ギラティナ アナザー 技。 【ポケモンGO】ハイパーリーグでの勝率に直結!? ギラティナ(アナザーフォルム)の使い道を紹介

【ポケモンGO】ギラティナ(アナザー)レイドのおすすめ対策ポケモン|ゲームエイト

ギラティナ アナザー 技

ドラゴンタイプを持つためタイプ耐性数も8と多いです。 「みず・くさ・ほのお」と御三家進化系の強力特別技に耐性があるのも魅力的です。 多くのポケモンに通る攻撃 「ギラティナ・アナザー」は主にタイプ一致となる「ドラゴン」あるいは「ゴースト」タイプの攻めが主力です。 これらのタイプの技で 弱点を突くことができるポケモンは多くないですが、逆に見ると耐性(与えるダメージが減る)となるタイプ・ポケモンも少ないです。 どんなポケモンでもダメージを与えることができるという安定感があります。 フェアリー・あく・こおり技に要注意 攻撃に安定感はあると言っても 「ドラゴン」タイプの技で攻める場合は、 「フェアリー」タイプのポケモンには2重耐性となりダメージを与えることができません。 「フェアリー」タイプポケモンは天敵に近い存在なため、 ギラティナ・アナザーを選出するときはパーティ構成も含めて「フェアリー」対策をしていきましょう。 また、 ハイパーリーグでよく選出されるポケモンや技では 「あく」タイプ技や「こおり」タイプ技も効果抜群のダメージとなるため要注意です。 入手が難しいところが難点 そんなハイパーリーグで絶大な強さを誇る「ギラティナ・アナザー」ですが、 伝説のポケモンとなるためいつでも入手できるわけではありません。 これまで2回ほど一定の期間伝説レイドボスとして登場しましたが、現在持っていなければゲットするには次の登場を待つしかありません。 どうしてもほしければ 既に持っているフレンドさんとポケモン交換で入手する方法があります。 しかし、図鑑未登録のポケモン交換は大親友でも「ほしのすな」が4万ほど必要なので要注意です。 げんしのちからの弱体化に注意 これまでスペシャルアタックの開放技は能力アップ(バフ)効果があり威力もそこそこ高い「げんしのちから」がおすすめでした。 しかし により、 「げんしのちから」の威力が約35%減と大きな弱体化となっています。 これを考慮すると、開放技は 「かげうち」がおすすめです。 5倍上昇)」で無敵の強さとなるため、ロマン枠としての採用はアリです。 対面有利なポケモン ハイパーリーグによく選出されるポケモンの中から、 「ギラティナ・アナザー」が有利にバトルできる主なポケモンです。 「ゴースト」技がギラティナに効果抜群• 逆に ギラティナの「ゴースト」技は2重耐性あり アロベト・ハガネールの「あく」技攻撃が有効 「アローラベトベトン」はタイプ一致で「ギラティナ・アナザー」の弱点となる「あく」タイプ技で攻撃できます。 他にもアローラベトベトンは「アーマードミュウツー」や「クレセリア」などの「エスパー」タイプにも優位にバトルできます。 「ハガネール」は耐久力が高く覚える技構成が優秀なためギラティナ・アナザーに対して優位にバトルできます。 ただし、ギラティナ・アナザーに弱点を突くことができる技をタイプ一致で撃てないため火力(与えるダメージ)は低めです。 「フェアリー」タイプもおすすめ 「フェアリー」タイプのポケモン・技は ギラティナ・アナザーの「ドラゴン」技に2重耐性を持つため対策として非常におすすめです。 攻撃側でも 非常に高威力のノーマルアタック「あまえる」がガンガン刺さるので、 「トゲキッス」や「ピクシー」に覚えさせて攻めましょう。 「カビゴン/ベロベルト」も攻撃・防御面優秀 「カビゴン」と「ベロベルト」はノーマルタイプなため ギラティナの 「ゴースト」技に2重耐性があります。 「したでなめる」が有効であり、 さらに「ベロベルト」はスペシャルアタックで覚える 「シャドーボール」がギラティナに効果抜群となるため攻撃・防御面どちらも有利にバトルができます。 ただし ギラティナのノーマルアタックが「りゅうのいぶき」だった場合は互角近くのバトルとなることもあるため要注意です。 GOバトルリーグ情報.

次の

【ポケモンGO】ギラティナの当たり技構成&おすすめは?

ギラティナ アナザー 技

1 こわいかお ノーマル 変化 - 90 10 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 15 きりさく HS ノーマル 物理 70 100 20 急所に当たりやすい。 19 かげうち HS ゴースト 物理 40 100 30 必ず先制できる。 24 みちづれ HS ゴースト 変化 - - 5 次の自分のターンまでに相手の攻撃で『ひんし』状態になると、相手も『ひんし』状態になる。 28 ドラゴンクロー HS ドラゴン 物理 80 100 15 通常攻撃。 37 はどうだん HS かくとう 特殊 90 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 消えている間はほとんどの『わざ』を受けない。 相手の『まもる』『みきり』の効果を受けない。 42 シャドークロー HS ゴースト 物理 70 100 15 急所に当たりやすい。 46 シャドーダイブ HS ゴースト 物理 120 100 5 1ターン目に消えて、2ターン目に攻撃する。 消えている間はほとんどの『わざ』を受けない。 相手の『まもる』『みきり』の効果を受けない。 02 ドラゴンクロー ドラゴン 物理 80 100 15 通常攻撃。 04 めいそう エスパー 変化 - - 20 自分の『とくこう』『とくぼう』ランクが1段階ずつ上がる。 05 ほえる ノーマル 変化 - 100 20 必ず後攻になる。 野生のポケモンとの戦闘を終了する。 トレーナー戦の場合はポケモンを強制的に交換させる。 06 どくどく どく 変化 - 85 10 相手を『もうどく』状態にする。 10 めざめるパワー ノーマル 特殊 - 100 15 自分の個体値によって『タイプ』と威力が変わる。 11 にほんばれ ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 17 まもる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制でき、そのターンの間、相手の『わざ』を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 あまごい みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 20 しんぴのまもり ノーマル 変化 - - 25 5ターンの間、状態異常にならなくなる。 交換しても効果は続く。 21 やつあたり ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最高102。 相手がわざ『そらをとぶ』『とびはねる』を使っている時でも命中する。 26 じしん じめん 物理 100 100 10 相手がわざ『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 おんがえし ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最高102。 32 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 34 でんげきは でんき 特殊 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 40 つばめがえし ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 42 からげんき ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 44 ねむる エスパー 変化 - - 10 『HP』と状態異常を全て回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 58 こらえる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制できる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けても『HP』が1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 59 りゅうのはどう ドラゴン 特殊 90 100 10 通常攻撃。 61 おにび ほのお 変化 - 75 15 相手を『やけど』状態にする。 65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100 15 急所に当たりやすい。 66 しっぺがえし あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80 5 急所に当たりやすい。 73 でんじは でんき 変化 - 100 20 相手を『まひ』状態にする。 77 じこあんじ ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 82 ねごと ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている『わざ』のうち1つをランダムで使う。 『PP』が減少するのはこの『わざ』のみ。 83 しぜんのめぐみ ノーマル 物理 - 100 15 持っている『きのみ』によって『タイプ』と威力が変わる。 『きのみ』はなくなる。 85 ゆめくい エスパー 特殊 100 100 15 相手に与えたダメージの半分だけ自分の『HP』が回復する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 87 いばる ノーマル 変化 - 90 15 相手を『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 分身は状態異常にならない。 01 いあいぎり ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 02 そらをとぶ ひこう 物理 90 95 15 1ターン目に空中へ飛び上がり、2ターン目に攻撃する。 空中にいる間はほとんどの『わざ』を受けない。 04 かいりき ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 相手のわざ『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『まきびし』『しんぴのまもり』『どくびし』と、天気『きりがふかい』の効果を解除する。 ただし、攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 相手がわざ『そらをとぶ』『とびはねる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 H S いたみわけ ノーマル 変化 - - 20 自分と相手の『HP』を2匹の残り『HP』の平均値にする。 足して2で割る H S じゅうりょく エスパー 変化 - - 5 5ターンの間、全てのポケモンの命中率が上がる。 とくせい『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの『わざ』が当たるようになる。 また、わざ『そらをとぶ』『はねる』『とびはねる』『でんじふゆう』が使えなくなり、使用している場合は解除される。

次の

[人数]ギラティナの弱点は何か[対策]

ギラティナ アナザー 技

5月6日早朝から5月12日まで、伝説レイドバトルに「 ギラティナ(アナザーフォルム)」が登場します。 Want to test out your Remote Raid Passes? Use a Remote Raid Pass to join any raid that you can see on the Nearby screen or tap on the map. しかし! この機会にギラティナ(アナザーフォルム)を手に入れておけば相手トレーナーさんにトラウマを植え付けることが可能となるのです(???)! 今回の記事では、そんなギラティナ(アナザーフォルム)の使い道を紹介します。 ギラティナ(アナザー)の基本性能 ギラティナは 「ゴースト」「ドラゴン」タイプのポケモン。 弱点は 「ゴースト」「こおり」「ドラゴン」「あく」「フェアリー」の5種類、耐性は 「くさ」「ほのお」「みず」「でんき」「どく」「むし」「ノーマル(2重耐性)」「かくとう(2重耐性)」の8種類に持っています。 ・使用可能な通常技• シャドークロー(ゴースト)• りゅうのいぶき(ドラゴン) ・使用可能なゲージ技• かげうち(3ゲージ:ゴースト)• ドラゴンクロー(3ゲージ:ドラゴン)• げんしのちから(3ゲージ:いわ) ギラティナ(アナザー)の使い道は? ギラティナ(アナザー)の使い道を紹介します。 高耐久なアタッカーとしてトレーナーバトルで活躍 ギラティナ(アナザー)の一番の特徴といえば、何と言っても 圧倒的HPステータスの高さ。 具体的には、耐久型ポケモンとして有名な「 ケッキング」と同等のHPを持っています。 弱点が5種とやや多めなものの、耐性も8種類(しかも頻出タイプが多い!)と多めなので、多くのポケモンに対して有利に立ち回ることが可能。 通常技の シャドークローとりゅうのいぶきはゲージを溜めるスピードが早く、ゲージ技もすべて回転の良い技となっているので、 トレーナーバトルにおいて相手のシールドを素早く削ったり、確実にHPを削っていくという立ち回りが可能。 特にハイパーリーグでの活躍が期待できるポケモンですが、同じようにギラティナアナザーを使用するトレーナーも多いので、使用するタイミングが非常に重要。 個人的には1匹目として選出し、同じようにギラティナ(アナザー)が飛び出してきた際にある程度殴りあえるようにしておくのがオススメ。 よほどタイプ相性が悪い相手でない限りは、シールドを削るためにゴリ押すのもオススメですよ(アローラベトベトンやトゲキッスが天敵です)。 回復アイテムの消耗を抑えられる初心者向けアタッカー トレーナーバトルで活躍するという印象の強いポケモンですが、ジムバトルやレイドバトルでのアタッカーとしても活躍可能。 HPステータスが高いので場に長く留まりやすく、 回復アイテムの節約にも繋がります。 また、ゲージ技を細かく撃ち込んでいけるので、 意外とダメージボーナスも稼ぎやすいですよ。 ドラゴンタイプやゴーストタイプのアタッカーは、プレイ序盤だと用意しづらいので、 手持ちポケモンの少ない初心者トレーナーさんに特にオススメの1匹です。 ただ、少人数orソロで挑戦する機会が多くなりがちな「」では、火力を優先しないと倒しきれない場合があるので、参加人数が少なければ火力優先、多ければ耐久優先(HPんの減りが少なくなれば回復アイテムのストックが可能に!)と使い分けるのがオススメです。 ギラティナオリジンのためにアメを貯めておくべし 今回登場するのは耐久型のアナザーフォルムとなっていますが、ギラティナには攻撃型の性能をもつオリジンフォルムという姿も存在します。 オリジンフォルムは ゴーストタイプを弱点とするレイドボスとのバトルや、マスターリーグで非常に活躍するポケモンなので、 育成のためのアメを今回の機会に少しでも貯めておくのがオススメ。 上級者向けの立ち回りですが、オリジンフォルムの技を解放し「 シャドーボール」「 あやしいかぜ」の両方を使用可能にしておくと、ブラフというテクニック(わざと技の発動タイミングを遅らせて、本当は低威力の技を高威力技に見せるテクニック。

次の