教場 キャスト。 木村拓哉主演『教場』ドラマ、キャストまとめ。実際の警察学校もこんな感じ?

教場相関図キャストを画像付きで紹介!明石家さんまが友情出演!|ENTAMENOTE

教場 キャスト

Sponsored Link 『教場』がドラマ化。 キャストやあらすじは? 『教場』の気になるキャストを調べてみました。 あらすじ 今回木村拓哉さんが演じるのは、警察学校のカリスマ教官・風間公親 かざまきみちか という役です。 極限状態を生き抜く生徒それぞれのよこしまな思惑を監察力に長けた教官が暴いていくミステリー。 過酷な警察学校で覚せいしていく生徒たちの青春物語や、厳格なカリスマ教師が個性あふれる生徒たちとガチンコで向き合う人間教育も描かれています。 主演の木村さんは「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので驚く方が多いのではないかと思います。 」とコメントしています。 ドラマの中でどんな木村さんが見られるのか、楽しみですね。 キャストについて 今のところ、主演の木村拓哉さんしか発表されていないようです。 木村拓哉さんが今作で演じるのは 冷酷無比な警察学校の教官という役どころだそうです。 他キャストとしては、鬼教官の木村拓哉さんに目をつけられる警察学校の生徒たちですよね。 どんなキャストになるのか楽しみです。 わかり次第追記します。 写真の顔がすごい!(笑) 他に、警察学校を舞台としたドラマがないか調べたところ、見つかったのでご紹介します。 『陽はまた昇る』です。 2011年、テレビ朝日系列の「木曜ドラマ」枠で放送されました。 教官役に佐藤浩市さん、生徒役に三浦春馬さんや池松壮亮さん。

次の

教場【ドラマ】相関図やキャスト登場人物は?キムタク主演の特別ドラマが話題!

教場 キャスト

今回はドラマ『教場』の後編について書いていきたいと思います。 前編で息を呑む展開と重厚な演技と演出を魅せてくれていたドラマ『教場』。 後編もその魅力をまったく損なうことなく、むしろ右肩上がりに緊迫感と感動を与えてくれました。 つまり最高だったということです。 それではドラマ『教場』後編の紹介です。 原作は 長岡弘樹による『教場』シリーズ 脚本は 君塚良一 演出は 中江功 ドラマ『教場』キャスト 木村拓哉 工藤阿須加 川口春奈 葵わかな 井之脇海 富田望生 味方良介 村井良大 佐藤仁美 和田正人 高橋ひとみ 筧利夫 光石研 大島優子 三浦翔平 小日向文世 三浦貴大 伊藤健太郎 上白石萌歌 佐久間由衣 嘉島陸 ほか。 ドラマ『教場』後編あらすじ 教官の風間公親 木村拓哉 が担任を務める教場で新たな事件が起こります。 南原 井之脇海 に手紙を届けに行った宮坂 工藤阿須加 は宮脇が不在のため部屋に入り机の上に手紙を置いた時に不審な本を発見します。 開いてみると拳銃に関する本で、中には南原が自ら設計したと思われる設計図も存在していました。 南原は楠本 大島優子 をサバイバルゲームに誘ってもいましたが、拳銃マニアで自作の拳銃も製作していたのでした。 そして宮坂はこの手作りの拳銃も南原の部屋で発見してしまい、動揺しているところを南原に襲われます。 南原は銃で宮坂を脅し他言しないようにと宮坂の警察手帳を「人質だ」と言って奪い取りました。 バラせば警察手帳を教官室の前に落としてお前も俺もクビになると宮坂に告げました。 警察手帳を紛失することは警察学校では即退学を意味します。 宮坂は元々風間から何かあったら何でも報告するように言われていましたが、警察手帳をなくしてクビになるのが怖くてこのことは風間に告げられずにいました。 しかし風間はすぐに宮坂の胸の左ポケットに膨らみがないことに気付き、宮坂に警察手帳がないことを指摘し問い詰めました。 風間は他の教官に部屋やトイレなどを捜索させ、南原の作った手づくりの拳銃を手に入れます。 南原は単なるおもちゃだと言い張りますが、それならば人に向けて撃っても問題ないなと風間は南原に銃口を向けて宮坂の警察手帳の在り処を詰問します。 恐怖に勝てず南原は音楽室に隠していることを喋ります。 しかし風間は銃口を変わらず南原に向けています。 南原はあまりの恐怖に泣き叫びます。 風間は射撃場の的に銃口を向けて目線は南原に向けたまま引き金を引きました。 轟音と共に弾丸は的の真ん中に命中していました。 「これがおもちゃか」と言い残し、風間はその場を去りました。 菱沼 川口春奈 は枝元 富田望生 と共に警察学校のテレビの密着番組に出演しました。 容姿端麗で外見に常に気を遣っている菱沼は警察のお偉いさんを親に持つ生徒でした。 菱沼が話し枝元が隣で手話をしてテレビの取材を行いました。 しかし枝元の手話の一部が菱沼の話している言葉ではない意味の手話であることに放送を観た風間が気がつきます。 その頃枝元は兄が入院を余儀なくされ実家の旅館に戻って跡を継がなければならなくなってしまいます。 枝元はそのことを菱沼をはじめみんなに黙っていました。 そして枝元は今まで菱沼の言う事を何でも聞いてきていましたが、菱沼に対して訓練などでも手加減することをやめて菱沼を驚かせます。 しかしこれは菱沼のことを思っての枝元の行動でした。 枝元は警察学校を去ることになります。 菱沼は枝元が去っていくことに悲しみと感謝の気持ちを痛いほどに感じ、2人で出演したテレビ番組を見返します。 そこで菱沼は枝元が風間に本気で恋をしていることに気が付いたのでした。 枝元は退校する日、花に水をやっている風間の後姿を見て大粒の涙を流しながら警察学校を去りました。 風間は枝元の存在と気持ちに気付いていて優しさから振り返ることはありませんでした。 都築 味方良介 、楠本、菱沼、日下部 三浦翔平 、宮坂らのグループは最後の課題をクリアできずに風間に呼び出されます。 そこで風間は都築の父親の話を出し、都築は自分の過去を話し出します。 警察官を憎んでいると言っていた都築でしたが、本当は過去の自分に起きた出来事から、弱い者の味方になる、寄り添う事の出来る警察官になりたいのだという思いを涙を流しながら吐露します。 風間はこの言葉を聞いて、「君のような警察官をたくさんの人が待っている」と言葉を掛けました。 そして被害者の気持ちを第一に考えなくはいけないという答えに辿り着いた5人は課題をクリアし、卒業の資格を得ることになりました。 卒業式の日、鬼のように厳しかった風間と生徒たちの間には強い絆ができていました。 風間は生徒たちに言葉を掛けて門出を祝いました。 風間には警察学校を卒業してから自分についた部下が若くして命を落としてしまった過去がありました。 生徒たちに厳しくするのはこのためで、すべては生徒たちのために、優しさ故に行っていたことでした。 風間教場の卒業生たちは堂々と明るく、前向きに交番勤務へと巣立っていきました。 そして風間は新たな生徒たちの前で、再び教壇に立っているのでした。 ドラマ『教場』後編感想・評価 前編を観ている時はとにかくドキドキして緊迫感がすごくて観ていてとにかく疲れた感じだったのですが、後編は風間の優しさがどんどん滲み出てきて気が付いたら涙腺が緩んでしまっていました。 正直『教場』で泣くとは思っていなかったので泣いている自分に驚いてしまいました。 生徒たちの成長していく様の演技も皆さん素晴らしくて、それも涙を誘われた大きな要因だと思います。 それぞれ個性に溢れていてそれでいてリアリティがちゃんとあって、全体的に非常に質の高い演技を魅せてくれる作品だったと思います。 そしてやはり木村拓哉さんがとにかく素晴らしかったです。 心から風間公親が木村拓哉さんで良かったと思っています。 というか木村拓哉さんが良すぎて、他の俳優で誰が風間公親を演じられただろうかと考えてもまったく思い浮かびませんでした。 それぐらい役を完璧に自分のものにされていて、木村拓哉さんではなくて風間公親が確かに存在していました。 ここまで『教場』に夢中になれたのは木村拓哉さんあってこそだと強く思います。 特に最後に生徒たちに声を掛けるシーンでは『最高だ!』と声に出しそうになったほどです。 個人的には三浦翔平さん演じる日下部に掛けた言葉がとっても好きです。 単純に痺れました。 俳優木村拓哉は本当に最高だと改めて強く感じさせられました。 『グランメゾン東京』からすぐにまた至極の時間を与えてくれて本当に感謝です。 最後に、道場でのワンシーンで腕を組んでいる時が、手を脇に入れる尾花の腕の組み方だったので一人で反応してしまいました。 また芹田が真似しちゃうなぁ 笑 そして『さんタク』観た後のさんまさん出演は異常にほっこりしてしまいました 笑 ドラマ『教場』本当に最高でした。 ただ、新たな生徒が豪華すぎるので、これは続編ですかね。 期待して待ちたいと思います。

次の

SPドラマ 教場キャストとあらすじ!キムタクが警察学校の冷徹教官に

教場 キャスト

『教場』(フジテレビ60周年特別企画ドラマ)が2夜連続で放送されました。 普段はテレビを見ない筆者も、『教場』の世界観に引き込まれて、テレビの前に陣取ってしまいました。 『教場』は、警察学校の教官(木村拓哉さん)と、生徒一人一人とのやり取りに、恐怖して、驚かされて、感動して、泣いて…と感情のジェットコースターを味わうことのできたドラマでした。 筆者は、『教場』が神ドラマ!と感じるほど大大大絶賛していますが、他の人はどう感じたのだろう?と感想を調べると…これまた大絶賛の声で溢れていました。 「面白い!」「連ドラ希望!」「続編望む!」というツイートで感想が溢れていて、日本中が『教場』の素晴らしさに感動した2日間だったことが伺えます。 『教場』が神ドラマ!面白い!連ドラ希望!と大絶賛の感想が続出! 『教場』(ドラマ)の感想をリサーチしてみると、大絶賛の感想が続々と上がっています。 感動した。 リチャード・ギアの「愛と青春の旅立ち」、トム・クルーズの「トップガン」と並ぶ学校モノの名作だと思った。 元警官の監修仲間が『ココはリアリティーか…』とブツブツ言ってるが、そんな些細なことは関係ない。 とにかく良かった。 近年、中々ドラマで観る事ができないテーマと内容だった。 健太郎君たちは原作通り、次の風間教場の生徒たちだった。 もっとガッツリ共演したかったよね。 という事で続編を希望します。 そして、風間教場は映画でお願いします。 優しい言葉が愛情ではないし、認めた風におだてることが指導でもないですが。 ここまで追い詰め、剥ぎ取り、晒していくのかと。 生きる力が、叩き起こされるような。 自分の本性を捕らえて、やっと、周囲の人々に届くというような。 凄まじかったです。 — 生田美和 shodamiwa 途中で呟く事さえ出来ないくらい、気持ちが揺さぶられた凄い作品だった。 重い内容もあったのに、観終わった後も清々しい。 誰が何が素晴らしいじゃなく全て 教場を作り上げた全てが素晴らしかったんだと思う。 『教場』が神ドラマ!面白い!連ドラ希望!の感想が続出!絶賛される理由は? 『教場』が「神ドラマ」と大絶賛され、「面白い!」「連ドラ希望!」という感想が続々と生まれている理由は何なのでしょうか? ドラマ『教場』の魅力を、みんなの感想から考えてみたところ、• 主演の木村拓哉さんの演技力の素晴らしさの再認識• 連ドラを一気見したような迫力・緊張感・満足感• 随所に隠される伏線や豪華キャストに目が離せない の3つが大きいかな?と筆者は思いました。 木村拓哉さんが演じる風間教官が、素晴らしい!という感想が多く見られました。 容姿もカッコイイとは程遠く・・・ご本人のオーラがすごいので、それでも漏れ出るカッコ良さはあるのですが・・・白髪に、義眼に、笑顔なしでした。 木村拓哉さん主演と聞いて「気軽に楽しめる警察官のあつーい成長物語かな?」と予想していた視聴者を良い意味で大きく裏切ったのだと思います。 いや、教場の木村拓哉さん。 凄いって!! そして、木村拓哉さんの場合は、どちらかというと後者(役を自分の物にしてしまう役者)のタイプの役者さんで、しかし、そこがマイナスな意味合いで評価されてしまう傾向があるようです。 しかし、ドラマ『教場』では、そのように揶揄する人たちをも黙らせるだけの気迫を感じさせる演技だったのではないでしょうか? 筆者は、風間教官を演じる木村拓哉さんは、「キムタクだけどキムタクじゃなく、でも最もキムタクだった」役だったんじゃないかなぁ?と筆者は思いました(見た方にはこの意味が伝わるはず!)。 生徒ひとりひとりが抱えている闇の深さ、悲しさ、苦しみに視聴者も胸が苦しくなったり、その闇を冷酷な眼差しで見抜く風間教官に恐怖を感じたり、その冷酷さに隠れた風間教官の深い愛情を知り感動したりと、感情を全て持っていかれます。 生徒ひとりの話が、1話完結ドラマくらいの濃厚さで描かれているため、感情のジェットコースターです。 その上、ひとつの物語(ひとりの生徒の話)が次々と展開していく群像劇にもなっているので、連続ドラマを一気見しているかのようでした。 見る前はキムタクが前面に出て圧倒的な存在感で生徒をしごき倒すドラマかと思ってたけど、闇深い生徒が完全に闇落ちする前に手を打つという真逆のドラマでした。 生徒一人一人のキャラ作りもしっかりしてるし若手役者が自分の腕をしっかり見せてそこに木村拓哉の存在感で更に画力を出してるなぁ — せっきー 実況垢 KO6IoFJdp7pjTab これ連ドラじゃなくて大正解。 問題あり生徒を一人一人1話ずつフューチャーさせていく連ドラよりもこうやって息つく間もないうちにどんどん闇が暴かれていく方がハラハラしてこの物語の良さが出る気がする。 序盤と終盤で全然違う雰囲気なの、ひとつの物語と群像劇を同時に味わうようだったし、視聴感が清々しい。 あの数の登場人物のキャラクターや背景がきちんと見える作りなのもよかったし、何より彼らを導く風間が魅力的だった。 — なつめ daisy9000 これ、生徒一人(1組み)のエピソードを一話として連ドラでやるフォーマットだよなー。 それを前後編に濃縮して収めてるから緊張感が続いてやたらと疲弊するんだよな。 でもそれがこのドラマには上手く作用してる。 これを木村くんにオファーしたのもすごいけど、それに応える木村くんもすごい。 本当に面白かった。 期待以上だった。 見ながら呟くのは難かしい。。 細部にまで作り込まれた『教場』の世界観に、一瞬たりとも目が離せなかった視聴者も多かったはず。 花壇の花に隠されていた泣ける「花言葉」 ドラマ『教場』の前編・後編を通して、花壇の花がキーとなっていました。 風間教官(木村拓哉さん)に隠された過去が、その花壇には隠されていました。 そしてもうひとつ、その花壇に咲いている花自体にも大きな意味が隠されていたことに気づいた視聴者もチラホラいたようです。 の花壇に咲いている百日草の花言葉。 『不在の友を思う』 『遠い友を思う』 『別れた友への想い』 『絆』 『古き良き時代』 『いつまでも変わらぬ心』 『幸福』 『注意を怠るな』 — よしだ 44da38 キムタクのドラマに意味ありげに映る百日草 ジニア の花言葉が「不在の友を想う」「注意を怠るな」 なるほど、、、 — ココヤシ bleu702 今のお花、百日草の花言葉は 『不在の友を思う』『遠い友を思う』『別れた友への想い』『絆』なんですよ😭 そして、 の演技力凄まじい重厚なドラマになりましたね。 この花言葉の意味を知って涙腺崩壊した視聴者も少なくないはずです。 見入ってしまった。 最後の最後のチョイ役しかもセリフなしで伊藤健太郎さんとか佐久間由衣ちゃんとかを起用する辺りに本気度を感じました。 第2章もしくは最後の伊藤健太郎さんとか佐久間由衣ちゃん達のストーリーで月9で連ドラ化もしてほしいと思った。 昨年末の 再放送にはこんなフリがあったのか。。。 — 和田正人 daaaaaawaaaaaa さんタクでさんまさんが教場のことで言っちゃダメなこと言ってて、全カットされてたのこのことだったんだろうなーwwww いやー良きドラマでした。 — ゆーた yuutan14275 あえて言葉にしない演出!隠されたままの教官の過去・ゆなちゃんの思い ドラマ『教場』の全編をとおして、キーとなっていたのが風間教官の過去でした。 風間教官の過去を探る生徒が現れたり、風間教官の口から少しずつ語られたりしていましたが、はっきりと言葉にはされませんでした。 回想シーンも描かれませんでした。 見ている側が、ところどこで出てくる過去のカケラを拾い集めて、自分自身でおぎなう必要があり、だからこそ逆にドラマの余韻が残るかたちとなりました。 また、ゆなちゃん(富田望生)が手話で「好き」と伝えた相手が、実はゆなちゃんの好きな相手へ向けたものだったというシーンについても、はっきりと言葉にはされず、視聴者に確かな確信を持たせない余白のある演出でした。

次の