おさかなマスク はまくま。 おさかなマスク。: Notebook

Clair

おさかなマスク はまくま

とか言って無地ですが(笑) 縫う箇所が少ないので手縫いでも簡単だという声がありましたが、ミシンを使いました。 端を折るときはアイロンをかけるとしっかり折れて縫いやすいと思いますが、私はめんどくさがりなので指でギュッと圧をかけました(笑) ゴムはストッキングの輪切りを使うので最後に通すのではなく、先にゴムを巻き込んでから端を縫いました。 色が同化していますが、上にあるのがストッキングです。 (このまち針カワイイでしょ。 見せるためだけにここに刺しました 笑) 縫い終わったら表にひっくり返します。 ここにティッシュやキッチンペーパーなどを入れることができます。 布を入れて厚さを調節してもいいですよね。 ちょっとマスクの周囲がタルンとなるのが気になります。 うち布はみ出るし。 これは下手なのが原因ですが(笑)柔らかい布を使ったからだと思います。 アイロンかけたらピシッとするかな?とも思ったのですが、ステッチをかけてアレンジしました。 周囲のタルンとした感じがなくなり、ピシッとなりました。 これはお好みですね^^ おさかなマスクのつけ心地はどんな感じ? さて肝心な「おさかなマスク」の使い心地ですが・・・ (今度、着画載せますね。 ) 鼻からアゴまでスポッと覆われていい感じです。 「ぴったりフィットタイプ」で作ったのですが、圧迫感はありません。 ちょっと大きいかな~?とも思いますが、これ以上小さくなると苦しそうなので許容範囲です。 上下の形が同じなので、マスクをつけるときにどっちが上だっけ?と悩むこともありません。 マスクが買えなくなってから、いろいろ試してみました。 縫わずに折りたたむだけのマスク.

次の

おさかなマスクの作り方が超簡単だった!作ってみた感想とつけ心地を紹介

おさかなマスク はまくま

子ども達は、学校では、コロナウィルス対策で、色々と今までの学校生活とは違う生活に、 少し戸惑いながらも、やはり友達との学校生活は楽しいようで、毎日、元気に通学しています。 ただ、30度越えの日々が続く中、不織布マスクを常につけているのが、大分、 大変そうだったので、夏用マスクを楽天市場でも探しましたが、フィルターを挟めるタイプが あまり見つけれなかったので、裁縫下手な私ですが、布マスクに初挑戦してみました。 有り難いことに、今は、ネット上に沢山のマスクの作り方がupされていて、 どれも、とても素敵なのですが…。 裁縫不慣れな私には、ちょっとハードルが高そうな感じで…。 どうしようかと、本なども探してみたのですが…。 なかなか作れそうなものに出会えず…。 形から入るタイプなので、まだ作り方も決まっていないのに、材料だけを先に集めるという 日々の中…。 とうとう出会えました!! 裁縫下手な私でも作れて、フィルターを挟めるタイプのマスク!! そして、出来たおさかなマスクの一部がこちらです。 左上が、長男のもので、ぴったりフィットタイプの型紙を90%に縮小して、作りました。 小学校高学年から中学生くらいまで使えそうなサイズ感で、長男にもピッタリです。 右上、右下が、次男と長女のもので、ぴったりフィットタイプの型紙を80%に縮小して、 作りました。 幼稚園児から小学校低学年くらいまで使えそうなサイズ感で、次男と長女にも ピッタリです。 左下の花柄が、私のもので、ぴったりフィットタイプの型紙を使って作りました。 表布は、ダイソーさんやセリアさんの手拭いやはぎれを使って作っている事が多いです。 右下のピンクのバンビ柄のものは、以前購入していたリバティプリント生地があったので、 そちらを使用しています。 今回のスーパーセールでも、早速、マスク用に2セット購入しました。 裏布は、全て、白色のダブルガーゼ生地で作っています。 ダイソーさんで購入したウェットティッシュケースに入れて、一枚づつ取り出しやすく 保管しています。 こうしておくと、朝のドタバタ準備中にも使いやすいです。 子ども達曰く、不織布マスクよりも、おさかなマスクに、こちらのフィルターシートを はさんだ方が、暑さが軽減されるそうなので、我が家は、こちらで、夏を乗り切りたいと思います。 週末も、まだまだおさかなマスク作り、頑張りたいと思います。 メラレウカのroom ブログランキングに参加しています。 宜しかったら、クリックをお願い致します。

次の

【型紙・作り方ダウンロードあり】HKマスクを超える⁉願いがぜんぶ叶う、夢の「おさかなマスク」誕生!

おさかなマスク はまくま

もはや日常品となってきた布マスク。 HKマスクを始めとする目ぼしいものを作って比べた結果、絶対外せない「欲しい機能」があると気が付きました。 例えば、手縫いの縫い目を目立たなくしたい、ファンデを付きにくくしたい、柄がゆがめずにきれいに仕上げたい……など。 そこで、そんな願いをすべて叶えてくれるものを考えてみました! すべての願いが叶う「おさかなマスク」を考えました! 命名の由来は、完成した型紙がまるでお魚みたいな見た目になったことから(笑)。 何度も作り直して、やっと完成しました! マスク作り初心者さんにも、もうたくさん作っている方にも満足してもらえる「最強機能」を搭載しています。 こちらは、はまくまさんがマスク作りを楽しんでいただくために考案してくださったものです。 そのような行為は一切禁じさせていただいております。 生地に合う色の糸がないし、ミシンでも表に見える部分をきれいに縫うのは緊張する……。 でも、最初に作ったポケットタイプだと、ペーパーを入れるのにすっきりはまらず、いつも手間取りました。 そこで、「ポケットに入れる」のではなく、「たたんで両端を挟みこむ」ことにしたら、ストレスなしに! 挟む箇所を左右に作り、ティッシュペーパーなら2つ折り、キッチンペーパーなら3つ折りがぴったり入るように設計しました。 また、布やペーパーの厚みで呼吸しにくくならないようお気を付け下さい。 加えて、上部分に入れがちな「ノーズワイヤー」をなくしたことで、「あれ?どっちが上だっけ?」「ワイヤーが邪魔で洗いにくい」という、プチストレスが解消しました! 作ること、つけることを楽しめるマスク作りをしていきたい 最初は「作る」ことがハードルだった、布マスク。 使っているうちに「毎日お手入れしやすい」「洋服と一緒で、着用できればいいだけではなく、色も形も好きなものであることが大事」と気が付きました。 そこで、そんな気持ちを叶えるために「おさかなマスク」を考案。 早速、型紙を作ってみました。 布マスクには、平面タイプ、プリーツタイプなどたくさんの種類があります。 それぞれ良さがあるので、一番自分にあったものを使うのがベスト! おさかな型紙で作ったマスクが私だけのベスト、ではなく、あなたのベストにもなったら嬉しいです。 「おさかなマスク」の型紙と作り方を大公開! 顔にぴったりフィットするタイプ(圧迫感はありません)、ゆったり使えるタイプの両方を用意しました。 ダウンロードしていただき、A4の紙にプリントして使ってください。 こちらは、はまくまさんがマスク作りを楽しんでいただくために考案してくださったものです。 そのような行為は一切禁じさせていただいております。 引用いただくときは必ず、こちらのWEB記事を出典元と記載してください。 取材・文/はまくま 【こちらの記事もおすすめ】.

次の