ロトム 弱点 剣盾。 スピンロトムの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

【ポケモン剣盾】最強ロトムはどのフォルム?ロトムが強い理由教えます【種族値と育成論】

ロトム 弱点 剣盾

ナットレイで止まるポケモン多すぎ サイクルの王者ナットレイがまた対戦環境で流行っている模様です。 そんな私も前シーズンから使用させてもらっています。 今日はこのナットレイに対してものすごい思うことがあるので書いていこうと思います。 タイプによる耐性が優秀すぎる ナットレイの「くさ」「はがね」タイプは 弱点が4倍「ほのお」2倍「かくとう」のみ 耐性が半減「ノーマル」「みず」「いわ」「でんき」「エスパー」「いわ」「ドラゴン」「はがね」「フェアリー」 4分の1「くさ」無効「どく」 なんと弱点2つに対して、耐性が10個もあります。 少しやばいのがドラパルトやゲンガーのたたりめですが、まあそこも含めてケアしてあげてください。 とにかくほのお技を受けないように立ち回るのがナットレイを使用するにあたりとても大切なことです。 ほのおサブウエポン持ちに気を付けろ ほのおタイプはもう見た目でほのお技を打ちに来たとわかるので回避できますが、サブウエポンでほのお技を覚えるポケモンは見た目でわかり辛いのでしっかり把握しておきたいところです。 フェアリータイプやドラゴンタイプ フェアリータイプは今作でほとんどサブウエポンで炎技を覚えるようになりました。 フェアリータイプが苦手なはがねタイプへの打点として搭載している可能性が非常に高いです。 ドラゴンは火をはくと言うイメージ通り、ドラゴンタイプもほとんどが炎技を覚えます。 例えば「ドラパルト」も物理型だったら受けれますが、物理型でも「火炎放射」「大文字」が搭載されていることが多いので警戒した方が良いでしょう。 ほのおのパンチやほのおのキバ持ち 三色パンチや三色キバと呼ばれる、サブウエポン専用に作られたであろう物理技も沢山のポケモンが習得できます。 環境では「ホルード」「カビゴン」「シルヴァディ」「ドサイドン」など様々います。 とにかくドサイドンに後出ししてきたポケモンが炎技を覚えるか覚えないか把握しておかないと、一撃で落とされてしまうこともよくあるので気を付けてください。 かくとう技を使ってくるほとんどのポケモンが物理アタッカーと言う点と、4倍弱点ではないので「つるぎのまい」などの積み技を積まれない限り一撃では落ちないです。 ナットレイがかくとうタイプに対しての有効打がないので殴りあいで負けてしまう場合が多いです。 「てっぺき」などの防御アップする積み技を搭載していればなんとかなることが多いので、炎技ほど怖くないです。 ドリュウズやラプラスへの負けパターンはほぼ1撃技です。 一撃技を読んでダイマックスを打つ行動はあまり強くない場合が多いので、一発は一撃必殺技を確認してからダイマックスすることが多いです。 1発目の一撃技で落ちてしまったらもうかなりきついです。 ここら辺のギミック系ポケモンはもう気づいた時には遅いのですがハマったら諦めましょう。 かといって後続に引いてしまっても後手になってしまうので、ナットレイ相手に積み行動をされた場合、ナットレイをダイマックスさせて対応しなければいけないこともよくあります。 ナットレイの持ち物について 「食べのこし」 ナットレイの回復ソースは、やどりぎのタネのみなので「たべのこし」を持たせることでHP管理が非常に楽になります。 長く場に居座ることが多いナットレイには非常に相性がいいアイテムです。 「まもる」「やどりぎのタネ」を採用して耐久する型が一番多い型でしょう。 たべのこしの回復量と含めて体力が半分以下に削られている場合でも、受けることができるポケモン相手なら充分に相手ができる。 「オッカのみ」 炎技持ちにも絶対に1度は動けるナットレイ 最近実況者が動画で紹介して数が増えた「オッカのみ」型は、ほぼ確実に1撃で落とされてしまう炎技を1回耐えるので、炎技もちの前で一度は動けると言うのが大きいです。 主に「トゲキッス」や「ニンフィア」などのフェアリータイプの前でドヤ顔でジャイロボールを押せる点が1番の利点。 「たべのこし」持ちとは違い、受け性能が下がります。 体力が削られてしまっている場合は押し切られてしまう場合もあるし、せっかくオッカのみが発動しても炎技で倒されてしまうのでHP管理には気を使ってください。 ナットレイと同時選出すべきポケモン 炎技が受けれるポケモン ナットレイの弱点の炎技を受け出しできる炎、水、岩タイプのポケモン。 「ヒートロトム」「ドヒドイデ」「ギャラドス」「バンギラス」「ギガイアス」などのポケモンを同時選出しましょう。 かくとう技も同時にケアできるとなお良いです。 バンギラスやギガイアスなどはかくとう技が抜群なので相手の構築次第では一貫を作られてしまうので気を付けてください。 炎技もちに「やどりぎのタネ」を入れることができれば、受け出ししたポケモンにやどりぎの回復を入れることができるのでとっても良いです。 ナットレイでなんとかなるポケモン トップメタでは「ギャラドス」「水ロトム」はほぼ完璧に受けることができ、「ラプラス」「ドリュウズ」「カビゴン」「ミミッキュ」などにも型によっては相手ができます。 相手としては「ナットレイ」を倒せるポケモンを必ず選出しなければいけないので、選出を読みやすくナットレイを選出しなくてもナットレイは影で仕事をしてくれる仕事人です。

次の

【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ロトム 弱点 剣盾

するとせっかく抜き態勢に入れても先制技や砂嵐等で倒れる可能性が上がるため、カムラの実を発動後のHPが最も多く確保出来る4nとした。 Bの調整意図 通常時 A115ナットレイの「パワーウィップ」を「みがわり」が81. また最速トゲキッスは抜いておくべきで、すぐ上にいるギャラドスも抜いておきたい。 そのため、結果的に最速が安定となる。 技構成 確定技 ・10まんボルト ・みがわり ・わるだくみ 選択技 ・あくのはどう 推奨 ・シャドーボール 役割・使い方 鋼や受けを起点に全抜きを狙う型 相性有利な鋼タイプや低速・低火力な受けポケモン相手に「みがわり」を残し、「わるだくみ」を積んで全抜きを狙う型。 炎・電気の耐性により多くの鋼、フェアリー、電気、炎に有利を取れる。 起点にしやすいポケモン ポケモン名 対策方法 ・砂嵐状態の高い特防で突破されにくい ・サブウェポンで弱点を突かれない ・岩技で一致弱点を突ける ・メイン技を半減 ・サブウェポンで弱点を突かれない ・ロトムより素早い ・メイン技半減 ・サブウェポンで弱点を突かれない ・特性「てんねん」で積み技を無効化 ・水技で一致弱点を突ける ・「じこさいせい」でサイクル負けしにくい ・ダイアークの特防ダウンに注意 耐性持ちの高耐久で返り討ち わるだくみ型は一度隙を見せると火力を上げられて並の耐久では押し負けてしまう。 しかし、タイプ耐性+高耐久を活かしたポケモンであれば、行動回数に余裕があるため交代からでも対処が間に合う。 上記の対策ポケモンなどが手持ちにいない場合は、なるべく隙を見せないよう立ち回ろう。 上から倒す カムラの実が発動していなければ素早さはさほど高くないので、発動させずに倒せれば理想。 また、カムラの実を発動されても上から行動出来るこだわりスカーフ持ちや「アクアジェット」等の先制技も有効だ。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキのめざめるパワー 氷 のものを引用しています。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】スピンロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ロトム 弱点 剣盾

「わるだくみ」を積んでダイマックスし、ダイジェットで素早さを上げつつ攻撃する構成になっています。 耐久と素早さに努力値を振っているため「わるだくみ」を積みやすく、通りのいい電気技と飛行技で大ダメージを与えやすいでしょう。 また、ダイジェットで素早さを上げておけば、ダイマックスが切れた後に相手のダイマックスターンを「みがわり」で消費させることも可能です。 ダイマックスしない時にも安定して攻撃したい場合に。 努力値をHPと防御に振り、さらに「おにび」で相手を火傷状態にすることで、物理アタッカーの攻撃を受けやすくなっています。 「たべのこし」でHPを回復しつつ戦えるため、 物理アタッカーに有利に戦えるでしょう。 麻痺も狙いたい場合はこちら。 電気技との選択。 火傷にしたあとみがわりを残せれば有利に。 スピンロトムの役割と立ち回り 優秀なタイプとダイジェットで攻める スピンロトムは 電気と飛行という優秀なタイプの組み合わせを持つのが特徴です。 一致技の通りが良く、共に半減できるポケモンは少ないため、ダイジェットで素早さを上げつつ敵を倒すのが得意なポケモンと言えるでしょう。 受けも可能な種族値 スピンロトムは他のロトムと同じく、種族値のバランスが良いため受けポケモンとしても活躍できます。 弱点が2つ、耐性が6つという優秀なタイプを持ち、 豊富な補助技でバトルをサポートすることが可能です。 スピンロトムの対策 電気と飛行に耐性を持つポケモン 「スピンロトム」は、一致技である電気や飛行タイプに耐性を持つポケモンを相手にするのは苦手と言えます。 さらにこちらから弱点を突けるポケモンであれば倒しやすいでしょう。 しかし、「わるだくみ」で火力を上げてくる場合が多いため、「」を持っていれば受けやすいです。

次の