】 ぎんなんの賞味期限:半年【冷凍保存】 — ぎんなんを常温で保存するなら1週間程度が目安です。 直射日光の当たらない涼しいところで新聞紙などに包んで保存するとよいでしょう。 しかし、あまり放置しすぎると以下のようなことが起こってしまいます。 ・実が縮んで硬くなる ・実が黄色に変色する ・炒っても薄皮がめくれない ・中から汁が出る こうなってしまうと味が落ちてしまっています。 なるべく早めに食べるようにしましょう。 先に茹でたり炒ったりしておくと味を維持したまま長期間保存できるのでおすすめです。 ジップロックなどに入れて冷凍保存しましょう。 ぎんなんについて ぎんなんの臭い成分は足の臭い成分と一緒 ぎんなんは道端などにおちていると独特の異臭がします。 これは 「酪酸」と「ぺプタン酸」という成分が原因です。 「酪酸」は人間の足の臭い成分と一緒です。 「ペプタン酸」は腐った油のようなにおいがします。 これは、悪臭を嫌う哺乳類にぎんなんを食べられないようにするためではないかと言われています。 ぎんなんの実にはオスとメスがある ぎんなんの実には面が2つのものと3つのものがあります。 面が2つのほうがオスで3つのほうがメスです。 オスのほうの木には実がなりません。 近年では「ぎんなんの臭いが酷い」「踏んだ車がスリップする」などの理由から実のならないオスの木に植え替えられたりしているようです。 ぎんなんは絶滅危惧種で生きた化石 ぎんなんはイチョウの実です。 イチョウの木は非常に有名ですが、 絶滅の危機に瀕している世界の野生生物のリスト「 レッドリスト」に指定されています。 かつてイチョウ科の植物は中生代(恐竜がいた時代)から約6,500万年前の新生代にかけて繁栄していました。 広く分布していたらしく、世界各地でイチョウの化石が見つかっています。 しかし、イチョウ科の植物は氷河期にほぼ絶滅してしまいました。 現在見られるイチョウは、唯一現存する種ということで生きた化石と呼ばれています。 ぎんなんは食べすぎ注意 ぎんなんには実は中毒性があります。 日本中毒情報センターによると 子どもで7~150個食べると中毒を起こし、大人だと40~300個食べると中毒を起こすそうです。 これは健康状態や体内のビタミンB6の量などに関係してきます。 実際、食べ物が少なかった戦後には、子どもが升いっぱいのぎんなんを食べたことで中毒死したということもあったそうです。 「年齢の数以上食べてはいけない」なんていう言い伝えもあります。 口にする際には食べすぎに十分注意しましょう。 まとめ ぎんなんの賞味期限:1週間【常温保存】 ぎんなんの賞味期限:2~3ヶ月【冷蔵保存】 ぎんなんの賞味期限:半年【冷凍保存】.

次の

ぎんなんの下処理と保存の方法賞味期限はいつまで?

ぎんなん 保存

まつたけや栗、さんまにさつまいもなど、秋の味覚と言われている食材はたくさんあります。 中でも、独特の苦さやクセになる味わいが特徴の ぎんなんは、人気食材の一つです。 ぎんなんは地域によって異なりますが、9月上旬頃になるとイチョウの木に青い実を付け始め、10月中旬頃〜下旬頃に黄色く熟します。 イチョウの木が自宅近くにあったりすると、ぎんなんを家で食べようと思って 拾いに行く方も多いのではないでしょうか。 さて、イチョウの木の下に落ちているぎんなんには、言うまでもありませんが、 強い臭気を放つ果肉が付いています。 美味しいぎんなんを食べるためには、まず、この果肉を 取り除く作業を行わなければいけません。 拾ってきたのは良いけど、果肉の処理方法が解らないんだよねぇ〜 色々工程があるみたいで、なんだか難しそう・・ と、悩んでいるそこのあなた! これから、 拾ってきたぎんなんの果肉を処理する方法をしっかりと説明していきますので、どうぞご安心ください。 それだけではありません。 拾ったぎんなんの果肉を処理する方法 拾ってきたぎんなんの果肉は 「土に埋める方法」と 「水に浸ける方法」のどちらかで処理するのが一般的となっています。 どちらの方法も さほど難しいものではないので、お住まいの環境によって、やり易い方を選んでいただければと思います。 土に埋める方法 [必要なもの]• ゴム手袋• ネット(野菜を入れる用のもの)• スコップ• 新聞紙• ザル [処理方法]• 手にゴム手袋をはめ、ぎんなんをネットに入れます。 ぎんなんの果肉には、 ギンゴール酸と呼ばれるアレルギー物質が含まれており、 素手で触るとかぶれることがあるので、必ずゴム手袋を付けてください。 スコップで土を掘って穴を作り、ぎんなんを入れて土を被せておきます。 土の中にいる バクテリアの働きで果肉が腐り、柔らかい状態になることで簡単に処理ができるという仕組みです。 バクテリアは 果肉の臭い匂いを分解してくれる働きも持っているため、あのぎんなん特有の匂いもあまり気にならなくなります。 約10日~2週間後にぎんなんを取り出し、柔らかくなった果肉を取り除いていきます。 果肉を取り除いたぎんなんをザルに移し、水でよく洗いながら細かい果肉を取っていきます。 水で洗う時は、 実をこすり合わせるようにすることで、細かい果肉が取りやすくなります。 日の当たる場所に新聞紙を広げ、その上に洗い終わったぎんなんを置いて約2日~3日間天日干しをすれば完了です。 水に浸ける方法 [必要なもの]• ゴム手袋• バケツ• 新聞紙 [処理方法]• ぬるま湯を張ったバケツにぎんなんを入れ、約2日~3日間浸けておきます。 水よりもぬるま湯の方が、 果肉を早くふやかすことができます。 果肉がふやけてブヨブヨの状態になったら、手で取り除いていきます。 水の中で果肉を取るようにすると、臭い匂いを抑えつつ簡単に剥くことが可能です。 ある程度果肉が取れたらザルに移し、よく水洗いをして細かい果肉を取っていきます。 日の当たる場所に広げた新聞紙の上にぎんなんを置き、約2日~3日間天日干しをして乾燥させます。 それであれば、果肉付きのぎんなんをビニール袋またはネットに入れ、 長靴で踏み付けるようにして取り除いていきましょう! 固いものは少し取り除きにくかったりしますが、しばらく踏み付けていると、ほとんどの果肉が取れていきます。 それでも取れないものは、 ぬるま湯に浸けておき柔らかくなってから取ることで、 その日のうちに果肉を処理できます。 キッチンバサミを使う方法 キッチンバサミを使う場合は、ハサミ部分ではなく、 ハサミ部分と持ち手部分の間にあるギザギザした部分(キャップなどを開ける時に使うところ)を使って殻に割れ目を入れ、手で剥いていきます。 殻を割る際に、一番気を付けていただきたいことは、 ぎんなんの向きです。 その理由は、間違った方向から割ると殻だけでなく 中の実まで一緒に割れてしまうことがあるからです。 殻だけをキレイに割るためには、 ぎんなんの筋がある方(とがっている部分)をキッチンバサミのギザギザした部分に当て、 少しずつ力を加えていくようにします。 ペンチの場合は、先端の方ではなく 真ん中のくぼんだ部分に、ぎんなんの筋部分を当てるようにして挟み、少しずつ力を加えて割っていきます。 そんな時に活躍してくれるのが、 割りばしです! 使い方は、まず未使用の割りばしを2本用意し、細い方(ものを掴む方)を輪ゴムで2回~3回縛ります。 次に、太い方(手で持つ方)にぎんなんを挟み、とんかちで軽めに叩いて殻を割っていきます。 とはいえ、強く叩き過ぎると実が割れてしまいますから、くれぐれも 力の入れ過ぎにはご注意ください。 電子レンジを使う方法 電子レンジを使ったぎんなんの殻剥きは、手軽にできることから多くの方が行っている方法になりますが、 爆発音が大きくて怖い! 何個か割れていないものもあったりしてムラがある・・ といったように、電子レンジを使うことに対して 抵抗を感じていたり、 上手くできないという方がいらっしゃるのも確かです。 ぎんなん(10~15個)• キッチンバサミ(ペンチでも可) [殻を剥く方法]• キッチンバサミを使ってぎんなんに 割れ目を入れます。 事前に割れ目を入れておくことで、 大きな爆発音や一部だけ割れないといったムラを防ぐことができます。 ぎんなんを封筒に入れ、折口を3回ほど折ります。 折口が緩んでいると、温めている途中で ぎんなんが飛び出ることがあるので、しっかり閉じるようにしましょう。 さらに、薄手の茶封筒を使うとぎんなんがはじけた時に破けてしまう恐れがありますから、できれば 2枚重ねになっている白封筒を使用してください。 封筒をレンジに入れ、600Wで約50秒~1分(500Wの場合は約1分)温めます。 あまり温め過ぎてしまうと、焦げたり実が爆発して崩れたりします。 レンジから封筒を取り出してぎんなんをお皿に移し、手で殻を剥いていきます。 殻剥き後のぎんなんを封筒に入れて、シャカシャカと振る• 水に濡らしたキッチンペーパーで拭き取るようにして剥く 個人的には「水に濡らしたキッチンペーパーで剥く方法」だと、 細かい薄皮も取ることができるのでオススメです。 ぎんなんの薄皮を剥く方法 ぎんなんの薄皮は、剥かなくても問題なく食べることができますが、剥いた方が 食感も良く見た目もキレイになります。 薄皮を剥く方法も様々あるのですが、 フライパンを使う方法と 鍋を使う方法は、特に剥きやすいとされています。 フライパンを使う方法• はじめに、包丁やつまようじなどを使って 薄皮部分に切れ目を入れておきます。 事前に切れ目を入れておくことで、フライパンで炒った時に 剥けやすくなります。 フライパンにぎんなんを入れ、焦がさないように気を付けながら弱火で約8分~10分ほど炒っていきます。 ぎんなんを炒る時に適しているフライパンは、 鉄や ステンレス製のものになります。 薄皮がパリパリになって自然に剥けてきたら、お皿に移し冷ましておきます。 細かい薄皮は、冷めてからでも手で簡単に取り除くことができるので、ご心配なくっ! 鍋を使う方法• 鍋にぎんなんが浸るくらいの水を入れて、沸かします。 塩一つまみとぎんなんを鍋に入れ、おたまもしくは網じゃくしの背で、ぎんなんを軽く押し付けながらコロコロと転がします。 薄皮が剥けてきたらぎんなんを取り出し、水気を切れば完了です。 ぎんなんの保存方法 ぎんなんの保存方法には、 常温・冷蔵・冷凍の3通りがあり、当然ですが、それぞれ保存期間は異なっています。 それに加え、 殻付きの場合と 加熱して薄皮を剥いた場合でも変わってきます。 殻付きのぎんなんは、乾燥を防ぐために 新聞紙で包み、直射日光が当たらず風通しの良い場所に保存します。 一つだけ注意点を挙げるとすれば、 密閉して保存しないということです。 なぜなら、密閉して常温保存してしまうと、ぎんなんから出た水分で内部が湿り カビが発生しやすくなるからです。 そのため、ビニール袋やタッパーなど密閉性の高いものではなく、 通気性の良い新聞紙に包んで保存することが重要となります。 常温保存した場合の保存期間は 約1週間ほどで、それ以上期間が長くなると 乾燥が進行し黄色く変色したりします。 そうなってしまうと、苦みが増して美味しく食べることができなくなりますので、できるだけ早めにお召し上がりください。 冷蔵保存する方法 殻付きのまま冷蔵保存する時は、水で濡らしてよく絞ったキッチンペーパーでぎんなんを包み、ジップ付きの保存袋(ジップロックのようなもの)やタッパーに入れて野菜室で保存します。 保存期間は、 約1週間~1ヵ月ほどになります。 ただし、味は少しずつ落ちていき、 大体1週間を過ぎたあたりから実が固くなり始めますから、 2週間以内に消費することが理想です。 加熱して薄皮を剥いたぎんなんは、冷蔵でも保存することはできますが、 冷凍した方が美味しい状態を維持したまま保存できます。 その保存方法は冷蔵・冷凍ともにあまり変わりはないので、同じ労力をかけるのでしたら、長く品質を保つことができる 冷凍保存がうってつけです。 冷凍保存する方法 殻付きでも、加熱して薄皮を剥いてからでも 長期的に保存できる冷凍保存! おつまみとしてそのまま食べるのであれば、 殻付きの状態で保存しておくと美味しく食べることができます。 そして、茶碗蒸しなど料理に使う予定がある場合は、 加熱して薄皮を剥いてから保存しておけば、すぐに使うことができるのでかなり便利です。 肝心な保存方法ですが、 殻付きのぎんなんの場合は、先に 湯通しを行ってから直接ジップ付きの保存袋に入れて冷凍していきます。 湯通しをせずに保存しても問題ありませんが、このひと手間を加えることで、 より美味しい状態での保存が可能となります。 ラップに包まず直接保存袋に入れると 冷凍焼けを起こしてしまうので、必ず先にラップで包むようにしてください。 この場合の保存期間は、 約1年となります。 ちなみに、冷凍したぎんなんは、自然解凍を行うと 実がボソボソになることがありますから、料理に使う時には 凍った状態のままで調理するのがオススメです。

次の