川島隆太。 川島隆太教授の脳力を鍛える まちがいさがし 決定版│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

会社概要|株式会社NeU(ニュー)

川島隆太

東北大学の川島隆太教授は、仙台市の中学生の生活・学習状況調査から、そうした警告を発している。 川島教授によれば、家で2時間以上勉強しても、携帯やスマホを3時間以上触っていると、その学習効果がムダになってしまうほどだという。 スマホを使うと2時間の学習効果が消える!? スマホが子どもたちの学力を破壊している。 それも、想像されているよりも遥かに悪い影響が学習に及ぼされている。 この衝撃の事実に最初に気付いたのは、平成25年度に標準学力検査と生活・学習状況調査の結果を目にした瞬間でした。 グラフ1-1をご覧ください。 平成25年度仙台市標準学力検査、仙台市生活・学習状況調査の結果です。 仙台市立中学校に通う全生徒2万2390名のデータを解析したものです。 縦軸は数学のテストの平均点です。 横軸では、生徒たちが平日に携帯電話やスマートフォンをどのくらい使っているのかをアンケート調査し、全く使用しない群から、4時間以上使う群まで、6群に分けてそれぞれで平均点を計算しました。 アンケート調査での実際の質問のしかたは、「ふだん(月曜から金曜日)、1日当たりどれくらいの時間、携帯電話(スマートフォンもふくむ)でメールやネットゲームをしたり、インターネットを見たりしていますか」というものになります。 さらに、私たちは、生徒たちを平日の自宅での勉強時間の長さごとに、毎日2時間以上勉強する群、30分から2時間勉強する群、ほとんど勉強しない30分未満の群の3群に分けて解析をしました。 解説をご覧いただく前に、ぜひとも、ご自身でこのグラフから何が読み取れるのかをお考えいただければと思います。 グラフから読み取れることは グラフ1-1についての私の解釈を述べましょう。 最初にわかることは、自宅学習時間が長いほど成績が良いという当たり前の事実。 2時間以上家庭で勉強をする生徒の成績は、他の2群と比べて、明らかに優れています。 次いでわかるのは、自宅で勉強をしようが、するまいが、携帯・スマホを使う時間が長い生徒たちの成績が悪いという事実。 グラフでも右にいくほど、すなわち使用時間が長いほど、成績が低くなっています。 さらに細かく読み取っていくと、たとえ家で2時間以上勉強したとしても、携帯・スマホを3時間以上使ってしまうと、ほとんど家で勉強をしないけれども携帯・スマホを使わない生徒たちの方が、成績が良くなってしまうという事実。 2時間以上も勉強をしたのに、その努力が全部無駄になってしまっているかのようです。

次の

記憶力が勝手によみがえる ひらがな音読ドリル : 川島隆太

川島隆太

東北大学の川島隆太教授は、仙台市の中学生の生活・学習状況調査から、そうした警告を発している。 川島教授によれば、家で2時間以上勉強しても、携帯やスマホを3時間以上触っていると、その学習効果がムダになってしまうほどだという。 スマホを使うと2時間の学習効果が消える!? スマホが子どもたちの学力を破壊している。 それも、想像されているよりも遥かに悪い影響が学習に及ぼされている。 この衝撃の事実に最初に気付いたのは、平成25年度に標準学力検査と生活・学習状況調査の結果を目にした瞬間でした。 グラフ1-1をご覧ください。 平成25年度仙台市標準学力検査、仙台市生活・学習状況調査の結果です。 仙台市立中学校に通う全生徒2万2390名のデータを解析したものです。 縦軸は数学のテストの平均点です。 横軸では、生徒たちが平日に携帯電話やスマートフォンをどのくらい使っているのかをアンケート調査し、全く使用しない群から、4時間以上使う群まで、6群に分けてそれぞれで平均点を計算しました。 アンケート調査での実際の質問のしかたは、「ふだん(月曜から金曜日)、1日当たりどれくらいの時間、携帯電話(スマートフォンもふくむ)でメールやネットゲームをしたり、インターネットを見たりしていますか」というものになります。 さらに、私たちは、生徒たちを平日の自宅での勉強時間の長さごとに、毎日2時間以上勉強する群、30分から2時間勉強する群、ほとんど勉強しない30分未満の群の3群に分けて解析をしました。 解説をご覧いただく前に、ぜひとも、ご自身でこのグラフから何が読み取れるのかをお考えいただければと思います。 グラフから読み取れることは グラフ1-1についての私の解釈を述べましょう。 最初にわかることは、自宅学習時間が長いほど成績が良いという当たり前の事実。 2時間以上家庭で勉強をする生徒の成績は、他の2群と比べて、明らかに優れています。 次いでわかるのは、自宅で勉強をしようが、するまいが、携帯・スマホを使う時間が長い生徒たちの成績が悪いという事実。 グラフでも右にいくほど、すなわち使用時間が長いほど、成績が低くなっています。 さらに細かく読み取っていくと、たとえ家で2時間以上勉強したとしても、携帯・スマホを3時間以上使ってしまうと、ほとんど家で勉強をしないけれども携帯・スマホを使わない生徒たちの方が、成績が良くなってしまうという事実。 2時間以上も勉強をしたのに、その努力が全部無駄になってしまっているかのようです。

次の

CiNii Articles

川島隆太

川島隆太とは、の者・・ である。 概要 出身。 をし、現同 加齢研究所。 研究成果の一つに「学習療法」が挙げられる。 これを分かりやすく解説・実践した「」は著書やなど様々な媒体で大を記録し、を作りだした。 「」にまつわるヤとして24億円のうち半分の12億円を受け取る権利を持っていたが、12億円の全てをに寄付し、新たな研究室を設立したがある。 が苦手。 脳を鍛える大人のDSトレーニング 川島隆太の名前が最も有名になったきっかけはをで気軽に行えるようになった「」である。 本作では川島教授自身がとして登場し、に解説をしてくれる。 のにはしく非常に表情豊かで、の結果に応じて様々な表情を見せてくれる。 またのであるやを利用して川島教授にちょっかいを出す事が出来る。 前述の苦手な食べ物である「」をに向けて言うと嫌がる顔をし、「」と言うとすっぱそうな表情を見せる。 権威ある研究者なのに…。 最新作である「」ではになったほか、通り になる。 なお、は川島教授本人のではないとのこと。 また、「」発売に際してのでは、のと 形態で対談した。 顔をさせてをしたり、逆ににを被せられたりしている。 く、この二人は顔が似ているためが作りやすかったらしい。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の