ワン パンマン 157 話。 ワンパンマンのブラストの正体は誰?その強さも考察してみた

ワンパンマンのアニメ9話の感想とストーリー内容ネタバレ!

ワン パンマン 157 話

ブラストの正体は? ワンパンマンファンの間では、 ブラスト=サイタマ説が有効となっています。 何故なら、 ヒーロー協会を作りだした超お金持ちのアゴーニという人は、 サイタマがまだヒーローになる前に、 怪人に殺されそうになっていたところを助けた子供のおじいちゃんであり、 孫を助けてくれた名前も知らないその人のような人を支援したいという想いで、 ヒーロー協会をたちあげたからです。 そして、名も知らぬヒーローにブラストというヒーローネームをつけ、 S級ヒーロー一位の座においている。 というのが、 あるワンパンマンファンの考察で、有力なものとなっています。 個人的には、ブラストの正体は、既存のキャラではなく、 新キャラのような気がします。 何故なら、その方が面白いし盛り上がるから! 実はあいつの正体はこいつでした! っと、既存のキャラクターを指されても、 ふ~んとしかならないし、 話もそれほどに膨らまない。 それだったら、 個性的な新キャラを出して、 話を作った方が盛り上がる! という、メタ的な視点と考え、 そして願望が混ざった結果個人的にそう思っています。 ドラゴンボールでフリーザ様や、セルや、魔人ブゥが、 新たなる敵として登場したときのわくわく感と言ったら、 たまりませんでしたからね! ブラストの正体も、 新キャラとするとワクワク感倍増です。 S級ヒーローの中にも、 これから敵キャラとして登場しそうなキャラクターもいることですし、 ブラストが敵になるのか、それとも味方になるのか、 キャラクターが登場してみない限り分かりません。 あと、どうしてブラストなのか気になります。 ONE先生のことだから、またこういう良い子の見るような記事には 描いてはいけないようなものをモデルにして、 キャラクターを作っているのかもしれませんから。 もし、彼?彼女?がヒーロー資格を取り、 サイタマたちと同じように試験を受けたのなら、 その身体能力はサイタマ以下ということが分かります。 しかし、それ以外にも、 特殊な力を持っていてその力を見込まれて、 ヒーローになったタツマキや、童帝、 個人活動を評価されてヒーローとなったキング(彼の場合は勘違い)のような、 資格試験を受けずにヒーローとなった人もいます。 いずれにしろ、強力な力を持っていなければ、 S級ヒーローにはなれませんので、 かなりの身体能力を持っていることは確かなのでしょう。 しかし、考察することに、 意味がないわけでもありません。 考えて、この先の展開を見守ることも、 一つの楽しみ方だからです。 もしかしたら、 ヒーローネームに彼(彼女?)の正体が隠されているかもしれません。 読みながしてしまったコマの中の台詞の中に、 ブラストの正体を知る為の鍵が隠されているのかもしれません。 考えた分だけ、 読者がそれを考える分だけ、 ワンパンマンワールドは深まっていくと思います。 基本的に、作者さんは人間性の正負や表裏を大体描こうとしているのが根底にある その視点準拠で分析すると「S級第一位にアゴーニがエゴと願望と謎の怪人爆散を起こしまくっている誰か 情報網があれば討伐件数や目撃情報などからおかしい部分は見えるはず への期待をかけてで席を作ってしまった」というのは自然な流れであり 「アゴーニの空回りをサイタマはしょーもねーなと一蹴し、そして真相が明かされた後もサイタマがその座につくことはない」ないし「当事者にそのことが知らしめられる事はなくうまくすれ違う」 …って辺りが個人的な「原作者のWeb漫画で完結していた段階におけるオチ」の予想という事になる 気が変わっている可能性はなくもないが、基本的にはサイタマの壊れ具合や作中に漂う諦観からそうじゃないかなと ただしブラストに関わる乱入者があるように思う そのヒーローネームにふさわしそうな力を揮い、勝手にその人物だと信仰されるような何者かが出現するのではないか…というのが真面目な予想、の続き おそらくはそこでひと悶着起きるだろう 実際はどうなりますことやら… 私の個人的な推測だとブラストはガロウなのではないかと思う。 何故そんな推測に至ったのか、まずは原作94撃目のバングにボコされるガロウの姿を見てほしい。 「覇気の無え拳思い出した…俺を破門にした時もそうだった」とガロウが笑った場面。 ブラストの画像と見比べてみるとどことなくガロウと似ている。 ブラストの服装もサイタマ先生の服装に少し似ていないだろうか。 つまり何が言いたいかというとブラストは未来から来たガロウなのではないかと推測 戦って完敗した相手がサイタマ、未来から来たガロウがそれを真似ているのではないか。 何故真似ているか、どうして未来からガロウが来たのかは色々推測はできるが これ以上書くのがつらくなってきたから省く。 そして92撃目の「その薄っぺらいマントで世界を平等に救えるか、目の届かぬ悲劇を止める手立てはあるのか」 ガロウはこう思ったのではないだろうか…世界を平等に救えないし、目の届かぬ悲劇を止めることはできない。 未来人ガロウが行きついた答えが「いざというときに誰かが助けてくれると思ってはいいけない」 ということなのではないだろうか。 色々書きましたが全て私の推測です、推測の域をでません。

次の

ワンパンマン150話更新!まさかのオロチでさえワンパンのようで...サイタマに敵はいるのか!?

ワン パンマン 157 話

ラスボス候補と神の存在について それでは、まずはラスボスの候補を紹介させていただきます。 一人目は、 メタルナイト(ボフォイ博士) 初期の段階から登場していて、ジェノスとの関わりがあり、 駆動騎士にも目をつけられている様子の彼。 何の目的があって兵器の研究をしているのかは明らかになりませんが、 自身の研究のためなら、他人が犠牲になっても構わないというスタンスを持つ彼は、 ラスボスの素質があると思います。 神の存在自体は謎に包まれており、 まだONE先生のワンパンマンでも、 あまりはっきりと描かれていません。 ネット上では、 この神の存在がラスボスなのではないか?と言われています。 個人的に、この人類に敵対している神様的存在は、第一話で登場した ワクチンマンを生み出した地球の意思と何か関係があるのではないか? と考えています。 これもまた、悪役らしいといえば、悪役らしいです。 最後の最後で、 『ふふふ、もはやワレ自らが相手をするしかないようだな……』 というドラゴンクエストのような展開が期待できます。 また、この、姿を見せない正体不明の神のような存在は、 人間に害を与えさせようとするものだけでなく、 逆に人間を守ろうとする存在もいます。 同じく怪人協会編で、 誰かと話すように独り言を言っていた 豚神の様子は、 ある意味神と対話をしていたホームレス帝に通じるものがあります。 豚神と一緒にいるのは、 ホームレス帝に力を与えた『神』という存在と同じ存在だとしたら、 神様は人間に味方をする神様と、 人間の敵になる神様の2種類がいることになりますね。 人間の敵になる神様クラスの存在というのは、 少年漫画のラスボス要素の一つ! 神様もラスボス候補の一人になると思います。 Sponsored Link そして、最後に、S急ヒーロー一位 ブラストの存在。 まだ漫画に名前くらいしか登場していないこの彼?は おそらくサイタマに匹敵するであろう存在?だといいなと思っています。 ずばり!ワンパンマンのラスボスは! 『サイタマ』です! え?主人公がラスボス?とか思いましたか? いやいや、だって、彼は作中最強と言われるキャラクターですよ? もう、これはこれ以上ない程の少年漫画のラスボス設定ですよ。 なので、ワンパンマンの真の主人公はサイタマに挑み続けるソニックなのです。 ヒロインは村田先生版ソニックちゃん そして、 ライバルキャラクターはジェノス! これこそ、ワンパンマンの本当のキャラクターの役割なのです! 冗談です。 真面目に予想をします。 予想としては、多分、 全員がラスボスになるんじゃないかな?と考えています。 ヒーロー協会とホームレス帝に力を与えた『神』のような存在 (ワクチンマンを生み出した地球の意思も神のような存在とします) そして、メタルナイトことボフォイ博士の野望とかが絡み合って、 三つ巴のような状態になり、 それをサイタマがソードマスターヤマトのオチのように、 ワンパンであっさりラスボス達を片づけて、 解決!的なオチになると予想します。 しかし、これはあくまで予想、これからどうなるのかはまだまだ全然分かりません。 ご自身でラスボスを予想してみるのも、面白いと思います。 狂サイボーグ=ジェノス ジェノサイド 説です。 家族をころされた後にサイボーグ化って話はクセーノ博士が記憶コアを改ざんしてそう思わせてて、一度試作段階でメタルナイトに暴走を止められたのでもっと強くなるように貪欲に強さを求めるように今の性格がインプットされた。 クセーノ博士が一度サイタマを連れてきなさいって言ったのはサイタマの細胞か何かを採取する目的で、サイタマ細胞で作られた強化筋肉を装着したジェノス 狂サイボーグ化 がS級を全員倒した後にサイタマが戦うって展開。 ドラゴンボールの神と神じゃないけど、サイタマが本当に苦戦するのはサイタマと同質の力を手に入れた何者かしかいない!って思ったんですが。 それで師弟対決ならベタだけど熱いし。 まぁ私の考察が当たった試しなんてありませんが。 最後、サイタマが上記の敵キャラを瞬殺する。 それはもう、全人類が滅亡する瀬戸際でサイタマは圧倒的な強さで勝つ。 これでサイタマの真の強さは全員が知る。 でも何だかんだでサイタマは強すぎて世間や協会は危険視する。 サイタマが万が一人類の敵になったらどうしよう?今のうちに消そう。 ブラストもサイタマと戦いたくなる。 でも、ブラストは瞬された。 サイタマはヒーロー協会に終われる身になって、今まで守ってきた人間や他のヒーローに命を狙われる。 けど、それも瞬殺しちゃう。 ジェノスも勿論助けるけど、最期はサイタマ庇って死んじゃう。 サイタマ無傷。 これはサイコスの見た未来で、サイタマが災害の中心になってるってことなんじゃねーでしょーか?? サイタマが災害を起こす原因としては、周囲の人間の「勘違い」からかなと。 強すぎるが故に、その力を怪しまれ怪人の烙印を押される、サイタマは普段通り怪人退治しているにも関わらず、です。 ブラストに関してはその時に出るのではないでしょーか?ラスボスサイタマを倒すために、市民が最後にかけた希望はブラスト、サイタマは自分が怪人として認識されていることを知り、ブラストにやられたとしてヒーロをやめる。 みたいな? そんな感じやと思うんやけどなー、長文失礼したんごー.

次の

ワンパンマンの伏線考察!ラスボス予想と神の存在について

ワン パンマン 157 話

ブラストの正体は? ワンパンマンファンの間では、 ブラスト=サイタマ説が有効となっています。 何故なら、 ヒーロー協会を作りだした超お金持ちのアゴーニという人は、 サイタマがまだヒーローになる前に、 怪人に殺されそうになっていたところを助けた子供のおじいちゃんであり、 孫を助けてくれた名前も知らないその人のような人を支援したいという想いで、 ヒーロー協会をたちあげたからです。 そして、名も知らぬヒーローにブラストというヒーローネームをつけ、 S級ヒーロー一位の座においている。 というのが、 あるワンパンマンファンの考察で、有力なものとなっています。 個人的には、ブラストの正体は、既存のキャラではなく、 新キャラのような気がします。 何故なら、その方が面白いし盛り上がるから! 実はあいつの正体はこいつでした! っと、既存のキャラクターを指されても、 ふ~んとしかならないし、 話もそれほどに膨らまない。 それだったら、 個性的な新キャラを出して、 話を作った方が盛り上がる! という、メタ的な視点と考え、 そして願望が混ざった結果個人的にそう思っています。 ドラゴンボールでフリーザ様や、セルや、魔人ブゥが、 新たなる敵として登場したときのわくわく感と言ったら、 たまりませんでしたからね! ブラストの正体も、 新キャラとするとワクワク感倍増です。 S級ヒーローの中にも、 これから敵キャラとして登場しそうなキャラクターもいることですし、 ブラストが敵になるのか、それとも味方になるのか、 キャラクターが登場してみない限り分かりません。 あと、どうしてブラストなのか気になります。 ONE先生のことだから、またこういう良い子の見るような記事には 描いてはいけないようなものをモデルにして、 キャラクターを作っているのかもしれませんから。 もし、彼?彼女?がヒーロー資格を取り、 サイタマたちと同じように試験を受けたのなら、 その身体能力はサイタマ以下ということが分かります。 しかし、それ以外にも、 特殊な力を持っていてその力を見込まれて、 ヒーローになったタツマキや、童帝、 個人活動を評価されてヒーローとなったキング(彼の場合は勘違い)のような、 資格試験を受けずにヒーローとなった人もいます。 いずれにしろ、強力な力を持っていなければ、 S級ヒーローにはなれませんので、 かなりの身体能力を持っていることは確かなのでしょう。 しかし、考察することに、 意味がないわけでもありません。 考えて、この先の展開を見守ることも、 一つの楽しみ方だからです。 もしかしたら、 ヒーローネームに彼(彼女?)の正体が隠されているかもしれません。 読みながしてしまったコマの中の台詞の中に、 ブラストの正体を知る為の鍵が隠されているのかもしれません。 考えた分だけ、 読者がそれを考える分だけ、 ワンパンマンワールドは深まっていくと思います。 基本的に、作者さんは人間性の正負や表裏を大体描こうとしているのが根底にある その視点準拠で分析すると「S級第一位にアゴーニがエゴと願望と謎の怪人爆散を起こしまくっている誰か 情報網があれば討伐件数や目撃情報などからおかしい部分は見えるはず への期待をかけてで席を作ってしまった」というのは自然な流れであり 「アゴーニの空回りをサイタマはしょーもねーなと一蹴し、そして真相が明かされた後もサイタマがその座につくことはない」ないし「当事者にそのことが知らしめられる事はなくうまくすれ違う」 …って辺りが個人的な「原作者のWeb漫画で完結していた段階におけるオチ」の予想という事になる 気が変わっている可能性はなくもないが、基本的にはサイタマの壊れ具合や作中に漂う諦観からそうじゃないかなと ただしブラストに関わる乱入者があるように思う そのヒーローネームにふさわしそうな力を揮い、勝手にその人物だと信仰されるような何者かが出現するのではないか…というのが真面目な予想、の続き おそらくはそこでひと悶着起きるだろう 実際はどうなりますことやら… 私の個人的な推測だとブラストはガロウなのではないかと思う。 何故そんな推測に至ったのか、まずは原作94撃目のバングにボコされるガロウの姿を見てほしい。 「覇気の無え拳思い出した…俺を破門にした時もそうだった」とガロウが笑った場面。 ブラストの画像と見比べてみるとどことなくガロウと似ている。 ブラストの服装もサイタマ先生の服装に少し似ていないだろうか。 つまり何が言いたいかというとブラストは未来から来たガロウなのではないかと推測 戦って完敗した相手がサイタマ、未来から来たガロウがそれを真似ているのではないか。 何故真似ているか、どうして未来からガロウが来たのかは色々推測はできるが これ以上書くのがつらくなってきたから省く。 そして92撃目の「その薄っぺらいマントで世界を平等に救えるか、目の届かぬ悲劇を止める手立てはあるのか」 ガロウはこう思ったのではないだろうか…世界を平等に救えないし、目の届かぬ悲劇を止めることはできない。 未来人ガロウが行きついた答えが「いざというときに誰かが助けてくれると思ってはいいけない」 ということなのではないだろうか。 色々書きましたが全て私の推測です、推測の域をでません。

次の