大槻 凡子。 SEXYサンタが魅惑の生着替え 美バスト大胆披露<深夜の生脱ぎトレンド水着チェック>

その59

大槻 凡子

Las Chicas Aoyama (表参道) 今や、日本人の暮らしの中に定着した「カフェ」。 1990年代、店の前にイスとテーブルを並べるヨーロッパのスタイルがブームとなり、すっかりおなじみのものになりました。 女性一人でも入りやすい雰囲気が人気の秘密です。 C65cafe(渋谷) 2000年代に入ると、オーナーの趣味を生かした多種多様なカフェが登場しました。 こちらは、東南アジア製の椅子(いす)にこだわったアジアンテイストのカフェ。 古桑庵(自由が丘) こちらは、大正時代に建てられた日本家屋を改装した古民家カフェ。 靴を脱いで畳に座る、昔ながらの和の空間。 田舎のおばあちゃんちに居るような気安さが、訪れる人を和ませてくれます。 さぼうる(神保町) 日本にカフェが登場して124年。 それぞれの時代ならではの個性的なカフェが生み出されてきました。 こちらは、昭和30年から半世紀以上続く老舗。 内装に使われた松や杉が、長い年月を経て、琥珀(こはく)色の空間を作り出し、壁のレンガが重厚で温かみのある雰囲気を醸し出します。 カジュアルなデザインのソファーとローテーブルの組み合わせ。 現代的なデザインの調度品がセンス良く並べられていますが、気取った感じはありません。 まるで誰かの家のリビングのよう。 そう、現代の住まいの空間を再現した「部屋カフェ」と呼ばれるスタイル。 自宅のように寛(くつろ)げる雰囲気が人気です。 日本全国1000軒以上のカフェに足を運び、カフェに関する著書も数多く手がけてきた川口葉子さん。 川口 「雑踏の中に自分の寛げる部屋を持ちたいという気持ちがあったと思うんですね。 自分の部屋だととても閉じられた空間に一人だけが居るっていう感じになってしまうんですけども、カフェのような街の中の部屋ですと、居ながらにして、その街の空気感ですとか、ストリートの季節を感じられて、空間の中に居るんだけども、外とも微妙につながっているという感じが心地いいんだと思いますね。 」 こうした部屋カフェが登場する以前から、東京のカフェには「もう一つの家」という役割が求められてきました。 1つ目のツボは、 「もうひとつの家の寛ぎ空間」 名曲喫茶ライオン(渋谷) ここは東京渋谷で80年以上続く老舗。 戦後、一世を風靡(ふうび)した「名曲喫茶」を代表する店です。 店内は青を基調にした、ほの暗い照明。 ステレオやレコードがまだ高価でなかなか買えなかった時代、コーヒーと共にクラシック音楽を楽しめる場所でした。 また、東京などの大都会では、自宅で一人寛ぐ空間を持たなかった人たちにとって、なくてはならないものでした。 1960年代に名曲喫茶に通っていた星田宏司さん。 星田 「20代の前半くらいになって、うちの家族、5人が6畳、6畳、4畳半、で簡単な台所がついたような、狭い家に住んでましたので、個人の部屋が取れるような状況ではなかったんですね。 名曲喫茶と言われるところが一番、一人落ち落ち着いて入れる場所というところで、私にとってはありがたい場所だったように思いますね。 」 戦後、人口が急増した東京。 住宅事情はよくありませんでした。 家に帰っても、一人になれる場所のなかった星田さんは、コーヒー一杯で何時間でも長居することができる名曲喫茶に、暇さえあれば通いました。 年代物のスピーカーが店の主人公であるかのように、暗がりの中、照明によって照らし出されています。 椅子はほとんどすべて、スピーカーに向けて並べてあります。 薄暗い照明とも相まって、ほかの客の視線を気にせず、音楽を聴き、コーヒーを味わう事ができます。 一歩外に出ると、そこは大都会の喧騒(けんそう)。 無数の人々が心を癒やした幻想的な空間です。 ゆりあぺむぺる(吉祥寺) 1970年代になると、新たなコンセプトのカフェが登場するようになります。 1976年にオープンしたこちらの店。 ランプや植物が飾られた出窓の前が特等席です。 大理石でできたサイドテーブルは、贅沢(ぜいたく)な暮らしの象徴として、当時憧れのアイテムでした。 日本の近代建築を研究し、カフェの内装にも関心があるという建築史家の禅野靖司さん。 この店は、当時の「理想のわが家」だと言います。 禅野 「この店は1970年代の半ばに作られたと伺っているのですけども、当時の生活のイメージ、実際にまだ実現はしていないかもしれないけれど、そうあってほしい豊かな生活、日常生活の場所としての自分の家。 洋館、そしてまた洋間というものへの「憧れ」とか「ファンタジー」というのでしょうか、そういうものを一つ体現している空間ではないかと思います。 」 高度経済成長を経た時代。 でも住宅事情の悪さは相変わらず。 リビングや応接間の無い集合住宅がいたる所に建設されました。 しかしこの時代、いつか手が届くかもしれない洒落(しゃれ)た住まいの姿が鮮明に意識されるようになります。 禅野 「こういう家に住みたいな、もしくは、こういうインテリアにしたいなという思いを皆が持ったとしても、それを全部を一度に叶(かな)えることは難しいですね。 それを手軽に可能にしてくれる、というのが喫茶店の役目だったんじゃないでしょうか。 」 アール・ヌーボー調の華やかなランプや曲げ木と籐(とう)で作られたアンティークの椅子などは、西洋風の瀟洒 しょうしゃ なインテリアを代表する存在でした。 インテリア好きだったオーナーが、自分自身が住みたいと思える空間を作ろうと国内外を回ってそろえた品々です。 ほんの40年ほど前、日本人が見たささやかな夢を今に伝える空間。 カフェを訪ねる時には、そんな時代々々の夢に思いを馳(は)せてみてはいかがですか? 弐のツボ 時空を越えた旅を楽しむ 古城(上野) 店内には、ヨーロッパ風の調度品や装飾で満たされた空間が広がっています。 昭和38年にこの店を開いた松井省三さんが店内のデザインも自ら手がけました。 創業者・松井さんの長女・山下千代子さんと次女・松井京子さんが父親について語ります。 山下 「やはりヨーロッパに対する憧れは多かったですよ。 大正モダンボーイってのを目標にしていたような感じがしますね。 」 松井 「私の印象はいつもパイプとベレー帽と、それからよく美術館に行ったりしていました。 」 創業者の西洋への憧れ。 今も訪れる人を不思議な旅へと誘 いざな います。 2つめのツボは、 「時空を越えた旅を楽しむ」 松井さんは、大正モダンの時代、港町神戸で青春時代を過ごし、西洋の文化に強い憧れを抱き続けました。 店を開いた昭和30年代、まだまだ個人が気軽に海外旅行に行ける時代ではありませんでした。 西洋美術の本を開いては、ヨーロッパへの憧れを募らせていきました。 山下 「日本はまだまだ茶の間にちゃぶ台の時代ですから。 古くて重厚なものに対する憧れは非常にあったようです。 ヨーロッパのお城を巡る旅をしたがっていました。 」 恋い焦がれた、ヨーロッパの城。 松井さんは、店の細部にそのデザインをちりばめました。 大理石の柱には、ギリシャ風の装飾。 石選びからこだわった城壁風の壁。 そこに並ぶブラケットは、存在感を出すため、既製品より一回り大きいものを特注しました。 奥の壁にステンドグラスで表現したのは、 ロシア皇帝の宮殿エルミタージュ。 いつか行ってみたいと憧れた光景でした。 長年地道に、飲食店を経営をしてきた松井さんが、51歳にして築き上げた、こだわりの空間です。 16年後、松井さんは、この世を去ります。 最後までヨーロッパの地を踏むことはありませんでした。 一人の男が夢に描いた異国の情景です。 Cafe紅 もみ (小伝馬町) 「訪れた人を時空を越えた旅に誘 いざな う」、この発想は現代のカフェにも受け継がれています。 こちらは今、若者に人気のカフェ。 でも、連れて行ってくれるのは、遠い外国ではありません。 古い日本家屋を改装した古民家カフェ。 今の若い世代にとっては、座布団に座って、ちゃぶ台を囲む、かつて当たり前に見られた風景が、新鮮な時空を越えた旅の行き先です。 日本人にとってカフェは、今も昔も遠い世界への憧れを叶(かな)えてくれる大切な場所なのです。 参のツボ 器との共演を目で味わう Keats(祐天寺) 「カフェ飯」という言葉が生まれたのは、女性たちがランチを好んでカフェで取るようになった、およそ10年前。 カフェ飯の定番スタイルと言えば、「ワンプレート」。 ごはん、主菜、副菜、サラダなどを一枚の大皿に盛りつけています。 赤、緑、黄色、オレンジ、白、茶色。 新鮮な有機野菜や雑穀などが盛られ、まるで色鮮やかな絵のようです。 このプレートは、新緑の季節をイメージしたもの。 茶色と緑の食材が、大地と草木を表現しています。 そこに菜の花の黄色が華やぎを添えています。 ピクニック気分を味わってもらうため、ご飯はおにぎり。 和のような、フレンチのような、日本のカフェならではの楽しさです。 資生堂パーラー サロンド・カフェ(銀座) 銀座で、明治35年から営業している老舗。 創業当時から、スイーツを見た目でも楽しんでもらうための工夫を凝らしています。 昭和30年代に登場した看板メニュー、ストロベリーパフェ。 フルーツソースや生クリームが何層にも重なる様を美しく見せることにこだわっています。 そのため、使うのは装飾の無いシンプルなガラスの器。 赤と白の織り成す層が、ほのかに混ざり合って生み出されるグラデーションを、余すところなく目で味わうことができます。 飲料長の橋本さん 橋本 「やはり最初に見た目ですよね。 アーッと出てきた時のインパクト。 ガラスを通して、すべてが見えますので、上からでも、横からでも、すべてがグラスを通して見えるというところはお客さんに感動を与えるところだと思います。 」 3つめのツボは、 「器との共演を目で味わう」 自家焙煎珈琲 凡(新宿) カフェの主役、「コーヒー」。 その器にもいろんな工夫があります。 1500客のカップをそろえる、こちらの店では、多種多様なカップでコーヒーを楽しむことができます。 一説によると、世界で一日に15億杯も飲まれているというコーヒー。 眠気を覚まし、疲れを癒やしてくれる嗜好(しこう)品として労働者を中心に広まりました。 店主の平勝哉さんが語ります。 平 「コーヒーというのは割と庶民階級の人が多く飲む飲み物として発達してきたものですから、意外と決まりが少ないんですね。 作者のインスピレーションで作ったり、ちょっとした遊び心を考えて、飲む瞬間に小さな発見をするような、そういうものを楽しむって言うんですかね。 」 獅子の文様を染め付けで描き込んだこちらの有田焼のカップ。 ソーサーには山や庵 いおり などの風景が描かれています。 そして、よく見ると同じ柄が、カップの内側にもグルリと施されているのです。 飲むうちに、柄が次第に姿を現わします。 それだけでなく、カップ内側に描かれた山水の情景が、コーヒーの表面に映り、まるで景色が湖の水面 みなも に揺らめくかのように見えます。 慌ただしい日常を忘れさせてくれるカフェのひと時。 そこでは、一杯のコーヒー、そして粋な器が日々の疲れを癒やし、元気を取り戻す手助けをしてくれます。 カフェはもうひとつの自分の部屋。 本当にその通りだと思います。 職場でも家でもない、すてきな空間ですよね。 私も大好き!仕事帰りに一息つきたい時、休日にゆっくりしたい時、友人とガールズトーク・・・。 慌ただしい都会でほっと出来る場所は貴重です。 学生時代、はやりのオープンカフェで初めてお茶した時はドキドキしました~。 ちょっと背伸びして、大人になったような気分を味わったこと覚えています。 たまに訪ねると、その当時のことを思い出します。 メニューもそのまま、インテリアも当時のまま。 はやりのカフェも大好きですが、変わらないでいてくれるカフェもありがたい存在です。

次の

その59

大槻 凡子

【生脱ぎトレンド水着チェック/モデルプレス=9月29日】28日、「Kawaiian for ひかりTV 4K」のバラエティ番組「モデルプレスナイト」(毎週金曜よる23時~)が生放送された。 「生脱ぎトレンド水着チェック」では美女たちが私服から水着へ生着えし、スタジオを興奮に包んだ。 ガールズゲストたちが芸能界で生き抜くための力を身につけるべく、様々な自分磨き企画に挑戦していく。 MCは人気よしもと芸人たちが、地上波のCMにも出演して話題の妹田佳奈子とともに週替わりで担当。 今回はライスがMCを務め、ガールズゲストとしてあさにゃん、日野麻衣、大塚びる、山口めろんが出演した。 オープニングコーナー「生脱ぎトレンド水着チェック」では、ピンクの照明に照らされながら美女たちが生着替え。 恥じらいながらも私服を大胆に脱ぎ捨て、美バストあらわな水着姿にチェンジ。 スタジオからは「うわー!」と興奮の声が上がり、大盛り上がりのオープニングとなった。 Vカットから谷間をちら見せし、色気を振りまいた。 菅原樹里亜は、ショルダーフリルの花柄スカート水着でキュートな印象に。 薄井美樹はハートパールがかわいいマーメイド水着で美ボディを大胆披露。 スタジオの視線を独占した。 instagram. 【Not Sponsored 記事】.

次の

その59

大槻 凡子

ガールズゲストたちが芸能界で生き抜くためのスキルを磨くべく、様々な体当たり企画に挑戦。 さらに若手芸人たちが珠玉のネタを披露する。 人気よしもと芸人たちが週替わりで務めるMCを、今回はスーパーマラドーナが担当。 ゲスト芸人としてマヂカルラブリー三浦マイルド出演し、ガールズゲストには金山睦、星島沙也加、大塚びる、壮絶のリカが登場した。 オープニングはセクシー美女による「深夜の生脱ぎトレンド水着チェック」でスタート。 夏らしい爽やかな私服で登場した美女たちが、SEXYに水着へと生着替えを披露した。 大槻凡子は、リーフプリントがインパク大の水着。 ボリュームアップした胸元で美谷間がくっきり。 一歩間違えば…の事態に芸人たちから「大丈夫ちゃうやん!」「めちゃめちゃ横は見えた」と総ツッコミを受けていた。 そして、ワンショルワンピースに着替えたのは沖舘唯。 大胆なデザインからのぞく美ボディで魅了した。 モデルプレスナイトTwitterアカウント mdprnight <2019年8月23日放送回> ・メインMC(週替り):スーパーマラドーナ ・ガールズゲスト(週替り):金山睦、星島沙也加、大塚びる、壮絶のリカ ・ゲスト芸人:三浦マイルド、マヂカルラブリー ・料理コーナー:啓豪 ・深夜のトレンド水着ファッションショー:青科まき、大槻凡子、沖舘唯 ・深夜のネタ見せ:官兵衛、背水のジャン、ナイトメアカオスドラゴン ・水着提供:PEAK&PINE 次回は8月30日23時より生放送。 【Not Sponsored 記事】.

次の