ソフトバンク 配当性向。 【超高配当!増配決定!】ソフトバンク(9434)の決算内容、配当、優待、財務諸表をチェック!

ソフトバンク(9434) : 配当情報|株予報Pro

ソフトバンク 配当性向

ソフトバンクが12月19日に上場決定 主幹事はSBI証券、野村証券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の6社です。 これだけの規模になると大手は当然のことながら入ってきますね。 事前の報道に出ていなくて意外なのがSBI証券ですね。 事業内容は移動/固定通信事業及びICTソリューションの提供となっています。 皆さんご存知携帯電話会社のソフトバンクの通信部門となります。 【事業内容】移動/固定通信事業及びICTソリューションの提供 【主幹事】SBI証券、野村証券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券 【幹事】 松井証券、マネックス証券、岡三証券、岩井コスモ証券、東海東京証券、岩井コスモ証券、水戸証券、あかつき証券、西日本シティTT証券 【その他】カブドットコム証券、岡三オンライン証券 【仮条件】11月30日 【申込み期間(BB)】12月3日~12月7日 【上場日】 12月19日 【公募株式数】 公募0株 売り出し1,603,693,700株 【OA】160,369,400株 【想定価格】1,500円 【吸収価格】2兆6460億円 【時価総額】7兆1807億円 【資金用途】全数売出(売出元:ソフトバンクグループジャパン) 12月3日BBが開始されます。 ソフトバンクのビジネスについて ソフトバンクは移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供を提供しています。 みなさんご存知の携帯電話3大キャリアの一つとなります。 経営理念 情報革命で人々を幸せに ソフトバンクグループは、創業以来一貫して、情報革命を通じた人類と社会への貢献を推進してきました。 人々にとって幸せとは何か。 「愛し愛されること」「日々生きていること」「自己実現」「笑顔」、多くの答えがあると思いますが、幸せとは、感動することと同義であると考えます。 ソフトバンクグループが、何のために事業をしているのか、何を成したいのかといえば、一人でも多くの人に喜びや感動を伝えたい、ということに尽きます。 われわれの創業以来の志が、この理念に凝縮されているのです。 コンピューターのパフォーマンスが飛躍的に増大し、超知性のコンピューターすら使いこなせる、今後人類が迎えるそうした情報のビッグバン「情報革命」の無限のパワーを、人々の幸福のために正しく発展させていくこと。 今後もこの志を原動力に、ソフトバンクグループは成長を続けていきます。 ビジョン ソフトバンクグループは、情報革命で人々の幸せに貢献し、「世界の人々から最も必要とされる企業グループ」を目指しています。 このビジョンの実現に向けて、時代に必要とされる最先端のテクノロジーと最も優れたビジネスモデルを用いて、情報革命を推進していきます。 バリュー 300年成長し続けるソフトバンクグループのDNA。 それは、ソフトバンクバリュー「努力って、楽しい。 」です。 その中でも、特に大切にしたいバリューとして、「No. 1」「挑戦」「逆算」「スピード」「執念」という行動指針を掲げています。 」を掲げています。 このスローガンの下、ITやAI(人工知能)を活用した新しい働き方を実践し、全社員がスマートに楽しく仕事をすることで、イノベーティブでクリエイティブな企業として成長し続けることを目指します。 ソフトバンクの業績 ソフトバンクの業績は売上が年々右肩あがりとなっています。 対して営業利益や当期利益は直近でちょっと落ち込みがありますね。 また、最近は 総務省の圧力で携帯電話料金の引き下げ要求があるのがちょっと気になる所。 ドコモはすでに携帯電話料金の引き下げを発表していますからソフトバンクも追随することは確実でしょう。 そうなった場合の利益の落ち込みがどれくらいになるのかポイントになりそうです。 回次 国際会計基準 第30期 第31期 第32期 決算年月 2016年3月 2017年3月 2018年3月 売上高 百万円 3,410,595 3,483,056 3,547,035 営業利益 百万円 644,046 678,659 641,935 税引前利益 百万円 607,387 636,555 601,315 親会社の所有者に帰属する純利益 百万円 399,520 441,189 412,699 親会社の所有者に帰属する包括利益 百万円 391,418 440,368 418,527 親会社の所有者に帰属する持分 百万円 1,508,396 1,538,814 718,134 資産合計 百万円 4,767,075 4,691,048 5,151,485 1株当たり親会社所有者帰属持分 円 367. 63 375. 05 155. 75 親会社の所有者に帰属する 基本的1株当たり純利益 円 97. 37 107. 53 100. 6 32. 8 13. 9 親会社所有者帰属持分純利益率 % 19. 1 29. 0 36. しかし、ちょっと気になるのが配当性向の高さです。 配当性向とは利益のうちどれだけを配当に回すかってことで今回のソフトバンクはかなり高い水準にあります。 このあたりは同じく配当の多いと同じですね。 配当性向が高いと出る弊害についてはこちらを御覧ください。 ソフトバンクの株主、ロックアップ ソフトバンクの株主の大半はソフトバンクグループとなります。 そのうちの一部が今回売り出される形となります。 また、ソフトバンクグループはロックアップ180日となります。 他の株主はほんとうに少ないですから上場時の売出しはほとんど気にしなくてもよいでしょう。 ストッオプションもあるにはありますがそれほど気にしなくても良いレベルでしょう。 そのため上場時に株を買った人の売出しが初値を決める形となりますね。 かなり規模ですから買い手がどれだけいるのかで初値が決まりそうです。 ソフトバンク当選のための攻略法 今回のソフトバンクは過去最大規模の新規株式公開(IPO です。 そのため株の入手はそれほど難しくないと予想されます。 そのため何枚手に入れられるかがポイントになりますね。 特に主幹事がたくさんいますからここに応募は当然必須ですね。 他の当選のためのポイントは下記の記事を御覧ください。

次の

【ソフトバンク上場】株価予想や初値は!配当性向85%目標の落とし穴

ソフトバンク 配当性向

ソフトバンク 2020年3月期2Q 子会社2 これに加えて、業績が好調なZOZOを子会社化します。 私はZOZO株の株主でしたが、今回のTOBに応じて、ZOZO株を売却しました。 また、先日はLINEをグループに迎え入れることが決まっています。 単に親会社であるソフトバンクグループのキャッシュマシーンという印象しかもっていなかったのですが、見方を改めました。 携帯事業も好調ですし、非通信分野は買収などによって、急速に魅力的は事業ポートフォリオを構築しつつあります。 成長企業としても魅力的になっているのではないでしょうか。 LINEはLINEペイキャンペーンの影響もあり、大赤字の会社ですが。 配当性向85%の高還元 そして、ソフトバンクの魅力はその 配当利回りの高さです。 配当性向85%と非常に高いので、配当金狙いにはうってつけの銘柄と言えます。 銘柄名 ソフトバンク NTTドコモ KDDI 銘柄コード 9434 9437 9433 業種 情報・通信 情報・通信 情報・通信 株価 1,483. 5 円 3,007. 0 円 3,150. 0 円 売買単位 100 株 100 株 100 株 時価総額 71,017 億円 100,290 億円 74,194 億円 予想PER 14. 8 倍 17. 3 倍 11. 9 倍 PBR 6. 45 倍 1. 82 倍 1. 69 倍 予想配当利回り 5. 7%とNTTドコモやKDDIと比較しても、魅力的です。 見てきたように、配当性向は高いものの、親会社であるSBGの重要な資金源であり、事業環境もいいことから減配リスクは低いのではないでしょうか。 ROEは3社の中で最も高い 44%となっています。 ソフトバンクは、指標面で特別割安なわけではありません。 配当金の安定度• 配当利回りの高さ• 株価が低いので投資しやすい水準 なども考えると、魅力的な投資先と感じます。 配当株として、持ちたい銘柄と言えますね。 ではでは。

次の

ソフトバンク上場、「配当性向85%」のなぜ?

ソフトバンク 配当性向

大手証券会社の店頭にはソフトバンクのIPOを告知するポスターが並ぶ(撮影:梅谷秀司) 12月19日、ソフトバンクグループ傘下の携帯電話事業子会社、ソフトバンクが上場する。 ある60代の女性は、大手証券会社の担当者から「年間配当利回りが5%を超える銘柄は珍しい」「機関投資家への割り当てが少なく、上場後に彼らが購入すれば上昇が見込める」と勧められ、「300株を購入した」という。 ただ、「通信障害もあったし、少しでも値が上がったら売るつもり」(同女性)だ。 ソフトバンク株に踊る証券会社 ソフトバンクグループの売り出し調達額は約2. 6兆円。 東証1部の1日の売買代金に匹敵し、1987年のNTT上場時(約2. 3兆円)を上回り、過去最大の規模となる。 超大型上場は日本取引所グループ、主幹事証券団の威信をかけた案件だ。 今回の主幹事証券団には野村証券、大和証券など6社が名を連ねる。 今回上場するソフトバンク株のウリは、利回りの高さだ。 配当性向は85%を目安とし、上場企業の平均約30%、NTTドコモの49. 6%、KDDIの38. 2%(2017年度実績)を大きく上回る。 配当額を株価で割った年間配当利回りは5%で、この数値をセールストークに用いるため、売り出し価格の仮条件は1500円の一本値で決められた。 これまでブックビルディング方式では仮条件価格に幅を持たせ、需給動向を見たうえで決定してきたが、一本値は初めてだ。 証券会社にとって、ソフトバンクグループは約18兆円の有利子負債を抱え、10兆円ファンドを運用する上得意様。 一般的に主幹事証券の手数料は3%程度とされる。 今回は規模が大きいためやや下回るようだが、それでも巨額の手数料だ。 テレビCMやネット広告、積極的な営業でムードを盛り上げる。 だが、祭りの後に待っているのは楽観できない現実だ。 ソフトバンクグループはソフトバンク株の37%弱を売却する。 この比率をめぐっては、かねて親子上場による利益相反が懸念されてきた。 大株主であるソフトバンクグループの都合で、ソフトバンクに不条理を強いれば、ソフトバンクの少数株主の権利や利益が損なわれるという問題だ。

次の