近く の ネット スーパー。 東急ストアネットスーパー

ネットスーパーオークワ

近く の ネット スーパー

「スーパーに行くの面倒だなぁ。 自分の時間がほしい!」 洗濯に掃除に料理。 そして保育園の送り迎え。 家事や育児に追われていると、自分の時間が全然とれません。 昼寝をしたり、趣味の時間を作ったり、もうちょっとゆっくりしたいですよね。 そんなときは、ネットスーパーを利用してみましょう。 スーパーに買い出しに行く時間さえなくなれば、時間に余裕ができます。 それに、重たい野菜やペットボトル飲料も運ばなくていいし、坂道を自転車で一生懸命に登る必要もない。 雨の日だって大丈夫!とにかく、楽なんですよね。 我が家でも、何度も利用したことがあります。 とはいえ、「ネットスーパーって料金が高そう」と思われるかもしれません。 いくら楽になっても、送料や手数料がかかって家計を圧迫するのは心配ですよね。 しかし、最近のネットスーパーは、チラシの特売価格と同じ料金で購入できたり、送料がたったの100円だったり、安く購入できるサービスがたくさんあります。 このページでは、安くて便利なおすすめのネットスーパーを比較して紹介します! (1)配達エリア (2)配送時間(当日も配達してくれるか) (3)商品の品ぞろえ (4)価格の安さ (5)送料・配達料金 (6)入会金・年会費 (7)サービス内容(ポイントやキャンペーンなど) それぞれ詳しくみていきましょう。 (1)配達エリア 最も重要なのは配達エリアです。 当日配送してくれるネットスーパーもあるので、広範囲でカバーしていないこともあるんですよね。 そのため、自宅が配達エリアから外れていると、サービス自体が利用できません。 (2)配送時間 最短で当日に配達してくれるネットスーパーもあります。 当日なら夕飯の支度にも間に合いますし、冷凍食品や生鮮食品も安心して注文できますよね。 自分がスーパーに行くよりも圧倒的に楽できます。 (3)商品の品ぞろえ 野菜やお肉、魚、卵、冷凍食品、加工食品、日用品など、スーパーで購入するものは多様にあります。 例えば、野菜やお肉などの鮮度が大切な食品も、冷凍食品のようなドライアイスが必要なものも、ペットボトルやお米のように重たいものもネットスーパーで購入できます。 (4)価格の安さ 価格は、何を求めるかにより判断しましょう。 普段から買うような野菜や加工食品は安い方がいいですよね。 チラシの特売品と同じ価格で購入できるネットスーパーもあります。 また、オイシックスのように、ブランド力のある商品を扱っているところは、価格は高いけど味が抜群においしいです。 (5)送料・配達料金(6)入会金・年会費 それと、ネットスーパーで気をつけたいのが「送料(配達料金)」と「入会金や年会費」。 商品が安くても、送料が高いと損した気分になりますよね。 年会費無料や一定金額を購入すれば送料が無料になるネットスーパーもありますので、よく確認しておきましょう。 (7)サービス内容(ポイントや調理など) 支払いにnanacoやクレジットカードを使えることでポイントを貯めたり、キャンペーンが頻繁に行われているとお得に買い物ができます。 また、注文時に指定しておけば、魚の調理までしてくれるネットスーパーもあります。 おすすめのネットスーパーを比較 ここからは、おすすめのネットスーパーを紹介します。 楽天西友ネットスーパー|最短当日配送 楽天と西友のネットスーパー。 生鮮食品も日用品まで低価格で購入できます。 配送時間は、購入日を含む4日間のなかで、選択可能な日時を選べます。 時間は、2時間単位で選べるので、帰宅や在宅状況に応じて、細かく調整できます。 最短当日配送も可能。 また、お支払い100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。 また、楽天ポイントを支払いに使うこともできます。 Amazonパントリーのロゴが付いた商品を、使用率が100%になるまで1箱に詰め込めます。 生鮮食品はありませんが、インスタント食品やドリンク、調味料、お菓子などの食品を購入できます。 トイレットペーパーやティッシュペーパー、洗剤など、日用品もまとめて購入できます。 通常配送であれば送料無料です。 日時指定は通常有料ですが、会員であれば、無料です。 そのかわり、1箱あたり、390円の手数料がかかります。 まとめて買うほど割引額アップするやが配布されていることもあるので、チェックしてみましょう。 配達エリア 一部地域を除き全国対応 配達料金 1箱あたり390円の手数料 配送時間 日時指定可能 会員以外は200円かかります。 割引セールやクーポンも多く、野菜や果物、お肉、加工食品などを低価格で購入できます。 対象の配送エリアに限られますが、最短で当日~翌日に届けてくれる配送スピードも魅力。 受取りは朝8時から深夜0時まで指定可能。 出勤前や帰宅が遅くなっても受取りやすいです。 Amazonフレッシュは、またはの会員専用のサービスです。 どちらか一方の会員になることで、利用できます。 さらに、月額500円(税込)のに登録することで、4,000円以上の注文で配送料無料になります。 最低注文金額が4,000円であることに注意してください。 地域に密着しているので、使いやすさが最大の魅力です。 16時までの注文なら当日に配達してくれるので、近所のスーパーと同じ感覚で使えます(一部対象外)。 また、交付日より4年以内の母子健康手帳の提示で、配達料金が登録日より4年間いつでも102円(税込)になり、育児で忙しい人にもおすすめです。 取扱い点数の多さやnanacoのポイントが貯まるなど大手スーパーならではの強みも。 1都10県で、毎週220万世帯以上が利用。 関東エリアでは、一番多く利用されているサービスです。 野菜・肉・魚・冷凍食品から生活雑貨まで、毎週2,000品目以上の商品が購入できます。 赤ちゃんや年配の方向けの商品も充実しています。 食パンや牛乳、ドレッシングなど、コープのオリジナル商品も人気があります。 イオンは全国展開しているので、配送エリアが広いのが特徴。 リーズナブルな価格で買いやすいプライベートブランド「トップバリュ」や育児用品、衣料品など、食品以外の取り扱い品も豊富です。 WAONポイントプレゼントやときめきポイント2倍などイオンならではのお得なキャンペーンも。 ヤフーとアスクルが運営しています。 午前8時までの注文確定で、最短3日で配送してくれるのでも魅力。 また、TポイントやPayPayが利用できる希少なネットスーパーです。 カタログ、もしくはアプリを使って商品を注文するだけなので簡単です。 不在時でも専用のボックスに入れてくれるので、受け取り可能ですよ。 取扱商品も豊富。 時短ごはんや子育てに便利な離乳食など、主婦のアイディアを形にした商品が人気です。 セブンミール|弁当や惣菜も配達してくれる セブンイレブンの宅配サービスです。 セブンイレブンで購入できるお得なプライベートブランド「セブンプレミアム」や生鮮食品などを注文できます。 価格も安いので、セブンイレブンが好きな人におすすめです。 お弁当や惣菜、デザートも充実しているので、ランチや忙しい時の食事にも活用しやすいです。 自宅への配達だけでなく、職場やお店での受け取りも可能ですよ。 配達エリア 全国(セブンイレブンがセブンミールを提供している地域) 会員登録時に確認できます 配達料金 3,000円(税込)以上で無料 3,000円以下は1回配達料200円(税抜き) 配送時間 最短翌日 入会金・年会費 無料 配送地域に入ってないなら食材宅配を使おう! ネットスーパーは、自宅近くのスーパーから配達してくれます。 そのため、自宅が配達エリアに入っていないと利用できません。 その場合は、食材宅配を利用しましょう。 全国どこでも野菜やお肉などの商品を配達してくれます。 大地宅配 大地を守る会|健康を考える人におすすめ 40年の実績がある食材宅配サービス。 安心安全にこだわり抜いた、食材を販売が特徴です。 野菜は有機質肥料を使った土壌づくり、除草剤や土壌消毒剤は使わない、農薬の使用を最小限におさえるなど。 加工食品も化学調味料や食品添加物はなるべく使わない商品が販売されています。 また、食品だけでなくオーガニックの化粧品や洗剤や衣料品の取り扱いも豊富。 健康や子どもの安全を考える人に、おすすめの宅配サービスです。 我が家も注文したことがありますが、味がすごくおいしくてびっくりしました。 価格はやや高めですが、記念日にたまに贅沢をしたり、おいしい食材で料理をしたい人にはぴったりです。 人気商品を集めたお得なお試しセットがあるので、はじめての購入にすごくおすすめです。 配達エリア 全国 配達料金 一定額以上で無料 配送時間 定期お届け(キャンセル可能) 入会金・年会費 無料 らでぃっしゅぼーや|低農薬の食材が豊富 らでぃっしゅぼーやは、有機野菜、低農薬野菜などを販売する宅配通販です。 「使わなくてもいい農薬は使わない」「栽培が難しくてもおいしい品種を目指す」を掲げていて、国で制定された基準よりも厳しい、独自の商品取扱基準「RADIX」をクリアした安心安全の野菜を多く取り扱っています。 定期購入は、最初にらでぃっしゅぼーやが提案する食材セットのコース登録が必要です。 入会後に、コースや商品の変更ができます。 自由に食材をセレクトできるコースもありますよ。 ヤマト宅急便のお届けであれば、火曜日~土曜日の日時指定が可能。 専用車での配送なら、配送料が安くなります。 らでぃっしゅぼーやの野菜を時短調理で楽しめるミールキットの販売も。 おすすめの野菜を詰め合わせた の販売もあります。 参考程度にご覧ください。 ローソンフレッシュ|ブランド品も同時注文可能 ローソンが手がけるネットスーパー。 生鮮食品、日用品の購入に加え、「成城石井」「ナチュラルローソン」「大地を守る会」「らでぃっしゅぼ~や」「ローソンセレクト」などのブランド商品の有機野菜も同時に購入できます。 ローソンというと「コンビニ商品で高い」というイメージがあるかもしれませんが、500mlのペットボトル飲料100円以下など、スーパーと同じくらい安いです。 ウォレット、楽天ペイ ・入会金・年会費無料 ローソンフレッシュは、2018年8月31日(金)お届け分でサービス終了しました。 楽天マート|楽天市場の商品やローソンセレクトも配達してくれる 楽天の宅配サービスです。 楽天市場やローソンで販売されている商品、お肉や魚をまとめて配送してくれるので、ネットスーパーのような感覚で使えます。 また、楽天ポイントが貯まる・使える、クーポンが豊富でお得。 お買い物マラソン時やポイントが貯まっているときに利用すると安く購入できます。 配達エリア 全国 配達料金 5,400円(税込)以上で無料 配送時間 最短2日以内に発送。 日時指定可能 入会金・年会費 無料 ネットスーパーのデメリット デメリットに関しては、どのサービスも同じなので、一つにまとめて紹介します。 ネットスーパーのデメリットは、対応していないエリアがあるということ。 都会でも、市町村によっては対応していないことがあります。 最寄りに店舗が配達してくれるので、店舗がないと難しいこともあるんですよね。 そのため、当日配送してくれるネットスーパーは、全国的にも対応エリアが狭いですね。 セブンイレブン(コンビニ)のように店舗数が多かったり、オイシックスのように全国対応が前提であれば、利用はしやすくなります。 まとめ:おすすめのネットスーパー比較 ネットスーパーは、取扱商品やお届け日時などの買い方によって特徴があります。 そこで、用途に応じて分類してみました。 スーパーと同じ感覚で使いたい ・ ・ ・ ・ ・ ・ チラシの特売品や取扱い点数の豊富さから、スーパーで売っている食品を自宅に届けてほしい人におすすめです。 最短当日に届けてくれるサービスもあり、配送スピードも魅力です。 一人暮らしにおすすめ!コンビニや通販の商品を届けてくれる ・ コンビニや通販で販売されている人気商品を自宅に届けてもらえます。 お弁当や総菜など、料理をせずともパパッと食べられる商品が多く、一人暮らしにおすすすめです。 セブンプレミアム、ローソンセレクトなどの、低価格なプライベートブランドも購入できます。 全国どこでも配達!食材宅配 ・ ・ ・ 全国どこでも配達してくれるから、ネットスーパーが配達エリアに入っていない方でも利用できます。 安心安全の食材やこだわりの有機野菜など、おいしくて付加価値の高い食材を求めている人にもおすすめです。 価格は高めですが、味と品質は確かです。 有機野菜や低農薬など、安心安全にこだわりたい方は、以下ページもご覧ください。

次の

多くの人がネットスーパーを利用しない理由は?不満を解消するアドバイス6つ

近く の ネット スーパー

ネットスーパーを利用しない理由ランキング• 1位:送料がかかる・高い• 2位:自分の目で商品が選べない• 3位:配送時間に在宅が難しい• 4位:支払い方法が面倒• 5位:ネット注文できない商品がある• 6位:配送エリアの対象外 1位:送料がかかる・高い 1回あたりの送料は300円+税または500円+税が相場。 ネット通販と同様に「合計金額が3,000円以上または5,000円以上で送料無料」の割引サービスを実施している所が大半です。 移動可能圏内にスーパーにあれば、例えネットスーパー対応店舗であっても「送料を払わなくて良いから買いに行く」という行動を選ぶ人は少なくありません。 ただし「近くにスーパーが無く、遠出する手段がない」高齢者世帯、「赤ちゃんや小さな子どもがいる」子育て世帯、「風邪を引いて動けない」一人暮らしの人などにとって当日配送してくれるネットスーパーは便利な存在です。 また一部では月額料金を支払うことで、何回頼んでも1ヶ月の送料が無料になる「使い放題サービス」を実施している所もあります。 また注文した商品を、店頭で受け取れる 「店頭(サービスカウンター)受取り」では、自分がスーパーまで出向くので、 送料無料です。 現在は実験段階ですが、ネットスーパー対応店舗内に、専用の受取ロッカーを設置。 注文した商品をロッカーで受け取れる 「ロッカー受け取り(送料無料)」を実施している所もあります。 2位:自分の目で商品が選べない 自分の目で確かめて商品が購入できないので、商品の品質に不安を感じる人は少なくありません。 実際に利用する前は「傷んだ生鮮食品が届かないだろうか……」と不安に思っていたのですが、頼んでみると鮮度や品質に全く問題がない状態で届きました。 ネットの口コミを見ると「明らかに鮮度の落ちた野菜が入っていた」「次の日が消費期限の食品が届いた」という話もいくつか見られますが、それはごく一部のこと。 実際に利用者が見て触れて買えない分、クレームや苦情防止に鮮度の良い食材や消費・賞味期限の長い商品を入れてくれる傾向にあるので、過剰に不安がる心配はありません。 また「(食材名)は、なるべく小さなものを入れて欲しい」「アジは三枚おろしにして欲しい」などの要望にはできる限り対応してくれます。 ただしネットスーパーや担当店舗、住んでいる地域によって大きく異なるので「午前便がない」「仕事が終わるのが18時なのに、18時以降の配送便がない」という場合も少なくありません。 商品が受け取れなかった場合、再配達を頼んだり、注文がキャンセルされたりするので(しかも再配達料がかかったり、商品代金が請求されたりする可能性も)確実に在宅できる状況がないと利用しにくいのがデメリットでした。 配送時間に在宅が難しい問題を解決する方法としては、自宅受け取り希望の人は 留置サービス。 「スーパーまで出向いても良い」という人は 店頭(サービスカウンター)受け取りや ロッカー受け取りを利用すること。 留置サービスとは、留守時は注文した商品と保冷剤を、専用の保冷ボックスに入れて、指定の場所に置いてくれるサービスのこと。 生協の宅配や食材宅配サービスでは一般的ですが、ネットスーパーは「商品の品質を保てない恐れがある」と、留置サービスの実施に消極的でした。 ただし最近は利用者の利便性向上を目指して、配送時間や時間帯が短い地方のネットスーパーを中心に取り組みが進んでいます。 配達時間からの約2~3時間であれば、品質が劣化する心配も少なく、イタズラ防止にセキュリティシールやベルトを付けてくれるので、安心して利用できます。 店頭受取りやロッカー受け取りは「自宅まで届けてくれる」という利便性はありませんが「店内で商品を探したり、レジに並ぶ時間がない」「子どもが小さいので、長時間スーパーに居られない」という時に活用できます。 自分でスーパーまで行く分、送料無料なので送料の高さが気になる人でも利用しやすいと思います。 4位:支払い方法が面倒 支払い方法には 「クレジットカード払い、電子マネー払い、ポイント払い、代引き引換え(現金、商品券、電子マネー)、口座引き落とし」などがあります。 多くのネットスーパーでは、ネット通販と同様に「クレジットカード払い」をメインに考えている為、代引き引換えを利用する際に手数料がかかったり、他の支払い方法に対応していないことが多々あります。 正直、ネットスーパーの利用を考えている人は、クレカの1枚は持っていて損はありません。 ネットスーパーをお得に利用できるクレジットカードの一例を挙げてみます。 SEIYUドットコム……ウォルマートセゾンで毎日3%OFF• イトーヨーカドー……セブンカードで8のつく日は5%OFF• イオン……イオンカードでポイントが倍貯まる• ダイエー……UCSカードで毎月第2、4金曜日は5%OFF• また利用方法を「商品代金の支払い」だけに限定していれば無駄遣いする心配もなく、利用明細が残るので家計簿を付ける時も役立ちます。 詳しくはを参照してください。 5位:ネット注文できない商品がある ネットスーパーで取扱いのある商品は、生鮮食品や日配品、日用品など多岐に渡りますが、やはり実店舗と比較すると品数は少なめです。 チラシ掲載の一部商品• プライベートブランド以外の商品• 値引きシールが付いた食品 ……などは、ネット注文できない商品の典型例です。 注文時の要望欄に「(商品名)も買えるようにして欲しい」と書くと、対応してくれる可能性もあります。 どうしてもネットスーパーで取り扱って欲しい商品があれば、ただ入荷を待つのではなく要望を出してみるのも一つの手です。 6位:配送エリアの対象外 ネットスーパーが利用できるのは、担当店舗の近隣エリアに限定されています。 その為「利用したいのに、利用できない」というジレンマを抱えている人も少なくありません。 ただし各ネットスーパーの対応店舗や配達エリアは拡大傾向にあり「いつの間にか自分が住んでいる地域でも利用できるようになっていた」という場合も。 またイオンなど宅配エリアが広範囲な所では「店舗から数十キロ以上離れているのに、このエリアでも利用できるの!? 」と驚くことが多々あります。 自分の居住地域に対応しているかどうかは、各サイトで郵便番号を入力すればすぐに分かるので、利用できる可能性がありそうな所は、片っ端から調べてみると良いです。 いかがでしたか? ネットスーパーを利用しない理由を大きく分けると 「配達の不便さ」と「欲しい商品が(見て)買えない」の2つがあることが分かりました。 配達の不便さに関しては、様々なライフスタイルでも利用できるように各ネットスーパーが力を入れて取り組んでいるので、今後の改善待ちですかね。 欲しい商品が(見て)買えないは、ネットスーパー特有のデメリットですが、実際は「あ、思った以上に新鮮な食材が届くんだな」と驚くと思うので、一度利用してみると良いと思います。

次の

家にいながらにして食材が届く!「ネットスーパー」の利用法 [節約] All About

近く の ネット スーパー

ネットで近所のスーパーで取り扱う商品を注文して、最短で当日中に自宅まで届けてくれるネットスーパー。 諸事情あって「スーパーまで買い物に行けない」という人には、大変ありがたいサービスです。 その中で高齢者がネットスーパーを利用するメリットとしては、• 自宅にいながら、普段買い物に利用するスーパーの商品が手に入る• 注文から最短3~4時間で届けてくれる• 重い、かさばるなど、持ち運びが大変なものを持つ必要がない• お惣菜やお弁当などもお届け可能で、昼食や夕食の食事に使える などが挙げられます。 それ以外にも「高齢者の交通事故を減らせる」という面もあります。 しかしながら「ネットスーパー」の特性上、どうしても利用者は若者や中高年になりがち。 高齢者がネットスーパーを利用するにあたり、クリアしなければいけない問題と解決策についてまとめてみました。 宅配エリアが狭い• デシタル機器が使えない• 配送料が高い• 実際に商品が見えて買えない 宅配エリアが狭い ネットスーパーの実施店舗から3~5kmが、だいたいの宅配エリアです。 ネットスーパーが使えるスーパーだからといって、全ての店舗が対応している訳ではありません。 「近くにスーパーはあるけど、ネットからのお届けサービスは実施していない」というのは良くある話。 都市部であれば特に心配ないのですが、田舎や郊外に住んでいると、結構な割合で「どこのネットスーパーも使えない」ということが充分に考えられます。 特に近くにめぼしいスーパーが無い地域であれば、各地域の生協の宅配サービスや、全国配送可な食材宅配サービスの方が自宅まで届けてもらえる可能性が高いです。 ちなみに広範囲エリアにお届け可能なネットスーパーとしては「イオン」もあるので、こちらも合わせて調べてみることをおすすめします。 デシタル機器が使えない ネットスーパーは名前通り「ネットからの注文」が必要不可欠です。 ネット注文をする為の「デシタル機器(パソコン、携帯電話、スマホ、タブレット)が使えない」の解決策としては、• 家族がデジタル機器の使い方とネットスーパーの注文方法を教える• 電話やFAXで注文を受付けるスーパーを利用する• ヘルパーさんに代わりに注文をお願いする• 遠方に住む家族が代わりに注文する の3パターンが考えられます。 一時期、アピタやイオンが高齢者向けにタブレットを使って注文する方法をレクチャーする取り組みを行なっていたことがありますが、それが定期的に各店舗で開催されることで「ネットスーパーでの注文の仕方が分からない」は解決できます。 最も現実的なのは「電話やFAXから注文を受付けてくれるスーパーを利用する」と「遠方に住む家族が代わりに注文する」こと。 アピタ:テレホン宅配 ダイエー:でんわスーパーおとどけ便 (関連記事:では、ローソン店内にある商品をピックアップして自宅までお届けする「お買い物サポート」が利用できます。 前日21時までの注文になりますが、お買い物サポートは電話での受付なので、ネットやデジタル機器が使えない高齢者でも使いやすいのがメリット。 ローソン店頭商品の他にも生鮮食品や、日用雑貨、医療品、ネット宅配サービス「ローソンフレッシュ」の取扱い品も取り寄せられるので、ネットスーパーと比較しても見劣りません。 【遠方に住む家族が代わりに注文する】 受取人の住所がネットスーパー宅配対象エリア内であれば配達が可能。 その為「高齢の両親の為に、自分がネットスーパーで注文後、親元に商品を届けてもらう」という方法も使えます。 会員登録で、配達先住所や生年月日、電話番号を「受取人」のものにすればOK。 商品をお届け時に利用代金を支払う「代引き」を選べば、自分が買い物代金をを負担することもありません。 定期的に注文した商品をお届けすれば、配達スタッフさんと定期的に会うことにもなり、見守りサービスとしての活用もできますね。 配送料が高い ネットスーパーの 配送料は1回300円+税または500円+税、送料無料の上限金額は3,000円以上または5,000円が相場です。 普段の買い物が「週2~3回、1回の購入金額は3,000円未満」という家庭では、どうしても配送料の高さがデメリットになりがち。 生協の宅配サービスでは、65歳以上の方のみの世帯であれば、宅配手数料が半額や免除になる割引制度を実施している生協がほとんどです。 継続的な利用を考えると、まとめ買いをしない限り「配送料が有料」というのは、使いにくさを感じてしまいます。 イトーヨーカドーネットスーパーでは、母子手帳交付日から4年以内の母子手帳を持っている家庭では、登録日から4年間いつでも配送料を1回100円でお届けする「子育て応援キャンペーン」を実施しています。 ネットスーパーにも高齢者世帯への配送料割引特典があれば、利用しやすいのですが、今の所、採用しているスーパーは見当たりません。 地域密着型のスーパーが運営するネットスーパーでは、 月額制使い放題サービスを実施している場合もあります。 毎月300円+税や500円+税の月額使用料を支払うことで、1回分の送料で何度も宅配が利用できます。 留守時には指定場所に留置する不在時宅配サービスと併用できることも多く、商品のお届けまで自宅に居る必要がないのも、月額制宅配を利用するメリットとして挙げられます。 【月額制使い放題サービスを実施するネットスーパーの例】• 私たちは「送料無料」という言葉に惹かれてしまいますが、ネットスーパーにおける「配送コスト」も考えてみる必要があります。 何でも送料無料にしてしまうと、今まで以上に配送コストがかかり、その配送コストを補うだけの注文が確保できないと、サミットのようにネットスーパーサービスが廃止になる可能性も高いです。 (関連記事:) 1回あたりの購入金額が「3,000円以上」と、やや高額に設定されているのは、それだけの買い物をしてもらわないと、配送コスト分を補えないという事情もあります。 生協の宅配サービスは、週1回、決まった時間帯にお届けする「ルート配送」を実施していることで、配送コストを抑えている部分が大きいので、該当家庭を対象にした手数料免除や割引も行ないやすいです。 元々、生協が「相互扶助」の関係で成り立っているのも大きな理由の一つ。 また月額制使い放題サービスを実施するネットスーパーの場合、配達便が「1日2便」と少ないこともあり、生協の宅配サービスのように、1日あたりの配達回数を少なくして、配送コストを抑えているという面はありそうですね。 ネットスーパーを末永く利用していく為には「配送料は『必要経費』」と考えて、支払っていくことが必要かもしれません。 ちなみに「3,000円以上の購入で送料無料」を掲げている、とあるネットスーパーでは、約9割の利用者が1回で3,000円以上の買い物をしています。 送料を支払っているのは1割程度しかいないのです。 「1回5,000円以上で送料無料」の場合は、また比率が異なるとは思いますが、やはり「1回で3,000円以上の買い物をするかどうか?」が利用の有無を分けるようですね。 実際に商品が見えて買えない 高齢者だけに限った話ではありませんが「生鮮食品は自分の目で見て買いたい」「届いた食材が傷んでいるかもしれない……」と思う人は、どうしてもネットスーパーの利用を躊躇しがちです。 実際にネットスーパーで届く食材は、鮮度が良いものばかり。 目利きの店員さんが消費者目線に立ち「新鮮で美味しそうなもの」「より日持ちがするもの」を選んでくれるので、自分で店頭で選ぶよりも状態が良いものが手に入ることが多いです。 配達時も商品に合わせて、適切な温度帯(4温度帯『常温、冷蔵、チルド、冷凍』や3温度帯『常温、冷蔵、冷凍』)に分けているので、食品が傷んだり、冷凍食品が溶けたりする心配もありません。 梱包も自分で運ぶ時以上に丁寧で厳重に包んでくれるので、傷や割れも未然に防いでくれます。 ネットスーパーは「自分で選んで買えない」という最大のデメリットがある分、クレームや苦情が出ないように、その食品の鮮度や状態に対してはかなり慎重になっています。 その為「自分でスーパーに行って買うよりも鮮度の良い食材が届いた」と驚きの声も良く聞かれます。 「実際に商品が見られないから不安」とは思わずに、一度試しに利用してみると、価値観がガラリと変わるはずです。 関連記事: まとめ 今後も高齢者や共働き世帯の増加により、ネットスーパーに対する需要は伸びてくるように思います。 ただしネットスーパー以外にも自宅まで注文した商品を届けてくれる宅配サービスには「生協の宅配」や「食材宅配」などもあり、最近ではコンビニ業界でも地域住民の買い物をサポートするサービスを広く展開するようになりました。 例:セブン-イレブンの「セブンミール」やローソンの「マチの暮らしサポート」など。 その為「自宅まで注文した商品をお届け」ネットスーパーだけに固執する必要性は無くなってきたように感じます。 各宅配サービスのメリットデメリットを比較して「どこが最も使い勝手が良いか?」を考えることが、各家庭で使いやすい宅配サービスを選ぶポイントではないでしょうか。

次の